エレメント交換情報!オイルエレメント交換方法、交換時期、費用など詳しく解説!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

クルマをいじるのが大好きな人にとっては、オイルエレメントの交換時期や交換方法はご存知だと感じます。

しかし、初めて自分でオイルエレメントを交換しようと考える方は、どこで交換すれば良いのかや、交換時期、交換費用など分からないことが多いのではないかと思います。

このページではそんな初心者の方のお悩みを解決できるよう、オイルエレメントについてご案内します。

交換時期、交換費用はどこが安いのかなども紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもオイルエレメントって何?

そもそも、オイルエレメントって何なのかと言えば、車のエンジン内に流れる汚れたオイルを綺麗にろ過するためのフィルターパーツです。

ちなみに、オイルエレメントもオイルフィルターも基本的には同じものです。

エンジンオイルは以下のような作用があります。

1.潤滑

2.冷却

3.密閉

4.防錆

5.洗浄

その中でもオイルエレメントは、エンジンオイルの作用である「洗浄」の作用の手助けをしているのです。

エンジンオイルはエンジンを始動した瞬間から、エンジン内部でオイルが巡回してエンジンの性能を発揮させています。

ですが、エンジンを回し続けることで、エンジンオイルは汚れや金属片を吸収し続けるのため、エンジンの性能が徐々に低下していくのです。

エンジンオイルが真っ黒なドロドロ状態になると、エンジンの性能を十分に発揮できなくなり、車のパワーや燃費が徐々に低下していきます。

ただ、エンジンオイルが汚れるたびに交換し続けることは、メンテナンス費用が増していきます。

しかも、頻繁にオイル交換が必要だと「環境汚染だ!」なんて言う人も出てきてしまうかもしれませんね。

なので、エンジンオイルが汚れても、オイルエレメントがろ過してオイルをキレイにするのでエンジンオイルの性能低下を抑えてくれるのです。

つまり、オイルエレメントがエンジンオイルの汚れを取ってあげているので、エンジンオイルはある一定期間キレイな状態を保つことが出来るのです。

スポンサーリンク

オイルフィルターの交換時期

オイルエレメントの交換時期は、一般的に「エンジンオイルの交換2回に1回」と言われています。

オイルエレメントの交換目安は以下のとおりです。

1.オイル交換2回に1回

2.走行距離1.5万km~3万km程度

3.使用期間1年~2年程度

新品状態のオイルエレメントは目が荒く、ゴミなどをろ過し続けていると目の粗さが無くなり、丁度よい目の細かさになります。

オイルフィルターが丁度よい目の粗さになるには、「約1万キロ」と言われています。

ちなみに、輸入車の場合はエンジンオイルの交換サイクルは国産の2倍と言われています。

つまり、国産車のエンジンオイルが「1万キロ」ごとの交換なら、輸入車は2万キロごとの交換となっています。

輸入車の場合は距離を丁寧に記録をして交換時期を決めているのではなく、メーター内のランプにより確認できる車種もあります。

オイルエレメントの交換はエンジンオイルとセットで考えないといけません。

理由は、オイルエレメントだけを交換しようとして取り外すと、オイルが「ドバっと」出てきて大変なことになるからです。

つまり、エンジンオイル交換2回に1回はオイルエレメントを、交換しないといけないということです。

スポンサーリンク

オイルエレメントの交換費用はどこが安い?

オイルエレメントは単独で交換すると、オイルエレメントを取り外してすぐに大量のエンジンオイルが出てきてしまう可能性があります。

汚れたオイルが大量に出てきたら、大丈夫なのか?と心配になるかもしれません。

そして、オイルエレメントが汚れているということは、エンジンオイルもかなり汚れていると言えます。

初めての方は

・ただ交換するだけでよいのか?

・自分で交換しても良いものなのか?

迷ってしまうのではないでしょうか。

そういう心配がないように、エンジンオイルとオイルエレメントの交換をしてくれるお店やその各店の工賃を紹介していくことにします。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでオイルエレメントやエンジンオイルを交換する場合、オイルの量によって交換費用が変わります。

私は以前、ガソリンスタンドで勤務していたことがあり、他人様の車のエンジンオイルやオイルエレメントを交換していました。

ガソリンスタンドではオイル交換が出来る人にしか、オイル交換はさせないので、作業レベルはアルバイト店員だとしても特に心配する必要はないかもしれません。

オイルエレメント&エンジンオイルの交換費用の相場は「2,000円~4,000円」程度です。

これは、軽自動車~2000ccクラスの値段です。

ただし、ガソリンスタンドによっては値段が多少変わります。

オイル&オイルフィルター交換費用:2,000円~4,000円

オートバックス

オートバックスでエンジンオイルとオイルエレメントを交換する場合の工賃は「525円」です。

ただし、オイル会員は無料です。

もちろん、ゴールド・プラチナ会員も工賃無料で、エンジンオイルとオイルエレメントの代金のみとなります。

オートバックスは、アルバイト店員であっても基本的にはこれから整備士になろうという人がほとんどなので、作業自体は安心できますよ。

また、オートバックスによってはキッズコーナーがあるので、作業中はお子様も退屈しなくて済みます。

ガソリンスタンドとはこの点ではサービスが違いますね。

エンジンオイル交換:525円~(オイル会員は無料)

