キャプティバ スタッドレスのおすすめを紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2011年に7シーターSUVシボレーキャスティバが日本でデビュー。

ミドルSUVとして、2017年に姿を変えてさらに進化を続けます。

春歌秋冬乗れますが、アウトドアにも向いているシボレーキャスティバにはスタッドレスタイヤも必要です。

基本情報からスタッドレスについてまで、紹介いたしますので参考までにご覧ください。

引用:https://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/model-overview.html

シボレー キャプティバ 基本情報!

シボレー キャプティバ ¥ 3,790,000

エコテックエンジン リッター2,4 乗員定員7名

引用:https://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/model-overview.html

2011年の上半期に世界で454万台を販売したGM(オーナー)ですが、その少し前にちょっと気になるニューモデルが日本デビューを果たしています。

それがミドルサイズSUVの、シボレー・キャプティバです。

GMといっても本国ではなく、生産は韓国のオーナーが担っているといっていいでしょう。

キャプティバは基本的に欧州市場を主体に開発された車種です。

いくつかバリエーションがある中。

日本はというと、右ハンドル、3列シートの7人乗り、2.4リッター直4エコテックエンジン+6速AT搭載モデル、4WDという仕様のみが導入されることになり登場。

新世代のエコテックは、従来よりもモジュラー化を促進しています。

気筒数や排気量の変更がいっそう簡単となって、幅広いバリエーション展開を可能にしています。

そもそもモジュラーとはモデムなどを電話回線に接続するためのケーブルや端子のことを指すので最新型といえるでしょう。

シボレーキャスティバ 基本情報に触れましたが、ホイールサイズはどうでしょうか。

  • 径:16.0ー 19.0
  • 幅: 215ー235(mm)
  • タイヤ扁平率:50ー70(%)
  • 最小タイヤサイズ:215/70R16
  • 最大タイヤサイズ:235/50R19

リムはこうなっています。

  • 直径:16.0ー19.0
  • 幅:6.5ー7(インチ)
  • オフセット:45ー46(mm)

ホイールサイズはこのようになっています。

それではスタッドレスタイヤはどのようにしたら良いかです。

引用:https://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/model-overview.html

シボレー キャプティバ スタッドレス おすすめ!

シボレー キャプティバは、洗練されたデザインと3列シート7人乗りが人気のミッドサイズSUVです。

シボレーキャプティバの純正ホイール(タイヤ)サイズは、19インチ(235/50R19)ですがスタッドレスタイヤでこのサイズは設定されていません。

そこで最小タイヤサイズと最大タイヤサイズから考慮し、シボレーキャスティバにおすすめなスタッドレスタイヤを選びましたのでご覧ください。

また、ここではホイールとタイヤのセットをおすすめします。

ホイールの組み換えを間違えたり、手間を省くためやエコのためなのでご了承ください。

  • 送料無料 アルミセット
  • 取付店直送可
  • スタッドレス 17インチ
  • 265/70R17
  • ミシュラン ラティチュードX-ICE XI2
  • レイズ チームデイトナFDX F6 KZ
  • タイヤホイール4本セット 新品 国産車

¥ 203,700

引用:https://item.rakuten.co.jp/auc-konishitire/laxi2-2657017-fdxf6-kz/

ミシュラン X-ICE X12ではタイヤの接地面積を大幅に拡大し、路面から受ける圧力をトレッド(中心距離)全体に均一に分散します。

偏摩耗を抑制してタイヤのロングライフに貢献。

高性能のアイスパフォーマンスが、長期にわたり持続する秘密とは優れた接地面圧分布によるものでしょう。

  • 265/70R17 スタッドレスタイヤ ホイール 4本セット
  • WEDS ウェッズ キーラー フォース
  • ハイパーシルバー
  • 17inch 7.5J
  • 6穴139mm
  • アイスガード SUV G075
  • 265/70R17

¥ 115,500

引用:https://item.rakuten.co.jp/maluzen/std1_17_265-70-17_keelerforce_yo/

SUV用スタッドレスで氷に効く!

