新型アクアの値引き情報! 相場や交渉術は?

carlineup_aqua_exterior_top_pic_05_01_pc

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型アクアの値引きはどうなっているでしょうか?

新型アクアの値引き相場や、値引き交渉の方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

新型アクアの概要

非常に燃費が良く、使い勝手も良いことで人気のトヨタのコンパクトカーアクア。

街を走っていると必ず見かけるというくらい、市場に多く出回っているクルマです。

このクラスのクルマは、日産のノートe-POWERやホンダのフィットハイブリッドなどライバル車が目白押しですが、そんな中でも人気は際立っており、コンパクトカークラスのハイブリッド車のパイオニアとして頑張っています。

そんな人気の高いアクアですが、いざ買うとなると少しでも安く買いたいと思われるでしょう。

アクアの値引きの相場というものはどの程度のものなのでしょうか?

実際に買われた方の評判などから、値引きの相場を探っていきましょう。

スポーティーパッケージ

スポーティーパッケージ
引用:http://toyota.jp/aqua/customize/sportypackage/?padid=ag341_from_aqua_top_customize_sportypackage

スポンサードリンク

値引き交渉術

新型アクアの値引き交渉では、ライバル車と競合させると良いでしょう。

今大人気の日産のノートe-POWERや、ホンダのフィットハイブリッドと競合させるのです。

そして、ライバル車とアクアのどちらにしょうか迷っていて、値引きによってはアクアにしたいといったことを伝えて交渉に臨むと良いでしょう。

またアクアの場合トヨタのどの系列の販売店でも扱っていますので、トヨタ同士で競合させるのも一つの手です。

カローラ店はいくらの値引きだったが、ネッツ店ではいくらになるのかといった聞き方をして競合させてみてください。

ノルマが厳しく、1台でも多く売りたいと思っている販売店ほど、頑張って値引きを提示してくれます。

ノート

ノートe-POWER

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

フィット

フィットハイブリッド

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/

スポンサードリンク

車両本体の値引き

アクアは価格帯が200万円前後ですので、ディーラーマージンはその20%の40万円程度だと思われます。

車両本体の値引きはこのディーラーマージンの中から行われます。

ディーラーも儲けを出さないといけませんので、営業経費などを考えると、20万円程度は必要になるでしょう。

ですからアクアの値引きは、最大でも20万円程度になると思われます。

これ以上の値引きを得られることはまず無いと考えてください。

実際に買われた方の口コミを見てみると、大体15万円~20万円ということですから、車両本体価格の10%、20万円前後というのを一つの目安として考えておいてください。

車両本体の値引きで20万円前後が引き出せたなら交渉は大成功です。

つぎはオプションの値引き交渉に移りましょう。

オプションの値引き

オプションの値引き交渉で対象となるのはディーラーオプションです。

ディーラーオプションの価格というのは、車両本体に比べると自由度があり、ディーラーに裁量権があります。

というのは、ディーラーオプションの価格にはディーラーで発生する取付費などが含まれているからです。

この取付費も含めたディーラーマージンが値引きの対象になりますので、車両本体よりは値引き率が良くなります。

大体15%程度を見込んでおくと良いでしょう。

大幅な値引きが期待できるオプションには以下のようなものがあります。

エアロパーツセット

エアロパーツセット

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/style/

リヤスポイラー

リヤスポイラー

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/style/

カラーホイール

カラーホイール

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/style/

革調シートカバー

革調シートカバー

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/interior/

ドレスアップシート

ドレスアップシート

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/interior/

オートアラームセット

オートアラームセット

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/safety/

コーナーセンサー

コーナーセンサー

引用:http://toyota.jp/aqua/accessories/comfort/

下取り車を高く売る

新車を安く買うためには、値引きも重要ですが、下取り車の下取り価格というのが最も重要になってきます。

下取り価格が高ければ高いほど値引きを受けるのと同様になるのですから、下取り価格の交渉というのが大事です。

下取り価格の交渉の際には、事前に中古車買い取り店で査定をしてもらい、その見積を持って行くのがベストです。

自分のクルマの市場価値がいくらぐらいなのかを把握して交渉するということが大事だからです。

ディーラーと下取り価格の交渉の時には最初に見積りを提示してください。

そうすれば無駄な駆け引きに費やす時間が省けます。

そして見積りと同等の価格を提示されたならば、ディーラーに下取りに出しましょう。

もし、中古車買い取り店の見積額と大きな乖離があるのであれば、中古車買い取り店に売ってしまいましょう。

必ずディーラーに下取りに出さなければならないという訳ではありませんので、何も気にすることはありません。

高く売れるところに売る。

ビジネスライクな考え方で良いでしょう。

決算期が狙い時

大きな値引きを得るためには、狙い時というのがあります。

決算期になるとどこのディーラーでもキャンペーンを行います。

このキャンペーンの期間というのは、通常よりも大幅な値引きが得られる大チャンスです。

特にノルマを達成できていないディーラーは血眼になって売りにきますので、大幅な値引きが得られます。

こういったキャンペーンを行うのは上期末の9月と年度末の3月の決算期になります。

特に年度末の決算期は狙い時です。

また決算期のほかにボーナス商戦の時期も狙い時になります。

7月や12月がこれにあたります。

新車を購入するタイミングは、決算期やボーナス商戦期がベストです。

また、月の中でも狙い時があります。

それは月末です。

ディーラーでは月々のノルマがあります。

月末になるとそのノルマを達成できるかどうかが見えてきます。

あと1台売れればノルマ達成というような場合にも決算期ほどではないにしても大幅な値引きが期待できます。

できるだけ月の後半に商談するようにした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

新車を安く買う裏技

ここまで如何に新車を安く買うかということについて説明してきましたが、実は新車を安く買う裏技というものが存在します。

それはディーラーの在庫車を買うというものです。

ディーラーでは、展示車や試乗車のほかに、買い手がついていないのに登録したクルマがある場合があります。

これは新古車と呼ばれるもので、まったくの新車ですが登録だけが済んでいるというものです。

こういったクルマは、ディーラーは早く手放したいと思っているので、大幅な値引きが期待できます。

必ずしも自分の希望とマッチするわけではありませんが、在庫車の中から自分の好みのものを探せば掘り出し物の1台になります。

こういった情報はあまり外には漏れてきませんので、ディーラーの担当者に聞くのが良いでしょう。

特に決算期の翌月などは狙い時です。

ノルマ達成のために登録だけ済ませてクルマと言うのが必ず出てきますので、そのタイミングを逃さないようにしてください。

⇒ 新型アクアを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

トヨタカローラ販売店

トヨタカローラ販売店

引用:https:/toyota.jp/service/dealer/spt/store-detail?kind=&OFFICE_CD=33703&STORE_CD_TCOM=911&STORE_CD_G=911

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク