アルテオン vs レクサスIS 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

高級スポーツセダンのアルテオンとレクサスISをこの記事では比較しています。

維持費・燃費・乗り心地ではどっちが優れているのでしょうか。

【アルテオンとレクサスISを比較】どっちが維持費が安い?

iStock-845018030-min

まずはアルテオンとレクサスISの維持費について、検証します。

 アルテオンの維持費

アルテオン1

引用:https://www.volkswagen.co.jp

アルテオンは、独創的なフォルムに大口径のホイールが、強いインパクトを残す存在です。

スポーツセダンというカテゴリーに位置しながら、機能性も高く実用的なクルマでもあります。

余裕のある走りを楽しむことができ、より安全性を高めた先進装備の数々に、使い勝手の良い収納スペースと、どんなシーンにおいても高い快適性を得ることができます。

そんなアルテオンの維持費において、毎年発生する税金はいくらなのでしょうか。

毎年発生する税金としては、自動車税と自動車重量税が挙げられます。

そしてこれらは、排気量とクルマの重量によって、課税される金額が異なります。

アルテオンは、排気量は2000ccで車重が1700kgとなります。

自動車税は、総排気量1500cc~2000cc以下の34,500円が、自動車重量税は2000kg以下の一年あたり16,400円が適用されます。

税金だけで考えても、アルテオンには毎年50,000円ほど発生する計算になります。

そして、この税金にガソリン代や車検整備費用、駐車場代などが加わり年間の維持費となるのです。

レクサスISの維持費

IS2

引用:https://lexus.jp/

レクサスISは、スポーツセダンという名にふさわしい、走行性能に特化したデザインと設計が特徴です。

フロントグリルやヘッドランプの形状がスポーティさを際立たせ、流線型のボディはいかにもスポーツセダンというスタイルですが、トレンドも反映されたデザインとなっています。

そして、ドライバーの意思に呼応する、磨き上げられた俊敏なレスポンスは、ありふれた日常をスポーティな日常へと変えていきます。

そして幅広いグレードラインナップにより、それぞれのニーズを持ったユーザーに支持されています。

レクサスISはグレードごとに、2000cc・2500cc・3500ccの排気量を持っています。

そして車重も1915kg~ 2045kgと、グレードごとにやや異なります。

したがってレクサスISの維持費に当たる税金は、グレードによっても開きがあるようです。

自動車税は39,500円〜58,000円で、自動車重量税は16,400円〜20,500円となります。

レクサスISの中で、排気量と車重でアルテオンと同スペックとなるのは、IS300というグレードです。

排気量も重量も、若干IS300の方が大きいですが、それぞれの税金に置き換えてみると、同じ支払額となります。

ただグレードによっては、最大で30,000円ほどの開きがありますので、どのグレードにしようか迷っている場合は、このような税金の違いも参考にすると良いでしょう。

【アルテオンとレクサスISを比較】どっちの燃費がいい?

女子2

続いてはアルテオンとレクサスISの燃費性能を比較します。

アルテオンの燃費性能

アルテオン2

引用:https://www.volkswagen.co.jp

日本の公道においては、信号が多く車幅もあまり広くとられていることから、海外メーカーの走行性能に特化したクルマはオーバースペックだと言われることもあります。

ただ、クルマに関しては性能の限界まで引き出して走るより、余裕を持って走ることができた方が、ドライバーも疲れにくい傾向にあります。

アルテオンは、優雅なクルーズから熱い走りまで、あらゆる要求に応えるエンジン性能を持っています。

レーシングドライバー並みの、素早いシフトチェンジが可能なDSGと、フルタイム4WDの組み合わせが、エンジンの卓越したパフォーマンスを100%以上引き出してくれます。

走行性能の高さでは文句なしのアルテオンですが、燃費も気になるところです。

アルテオンのカタログ燃費は、13.3km/Lとなっています。

フォルクスワーゲンのクルマには、近年ブルーモーション・テクノロジーという、最先端の技術が搭載されています。

エネルギーを無駄なく効率的に利用できるこのシステムは、バッテリーへの充電を効率よく行うエネルギー回生システムと自動的なアイドリングストップを行い、低燃費性をサポートしてくれます。

