ルノー・トゥインゴの値段・価格はいくら?グレードでどう変わるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

芸術の都、パリ。

そのパリで暮らすパリジャン、パリジェンヌの審美眼に認められたという自負と自信を持つルノー・トゥインゴ。

1992年に初代が登場して以来、既に20年以上経ち、現在3代目トゥインゴが活躍しています。

そんな3代目ルノー・トゥインゴには、今どんなグレードがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

【トゥインゴ】グレード紹介

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features01_color01_ex.jpg

ルノー・トゥインゴのグレードは以下の5グレードあります。

  • ZEN MT
    価格 177万円
  • INTENS
    価格 194万円
  • INTENS Canvas top
    価格 204万円
  • GT(MT)
    価格 229万円
  • GT(EDC)
    価格 239万円

トゥインゴは、Aセグメントに分類される小型車で、価格も手が届きやすい価格帯となっています。

フランスでは小型車でも使い勝手の良さを求められる事から、トゥインゴも小型車ながら5ドアを採用し、使い勝手には自信があるようです。

また、最小回転半径4.3mの小回り性能にも自信を持っていて、その小回り性能を活かしてパリの細い道を走っているそうです。

小型である事に自信と誇りを持っている、そんな印象を受けるルノー・トゥインゴですが、用意されている5グレードにはそれぞれどんな違いがあるのでしょうか?

今回はZEN MTとINTENS(Canvas top含む)、GTのMTとEDC、GTとINTENSを比べて違いを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

【トゥインゴ】ZEN MTとINTENS比較

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features01_color07_ex.png

ZEN MTとINTENSのサイズは以下の通り全く同じです。

  • 全長      3620㎜
  • 全幅      1650㎜
  • 全高      1545㎜
  • ホイールベース 2490㎜
  • トレッド
    フロント    1455㎜
    リヤ      1445㎜
  • タイヤ
    フロント    165/65R15
    リヤ      185/60R15
  • ホイールサイズ
    フロント    5J×15
    リヤ      5.5J×15

違うのは重量くらいで、

  • ZEN MT       960㎏
  • INTENS       1010㎏
  • INTENS Canvas top 1030㎏

となっています。

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_intens_exterior07_ex.jpg

それでは、エンジンはどんな違いがあるのでしょうか。

ZEN MTINTENS
エンジン種類
直列 3 気筒 DOHC12 バルブターボチャージャー付直列3 気筒DOHC12 バルブ
総排気量(L)
0.9980.897
最高出力( kW(ps)/rpm)
52(71)/600066(90)/5500
最大トルク(N・m(kgm)/rpm)
91(9.3)/2850135(13.8)/2500
駆動方式
後輪駆動
トランスミッション
5速MT6速EDC
燃費(km/L)
21.7

排気量はどちらも1L未満と自動車税に影響しないのがいいですね。

ZEN MTの方が排気量は上ですが、差としては微々たるものですし、排気量はどちらも1L未満と自動車税に影響しないのがいいですね。

最高出力、最大トルクは共にINTENSの方が上で、INTENSはZEN MTより少ない回転数で、高い数値を出せるのでいいのではないでしょうか。

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features01_design05_ex.jpg

トランスミッションは5速と6速でこの時点で違いますが、注目ポイントは後ろについているEDCですね。

MTはマニュアルで良いとして、後ほど紹介するトゥインゴGTの名前にも付いていましたが、EDCとは何でしょうか?

EDCとはエフィシエント・デュアル・クラッチの略です。

いわゆるDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)なのですが、ルノーではEDCと呼んでいます。

MTがベースのトランスミッションではあるものの操作感はAT車とあまり変わらず、AT限定免許でも運転できます。

EDC搭載車ならMT派の人とAT派の人で共有することができます。

燃費はZEN MTは公表していないのでわかりませんが、INTENSの燃費はJC08モード燃費とはいえ20km/Lオーバーは良いと思います。

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_zen_mt_interior01_ex.png

装備はどう違うのでしょうか?

ZEN MTINTENS
エクステリア
フロントフォグランプコーナリングランプ機能付フロントフォグランプ
サイドプロテクションモールクロームフィニッシャー
ホイール
15 インチホイールカバー15 インチアロイホイール’ARGOS’
機能装備
ECOモード
バックソナー
オートライト
フロント雨滴感応式オートワイパー
オーディオ
2 スピーカー2 スピーカー+ウーハー
快適装備
防塵フィルター付マニュアルエアコン防塵フィルター付オートエアコン
収納スペース
リアシート下収納ネット
サングラスホルダー

共通している装備は割愛して、違う装備のみまとめました。

やはりINTENSの装備はZEN MTに比べて充実していますね。

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_intens_canvas_top_exterior03_ex.png

ちなみに今まで全く触れていないINTENSとINTENS Canvas topの違いは名前にもついているキャンバストップがついているかいないかだけです。

キャンバストップとは、ルーフを開くことができる装備の事です。

つまり2つのINTENSの違いは、

  • 重量
  • キャンバストップの有無

という事になります。

ZEN MTとINTENSのエンジンや装備と価格差17万円を考えたら、INTENSの方がお得感があります。

キャンバストップを選んでもプラス10万円なので、ZEN MTとINTENSならINTENSを選びたいですね。

スポンサーリンク

【トゥインゴ】GT紹介

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gt/img/gt_body_02_ex.png

トゥインゴGTはルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールがモータースポーツで磨き上げた技術を詰め込んだグレードで、他のトゥインゴよりもスポーティーな走りを楽しむことができます。

そんなトゥインゴGTですが、まずはサイズから見ていきましょう。

  • 全長      3630㎜
  • 全幅      1660㎜
  • 全高      1545㎜
  • ホイールベース 2490㎜
  • トレッド
    フロント    1460㎜
    リヤ      1435㎜
  • タイヤ
    フロント    185/45R17
    リヤ      205/40R17
  • ホイールサイズ
    フロント    6J×17
    リヤ      7J×17
  • 重量
    EDC       1040㎏
    MT        1010㎏

当たり前ですが、サイズはほとんど変わりません。

全長、全幅がプラス10㎜、トレッドはフロントがプラス5㎜、リヤがマイナス10㎜です。

さすがに走りに関わるタイヤとホイールサイズはしっかり変わっています。

では、走りといえば欠かせないエンジンはどうでしょうか。

  • エンジン種類 ターボチャージャー付直列3 気筒DOHC12 バルブ
  • 総排気量      0.897L
  • 最高出力      80kW(109ps)/5750rpm
  • 最大トルク     170N・m(17.3kgm)/2000rpm
  • 駆動方式      後輪駆動
  • トランスミッション
    EDC        6速
    MT          5速

エンジンはINTENSと同じながらルノースポールがチューンをしたおかげで、最高出力、最大トルクが上がっています。

この辺りはさすがモータースポーツで鍛えたルノー・スポールといったところでしょうか。

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_gt_interior_ex.png

次は装備ですが、EDCとMTの装備の違いは一つだけで、EDCにはストップ&スタート機能がありません。

ストップ&スタート機能はGT EDC以外の全てのトゥインゴに付いています。

なぜついていないのか疑問ですが、コストとの兼ね合いでしょうか?

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features01_design01_ex.jpg

装備の違いはGT同士よりむしろ他のトゥインゴとの方があるので、今回はINTENSとの違いを紹介します。

GTINTENS
プライバシーガラス
フェンダーモール&サイドスカート
17インチアロイホイール15 インチアロイホイール’ARGOS’
レザー調xファブリックコンビシート(ホワイト/オレンジライン、オレンジステッチ)ファブリックシート
前席シートヒーター
RENAULT SPORTロゴ入りキッキングプレート
VGRS ( バリアブルギアレシオステアリング)
前席エアバッグ(助手席エアバッグOFFスイッチ付)前席エアバッグ
チャイルドシートISOFIXアンカー(後席、助手席)チャイルドシートISOFIX アンカー(後席)

VGRSがあるのが、一番の違いかと思います。

VGRSというのは、走行状況によってステアリングの回転角とゼンリンの切れ核の比率を変える事ができるステアリングで、簡単に言うと少ないハンドル操作で車を動かす事ができます。

こういう装備があると走りに力を入れているんだなと思います。

そして少し変わり種として、カラーによって変わるエクステリアの装備があります。

GTのカラーは、オランジュ ブレイズMとグリ リュネール Mという2色があります。

以下がカラーで変わる装備です。

オランジュ ブレイズM

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_gt_exterior01_ex.png

  • ブリリアントブラックドアミラー
  • フロントグリルブリリアントブラックフィニッシャー
  • サイドプロテクションモールブリリアントブラックフィニッシャー(RENAULT SPORTロゴ入り)
  • GT専用ブラックサイドストライプ
  • ブリリアントブラックリアスポイラー

グリ リュネール M

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/gps/img/twingo_gps_gt_exterior02_ex.png

  • オレンジドアミラー
  • フロントグリルオレンジフィニッシャー
  • サイドプロテクションモールオレンジフィニッシャー(RENAULT SPORTロゴ入り)
  • GT専用オレンジサイドストライプ
  • オレンジリアスポイラー

こちらは好みで選べますね。

やはりGTは性能や装備面で他のトゥインゴより特別ですね。

楽しめるなら走りも楽しみたいという人にGTはオススメできます。

スポンサーリンク

【トゥインゴ】まとめ

引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features02_powertrain01_ex.jpg

ここまでトゥインゴのグレードを見てきましたが、如何だったでしょうか?

価格がお手頃で、個人的にはかわいい見た目だと思います。

この中でオススメしたいグレードを選ぶとしたら、

  • INTENS Canvas top

をオススメしたいです。

性能的にはINTENSと変わりませんが、トゥインゴ唯一のキャンバストップには心惹かれます。

価格差もそんなに大きくないので、キャンバストップを開けた時の解放感に興味のある人には、是非一考していただきたいと思います。

今回の記事が皆さんのカーライフの一助になれば幸いです。

アイキャッチ画像引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/img/twingo_features01_design04_ex.png

この記事を書いた人

りょー
都内在住。カレーとゲームと甘いものが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1