おすすめ新型セダン比較!人気ランキング2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回はおすすめ新型セダンを比較します。

販売台数・価格・燃費の3カテゴリをランキングにして、どのセダンが優れているのか発表します。

では人気ランキング2019を早速見てみましょう。

スポンサーリンク

人気のある新型セダンランキング10~7位

SUV人気に押されしっかり影を潜めてしまったセダン車。

街を歩けば、あちこちでSUVを見かけ、目に見えてSUVブームなのがわかります。

しかし、元来、車の中の車といえばやはりセダンです。

低重心、シャープで無駄のないフォルム、優れた走行性能は他カテゴリの車では決して真似できないもの。

SUVやミニバンの人気が高い今だからこそ、セダンの良さを再確認してみるのも良いと思いませんか?

今回は新型セダン人気ランキング2019年版をお届けします。

今最も人気があるセダン車はどれなのでしょうか?

今回は、2018年度の年間販売台数からセダン人気ランキングを発表します。

10位 マークX

引用:https://toyota.jp/markx/

エクステリア、インテリア、走行性能、どれも完璧と言えるほど非の打ち所がないセダン、それがトヨタマークXです。

見た目はオシャレでも日常使いに向かない、日常使いには最適だけど面白みがない、心がときめかない、そんなありがちなセダン車とおさらばしたいなら、マークXはいかがでしょうか。

日常で使いやすいのに、「イイ車」と思わせる雰囲気ただよう自慢できる車がマークXです。

引用:https://toyota.jp/markx/

優れた操舵性で、俊敏なハンドリングと卓越したコーナリング性能は大人の余裕を感じさせてくれる走りを実現

インテリアはシックで高級感溢れる仕上がりで、所有する喜びも得られます。

  • 新型マークXのスペック
ボディサイズ全長:4770
全幅:1795
全高:1435
車両重量1510~1570kg
排気量2499~3456cc
最小回転半径5.2~5.4m
燃費10.0~11.8km/L
新車価格2,656,800~4,428,000円
2018販売台数4,108台

9位 インプレッサG4

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/

スバルの看板車とも言える存在がインプレッサ。

2016年に5代目へとフルモデルチェンジを果たしたインプレッサのセダンモデルは「G4」となります。

インプレッサスポーツとの違いは荷室の独立だけとなりますが、ボディラインなどエクステリアを中心に見れば、インプレッサG4のほうが魅力的です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/

かつてのスバル車は、スポーツモデルが非常に人気でしたが、WRCから撤退し方向転換したことにより、運転する愉しさと安全性をスバル車のウリとしています

これによってモータースポーツに興味がない一般ユーザーからも、インプレッサは好まれる存在となりました。

  • 新型インプレッサG4のスペック
ボディサイズ全長:4625
全幅:1775
全高:1455
車両重量1300~1350kg
排気量1599~1995cc
最小回転半径5.3m
燃費16.0~18.2km/L
新車価格1,944,000~2,613,600円
2018販売台数5,369台

8位 アクセラ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

スポーティーなセダンを求める方に人気なのがマツダの新型アクセラです。

近年のマツダ車は特にエクステリアデザインに力を入れており、世界的に認められています。

高級感も感じさせるデザインの良さは、街なかで見かければ思わず振り返ってしまう・・・そんな大人の魅力漂うセダンです。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

パワートレインは、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車をラインナップ

ガソリン車とディーゼル車には、G-ベクタリングコントロールを搭載し、スムーズなハンドリングで走りを愉しめるマツダらしさを感じさせてくれます。

ハイブリッド車は優れた燃費性能で、走りを楽しめてお財布に優しい贅沢仕様です。

  • 新型アクセラのスペック
ボディサイズ全長:4580
全幅:1795
全高:1455
車両重量1260~1420kg
排気量1496~2188cc
最小回転半径5.3m
燃費17.8~30.8km/L
新車価格1,825,200~2,879,000円
2018販売台数5,915台

7位 アリオン

引用:https://toyota.jp/allion/

カリーナの後継車として誕生したのがトヨタアリオン。

5ナンバーセダンで、姉妹車であるプレミオがラグジュアリーを強めたのに対し、新型アリオンはスポーティーさを強めたデザインとなっているのが特徴です。

アリオンにはハイブリッド設定はないですが、それでも燃費はリッター20近くと十分満足できる燃費性能です。

引用:https://toyota.jp/allion/

カローラアクシオよりも一回り大きい作りですが、それでも運転のしやすさはカローラ譲りで、落ち着いた雰囲気も相まってシニア層を中心に人気です

  • 新型アリオンのスペック
ボディサイズ全長:4590
全幅:1695
全高:1475
車両重量1200~1330kg
排気量1496~1986cc
最小回転半径5.3~5.4m
燃費14.8~19.2km/L
新車価格1,897,855~2,675,455円
2018販売台数6,126台
スポンサーリンク

人気のある新型セダンランキング6~4位

6位 グレイス

引用:https://www.honda.co.jp/GRACE/

ホンダ車では貴重なコンパクトセダンである新型グレイス。

セダンが強いトヨタ車に比べると知名度は高くないですが、堅実で丁寧な造りは特にシニア世代を中心に人気です。

新型グレイスは、ミドルクラスセダンでありながらも居住空間が優れており、後席でもゆったりと座る事ができます

引用:https://www.honda.co.jp/GRACE/

また、乗り心地は高級セダンにも引けを取らないレベルで快適性も優れており、コンパクトサイズだからドライバーは運転しやすいなど欲張りな1台です。

ガソリン車でも十分燃費は良いですが、ハイブリッド車ならリッター30kmを超える高水準で、それが200万円台で手に入ることを考えれば、ハイブリッド車も検討の余地ありでしょう。

  • 新型グレイスのスペック
ボディサイズ全長:4450
全幅:1695
全高:1475
車両重量1110~1260kg
排気量1496cc
最小回転半径5.1~5.3m
燃費19.6~34.8km/L
新車価格1,769,040~2,601,720円
2018販売台数7,200台

5位 レクサスLS

引用:https://lexus.jp/models/ls/

セダン人気が低迷する中で国産最高クラスの高級車レクサスが見事にランクイン。

しかも最上級クラスである新型レクサスLSが売れているというのですから、富裕層の力は凄いと言うしかありませんね。

レクサスは、欧米の高級車試乗を狙って誕生した新ブランドで、国内では3代目まではセルシオとして販売され、2005年に4代目からレクサスLSシリーズとして販売するようになりました

現行モデル新型レクサスLSは2017年にフルモデルチェンジを果たし5代目となります。

引用:https://lexus.jp/models/ls/

それまでのレクサスLSはV8エンジンでしたが、現行モデルでは3.5Lのツインターボとハイブリッドシステム2種類のパワートレインとなりました。

国産セダンの中でも圧倒的な威厳、パワー、装備、乗り心地を誇りドイツの高級車にも引けを取らない風格ですね。

  • 新型レクサスLSのスペック
ボディサイズ全長:5235
全幅:1900
全高:1450~1460
車両重量2150~2350kg
排気量3444cc
最小回転半径5.6~6.0m
燃費9.5~10.2km/L
新車価格9,814,000~15,405,000円
2018販売台数10,858台

4位 プレミオ

引用:https://toyota.jp/premio/

トヨタ車ではクラウン、カローラアクシオに次ぐ人気のセダン車が新型プレミオです。

落ち着きのあるエクステリアデザインですが、最近のトヨタ車に多い大型グリルを採用し、高級感が増し魅力的になりました。

それまで、プレミオは50代60代の男性を中心に人気でしたが、デザインを一新しやや若年層にも受け入れられる車種と言えるでしょう。

引用:https://toyota.jp/premio/

プレミオは低価格ながらも、上質なインテリアと快適性に優れた室内空間を併せ持つ5ナンバーセダンです

価格やサイズ的にクラウンは手が出ないという方におすすめの1台です。

  • 新型プレミオのスペック
ボディサイズ全長:4595
全幅:1695
全高:1475
車両重量1200~1330kg
排気量1496~1986cc
最小回転半径5.3m
燃費14.8~19.2km/L
新車価格2,306,291~2,528,182円
2018販売台数11,306台
スポンサーリンク

人気のある新型セダンランキング3~1位

3位 カムリ

引用:https://toyota.jp/camry/

デザイン一新で欧米で大成功を収めたトヨタの新型カムリ。

思い切ったエクステリアデザインは、それまで保守的だったトヨタ車においてユーザーに衝撃を与えたのは間違いないでしょう。

もちろん、デザインは賛否両論ありますが、セダンの販売ランキングで堂々の3位に食い込んでいることからも、多くのユーザーの心をひきつけたのは言うまでもないでしょうね。

トヨタの新型カムリは、スポーツ系でスタイリッシュ、それでいてゆったりと過ごせる乗り心地を獲得。

引用:https://toyota.jp/camry/

全グレードがハイブリッドシステム搭載で、JC08モード燃費は33.4km/Lをマーク。

ハイブリッドセダンの中でも高水準で、コスパの良さも魅力の一つと言えるセダン車です。

インテリアは高級感ある質感とデザイン、黒を基調に大人の雰囲気が漂っており、価格以上の満足が得られること間違いなし。

  • 新型カムリのスペック
ボディサイズ全長:4885
全幅:1840
全高:1445
車両重量1540~1600kg
排気量2487cc
最小回転半径5.7m
燃費28.4~33.4km/L
新車価格3,298,320~4,341,600
2018販売台数21,295台

