クラリティPHEVに設定されるオプションは?徹底解剖!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

クラリティPHEVに用意されるオプションには、一体どんなものがあるのか、知りたいところですね。

実際に用意されるオプションのパーツを抑えておくことにより、納得してクラリティPHEVを購入することにも直結します。

この記事では、クラリティPHEVのオプションについて、詳しくチェックしていきます。

スポンサーリンク

クラリティPHEVのオプション カーナビ関連のアイテムは?

引用:https://www.honda.co.jp/navi/option/vics_01/

カーナビにオプションで設置できるアイテムには、VICS光・電波ビーコンユニットが挙げられます。

このビーコンユニットを取り付け、カーナビに連動させることで、安全運転のサポートの精度を高めることが期待できます。

そのため、標準仕様のカーナビにプラスする形で、このビーコンユニットを取り付けることが、クラリティPHEVの購入時にはオススメですね。

具体的には。走行中の追突リスクの軽減や、信号を見落としにくくするためのサインを発信することが、このビーコンを設置することで実現されます。

他にも、標識や信号などの交通管制にまつわるデータの受信もでき、慣れない道でも安心して走ることが可能です。

走行時につきものの渋滞も、なるべく回避して走行できるようにとデータを受け取ることが可能なため、快適にクラリティPHEVでの走行を実現させることにも役立ちますね。

スポンサーリンク

クラリティPHEVのオプション 運転サポートに役立つのは?

クラリティPHEVの運転時にサポートしてくれるオプションのアイテムにはどんなものがあるのでしょうか。

具体的にチェックしていきましょう。

コンパクトで録画機能に優れたドライブレコーダー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/security_support/driverecorder/index.html

運転中の記録を残すことに役立つドライブレコーダーは、運転サポートに役立つアイテムのひとつです。

クラリティPHEVに乗る人からは、オプションとしてチョイスされる機会も多くなり、運転中の動きや記録を残すニーズに合致しています。

非常にコンパクトでスペースを取らず、運転中も視界を邪魔することがありません。

録画できる動画の長さは、標準のモードで最大90分、長時間モードに設定すると180分、連続して動画を記録することが可能です。

クラリティPHEVのオーナーによっては、事故発生時の記録などを確実に残しておきたいと考えるケースがちらほらあります。

そのため、簡単に取り付けることができ、安定して長時間の動画記録の残せるドラレコが、オプションの中では人気の高い傾向にあると言えますね。

運転中の突発的な事態に備えるという意味合いでも、取り付けることが推奨されるでしょう。

縦列駐車などの際に役立つセンサー

超音波感知システムを持つセンサーは、縦列駐車などを行う際に役立つオプションです。

クラリティPHEVの車体の前後に、それぞれセンサーを取り付けることで障害物検知や、衝突防止などの効果が発揮されます。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/security_support/sensor_sensorindicator/index.html

フロントセンサーは、運転操作中に死角となる部分や、見えにくい部分のカバーが最も大きなメリットとして挙げられています。

特に縦列駐車時には、視界では捉えきれない部分までカバーし、障害物を検知した際にはサインが出される仕組みです。

4か所にバランスよく配置されるので、センサーの感知をしっかり行うことにも繋がり、衝突を抑止することに役立っています。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/security_support/sensor_sensorindicator/index.html

リア部分にも、フロントと同様に4か所にセンサーが配置されています。

コーナーセンサーとバックソナーをオプションで設置することができ、後方部分の障害物検知に役立つ仕組みとなっています。

フロントよりも、後方の目視は大変であると感じるドライバーが、クラリティPHEVを持つ人の中も多い傾向です。

そのため、フロントセンサーと共に、リヤセンサーについても設置を考えるオーナーが多くなっており、実際に選ばれる機会も増えています。

障害物をセンサーで検知できる状態を作ることにより、安心してクラリティPHEVを運転できる環境を作ることにも直結します。

そういった意味でも、センサー類のオプションでの取り付けも前向きに考えることがオススメされています。

クラリティPHEVの関連記事はこちら⇒
▶クラリティPHEVの色・カラーの人気は?徹底チェック!

スポンサーリンク

クラリティPHEVのオプション 外観をアレンジするのは?

クラリティPHEVのエクステリアをアレンジするオプションには、どのようなラインナップがあるのでしょうか。

詳しくチェックしていきましょう。

ナンバープレートの周りを彩るフレーム

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/exterior/licenceframe/

ナンバープレートの周りに設置するライセンスフレームは、クラリティPHEVの外観にマッチした印象の見た目です。

フレームはオーソドックスなメッキ調のタイプがメインとして設定されています。

その一方で、シルバーのカラードタイプや、ダークな色合いのメタリックも設定されており、自分好みのフレームを選ぶことができます。

クラリティPHEVのフロント部分のアレンジを希望する場合には、このようなライセンスフレームをオプションで選ぶと、納得できるでしょう。

車内換気を快適に行えるドアバイザー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/exterior/doorvisor/index.html

ドアバイザーは、車内の換気を快適に行うために設置されることの多いオプションのアイテムです。

降雨時に水滴が車内に入りにくくなるので、換気を行ったり、窓の曇りを解消したりするときには欠かせない設備として挙げられています。

クラリティPHEVには、このドアバイザーがオプションの選択肢として用意されています。

そのため、快適に換気を行いたいと考えるオーナーは、取り付けることを前向きに考えるのが良いのではないでしょうか。

外観に対する大きな変化もなく、見た目に影響のないところも、設置の勧められる要素のひとつですね。

スポンサーリンク

クラリティPHEVのオプション 内装をアレンジするのは?

クラリティPHEVの内装をアレンジするオプションも、知っておきたい人は多いはずです。

いくつかピックアップして見ていきましょう。

内装のドレスアップには欠かせないサイドステップガーニッシュ

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/interior/sidestepgarnish/

サイドステップガーニッシュはドアの開閉に連動する形式で動くアクセサリーです。

このオプションを取り付けることで、ドアを開けた時にクラリティのロゴが浮き上がり、上質なイメージを出すことに役立ちます。

オプションとしては人気はかなり高めで、クラリティPHEVの価値を高めようと取り付ける事例が増えています。

イルミネーション形式で少しずつロゴが浮き上がってくるタイプなので、見た目にも華やかさが出ています。

演出としてはうるささがなく、控えめでありつつもイルミネーションがきれいに見える部分が評価されています。

クラリティPHEVのインテリアに、ちょっとしたアクセントを加えるのにはうってつけのオプションですね。

ロゴのあしらわれたフロアカーペットマット

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/clarityphev/interior/floorcarpetmat/

フロアカーペットマットは、クラリティPHEVのロゴのあしらわれた、専用設計のものです。

オリジナルのもので、シンプルなマットのデザインであるところが魅力的と評判です。

オプションのパーツの中でも、選択肢に入れられる動きは活発であることから、インテリアのパーツとして受け入れられています。

アレルキャッチャー素材が取り入れられ、車内空間を快適にキープすることにも役立つ、機能性あるマットです。

車内の足元をきれいに保ち、汚れが付きにくく防臭や抗菌作用に長けた部分も機能性の高さを表しています。

クラリティPHEV独自のロゴがついており、マットとしても上質なところは、実際に取り付けたオーナーからも上々の評価が集まっています。

豊富なオプションパーツの用意されるクラリティPHEV

クラリティPHEVのオプションについて、いくつかの項目に分けてチェックしてきました。

オプションの種類は、豊富に用意されいてるところが全体としてのポイントであり、クラリティPHEVに乗る人の希望に合わせたパーツを組み合わせられる点がメリットです。

カーナビに付随するものや、運転サポートに貢献するオプションに関しては、特にオーナーからも取り付けたいと希望される意見が目立っていました。

内外装にもアクセントの加えられるオプションが用意されているため、車全体のドレスアップも見込んで、オプションをプラスすることもできるのではないでしょうか。

クラリティPHEVを購入すると考えている人にとっては、これらのオプションについての情報は、見逃せない内容が詰まったものと言えるため、要チェックですね。

クラリティPHEVの関連記事はこちら⇒
▶クラリティPHEVの色・カラーの人気は?徹底チェック!

この記事を書いた人

キューエム
自称、車のマニアです。車の情報を実際のディーラーで集めたり、雑誌やインターネット、ネットでの海外のモーターショーでも情報を集めて楽しんだり各種ブログで記事を書いて情報発信もしています。役立つ情報をじっくり楽しんでくださいね。

キャッチ引用:https://shop.honda.com/clarity-plug-in-hybrid.aspx



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1