スイフトとアクアを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっちがいい!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

コンパクトカーのジャンルで大人気のスズキスイフトトヨタアクアですが購入する時に比較する方も多いと思います。

今回はスイフトアクアを乗り心地や大きさ、維持費や燃費など様々な面から検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

スイフトとアクアの乗り心地や大きさはどっち?

img01-2-e1549729306359

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

まずは大きさの比較をしてみたいと思います。

スズキスイフト

全長3840mm

全幅1695mm

全高 2WD1500mm〜 4WD1525mm

ホイールベース2450mm

室内長1910mm

室内幅1425mm

室内高1225mm

carlineup_aqua_performance_top_pic_04_01-e1549729797153

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

トヨタアクア

全長4050mm(クロスオーバー4060mm)

全幅1695mm(クロスオーバー1715mm)

全高1455mm(クロスオーバー1500mm)

ホイールベース2550mm

室内長2015mm

室内幅1395mm

室内高1175mm

両車ともに5ナンバークラスのコンパクトカーですが全長はアクアが210mm長くなっています。

幅は両車ともに5ナンバー枠いっぱいの1695mmで全高は5mmの違いでスイフトが高くなっていますね。

ホイールベースは100mmアクアが長く室内長もその影響でアクアが100mm長くなっています。

室内幅はスイフトが30mm広く室内高はスイフトが50mm高くなっています。

大きさをまとめますとスイフトと比較して全長と室内長ともにアクアがやや長く、その他はほぼ同等という結果になりました。

次に乗り心地の比較をしてみたいと思います。

img05-e1549729455680

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スズキスイフトは乗り心地がヨーロッパ車的だという評価が見られます。

日本のコンパクトカーは多様なユーザーが乗ることが万人ウケする乗り味が求められます。

特にコンパクトカーは女性や初心者のユーザーが多いことから乗り心地がマイルドな方向にセットされる傾向がありました。

ヨーロッパ的とは欧州では日常でもタフな使われ方をされる事が多い事から比較的しっかりとしたセットになる傾向にあります。

スイフトでもスイフトスポーツはスポーティな乗り心地ですがハイブリッドや1.2L車は比較的マイルドなようです。

トヨタアクアでもGRスポーツはスポーティな乗り心地で通常モデルはマイルドなセッティングになっているようです。

両車を比較するとスイフトの方がやや乗り心地が硬めの傾向があるとの声が多く見られました。

スイフトとアクアはクルマ好きのユーザーが乗っても楽しめる部類のハンドリング性能も持ち合わせてる事を付け加えておきます。

スポンサーリンク

スイフトとアクアで維持費はどっち?

img02-2-e1549729395771

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

ここまではスズキスイフトとトヨタアクアの大きさや乗り心地についてお知らせさせて頂きました。

ここからはスイフトとアクアの維持費について検証して見たいと思います。

クルマを維持するのには様々な諸費用がかかってきます。

ここでは税金や燃料費などのランニングコストに焦点を当てて見ます。

スイフトを購入、所有した時はどのくらい税金がかかるのか調べて見ました。

スイフトは1.2Lガソリン、1.2Lマイルドハイブリッド、1.2Lハイブリッド、1.0Lターボ、と多彩なラインナップになりまして、税金関連も多様になります。

自動車税は1.2Lが34,500円、1.0Lが29,500円になり、グレードによってエコカー減税が適用になり、購入した翌年度は減税になり翌々年は通常納付となります。