オイルエレメント交換 :525円~(オイル会員は無料)

イエローハット

イエローハットはオートバックスより若干高いです。

ただし、過去にイエローハットの面接で言われたのですが、整備士を志しているかどうかが採用判断基準にあるようで、オートバックス同様に作業自体は安心できると言えます。

会員はオイルエレメントの工賃が無料です。

エンジンオイル交換費用:540円~

オイルエレメント交換費用:756円~(会員無料)

ディーラー

料金が一番高いと言われているディーラーですが、近辺のスズキ5件に実際に電話をしてみたところ、回答は「1500円~4000円」でした。

一般的なディーラーの工賃は高いイメージがありましたが、同じ系列のディーラーでも値段が違うこともあるのですね。

また、違うメーカーの車でも作業してくれるディーラーもあるので、安いところを地道に探すのも良いですね。

私は現在、ディーラーでオイル交換やオイルエレメントの交換を全て行なってもらっていますが、大手カー用品店より工賃が安いです。

なので、場所によっては大幅に異なるかもしれません。

エンジンオイル&オイルエレメント交換費用:1500円~4000円

オイルエレメントは自分で交換できる?その方法

最後に、やっぱり自分でオイルエレメントを交換したい。

と思う方に方法をご紹介します。

一般的には、エンジンオイルと一緒に交換しないと、オイルが大量に出て大変なことになります。

エンジンオイル交換の手順

1.オイルフィラーキャップを開ける

2.廃油処理箱をオイルドレンプラグの真下にセットする

3.ゆっくりとオイルドレンプラグを緩める

4.オイルを排出する(オイルがポタポタ落ちるようになるまで待つ)

5.オイルドレンプラグを締める

6.廃油処理箱をのける

7.オイルエレメントを外す

8.新しいオイルエレメントのパッキンにオイルを指で塗る

9.オイルエレメントを取り付ける

10,エンジンオイルを入れる

私も腰を痛める前までは、愛車のエンジンオイルやオイルエレメントを交換しておりました。

そのときに、「うわぁ、これ便利だなぁ!」と思った道具があります。

その道具を少し紹介させていただきます。

オイルエレメントを交換するときは、「フィルターレンチ アジャスタブルタイプ 」がとても便利です。

理由は、たとえ車を買い替えてもフィルターレンチの許容範囲なら、どの車のオイルエレメントでも交換できるからです。

さらに、エンジンオイルを交換するときは、車を持ち上げる必要があります。

エンジンオイルの交換は簡単とは言え、自宅でオイル交換をするという場合は、極端な話ですが命がけの作業なのです。

適当に代替品で車を持ち上げると、思いもしない事故につながったり、車が倒れてしまうなどの下地きになる可能性もあるのです。

しかしご安心ください。

初めてエンジンオイルを交換するなら、「カースロープ」を使うとかなり安全です。

フロントジャッキやウマ(リジットラック)などを使わなくても、「カースロープ」の上に車を乗せれば、ジャッキなどで持ち上げるよりも安全です。

しかも、車を固定するためにフロアジャッキやウマなどを買い揃えるより、カースロープを買うほうがかなり安いでお財布にも優しいのです。

エンジンオイルやオイルエレメントを交換するなら、「カースロープ」を使うと良いでしょう。

ちなみに、ウマ(リジットラック)もしっかりと固定することさえできれば安全ですし、高さ調節や折り畳み収納ができるなど、使い勝手はそこまで悪くはありません。


スポンサーリンク

オイルエレメント交換のまとめ

オイルエレメントだけの交換はできなく、エンジンオイルも基本的には一緒に交換したほうが良いということです。

しかも、オイルエレメントが汚れているということは、エンジンオイルもかなり汚れているため、十分にろ過ができない状態になっていることが多いです。

最近はエンジンオイルの性能も向上し、車自体のエンジンも昔より性能がアップしています。

なので、昔のようにエンジンオイルを3000kmごとに交換する必要はなく、メーカー指定のシビアコンディションの5000kmでも良いし、10000kmも十分だということです。

オイル関係の作業は一番安いのが大手カー用品店なので、安く費用を抑えたいなら大手カー用品店で交換すると良いでしょう。

自分でももちろんできますが、オイルエレメントやエンジンオイルを交換する場合は、軽い気持ちで作業をしてはいけません。

何トンもある車の重量に押し潰されてしまうことを回避すべく、車載道具ではなくてちゃんとしたフロントジャッキや、ウマ(リジットラック)、カースロープなどを使用して、車を安定させてから作業をしましょう。

ご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク