トヨタ2000GTは歴史に残る日本の名車 中古の価格を調べてみた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車を好きな人でトヨタ2000GTを知らない人はいないと言うくらいの名車です。

なぜ、そこまでの名車になったのでしょう?

トヨタ2000GTにまつわる歴史や価格を紹介していきますね。

トヨタ2000GT誕生までの歴史

「トヨタ2000GTってそんなに名車なんですか?」

当時、「夢はトヨタ2000GTを持つことだ」と断言する人がたくさんいるくらいの名車ですよ。

「今は聞かないですよね?」

そうですね、今では現存数も少なくなっています。

持っている人は、当時から大切にされているか、中古で買われた人でしょうね。

では、歴史を説明しますね。

引用元:https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/vehicle_lineage/car/id60012817/index.html

1962年から系列会社である関東自動車工業で開発を試みていました。

1965年からトヨタ・スポーツ800として販売されますが、排気量が1000cc未満で2000ccを超える車を生産するメーカーとしては物足りなく感じていました。

輸出やレースの市場で発揮するためにトヨタ・スポーツ800を販売する前年の1964年よりトヨタ自身で開発を進めています。

1964年末にヤマハ発動機より声をかけられ共同で開発を進めていきますが、当初こそトヨタがメインで行っていましたが、途中でヤマハ発動機に変更しまとめることとなりました。

「えっ、トヨタ2000GTなのにヤマハがメインになるの?」

そう、トヨタ本社がヤマハ発動機でまとめるように方針をだしたんですよ。

そして、順調にプロジェクトは進み1967年5に市販されることとなります。

「完成後の生産は、トヨタで行ったんだ?」

それが、完成後の生産もヤマハ発動機に委託するという形で行っています。

「それでは、ヤマハ発動機の自動車でしょ??」

細かい経緯は発表されていないので分かりかねるとこではありますが、ヤマハ発動機・トヨタが開発し、トヨタ2000GTが完成し市販されています。

引用元:https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/vehicle_lineage/car/id60012817/index.html

当時の価格で238万円とかなりの高額販売でしたが、それでもコスト面で引き合わなく常に赤字の自動車で3年3ヶ月と短い期間生産終了となっています。

「生産終了、早かったですね!」

残念ですが、今でもコアなファンが多くいることは確かですよ。

中古車として市場に出ているのか?そして価格は?

引用元:http://o-dan.net/ja/

「新車はないよね?中古車も高いでしょ?」

1970年に生産が終了しているので新車はまずありません。

中古車の価格はどうなっているか紹介していきますね。

「はい!よろしくお願いします!」

まず、大手中古車専門店で価格を調べてみましょう。

2000GTはほとんど出てきませんね。

それは生産台数が試作車を含めて「337台」しかないことの原因が大きいでしょう。

「さっ、337台しか生産されていないんですか?」

生産に手間がかかり、コストも凄かったため生産数がかなり少ないですね。

「企業としては採算があわないと多く作れないですよね・・・。」

そうなんですよ!

ちなみに大手中古車専門店で販売していても価格は要相談となっていることが多いですね。

大手中古車専門店にないと分かるように、主に販売として出てくる場所はオークションが多くなります。

日本円で1億円以上の金額が付くこともありますよ。

「1億円以上も付くんですか!」

それだけ日本だけではなく、世界中で人気のある車なので当然と言えば当然の金額ですね。

レストアするだけで普通の高級車を買える金額がする場合もあるので、購入したい人は覚悟と貯金はたくさんして下さいね。

「レストアで高級車1台購入できるなんて凄すぎですね」

現存する、純正の部品がないため全部、一からの手作りになるためです。

しかも、誰でも作れるわけではなく確かな技術が必要となります。

引用元:http://o-dan.net/ja/

中古車で購入する際は、個人で探すのではなく車のオークションに強い専門店を探し、レストアも得意な場所を探すことも必須になります。

また、中古店で探すよりクラシックカー専門店で探すほうがまだ確実かもしれませんね。

それでも、世界中にたくさんあるわけではないので気長に待つことは必須ですよ!

トヨタ2000GTのレプリカがあった

引用元:https://rockyauto.co.jp/order/rocky3000gt.php

「レプリカあったんですか?」

トヨタ2000GTのレプリカはロッキーオートが2,380万円で販売されました。

「2,380万円!!!?」

トヨタ2000GTはオークションで出されると1億円超えたこともあるので、若干お安く購入できますよ。

そして、ロッキーオートのトヨタ2000GTはR3000GTとして販売しています。

R3000GTは当時を知っている人を監修として迎え、当時のデザインを限りなく再現しながら、現代の機能も踏まえています。

引用元:https://rockyauto.co.jp/order/rocky3000gt.php

オリジナルタイプの7連メーターのまま、オートエアコンなど違和感なくなじむように配置されていますよ。

「昔のままの雰囲気を残しつつ現代風ってことですか?」

そうですね!

昔のままの夏の暑さ、冬の寒さを耐えられない人も多くいそうですよね。

「私は耐えられませんね!」

そのような人は多くいますよ。

このように当初のデザイン最新設備を活かされたレプリカがR3000GTです。

「それは欲しい人多くいるでしょうね?」

かなり多くいらっしゃいますがトヨタ2000GTを手に入れるより価格はお安いと言っても2,000万円超えていますからね。

「確かに簡単に購入できる車ではないですね。」

ですがそれでも購入されている人はいますよ。

「いいなぁ~、私も欲しいな!」

自分で買って下さい。

「はい・・・・。」

引用元:https://rockyauto.co.jp/order/rocky3000gt.php

R3000GTは、オリジナルの外観を損なうことなく現代的な装備を備え、現代の安全基準を備えて日本の公道もしっかり走ることを可能にしています。

「公道を走れないと勿体ないよね~。」

公道を走れないと宝の持ち腐れになってしまいますよね。

憧れの名車・トヨタ2000GTをこのような形で手に入れることも良いことでしょうね。

日本を代表するトヨタの名車

引用元:http://o-dan.net/ja/

トヨタと言えば日本中で知らない人がいないくらいのメーカーで巨大な企業です。

もちろん世界中でも販売していますので、世界・日本で有名なだけあり名車も数多くあります。

「そんなに数多くあるの?」

トヨタには現在の記事で紹介している2000GTを始め、クラウンカローララウンドクルーザーなどが挙げられます。

「たくさん、名車があるんですね。」

挙げている車はほんの一部ですよ。

「一部なんですか?」

一部ですが、ただこんなに高額でオークションで落札された名車は流石になく、トヨタ2000GTはその中でも名車中の名車と言っても過言ではないですね。

この名車・トヨタ2000GTにはオープンカーが実は2台製作されていたのです。

「オープンカーまであったんですか?」

びっくりして当然ですね。

「しかも2台だけなんですか?」

そう、2台なんですよ。

1967年に放映された映画「007は二度死ぬ」で使用されています。

「映画で使われていたのに2台も必要だったんですか?」

映画の撮影の場合何があるかわかりません。

予期せぬ故障や破損も考えられます、そのため、2台用意されていたのです。

ちなみに市販は一切ありません。

引用元:https://www.toyota.co.jp/Museum/collections/list/data/0088_Toyota2000GTModelMF10.html

1台はトヨタ博物館に寄贈され展示されていますよ。

欲しくても購入できませんよ。

ちなみにオープンカーになった理由はショーン・コネリーが長身のため、2000GT

が狭すぎて乗れなかったためとのことですよ。

「2000GTが小さいのか、ショーン・コネリーが大きすぎるのかどっちでしょうか?」

現代であればもう少し広めに使ったでしょうね、当時の日本人ではほとんど問題なかったと思いますよ。

「時代の変化はやはりあるんですね。」

そうですね!

時代は変わりますが、名車は必ず受け継がれていきますね。

普通の車をレプリカ作りたいと思うほどの情熱は中々できないでしょうからね。

「そうですよね、情熱を長年そそそげるから名車なんですよね?」

まさしくその通りですよ。

トヨタ名車のオーナーの自慢話

「これほどの名車を所有していたら自慢したくなりますよね?」

実際これほどの名車を所有された人は実社会でも成功されている人が多いことでしょう。

発売当初の金額を今の金額になおすとやはり2,000万円以上の金額ですからね。

それは、自慢したくなりますよね。

正直、「いつかは、クラウン」以上の感じがしますよね・・・。

そして、一番ある口コミですが「とにかくカッコイイ」と言われる人が多いです。

これにつきますよね。

デザインは外装・内装ともに文句のつけようもない。

購入してよかったとの言葉が多いです。

また、購入者以外には整備者の観点からの口コミもありますよ。

「整備者の口コミもあるの!?」

やはり、最大で世界中でも300人くらいしか所有できない車ですからね。

違う視点としては大切な意見ですよね。

その人の意見としてフェラーリやランボルギーニなどより目立ってエンジンサウンドに特に惚れたことみたいですよ。

消耗部品は入手可能なものと特注品とあるみたいなのでその都度確認が必要とのことですね。

「50年くらい前の車だからそれは仕方ないよね?」

はい、それは仕方のないことですね。

特注ではないものがあるだけイイのかとは思いますよ。

悪い点としては、燃費が悪いことが一番挙げられていますね。

「今の車に慣れていれば尚更それも仕方ないんじゃない?」

特に軽自動車やハイブリットなどから変えられた人なら間違いなくそう思いますよね。

皆さん一度憧れた車を色んな気持ちと時間の経過を経て手にいれているので「がっかり」という人はほぼ見当たらないですね。

「すぐ購入できるような人も車がないと買えないから、かなりの時間待っている人ばかりでしょうからね!」

その通りです。

納車されたときの目の輝きはまるで子供のような感じだったことでしょう。

引用元:http://o-dan.net/ja/

もし、今2000GTを購入しようか悩んでおり手元の車を売りたいと考えていたら1社だけの見積もりは避けるべきでしょう。

見積もりをされたその1社はあなたの車をそんなに必要としていなく、他社では必要と思っているとこがあったかもしれません。

「けど、その他社に当たるまで回ることが面倒くさいよ・・・。」

そのようなときに車種・年式・走行距離を入力することによって、簡単に買取相場がわかりますよ!

「そんなことできるんですか?」

一括査定サイトに入力することで簡単にできます。

近所の車屋を回る前に参考価格を知ることで安心できます。

「そうですね!一括査定サイトで確認してみます!」

あなたの愛車が少しでも高くてよいところに買い取って貰えるといいですね。

アイキャッチ画像:https://www.toyota.co.jp/

この記事を書いた人

ブルスカ
車のことはあまり詳しくはないのですが、次の車購入の参考になればと思い、勉強を兼ねて
自動車情報サイト参加中!! と言っても車に関するオモシロ情報やお役立ち情報を発信します。
たまには見にきてくださいね v^ ^)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1