4WDとは?仕組みと燃費は?今さら聞けない4WDの疑問

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

自動車用語としてよく聞く「4WD」または「四駆」。

仕組みや燃費など、ざっくりとは知ってても正確に説明は出来る人は少ないのではないでしょうか?

まあ、説明する必要がない人もいるんでしょうが、せっかくなので知っておきましょ。

ズバリ4WDとは?その仕組みはどうなってる?

4WDとは4Wheel Driveの略で、日本語では4輪駆動と訳され、4つの車輪が駆動する自動車を指します。

全ての車輪を駆動させることからAll Wheel Drive、略してAWDと呼ばれることもありますが、こちらは6輪駆動などの特殊車両も含まれています。

4輪駆動は主に悪路などを走行するオフロード用の自動車に採用され、昨今ではSUV車やクロスカントリー車とカテゴリーに特化して呼ばれることもあります。

前輪と後輪の両方に強いトルクを与えるのに加えて、前後の回転差を調節するためのセンターデフを介して、エンジンからの回転力が伝達される仕組みとなっています。

そして、2輪駆動と比較して大きなパワーを生み出し、通常の舗装された路面での走行でも直進性やコーナーリングが安定するのに加えて、坂道や悪路、雪道でも余裕で乗り越えて行きます。

自動車の大きさや構造によってデファレンシャルギアの設置場所により名称が異なります。

中央に設置されている場合はセンターデフ、フロント側に設置されている場合はフロントデフ、リア側に設置されている場合はリアデフと呼ばれます。

4WDには複数のタイプがあり、車種によってさまざまな機能を備えています。

パートタイム4WDは通常は2輪駆動で動作しますが、ドライバーが操作を行うことで4輪駆動に切り替えることが可能です。

一方のフルタイム4WDは、常時4輪駆動で走行しスタンバイ式は通常は2輪駆動ですが、センサーがタイヤの状態を分析して空転した時には4輪駆動に切り替わります。

フルタイム・パートタイム複合式は、両者の機能を備えておりドライバーの操作で切り替えることが可能です。

電気式はハイブリッド技術の応用で、後輪がモーターで駆動します。

4WDと2WDの違いは?燃費はどのくらい変わる?

4WDと2WDの違い

4WDと2WDの大きな違いは、エンジンからの動力を4輪に伝達するか、フロントかリアのどちらかの2輪のみに伝達するかという点です。

4WDはエンジンからの力を効率的に伝えることができ、悪路であっても安定して高速走行が可能です。

しかし、パーツの点数が多く車体全体の重量が重くなる傾向にありエンジンにも大きな負荷がかかります。

2WDは構造が単純であることから比較的コストが安いのに加えて、軽量化を図ることができるのでストレートスピードが伸びる傾向にあります。

その一方で、駆動がフロントかリアのどちらかに偏っているため、雨や雪の路面ではバランスを崩してスリップしやすくなることもあります。

4WDと2WDの燃費の違い

燃費では、やはり4輪を駆動させる方が負担が大きくなるため燃費が悪くなります。

条件を揃えて分かりやすく分析するために、同一モデルでエンジンの排気量も同じで4WDと2WDの両方がリリースされている車種で試算した例では、最も差が大きいものではリッターあたり7km以上も違いがあるものがありました。

ただし、昨今では技術開発が飛躍的に進んでおり、それらの差は以前と比較して縮まりつつあります。

特に、ステーションワゴンでは車体が大きいことからパーツを積載できる面積も広く自由度が高いこともあり、両者の差がリッターあたり0.8kmと僅かな差に留まっている車種も登場しています。

ただしこれはレアケースと言える例であり、一般的には4輪駆動の方が燃費が悪い傾向にあります。

4WDのメリット・デメリットは?

4WDのメリット

4WDのメリットは何と言っても悪路でも平気で乗り越えられる走破性で、他の駆動方式の追従を許しません。

雨に濡れたり雪が積もり滑りやすくなった路面でも、安全に走行することが可能で運転する楽しさを味わうことができます。

4つの車輪に確実にトルクを届けられるのでタイヤが路面を捉え、直進性やコーナーリングも安定します。

スタックをするような場所でも2輪駆動ならどちらかのタイヤが空転して進めない場所でも、4輪駆動ならばいずれかのタイヤがグリップすれば十分脱出することが可能です。

これらの優れた機能はオフロード向けのものが圧倒的多数ですが、一部にはオンロード向けのスポーティな車種にも採用されています。

滑りやすい路面でも安定して走行し、高出力のエンジンのパワーを確実にタイヤへと伝達するなどのノウハウは、カテゴリーを超えて活かされています。

4WDのデメリット

その一方でデメリットとなるのが、パーツの点数が多いことから重量が重く初速や加速の伸びがあまり良くなく、最高速に達するまでには多くの時間がかかってしまいます。

また、小回りもし難く、カーブを曲がるときには早めに対処をする必要があります。

重量が重いということは燃費にも大きく影響するほか、エンジンも大きくてパワーが高いものが多いため騒音も気になるところです。

そして何より、2輪駆動と比較して車体価格が高額になってしまうのに加えて、修理や交換に使用するパーツも高額になる傾向にあります。

4WDの実際の必要性は?4WDはこんな人におすすめ!

4WDは一見するとオフロード走行などのレジャーやレクリエーションに最適なものだと思ってしまいがちですが、実は日頃からの走行にも大きく役立ちます。

安定した直進性とコーナーリングは通常の乾いた舗装道路でも優れた安定性を誇り、快適なドライビングが可能です。

また、雨や雪が降ったような悪天候でも、安心して走行できます。

豪雪地帯で暮らしている方にとっては4輪駆動の自動車は必須アイテムと言っても過言ではなく、深い雪でも平気で乗り越えて行くことが可能で住民の方にとっては貴重な通勤通学の足となります。

そんな運転をする楽しみや快適さを与え日常生活でも大きく役に立つ4WDの自動車は、すべてのドライバーにおすすめすることができます。

おすすめの4WD紹介

4WDのおすすめミニバン3選

・トヨタ アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

知名度や高級感、存在感など、どれをとっても他を圧倒するキングオブミニバン、トヨタのアルファード。

中古車として売るときもそれほど値が下がらないという点でも、最もおすすめできる4WDミニバン。

・日産 セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

デザインや内装、乗り心地など、乗る人を選ばない万人受けする日産の4WDミニバン。

簡易ながらハイブリッドモデルも採用されており、燃費性能から見てもおすすめミニバン。

・ホンダ オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

初代から長く販売が続き、かつマイナーチェンジする度に評判が上がっていくホンダの人気ミニバン、オデッセイ。

ホンダが誇る先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備しており、安全性能が高いところもおすすめできます。

4WDのおすすめ軽自動車

・ホンダ N-BOX

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

安全性、実用性、人気で現在最もおすすめできる4WD軽自動車、ホンダのN-BOX。

デザイン以外ではほぼ文句の付けようがない、完成された車種。

・スズキ ハスラー

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

現行の軽自動車の中でも屈指のカラーバリエーションとオシャレ度を誇る、スズキのクロスオーバーSUV。

ももクロのCMで指名度も上がり、女子からの人気も高い。

・スズキ ジムニー

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

なんと1970年(昭和45年)から販売されているスズキの代表的な4WD軽自動車ジムニー。

歴史のある車種でありながら、4代目はグッドデザイン金賞を受賞するなど、常にスタイリッシュに進化しているおすすめ4WD。

4WDまとめ

4WDの自動車は4つの車輪に力強いトルクを与えることが可能で、2WDでは不可能な走破性と安定性を実現しています。

オフロード走行やスポーティな走行でレジャー向けのものと思ってしまいがちですが、非常に実用性が高いのもポイントです。

唯一欠点があるとすれば燃費の悪さですが、技術革新によりそれらの問題は解消されつつあります。

いずれのタイプの自動車と同様にいくつかのメリットとデメリットがありますが、どの自動車にするのか迷ったらぜひ候補に入れたい車種です。

この記事を書いた人

杉本
趣味は車・野球・サッカー
映画・ドラマ・アニメetc.
自動運転どうなるんだろうねぇ~

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1