アフターファイヤーとは?【原因と対策】なぜ火が吹くのか?車編

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アフターファイヤーって知ってますか?

もしかしてカッコイイと思って、そのままにしています?

ちゃんと原因を見てもらって、対策をしないと大変なことになりますよ。

まさかキットを使って、ワザと出そうとしてるなら、それは自己責任でお願いします・・・

アフターファイヤーとは?その原因と仕組み

アフターファイヤーとは、車のマフラーから炎を吹き出す現象のことです。

エンジンで燃焼しきれなかった未燃焼ガスが、マフラーやエキゾーストマニホールド(エキマニ)に移動、その熱によって引火、発火現象の直前に爆発音も響き渡ります。

マフラーから一瞬噴き出す炎と爆音は、かっこよく見えますが、実はエンジントラブルや火災の原因となるため、放置するのはよくありません。

アフターファイヤーを理解するには、まずエンジン燃焼メカニズムを説明します。

自動車の動力は、燃料と空気を混ぜた混合気をエンジン内に噴射させ、点火プラグによって着火し爆発させることでシリンダーを上下させてパワーを生み出します。

重要なポイントが、燃料と空気の混合率と噴霧した燃料を着火するタイミングであり、これらが大きく乱れてしまうとアフターファイヤーの原因となってしまいます。

電子・機械制御されている混合気の濃度が高すぎたり、薄すぎると未燃焼ガスが生じやすくなります。

ご存知のようにエンジンが燃焼するには、燃料と空気(酸素)が必要ですが、ただ単に燃料や空気を送るだけではなく、最適な混合率が求められるのです。

燃料と空気混合がうまくいかないと燃え残った燃料が、マフラーやエキマニに移動して小さな爆発を起こしてしまいます。

燃料への点火タイミングが遅すぎたり、長すぎても未燃焼ガスが生じます。

エンジン内に噴霧された混合気を着火する点火プラグが、何らかの理由でタイミングが遅れたり、長くなると燃え残る燃焼ガスが増加、エキマニやマフラーへと排気される過程で熱によって引火してしまいます。

この現象は「プラグかぶり」とも呼ばれており、エンジン内にあるプラグ電極にすすが付いて着火しづらくなったり、プラグ摩耗が原因です。

トラブルによってアフターファイヤーの原因を推測できます。

例えば、オーバーヒートやエンジンの焼付けの場合は混合気の薄さが原因となりやすく、アイドリングが不安定になったり、出力が弱いと感じたら混合気が濃すぎることで生じるエンジンの圧縮抜けが考えられます。

またアフターファイヤーを放置するとマフラーやエキマニに燃料がこびりつき、白煙や臭いが生じやすくなります。

アフターファイヤーの対策とは?

アフターファイヤーの対策は、定期的なメンテナンスをすることです。

原因が複数あるため、マフラーやエンジンなどを点検しなければなりませんが、いずれも専門的な知識と技術が求められるので素人では対処できません。

プロの整備士は、アフターファイヤーの原因となり得るエンジンの混合気を制御するシステムや点火プラグ重点的に点検していきます。

また電子制御・機械制御によっても対応が違ってきます。

2000年前後に販売されていた車の多くは、機械式キャブレターや機械式インジェクションを使用しており、長く乗り続けるとアフターファイヤーのようなトラブルが起こりやすいため、定期的に関連部品を交換することが求められました。

2000年以降には電子制御式が主流となったため、このようなトラブルはほとんどなくなりましたが、それでも電子制御部品に水が侵入したり、結露などが理由となってトラブルが起こることもあります。

いずれのトラブルでも部品や電子部品を交換すれば、解決できます。

プラグかぶりは、点火プラグを交換することで修理できます。

新品状態の点火プラグは、円柱状の形をしていますが、長く使用すると先端部分がすり減りドームのように半円形状に変化していきます。

点火プラグの形状の変化は、着火力減少や遅延、不安定さを増してしまいます。

すり減った点火プラグは元に戻せないので、交換しなければなりません。

また点火プラグには、耐久性の高い白金と発火力の強いイリジウムなどがあります。

アフターファイヤーとバックファイヤーの違いとは?