2位 カローラアクシオ

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/

初代モデル発売から50年の歴史を持つセダン、それが新型カローラアクシオ。

手を出しやすい価格帯とお財布に優しい低燃費は、まさに大衆車と呼ぶに相応しい1台です。

トヨタの先進安全技術を搭載し、優れた安全性能を発揮するトヨタ技術の証でもあります。

コンパクトサイズ、視界良好、小回りがきくととにかく運転しやすいのが新型カローラアクシオの特徴。

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/

数あるセダンの中でも低価格で、パワートレインにはガソリン車ハイブリッド車をラインナップし、選択肢が広いのもユーザーにとって嬉しいところ。

ファミリーカーとしても人気が高く、インパネの質感や落ち着いた雰囲気は不満を感じさせない造りです。

次期モデルでは新プラットフォーム「TNGA」が採用され、3ナンバー枠に変更になるとされています。

コンパクトサイズのカローラアクシオがお好みなら、モデルチェンジ前に購入されることをおすすめします

  • 新型カローラアクシオのスペック
ボディサイズ全長:4400
全幅:1695
全高:1460
車両重量1050~1180kg
排気量1329~1496cc
最小回転半径4.9m
燃費16.4~34.4km/L
新車価格1,526,040~2,482,920円
2018販売台数26,300台

1位 クラウン

引用:https://toyota.jp/crown/

SUVやミニバンと比べてしまうと販売台数は敵いませんが、それでも売れているセダンだと、クラウンが4万台以上の売上をマークしています。

扱いやすさと低価格の小型セダンが売れているのかと思いきや、トップは大型セダンのクラウン。

もっとも、国内では小型セダンの数は減少し、徐々に3ナンバーへ移行する流れになっていますけどね。

このご時世、高級車は売れにくいイメージがありますが、国民車であるカローラよりも売れているのですから、さすがクラウンというべきでしょう。

初代モデル登場から60年以上に渡り続け売れている、キングオブセダンと呼ぶに相応しい存在である新型クラウン。

「いつかはクラウン」と憧れを抱かれ続け、現行モデルは15代目を迎えました。

近年のセダン車は海外マーケットを視野に入れた戦略で、ボディサイズをワイド化する中、クラウンは国内マーケットを重要視したモデルとなっています。

その証拠に、全幅は1800mm以下に抑え、セダンでも取り回ししやすい配慮がされています。

クラウンは運転しにくいイメージを持たれる方も多いですが、狭い道でも安心して運転できるサイズに収まっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

2018年6月にフルモデルチェンジを果たした新型クラウンは、これまでにないシャープで力強いエクステリアへとデザインを一新。

パワートレインはガソリンターボハイブリッドから選択できます。

相変わらず室内の快適性は高く、同クラスセダンではトップクラスの快適性・居住性を誇ります

トヨタの最新技術を集結させた先進の安全装備を標準搭載し、ロングドライブにも最適な1台です。

  • 新型クラウンのスペック
ボディサイズ全長:4910
全幅:1800
全高:1455
車両重量1690~1900kg
排気量1998~3456cc
最小回転半径5.3~5.7m
燃費12.8k~24.0km/L
新車価格4,606,200~7,187,400
2018販売台数40,240台
スポンサーリンク

燃費の良い車は?

価格の次は燃費の良さで比較してみましょう。

最近は燃費が良いセダンが多く、勝負は拮抗しそうですが果たしてどうなのでしょうか?

燃費性能はグレードやパワートレインによって異なるので、いずれの車種も一番燃費が良いグレード・パワートレインを選出しています。

順位車種価格
1位グレイス34.8km/L
2位カローラアクシオ 34.4km/L
3位カムリ33.4km/L
4位アクセラ30.8km/L
5位クラウン24.0km/L
6位プレミオ 19.2km/L
7位アリオン19.2km/L
8位インプレッサG418.2km/L
9位マークX11.8km/L
10位レクサスLS
10.2km/L

価格の安いセダンランキングで2位を獲得したホンダのグレイスが燃費ランキングで見事1位を達成しました。

ホンダのセダンはコスパが良いですね。

ランキング上位を占めているのは、いずれもハイブリッドモデルがあるセダンです。

やはり、燃費のことを考えるとハイブリッド車も選択の余地がありそうですね。

お薦めの新型セダンのまとめ

さて、新型セダン人気ランキング2019として、国産のセダン車を比較しました。

ランキングの結果をまとめると・・・

カテゴリ1位2位3位
販売台数クラウンカローラアクシオカムリ
価格カローラアクシオグレイスアリオン
燃費グレイスカローラアクシオカムリ

今回のランキング結果を踏まえておすすめのセダンは・・・

トヨタの新型カムリです。

価格は300万円台とやや高めですが、攻めたデザインながらも外装も内装も高級感があって所有感が高い上に、ハイブリッドなので燃費が優れています

長く乗り続けることを考えたら、燃費の良さで車両価格分のもとは十分取れるはずです。

車両価格が高いと言ってもコスパはかなりいいですから、ランキング上位の中から選ぶとすれば、私は間違いなくカムリを選びますしおすすめしますね。

アイキャッチ画像の引用:https://toyota.jp/crown/customize/trd2/

この記事を書いた人

よっちん
ボーっと、缶コーヒー飲みながら車を運転するのが大好きです。

長距離を走ると、疲れるので乗り心地は気になります。

車、大好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1