17インチ スタッドレスタイヤホイールセット付き アルミホイール 4本セットです。

ヨコハマタイヤ YOKOHAMA ジオランダー I/T-S アイティエス GEOLANDAR G073使用。

  • 265/70R17 スタッドレスタイヤ ホイール 4本セット

¥ 114,000

引用:https://item.rakuten.co.jp/maluzen/std_17_265-70-17_xtrem-j_fb/

グッドイヤー独自の新構造で、ドライ路面での操縦安定性も大幅に向上。

現在のSUVの使用環境やニーズにも配慮しています。

氷雪路でのタフな走破性だけでなく、街中での快適性も進化。

  • 送料無料
  • 2018年製 グッドイヤー スタッドレス
  • エクストリーム ジェイ
  • フラットブラック
  • 17inch 7.5J
  • 6穴139mm
  • アイスナビSUV
  • 265/70R17

ナットの部分の適合性は車種によって異なるので、メーカーやタイプを確認しましょう。

中には変える必要があるときもあるので、ナットはきちんとチェックし、またホイールサイズも慎重に選ぶことが大切です。

ここではあくまでセットでの紹介なので、ホイールとタイヤの別売りなどもあります。

ただし、組み換えが必要になるので間違えないように注意が必要です。

引用:https://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/model-overview.html

シボレー キャプティバ 2017年発売モデルとは?

シボレー キャプティバは、日本ではニューモデルとなりますがデビュー自体は2006年です。

モデルチェンジして間もないこともなく、2011年初頭のビッグマイナーチェンジ。

従来モデルはと印象は変わり、アグレッシブなルックスを手に入れています。

シボレー共通のマスクに、大きいゴールドの「ボウタイ」エンブレムや、235/50R19サイズの大径タイヤ。

アンダーボディやフェンダーに配されたプロテクターなどが似合っているでしょう。

GMの世界各地の開発能力を結集したミドルサイズSUVの、シボレーキャプティバ。

2.4L 直列4気筒DOHC可変バルブタイミング付きエンジンを搭載しており、最高出力167馬力を発揮しています。

今回、新色の「ブラックミートケトル」を全身に施していて、特別装備の19インチブラックペインテッドホイールと組み合わせることで完璧なブラックアウトに仕立て上げです。

ただスタッドレスタイヤで19インチの同サイズを探すことは困難になっています。

エンジンフード/テールゲートには専用デカールを装着しており、ロゴデザインが限定車だけのアクセントに。

引用:https://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/model-overview.html

インテリアとして、7人乗り3列シートの室内には、ダークチタニウムのシートスティッチカラーを採用しています。

前席と2列目の左右には、ヒーター付レザーシートを装備など便利に変化。

更に後部席にはリアエンターテイメント装備として大型LEDディスプレイ、DVDマルチプレーヤー、デジタルTVチューナーなどを搭載しています。

Apple CarPlay/Android Auto対応の最先端の、インフォテイメントシステムによって、ドライブ中でもあなただけでなく、ご家族や仲間で快適な移動時間を楽しめる装備です。

進化を続けていることは間違いないのがシボレー キャプティバでしょう。

まとめ シボレー キャプティバ スタッドレスとノーマルタイヤ

シボレー キャプティバをあなたがこれから乗るとき、スタッドレスタイヤ選びに悩むことがあるのではないでしょうか。

確かにノーマルタイヤのサイズで考えたとき、同じサイズのスタッドレスタイヤのサイズを探すことは困難です。

幅と接地面に違いはあっても、きちんと合うサイズを選ぶことは大切になってきます。

スタッドレスタイヤとどうサイズはなくとも、ノーマルタイヤと比べて幅と接地面の変化は仕方のないことでしょう。

寒冷地では必要不可欠なスタッドレスタイヤですが、近年寒冷地以外でも使用することは多々あります。

オフロードに限らず、冬場には登場するスタッドレスタイヤ。

シボレー キャプティバにおいても当然大切な存在になります。

早めの準備はもちろん、山場ではより一層時期を早める必要があるのではないでしょうか。

また交換時期は地域によって異なるので、天気予報には注意しつつ時期を見定めましょう。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1