SX4 S-CROSS vs エスクード 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

SX4 S-CROSSは大胆なフロントマスクで、2017年にマイナーチェンジをしたダウンサイジングターボSUVです。

スズキにはエスクードもありますが、サイズが類似する2台はどういう車なのかや、乗り心地はどうなのかなどを紹介していきます。

SX4 S-CROSSとエスクード、どんな車?

SX41引用:https://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

SX4 S-CROSSとエスクードのボディサイズは、余り違いがありません。

ですが、SX4 S-CROSSはエスクードと比較してホイールベースが延長されているので、全長はSX4 S-CROSSのほうが長いです。

パワーユニットはSX4 S-CROSSが「A16A型1.6L 4気筒エンジン」で、エスクードが「K14C型 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ」を搭載しています。

SX4 S-CROSSとエスクードは、それぞれどういう車なのか解説していくことにします。

エスクードはこういう車です

エスクード2引用:https://www.suzuki.co.jp/

スズキのエスクードは歴史のある車で、1988年から販売されているSUVです。

最初の頃はラダーフレーム構造を採用していた、本格クロカン4WDのはずでしたが2005年にマイナーチェンジをして、モノコック構造を採用し最近のSUV寄りの車になったのです。

エスクードは2018年にマイナーチェンジを行い、一部変更を行っています。

変更された装備はこちら

1.ミリ波レーダー方式から単眼カメラ&赤外線レーザーレーダー方式に変更2.アダプティブクルーズコントロール(ACC)追加

3.ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]を装備

4.リヤクロストラフィックアラート

5.フロントグリル、フロント&リアバンパー、リアランプなどのデザインを変更

6.内装(シート、インパネ、メーター)のデザインを改良

7.ボディカラーに新色を追加。

以上のようにエスクードは色々と変更が施されている車です。

加速に関しては口コミを見る限り不満の声は、ほぼ無いように感じます。

高速道路やワインディングロードなどでも、余裕のある走行が期待できます。

走り出しは極めて軽快でありターボとはわからないくらい、自然な加速ができます。

ターボ車と言えば加速中にターボが効いてパワーが出たことを感じ取れて、「お、ターボがかかったな」というのが分かることが多かったです。

場合によってはいきなりターボがかかって、走りがギクシャクすることも従来のターボ車はそうだったのです。

しかし、エスクードの場合は自然と走行ができ時速80kmまで、静粛性の高さを維持しアクセルを踏んだぶんだけ、素直に反応をしてくれるのです。

エスクードのハンドル部分にはパドルシフトがあるので、スポーティな走りも楽しめそうな予感がします。

SX42引用:https://www.suzuki.co.jp/

低速ではコツコツ感がありますが、車速が出るほどにフラット感が高まります。

コーナーリングでも軽快にキビキビと走行できて、走りはスポーティさも感じられます。

SX4 S-CROSSはこういう車です

エスクード1引用:https://www.suzuki.co.jp/

実は、私は初めて「SX4 S-CROSS」という車を見ます。

ですが「う~ん、この車どっかで見たことあるなぁ」と、そのように思って数分後に「あ、BMWだ」と気がついたのです。

グリル部分はさすがにBMWらしくはないですが、ヘッドライト部分がそっくりですね。

SX4 S-CROSSの外観を見るとフロントグリルは拡大され、メッキ化されていて縦上のスリットが入ります。

デザイン的には豪華な感じで、BMWにも似たフロントデザインとなっています。

SX4 S-CROSSのフロントデザインで一番目を引くのが、やっぱりフロントグリルの部分です。

乗り心地は改良前よりも若干硬く、SUVらしい走りを実現しています。

カーブを曲がるときも車体は大きく傾かずに、ハンドル操作に対して向きが忠実に変わります。

SX4 S-CROSSとエスクードのボディサイズ比較

エスクード4引用:https://www.suzuki.co.jp/

SX4 S-CROSSとエスクードのボディサイズは、それほど変わりはありません。

全長もSX4 S-CROSSが「4,300mm」でエスクードが「4,175mm」となっていて、「125mm」ほどSX4 S-CROSSのほうが長いです。

SX4 S-CROSSの全幅は「1,785mm」でエスクードは「1,775mm」で、SX4 S-CROSSのほうが「10mm」横に広いという感じです。

SX4 S-CROSSとエスクードのボディサイズ

SX4 S-CROSSエスクード
全長4,300mm4,175mm
全幅1,785mm1,775mm
全高1,595mm1,610mm

SX4 S-CROSSとエスクードの維持費を比較!

15444447637408963171873455012660

SX4 S-CROSSとエスクードの維持費は全く変わりません。

SX4 S-CROSSの排気量は1600ccなので、自動車税は「39,500円」となります。

エスクードの排気量は「1400cc」で自動車税は、SX4 S-CROSSと同じ「39,500円」です。

車両重量もSX4 S-CROSSの2WDは「1,150kg」で4WDのほうは、エスクードと全く同じで「1,220kg」でした。

なので重量税も全く同じ金額なので、違いがありません。

燃費がほぼ変わらないので、同じ10000キロ走行したと想定して計算しても、全く同じ金額なり年間のガソリン代も同じとなりました。

実際のガソリン代は色々な使い方をするので、この平にあるガソリン代も上下する可能性はあります。

SX4 S-CROSSとエスクードの維持費

維持費(維持費)SX4 S-CROSSエスクード
自動車税39,500円34,500円
重量税24,600円24,600円
自賠責保険24,900円24,900円
ガソリン代(月1000km)86,875円86,875円
任意保険
(13等級 車両保険あり 26歳以上)
27840円27840円
合計203,715円203,715円

SX4 S-CROSSとエスクードの燃費を比較!

