クーペとセダンの違いってなんなの?意外と知らない2つの違い

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

みなさんはクーペとセダンの違いってご存知ですか?

いやいやそのくらい知ってて当たり前だよ!という方もいらっしゃるかと思いますが、世間にはちょっと変わったクーペやセダンも発売されています。

それ以外にも「SUVクーペ」というSUVなのかクーペなのか一見わからないものもあったりします。

ということでこの記事ではクーペとセダンの違い、またSUVクーペとはなんなのかなどをご紹介していきたいと思います。

【クーペとセダン】基本的な違い

まずはクーペとセダンの基本的な違いについてご説明いたします。

「クーペ」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/z/exterior_interior.html

クーペの最大の特徴はドアの数が2つであるという点です。

また、外観はスタイリッシュな流線形のデザインが特徴的で、車高も低く、走行性に非常に優れたスポーティな形態になります。

エンジンルーム、室内スペース、トランクルームが独立しているスリーボックススタイルで、室内はほかと比べても狭く、実用性はあまり重視されていません。

比較的高級車が多いタイプでもあるためステータスは高く、また走りこだわる人たちに非常に好まれています。

「セダン」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

セダンの特徴はドアの数が4つあるという点です。

クーペと比較すると同じスリーボックススタイルとはいえ、室内スペースは広くとられているため実用性はクーペより上といえます。

セダンにも名だたる高級車が多く、かつては世間の憧れとされていました。

しかし現在はより実用性を求める人が多く、ミニバンやSUVにその人気を譲りつつあります。。

それでもスリーボックスゆえの走行安定性や静穏性、またセダンならではのデザイン性に惹かれる根強いファンも多いです。

【クーペとセダン】2ドアクーペだけじゃなく4ドアクーペもある!?

クーペはドアの数が2つであることが特徴だと紹介しましたが、この「2ドアクーペ」は主流ではあるものの、実はドアの数が4つの「4ドアクーペ」というのも存在しています。

やはり2ドア(片側に1つしかドアがない)であると、シートが2列あった際は後部座席への乗り降りが不便であり、実用性の部分を考えて4ドアクーペが誕生したといわれています。

しかしそうなると「それはもうセダンなのでは?」と思う方もいますよね?

もちろん外観はクーペ特有の流線型デザインなので見た目でクーペだとはなんとなくわかるのですが、ドアの数は4つ。

そうなるとセダンとの違いははたしてなんなのかと思ってしまいますし、見分け方もデザイン以外はこれといったものがなかったりする場合もあります。

そういうケースはどうやって見分けるのか⁇

…というと、これはもはや「メーカー側がどう定義しているか」を確認するしかありません。

言ってみればメーカーがセダンと言ってしまえばセダンですし、クーペと言えばそれはクーペなのです。

「4ドアクーペの人気車種紹介」

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/cls/cls-coupe/explore/lineup/_jcr_content/par/productinfotextimage_1851193084/media2/slides/videoimageslide/image.MQ1.0.2x.20180611120427.jpeg

CLS 220 d Sports

本体価格:8,150,000円

メルセデスベンツのCLS 220 d Sportsは見ての通りクーペ特有の流麗なデザインを持ちながら、ドアは4つついている4ドアクーペとなっています。

約2メートル前方に画面が浮かんで見えるヘッドアップディスプレイが搭載されていることにより、前方から目を離さずにナビを確認できたりと、安全運転のための機能が充実。

クーペ本来の走行性はもちろん、4ドアによる実用性のアップ、また安全性も兼ね備えたモデルになります。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/4-series/gran-coupe/2017/design.html

420i グラン クーペ M Sport

本体価格:6,450,000円

BMW 4シリーズグランクーペはその圧倒的なデザイン性の高さで多くの人気を獲得しています。

スポーティかつエレガントな外観が印象的。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/4-series/gran-coupe/2017/design.html
個人的には内装も独特の高級感があり、シブくて好きですね。
引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a5/a5_sportback.html
Audi A5 Sportback
本体価格:5,460,000円

アウディの4ドアクーペ、Audi A5 Sportbackも人気車種としてよく聞かれます。

こちらもエレガントとスポーティを両立させたモデルとして人気で、インテリアも水平基調のダッシュボードを採用するなど、洗練されたデザインが高評価を受けています。

また自動ブレーキなどの最新安全機能や、ハンドリングと走破性にも定評があり、同等機能を持つ車種の中ではコストパフォーマンスは高い1台といえるでしょう。

4ドアクーペは外国車ばかり?

上で紹介した3台の車はメルセデスベンツ、BMW、アウディといずれもドイツメーカー御三家と呼ばれる海外の車メーカーです。

海外メーカーではわりとよく見る4ドアクーペも国内ではほとんど生産しておらず、かつてはトヨタカリーナEDなど少ないながら4ドアクーペと呼ばれる車種もありましたが、今では4ドアとなるとセダンとして位置付けられることがほとんどです。

ただ最近ではマツダがこんな車をお披露目しています。

引用:http://www2.mazda.com/ja/next-generation/design/

こちらはマツダビジョンクーペ

展示会用に作られたコンセプトカーであり、見ての通り4ドアクーペです。

引用:http://www2.mazda.com/ja/next-generation/design/

どうですかこのデザイン性!

高級感に溢れていてめちゃくちゃかっこいいと思いませんか??