翌年度の納付額。

1.2Lハイブリッド 2WD  9,000円

1.2Lマイルドハイブリッド 2WD 17,500円

1.2Lガソリン 2WD 34,500円

1.2Lガソリン 4WD 34,500円

1.2Lマイルドハイブリッド 4WD 34,500円

1.0Lターボ 29,500円

重量税はスイフトの場合2年間で15,000円となり、グレードによりエコカー減税が適用されます。

1.2Lハイブリッド 免税

1.2Lマイルドハイブリッド 2WD7,500円

1.2Lガソリン 2WD 11,200円

1.2Lマイルドハイブリッド 4WD 11,200円

1.0Lターボ 16,400円

carlineup_aqua_performance_top_pic_05_01-e1549729864316

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

トヨタアクアは1.5Lハイブリッドのみの構成になります。

自動車税は1.5Lで34,500円となり翌年度はエコカー減税、翌々年度は通常納付となります。

翌年度の納付額。

1.5Lハイブリッド 9,000円

重量税は5年目つまり2回目の車検までは免税となります。

スイフトはグレードによって税金のメリットが変わってきます。

img06-e1549729512711

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

フルハイブリッドやマイルドハイブリッド 2WDならば税金の面ではアクアと大差はないでしょう。

1.2Lガソリンやマイルドハイブリッド4WD、1.0ターボはエコカー減税が適用になりませんが元々の金額から考慮するとコスト的にはアクアと比較しても大きなマイナスとはならないようです。

両車共に任意保険でも同じジャンルですから26歳以上で平均的なプラン適用でネット保険で30,000前後だと予想します。

維持費の低さはさすがにエコカーだと言えそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スイフトとアクアの燃費はどっち?

carlineup_aqua_performance_top_pic_06_01-e1549729920289

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

ここまではスズキスイフトとトヨタアクアの大きさや乗り心地、維持費の比較などについてお知らせさせて頂きました。

ここからはスイフトとアクアの燃費の比較について検証してみたいと思います。

スズキスイフトのエンジンは1.2Lガソリン、1.2Lマイルドハイブリッド、1.2Lフルハイブリッド、1.0ガソリンターボのラインナップがあります。

それぞれのカタログ値と実燃費を調べてみました。

img04-e1549729578836

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

1.2Lガソリン

JC08モード

2WD 24.0km/L

4WD 22.8km/L

1.2Lマイルドハイブリッド

JC08モード

2WD 27.4km/L

4WD 25.4km/L

1.2Lフルハイブリッド

JC08モード  32.0km/L

1.0ガソリンターボ

JC08モード  20.0km/L

実際に乗っている方の実燃費を調べて年間走行距離1万キロ走行した場合の1カ月あたりの燃料費を調べてみました。

1.2Lフルハイブリッドの実燃費は19.0km/Lで10,000km÷19=526L×140円=73640÷12=6,136円

1カ月あたりの燃料費は6,136円となります。

同様の計算で1.2Lマイルドハイブリッドの実燃費は17km/Lで1カ月あたりの燃料費は6,860円となりました。

同様の計算で1.2Lガソリン車の実燃費は17.0km/Lで1カ月あたりの燃料費は6,860円となりました。

同様の計算で1.0Lガソリンターボの実燃費は14.5km/Lで1カ月あたりの燃料費は8,038円となりました。

実燃費でマイルドハイブリッドとガソリン車であまり差が出ないのが意外でした。

carlineup_aqua_performance_top_pic_01_01-e1549729977107

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

トヨタアクアのカタログ値の燃費を調べてみました。

1.5Lハイブリッド JC08モード  34.4km/L

1.5Lハイブリッドの実燃費は22.0km/Lで10,000km÷22=454L×140円=63,560÷12=5,296円

1カ月あたりの燃料費は5,296円となりました。

carlineup_aqua_performance_eng_hv_pic_03_01-e1549730051516

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance_eng_hv

燃料費という観点からはアクアが有利という結果になりました。

トヨタのハイブリッドシステムの熟成度は素晴らしく、アクアかわ長年にわたって売れ続ける理由もここにあるのも納得できます。

もう少し走行性能を重視したモデルが欲しい場合はGRスポーツの存在がありますが価格が上がってしまいます。

スズキスイフトにはスポーツモデルもありますがRSでも独自のサスペンションチューンで楽しめるようで燃費の良さもあり、おススメですね。

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク