ホンダVTECターボエンジンのサウンドの特徴!エンジン音の魅力とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダエンジンといえば言わずと知れたVTECです。

今回はそんなVTECエンジンにターボを組み合わせたVTECターボエンジンのエンジン音の特徴や魅力、コントローラを付けた場合のメリット、デメリットについてご説明します!

スポンサーリンク

ホンダが誇るVTECエンジンの基礎知識

まずはVTECとは何か、VTECターボエンジンはどんなエンジンかについて解説します。

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/vtec-turbo/page2/

ホンダが誇るVTECとは何か?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

そもそもVTECとはブイテックと読みVariable valve Timing and lift Electronic Control systemのことです

日本語にすると可変バルブタイミング・リフト機構といいます。

バルブが開閉するタイミングをエンジンの回転数などに合わせるように変動させることで吸気、排気の量を調整する技術のことです。

バルブのタイミングを調整することで低回転域のトルクと高回転域のパワーを両立することができます

他メーカーの可変バルブタイミング・リフト機構はリフト量は変化するのですが、カムは1つという点が違います。

ホンダのVTECの場合は低回転域のローカムと高回転域のハイカムを使用するのでエンジンの特性が一気に変化するのです。

ホンダのエンジンは高回転までスムーズに回る高回転型ユニットなのでVTECとの相性は非常に良いのです。

VTECターボエンジンはどんなエンジンか?

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/vtec-turbo/page3/

VTECターボエンジンは近年流行のエンジンのダウンサイジングにのっとりターボを組み合わせたものです。

2013年11月に発表されて2.0L、1.5L、1.0Lの3種類のエンジンがあります。

1.5L VTECターボエンジンはVTCによる可変バルブタイミングを行っています。

一方2.0L VTECターボエンジンはVTCによる可変バルブタイミングと排気側のみバルブリフト制御をしています。

VTECターボエンジンの代表車種は2015年4月に発表されたステップワゴンに1.5Lが搭載されています。

他には2017年夏に発売のシビックタイプRに2.0Lが搭載されています。

ダウンサイジングターボエンジンについての詳しい説明はこちら

VTECエンジンの進化の歴史について

引用:https://www.honda.co.jp/sportscar/mechanism/engine03/

VTECエンジンが初めて搭載されたのは1989年に発売したインテグラでした。

引用:https://www.honda.co.jp/news/1989/4890419.html

次に開発されたのが1991年に燃費が良いことを目的VTEC-Eが開発されました。

高出力と低燃費を兼ね備えた3ステージVTECが1995年に開発されました。

この3ステージVTECは3つのカムを切り替えることから3ステージと名付けられています。

2000年にはカムの切り替えのみだったVTECに無段階連続バルブタイミングコントロール機能を搭載したものが開発されi-VTECと名付けられました。

それ以降現在は可変式バルブ機構のことをVTECと呼んでいます。

2013年にダウンサイジングターボエンジンが増えてきたことで、これまであまりターボ車を作ってこなかったホンダですがついにVTECターボエンジンを開発しました。

近年はVTECでいかにターボの効率を良くするかに目的を置いて開発を進めています。

スポンサーリンク

VTECコントローラーとは?VTECコントローラーのメリットとデメリット

VTECコントローラーとは何か、VTECコントローラーを使用するメリットとデメリットについて解説します。

VTECコントローラーとは何か?

引用:https://www.honda.co.jp/sportscar/mechanism/engine01/

VTECコントローラーとはVTECエンジンによってハイカムに切り替わるタイミングを任意で選ぶことができるようにする装置のことです。

取り付け方法はエンジンコンピュータの配線に割り込ませるというものです。

ちなみに取り付けにかかる費用は整備工場次第ですがおおよそ数万円までといったところです。

VTECコントローラーは数社のパーツメーカーから販売されているので普通に購入することが可能です。

VTECコントローラーを使用するメリットは?

VTECコントローラーを使用するメリットは、ハイカムに切り替わる際の急激な変化をスムーズにすることやサーキットなどのコーナー立ち上がり時に一番良いタイミングでVTECを効かせることができます。

更に、VTEコントローラーには燃料調整をコントロールすることができる商品もあり、最適な燃料調整になることでパワーアップが見込めます

ちなみにVTECコントローラーを販売しているメーカーはデータシステムパワーエンタープライズA’PEXiPIVOTなどです。

以上のような点がVTECコントローラーのメリットといえます。

VTECコントローラーを使用するデメリットは?

VTECコントローラーを使用するメリットがあるということはデメリットもあります。

VTECコントローラーを使用するデメリットは、燃料調整をコントロールする際に燃料調整の具合によってはエンジンをブローしてしまう可能性があります。

更に、VTECコントローラーの取り付けはメーカー保証対象外となってしまうのでディーラー、メーカーで整備を受けることができなくなる可能性があります。

また、一部のVTECコントローラーはエンジンコンピュータを書き換えてしまうものもあるので変えた部分をもとに戻せないと純正に戻すことができません。

結果的に純正セッティングのバランスが良いのでノーマルに戻すという人が多いということです。

純正セッティングに戻す人が多いことから純正のセッティングの良さがうかがえます。

購入取り付けの際はメリット、デメリットをしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

VTECサウンドの特徴、魅力は?そしてVTECサウンドを楽しめる車種は?

車のエンジンの楽しみの一つであるエンジン音についてホンダのエンジンはどうか、VTECサウンドの特徴はどうか、VTECサウンドを楽しめる車種について解説していきます!

VTECサウンドの特徴は?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

VTECエンジンサウンドの特徴は低回転の時は低い音で篭っているような感覚です。

ですがエンジン回転数が上がりVTECが作動したタイミングで一気に甲高いエンジンサウンドに切り替わります。

VTECの作動するエンジン回転数は車種によって違いますが大体5,000回転から6,000回転を境目にVTECが作動します。

VTECエンジン音の魅力は?

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/webcatalog/performance/driving/

VTECエンジン音の魅力は甲高いエンジン音に切り替わるという点にあります。

どこまでも吹け上がる加速の音はとても気持ちのいいもので一度聞いてしまうとのめり込んでしまうほどです。

運転している時のドライブフィーリングにばっちり合うので本当に心地よいサウンドなのです。

VTECの音は官能的で聞くことができたら幸せという人さえいるくらいです。

VTECエンジン音を楽しめる車種をご紹介

VTECエンジン音を楽しめる車種でおすすめなのは、S2000です。

S2000はホンダが作り上げた数少ないFR車でスポーツカーに該当します。

オープンカーなのでより近く、より大きな音をダイレクトに聞くことができる車です。

S2000はNAなのでVTECターボではありませんが、VTECを一番楽しむことができる車です。

VTECターボの車でおすすめなのはシビックタイプRです。

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Osaka_Auto_Messe_2018_(118)_-_MUGEN_CIVIC_HATCHBACK_PROTOTYPE.jpg
Tokumeigakarinoaoshima [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], ウィキメディア・コモンズより

シビックタイプRは世界最速のFF量産車と言われています。

そんなシビックタイプRのエンジンが専用VTECターボエンジンというわけです。

VTECターボはターボ車が苦手な低回転域のパワーや不足ターボラグをVTECのシステムを使用することで解決できるという最高の組み合わせになっています。

そんな車だからこそ本当の意味でのVTECターボエンジン音を楽しむことができるのです。

スポーツカーについての詳しい説明はこちら

シビックタイプRの無限仕様についての詳しい説明はこちら

ホンダ S2000についての詳しい説明はこちら

スポンサーリンク

VTECターボエンジン、エンジンサウンドまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/vtec-turbo/

いかがでしたでしょうか。

ここまでホンダVTECターボエンジン、エンジンサウンドについてまとめてきました。

VTECエンジンの車に乗ってみたくなったのではないでしょうか。

ホンダのVTECエンジンは本当にわくわくします。

ターボエンジンとの相性がよくVTECターボが開発されVTECエンジンが一層楽しいものに進化しています。

その甲高いエンジン音を聞けばだれでもわくわくすること間違いなしです。

まだ聞いたことない方やまだ乗ったことない方は、ぜひ一度VTECターボエンジンの車に乗ってみてはいかがでしょうか。

皆様の車選びにおいて少しでも参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

THUNDERBIRD
以前にガソリンスタンドや自動車中古部品販売店に働いていました。
危険物取扱者の乙四を持っています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1