バックファイヤーとは、アフターファイヤーが極度に悪化した状態のことです。

いずれも混合気がエンジンの外で着火するという点で似ていますが、炎や爆音、強い異臭や混合気の流れが違います。

アフターファイヤーは、エンジン内の未燃焼ガスが、エキマニやマフラーを伝って排気される過程で、それらの熱によって引火して銃声のような爆発音と炎を吐き出します。

アフターファイヤー

対するバックファイヤーは、エキマニやマフラー内で引火した未燃焼ガスが、エンジン方向へと逆流する現象のことです。

後ろや後部を意味する「バック」がついているため、「車の後部から吹き出す炎」と間違える方も多いですが、実際は引火した炎がエンジンに向けて「バックする(逆流)」するため、そう呼ばれています。

バックファイヤー

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Back-fire

バックファイヤー現象がおこると爆発音がより大きくなり、マフラーから吐き出される炎の量が増加、時間も長くなり、燃料が燃える異臭も強く感じられます。

原因としてはアフターファイヤーの放置に加えて、エキマニやマフラーなどに物理的な衝撃によって変形したり曲がるなどして、排気の流れが悪化すると起こりやすくなります。

この状態に陥ると室内に白煙が充満し始めたり、逆流した炎が燃料供給装置に引火してエンジン火災が起こることもあります。

いずれにしても大事故に繋がるリスクが増加するため、とても危険な状態です。

対策としてはアフターファイアー現象が起きたら可能な限り早く、車の整備士に状態を告げてメンテナンスをしてもらいましょう。

アフターファイヤーはキット(発生装置)で自作できる?出し方解説

アフターファイヤーキットも販売されています。

爆音と瞬間的に火花のように散る炎がかっこよいため、自作できる車の演出として取り入れる方に人気です。

日本でもネット通販やカスタマイズを手がけるカーショップなどで販売されており、手に入れいることができます。

引用:https://aucfan.com/

キットと名付けられているだけあって点火プラグ・配線・ケーブル・スイッチ類など全4部品がついており、配線やプラグ交換、マフラーの穴あけ加工できる技術と知識などがあれば設置できます。

電子制御システムに割り込むわけではないため、最新の車種でも取りつけられます。

アフターファイヤーの出し方はとても簡単、ただアクセルを踏むだけで爆音と炎が吐き出されます。

またアクセルの踏み込み方やボタン調整をすれば、炎の時間や長さ、色合いまでも変化をつけられるため、個性的な炎と爆音のイリュージョンをマイカーで表現するのにうってつけです。

日本で販売されているほとんどがアメリカ製ですが、ほとんどの車種で利用できます。

だたしアフターファイヤーキットは、ショー用に開発されているため、一般道で利用するのは向いていません。

また意図的なアフターファイヤーであってもマフラーやエキマニにダメージを与えるため、普段使いには向いていないので注意しましょう。

アフターファイヤーまとめ

アフターファイヤーは、マフラーから爆発音と炎の出る現象であり、点火プラグのトラブルや摩耗、混合気が濃すぎたり薄すぎることが原因で生じます。

見た目にかっこよいですが、長く放置するとエンジン火災を起こすバックファイヤーを招くため、注意してほしい現象です。

この他にも効率的な燃焼を妨げるため、燃費が悪くなったり、出力減少により加速力が落ちたり、アイドリングできなくなる場合もあります。

意図的に表現するための専用キットを使えば、個性と魅力を発揮できますが、あくまでショー用なので目的に沿って利用してください。

この記事を書いた人

杉本
趣味は車・野球・サッカー
映画・ドラマ・アニメetc.
自動運転どうなるんだろうねぇ~

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1