街乗りでの実燃費が気になるところではありますが、アルテオンは走行性能だけでなく環境性にも配慮されていることがわかります。

レクサスISの燃費性能

IS3

引用:https://lexus.jp/

レクサスISは伸びやかな加速と安定した走行性能が特徴ですが、グレードごとに搭載されているエンジンが違うため、細かい特徴やコンセプトがやや異なります。

ただし、どのエンジンにおいても、先進技術を結集しパワーと環境性能で、同じ排気量のクルマと比較してもトップレベルの能力を持っています。

またエンジンだけでなく、運動系パーツを軽量化することによって、力強く爽快な加速感を楽しめます。

そしてその結果、車両の軽量化にも成功していますので、燃費効率をあげる要因の一つとなっています。

レクサスISはガソリン車とハイブリッド車のグレードがあります。

グレードごとのカタログ燃費を見ていくと、IS300が12.8km/L、IS300hが20.4~23.2km/L、IS350が10.4km/Lとなっています。

カタログ燃費だけ見ても、走行性能に特化したIS350、性能のバランスが良いIS300、低燃費なIS300hという棲み分けがあることに気づきます。

アルテオンと同等のスペックを持ったIS300を比較すると、若干ですがアルテオンの方が高い燃費性能を持っていることが分かりました。

各グレードで高いパフォーマンスを見せたレクサスISですが、アルテオンはさらにその上を行く燃費性能を持っているようです。

【アルテオンとレクサスISを比較】どっちの乗り心地がいい

女性笑顔

最後にアルテオンとレクサスISの乗り心地について検証しました。

アルテオンの乗り心地

アルテオン3

引用:https://www.volkswagen.co.jp

アルテオンは見た目と包容力のギャップも魅力だと言われています。

Elegance専用の、ウッドデコラティブパネルを採用したインテリアは、ステアリングヒーターも装備して、快適な運転を楽しむことができます。

スポーツセダンとしてドライバーファーストの精神を持ち、視線の動き一つにも配慮されていることが分かります。

ドライバーの視線の動きが極力広がることがないように、ヘッドアップディスプレイや大型ディスプレイによるフルデジタルメータークラスターが採用されています。

さらに運転席には、シートマッサージ機能も装備されています。

長時間の運転時でも、ドライバーの疲労感や運転時のストレスを和らげます。

そしてアルテオンの後部座席は、クラストップレベルのホイールベースによる恩恵を存分に受けた、広い空間となっています。

まるでファーストクラスの座席のような上質感のあるシートは、乗り心地も非常によく、空間を存分に堪能することができます。

レクサスISの乗り心地

IS1

引用:https://lexus.jp/

奥深い高級感を印象付けるレクサスISの内容は、乗る人全てが満足できるような上質な乗り心地を持っています。

機能性も高く、ナビディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイが連携しているのが特徴です。

オーディオ情報・ハンズフリー電話の着信通知・簡易ナビ表示などが、ドライバー正面のメーター内マルチインフォメーションディスプレイに表示され、ステアリングスイッチで画面切り替え操作などが可能です。

レクサスISが持つコンセプトの通り、走る楽しさをドライバーへ提供しつつも、同乗者が心地よい時間を過ごせるように後部座席の居住性にも配慮されています。

ゆとりあるホイールベースと薄型のフロントシートバックにより、ゆったりとくつろげる空間づくりがされています。

シートは背中から脚までをしっかりと支え、腰はほどよく沈み、身体にフィットする自然な座り心地を味わうことができます。

ドアの開口スペースも広く、スムーズに乗り降りできることから、大切なお客さんを後部座席に案内するときも自信を持つことができます。

【アルテオンとレクサスIS】比較まとめ

iStock-97935927-min

今回は、アルテオンとレクサスISを維持費・燃費・乗り心地で比較しました。

走行性能に特化したスポーツセダンではありますが、先進的な技術の搭載と上質な室内空間など、共通するポイントも見受けられました。

デザインコンセプトはやや異なりますが、基本性能が高いことは疑う余地はありません。

アルテオンとレクサスISの良さを体感するためにも、試乗に行ってみることをオススメします。

  この記事を書いた人

うぐいす
車のことをよりよく知って、シェアして、ハッピーでアクティブなカーライフを目指そう。車も備えあれば憂いなしです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1