ベンツCクラスとスカイラインを比較する、どっちが維持費や燃費、乗り心地が優れているの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスが誇る世界基準モデルとして完成度の高いベンツCクラスセダンと、ハイブリッドスポーツモデルとして生まれ変わった日本を代表するスポーツセダンの日産スカイライン。

両モデルともスポーツセダンとして人気の高いパフォーマンスモデルですが、ハイブリッドスポーツとなるスカイラインと、ダウンサイジングされたベンツCクラスの価格や維持費、燃費などを中心に比較してみましょう。

ベンツCクラスとスカイラインのスペックと価格を比較

ドイツ車の代表メルセデスベンツが販売する世界基準モデルであるCクラスは、ベンツシリーズの中でも特に売れ筋モデルで、日本国内市場でも人気が高く、そのちょうど良いボディーサイズが受けて、世界中でベストセラーとなっています。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/gallery-WS205.module.html

2018年のフェイスリフトで外観を含めて大きく変更を行い、さらに魅力のあるスポーツセダンモデルへと進化しました。

日産が販売するスカイラインは、日本を代表するスポーツセダンでモータースポーツシーンで数々の伝説を作り上げた生粋のスポーツモデルですが、時代の進化と共にハイブリッドスポーツとして生まれ変わりました。

スカイラインも今はインフィニティ-ブランドの中核をなすミドルセダンとなり米国市場において人気の高いモデルで、そのスタイルはスポーツセダンではなく風格とラグジュアリーを感じさせるスポーティーサルーンです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

では、この両モデルのスペックと価格を比較してみましょう。

まずは世界基準と言われるベンツCクラスから見て来ましょう。

〇ボディーサイズ

全長×全幅×全高:4,690、4715mm×1,810mm×1,430~1,445mm

ホイールベース:2,840mm

車両重量:1,490~1,870kg

乗車定員:5人

 

〇搭載されるエンジン

・C180・C 180 AVANTGARDE

エンジン形式:1,595cc直列4気筒ガソリンエンジン+ターボチャージャー

最高出力:115kW(156PS)/ 5,300rpm

最大トルク:250Nm/1,200-4,000rpm

 

・C200 AVANTGARDE

エンジン形式:1,496cc直列4気筒ガソリンエンジン+ターボチャージャー

※マイルドハイブリッドBSG搭載

最高出力:135kW(184PS)/ 5,500rpm

最大トルク:300Nm/1,200-4,000rpm

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/technology-WS205.module.html

 

・C220d AVANTGARDE

エンジン形式:2,142cc直列4気筒ディーゼルエンジン+ターボチャージャー

最高出力:125kW(170PS)/ 3,000-4,200rpm

最大トルク:400Nm/1,400-2,800rpm

2018年のマイナーチェンジにおいて、エンジンも新しくなったベンツCクラスはBMGと称するマイルドハイブリットエンジンを用意しC200に搭載して、環境や燃費対策に貢献すると共に排気量を抑えたエンジンを用意しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

次は日産のスカイラインを見てみましょう。

〇ボディサイズ

全長×全幅×全高:4,815mm×1,820mm×1,450mm

ホイールベース:2,850mm

車両重量:1,670~1,890kg

最低地上高:130mm

乗車定員:5人

 

〇搭載するエンジン

・350GT HYBRID Type SP/ 350GT HYBRID Type P/ 350GT HYBRID

エンジン形式:3,498ccV型6気筒ガソリンエンジン+HM34交流同期電動機

最高出力:225kW(306PS)/6,800rpm

最大トルク:350Nm/5,000rpm

モーター型式:HM34交流同期電動機

最高出力:50kW(68PS)