15421637168543191731552535198744

SX4 S-CROSSとエスクードのカタログ燃費に関しては、どちらもほぼ同じなので運転方法や道路状況によって、燃費は変化するのでどちらが良いということもありません。

1トン超えの車重を持ちながら、実燃費はSX4 S-CROSSは「12.72km/L~14.76km/L」で、エスクードは「11.40km/L~16.52km/L」です。

実燃費の方は結構良いように思えますね。

SX4 S-CROSSの口コミでも「この手ならいいほうではないかと」という声もあり、燃費に関しては不満の声はほぼありません。

口コミの中には「遠出をすればカタログ値もいけるのでは?」という声もあり、SX4 S-CROSSは燃費の良さを伺わせます。

エスクードの実燃費も期待している人が少ないようで、燃費に関しては「こんなものだろう」という意見が多かったです。

SX4 S-CROSSとエスクードの口コミを見ても、燃費に関しては似たり寄ったりの実燃費をマークしている人は多く、エンジンは違っても燃費はほぼ変わらないということでしょう。

SX4 S-CROSSとエスクードの実燃費&燃費

燃費カタログ燃費実燃費
SX4 S-CROSS16.2km/L12.72km/L~14.76km/L
エスクード16.km/L11.40km/L~16.52km/L

SX4 S-CROSSとエスクードの乗り心地を比較!

エスクード5引用:https://www.suzuki.co.jp/

SX4 S-CROSSの乗り心地ですが、口コミを見ても余り不満がないというのが、結構珍しいと感じます。

たいてい「ゴツゴツ感がある」とか「足回りが柔らかい」という口コミがある反面、「足回りが硬い」という口コミがあり、同じ車なのに「どっちやねん!」とツッコミを入れたくなるのが普通だと思ってました。

しかし、SX4 S-CROSSは乗り心地がとても良く、サスペンションのしなやかさは欧州車並の足回りです。

これが国産かと思うほど、サスペンションの仕上がりがよく出来ているようですね。

SX4 S-CROSSの後部座席の広さや、シートの硬さなどは丁度よいです。

エスクードの乗り心地ですが、実際に座ってみると収まりがとても良いです。

床と座面との間隔が十分あるので、座ったときに前方に滑り落ちるということもなく、前席の下も空間が十分なので足も収まりやすいです。

エスクードのラゲッジスペースも意外に広く後部座席を倒さない状態で、「785mm」の空間があります。

エスクード6引用:https://www.suzuki.co.jp/

なので、たくさん買い物をしたとしても荷物は、結構乗るという感じですね。

後部座席を前に寝かしたら「1,415mm」も、ラゲッジスペースが広くなります。

こうなると、アウトドアの荷物が沢山積み込めそうです。

たとえば、キャンプをするという場合も、必要な荷物を妥協しないでガンガン積むことができそうですね。

エスクード7引用:https://www.suzuki.co.jp/

SX4 S-CROSSのラゲッジスペースは、後部座席を倒さない状態で「825mm」なのでエスクードのラゲッジスペース「785mm」と比較すると、SX4 S-CROSSのほうが「40mm」ほどラゲッジスペースが広いです。

SX4 S-CROSSのラゲッジスペース横幅は「1,030mm」でエスクードは「1,423mm」となっていて、横幅はエスクードのほうが「393mm」横に広いという感じです。

ラゲッジスペースの広さSX4 S-CROSSエスクード
奥行き(後席を倒してない状態)825mm785mm
奥行き(後席を倒した状態)1,470mm1,415mm
横幅1,030mm1,423mm
高さ755mm871mm

SX4 S-CROSSとエスクードどっちを選ぶ!?

SX43引用:https://www.suzuki.co.jp/

SX4 S-CROSSとエスクードは似たり寄ったりの性能なので、実際に選ぶとすればかなり悩んでしまいます。

私ならエスクードを選びます。

理由としては、エスクードは歴史が古いので所有はしたことがなくても、思い出というものがあるからです。

エスクードは過去に私がほしいと思っていた車で、当時はRAV4と同じく検討したこともあった車なのです。

当時のエスクードと比較して現代のエスクードは、昔の面影のすら残ってません。

完全に都会派のSUVに変わり果ててしまいましたね。

SX4 S-CROSSもスポーティな足回りですが、同じ性能を持ち合わせている車を選ぶ場合は、取り付けられる装備と好みで決めるしか無いです。

エスクードとSX4 S-CROSS共にパドルシフトが装備されるので、気分的にワインディングロードや峠を走りたくなったら、パドルシフトが役立ちそうです。

エスクードとSX4 S-CROSSのどちらを選ぶかというのは、やっぱり類似した性能を持ち合わせているので、好みで選ぶのが失敗は少ないということになりますね。

SX4 S-CROSSとエスクードを比較まとめ

SX4 S-CROSSとエスクードは維持費も実燃費も、余り変わりのない車でした。

しかも、性能的な部分も似たり寄ったりなので、兄弟車かと思ってしまいますね。

エンジンはSX4 S-CROSSが「A16A型1.6L 4気筒エンジン」で、エスクードが「K14C型 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ」です。

SX4 S-CROSSは、ノンターボを感じさせない加速力なのかもしれませんが、やっぱり気分的にはターボ車のエスクードのほうが良いと感じます。

スポーティな走りも楽しみたいなら、どちらもおすすめできます。

数値的なデータでは同じ性能と加速を示しますが、実際に試乗してその良さを感じ取るほうが良いでしょう。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1