それもそのはず、このマツダビジョンクーペはパリにて開かれた第33回国際自動車フェスティバルで「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」を受賞した、つまり世界の名だたる有名メーカーの車が並ぶ中で最も美しい車として選ばれたのです。

さらにジュネーブモーターショー2018にて開かれた第11回 Car Design Nightにおいてもその年最も評価の高いコンセプトカーに与えられる「コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しています。

引き算の美学により徹底した削ぎ落としを行い、車の真の美しさを表現。

生命感のあるデザインに仕上がっている最高の1台です。

尚、このビジョンクーペは展示会用に作られたコンセプトカーであり、市販を目的とした車ではありません。

あくまで今後のマツダのデザインの方向性を示すために作られたとのことなので、市販化されるかどうかについてはさまざまな憶測が飛び交っていますが、今のところまだ確実な情報はありません。

 【クーペとセダン】2ドアのセダンもある!?

そして4ドアクーペだけでなく、かつては「2ドアセダン」というのも存在していました。

むしろセダンが世間に販売されるようになった1960年代は2ドアセダンが主流であり、あのトヨタカローラもその頃は2ドアセダンしかありませんでした。

引用:https://www.toyota.co.jp/jpn/auto/heritage/corolla/collection/1st_3.html

現在はやはり実用性を考え4ドアセダンが当たり前となり、2ドアセダンは見られなくなりましたよね。

庶民が車を持っていることが一般的となっていくにつれて、だんだんと車には実用性が求められるようになってきます。

また当時はドアを4つつけるための技術やコスト面などの理由から2ドアが主流だったと言われており、技術の進歩と庶民の生活が豊かになっていくにつれ、車の形態も次第に変わっていったということです。

【クーペとセダン】さらにSUVクーペというのも存在する!

クーペにも2ドアクーペと4ドアクーペ、またセダンにも4ドアセダンだけでなく2ドアセダンが存在していたということはわかりましたが、実はこれ以外にもまたちょっと違ったタイプも存在しています。

それは「SUVクーペ」です。

SUVなのにクーペ?クーペなのにSUV?結局どういうことなのか言葉だけではよくわかりませんが、詳しく説明していきます。

「SUVクーペとは」

SUVクーペとはその名の通り、SUVとクーペが合わさった造語になります。

そのスタイルはSUVの特徴である力強さや広い居住空間、クーペの特徴である高い走行性能や車高の低さ、またあらゆる形態の中でも最もスタイリッシュと言われるそのデザイン性の高さを全て融合したものになっています。

セダンと比較しても居住空間は広く、まさに実用性アリ・スポーティ・スタイリッシュという三拍子揃った万能車がSUVクーペなのです。

そのハイスペックさゆえに、当然価格はお高くなりますが、それに見合うほどのスペックを持っているため、世界各国から多くのファンに愛されています。

「SUVクーペの人気車種紹介」

【輸入車】
引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gle/gle-coupe/explore/model-year-update.module.htm

GLE 350 d 4MATIC Coupé

本体価格:9,180,000円

メルセデスベンツのSUVクーペ・GLE 350 d 4MATIC CoupéはSUVの利便性とクーペ本来の走行性を兼ね備えた肺パフォーマンスを実現しています。

ベンツのインテリジェントドライブと呼ばれる歩行者検知ブレーキ機能やパーキングアシストなども装備されているため、まさに最高峰の機能性を持つ至れり尽くせりの1台です。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X4/2018/at-a-glance.html

X4 xDrive30i

本体価格:7,670,000円

BMWの人気SUVクーペといえばBMW X4です。

そのダイナミックな迫力さとスポーツカーのしなやかさを併せ持つ1台。

360ps、500Nmを発揮する豪快なパフォーマンスと、最先端の知性を駆使したドライビング・アシスト・プラスで安全性や快適性もバッチリです。

【国産車】
引用:https://lexus.jp/models/nx/
レクサスNX300h

本体価格:5,051,000円〜

ボディサイズは大きくないもののレクサスブランドとしてインパクトのある外観、また乗り心地の良さや静粛性には定評があります。

この独特のボディラインに惹かれる人は多いですね。

価格面を考えると決して安い車種ではありませんが、それだけクオリティの高さは保たれています。

トヨタハリアーとしばしば比較されることもありますが、走りやインテリアの上質さではレクサスNXの方が上を行っていると感じます。

引用:https://toyota.jp/c-hr/grade/g/

トヨタC-HR

本体価格:2,929,200円

C-HRがSUVクーペと呼ばれる所以はそのデザイン性です。

後部ドアのドアハンドルを上手く隠すようなデザインがまさにクーペを彷彿とさせる外観となっています。

走行性能についてはプリウスと同じTNGAプラットフォームを装備しており、コストを最小限に抑えながら燃費や静穏性、快適さ、また安全性などを高めています。

まさにデザイン性、機能性、遊び心も充実したコストパフォーマンスの高い1台です。

【セダンとクーペ】2つの違いのまとめ

それでは本記事をまとめます。

・基本的にクーペは2ドア、セダンは4ドアである。

・2ドアクーペだけでなく、乗り降りのしやすさなど実用性を考慮した4ドアクーペも存在する。

・かつてはセダンも2ドアが主流だった。

・SUVとクーペの良さを兼ね備えたSUVクーペもあり、世界中で人気である。

最近、車に興味を持ち始めた方にとっては2ドアクーペ4ドアクーペセダンSUVクーペ…などと言われても最初は何がなんだかわからなくなってしまったりもするかと思いますが、呼び方については結局はメーカーがどう定義しているかどうかで決まります。

車にはそれだけたくさんの種類があり、その中から自分が求めるピッタリの一台を探すことができるというのは、車選びの面白さでもありますね。

アイキャッチ画像引用::http://www2.mazda.com/ja/next-generation/design/

この記事を書いた人

KNOCK
休日は気ままにドライブをしながら、ゆったりとした時間を過ごすのが大好きです。今は快適性、機能性を兼ね備えたセダンの購入を検討中。。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1