最大トルク:290Nm

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/performance.html

・200GT-t Type SP/200GT-t Type P/200GT-t

エンジン形式:1,991cc直4気筒ガソリンエンジン+ターボチャージャー

最高出力:155kW(211PS)/5,500rpm

最大トルク:350Nm/1,250~3,500rpm

スカイラインにはハイブリッドシステムとガソリンエンジンが用意され、それぞれグレード別に搭載され、装備やスポーティー性の違いによって細分化されユーザーの好みや予算によって選択することができます。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/designandquality-WS205.module.html

ベンツCクラスとスカイラインのボディーサイズを比較すると、僅かながらスカイラインが小さいボディーサイズとなっていますが、全高でスカイラインの方が高くボリューム感があります。

外観のデザインとしてはスポーツセダンとして洗練された流線形を感じるベンツCクラスと、米国向けに採用された迫力のあるグラマラスなデザインを採用するスカイラインは相対的な印象でユーザーの好みに大きく左右されるところですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

スカイラインは1クラス上のフーガを小さくしたような印象もあり、フロントロングノーズは米国人に人気のあるデザインで、米国市場を意識したデザインづくりがスカイラインの特徴とも言えるでしょう。

それでは両モデルの車両価格を比較してみましょう。

まずはベンツCクラスより見て行きます。

・C180:4,550,000円

・C180 アバンギャルド: 4,950,000円

・C200 アバンギャルド:5,600,000円

・C200 4MATICアバンギャルド:5,880,000円

・C220d アバンギャルド:5,860,000円

このように5つのグレードが用意され、それぞれ装備や搭載するエンジンが違っており価格も違っています。

続いてスカイラインの車両価格を見てみましょう。

・350GT HYBRID Type SP     5,559,840円

・350GT HYBRID Type P      5,223,960円

・350GT HYBRID         4,955,040円

・200GT-t Type SP        4,713,120円

・200GT-t Type P        4,433,400円

・200GT-t            4,164,480円

スカイラインは6種類のグレードが用意され、搭載エンジンや装備や趣向によって区分けされており、ユーザーの予算や好みによって選択することが出来ます。

車両価格ではベンツCクラスとスカイラインは同じ価格帯に属しており、装備やスペックなど、それぞれ開発の方向性が違っていますがともに完成度が高く使用環境やユーザーの好みで選んで頂ければ良いのではないでしょうか。

ベンツCクラスとスカイラインの燃費を比較

引用:https://pixabay.com/photos/refuel-petrol-stations-gas-pump-2157211/

クルマのランニングコストで大部分を占める燃費は、クルマを選ぶ上で重要なキーとなると思いますが、ベンツCクラスとスカイラインの燃費はどうなのか両モデルを比較してみましょう。

燃費は運転の仕方や使用環境なによって大きく左右されるため、カタログ燃費で比較検証してみたいと思いますが、カタログ記載の燃費はJC-08モードと称される燃費計測に特化した方法で計測されています。

それだけに実燃費よりも良い数値が表示される傾向にありますが、表示される数値の70%程度で計算した数値が実燃費に近いと言われています、あくまで参考数値として捉えましょう。

・ベンツCクラス:12.9㎞/L~18.9㎞/L

・スカイライン:13.0㎞/L~17.8㎞/L

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/performance.html

カタログに記載されている燃費を比較すると、ベンツCクラスもスカイラインも殆ど変わらないことが解りました。

意外なのは排気量の大きいエンジンを搭載しているスカイラインの燃費が想像よりも良いことでした。

ハイブリッドスポーツと銘打つだけに燃費性能も素晴らしいエンジンを搭載していますね。

ベンツCクラスとスカイラインの燃費に関しては、殆ど変わらないレベルで僅かにスカイラインがベンツCクラスよりも悪くなる可能性があると言えます。

ベンツCクラスとスカイラインの乗り心地を比較

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/designandquality-gallery-WS205.module.html

ベンツCクラスとスカイラインの乗り心地を比較してみましょう。

両モデルともボディーサイズでは殆ど変わらないだけに室内空間も同じような広さを有し、ともにゆったりと快適に過ごすことができます。

インテリアデザインも「ホテルのラウンジで寛ぐ」をイメージしたベンツCクラスは、シンプルながら上質な素材を使用しワンクラス上のインテリアデザインとなっているのが特徴です。

スカイラインも洗練されたインテリアデザインを採用し、上質な素材を用いたシートなど、高級ミドルサルーンとして完成されたインテリアデザインで、全高尾が少し高いスカイラインの方がヘッドクリアランスが大きくゆったり感が大きいでしょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

高級サルーンともなれば車内空間で快適に過ごすのは当然ながら、付加価値としてオーディオなどの音質にもこだわりたいところ、スカイラインはオプション設定でBOSEサウンドを用意し16個のスピーカーから奏でるサウンドは魅力的です。

ベンツCクラスもオーディオには力を入れていると思いますが、インパクトではスカイラインの方が強く感じるところですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/performance.html#direct

乗り心地を大きく左右するサスペンションを見ると、スポーツセダンとして世界基準となるベンツCクラスの設定は不要なショックを廃し、絶妙なセッティングを行っています。

しかし人によっては固く感じるユーザーも居るようです。

スカイラインは高級ミドルサルーンとしてスポーティーな設定としながらもソフトな設定で、乗り心地ではスカイラインの方が良く感じるユーザーも居るでしょう。

しかし高速安定性やカーブでの安定性はベンツCクラスの方がしっかりとしている感じが強く、ユーザーの好みにもよりますが相対的な味付けです。

もちろん、良い悪いと簡単に語れるようなレベルではありませんので、試乗でしっかりと確認して頂きユーザーの好みで選べば良いでしょう。

ベンツCクラスとスカイラインの維持費を比較

引用:https://pixabay.com/photos/wallet-money-banknotes-euro-cash-867568/

クルマを所有すると必要になる維持費、内訳としては自動車税などの法定費用とメンテナンスや車検、保険などの費用ですが、ベンツCクラスとスカイラインの維持費はどの程度必要なのか比較してみましょう。

クルマを常に快調に走らせる為には定期的なメンテナンスが欠かせません。

ベンツCクラスとスカイラインの定期点検メンテナンス費用は、年間で3万円~5万円程度が必要で、ほぼ同じような金額となるようです。

車検費用はベンツCクラスが15万円~20万円前後で、スカイラインも15万円~18万円前後と若干、ベンツCクラスが高く付くようですが、実際には余り変わらないでしょう。

自動車税はどうでしょうか。

毎年課税される自動車税はエンジンの排気量によって細かく決められていますが、ベンツCクラスの場合、1.5Lエンジンが34500円、1.8Lと2.0Lディーゼルが39500円の税額となっておりエコカー減税を適用されていないようです。

対してスカイラインンの場合は、2.0Lガソリンエンジンが39500円、3.5Lハイブリッドエンジンが66500円をかなり高額になります。

しかしハイブリッドエンジン搭載モデルはエコカー減税対象モデルとなり自動車税などの法定費用の減免があります。

エコカー減税対象期間を超えると3.5Lハイブリッドエンジンを搭載するスカイラインはベンツCクラスと比較して法定費用で高額となり、維持費としてはコストが掛かるモデルとなります。

ベンツCクラスとスカイラインのまとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

ベンツCクラスとスカイラインの維持費や乗り心地、燃費や価格なども含めて比較してみましたがいかがでしょうか。

ドイツの雄であるCクラスと国産ながら米国基準で進化スカイラインは相対的ながらも変わらない性能を有していることが解りました。

維持費面では大排気量を搭載するスカイライン・ハイブリッドモデルが不利ですが、それを上回る魅力があるのも事実でしょう。

この両モデルの購入を検討する場合はユーザーの好みで選択しても全く問題はなく、しっかりと試乗を行い吟味して決めれば良いでしょう。

この記事を書いた人

Ken
車好きでエンジニアとして活動している40代です!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1