日産スカイラインのタイヤサイズやタイヤ交換は?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産が製造販売するスカイラインのタイヤサイズについてお伝えします。

また、サイズアップする際に気をつけるべきポイントなどをまとめています。

実際にタイヤの交換は交換業者やタイヤショップに行った方が無難ではありますが、選ぶ際の情報としてどうぞ。

日産スカイラインタイヤサイズって?

まずは、日産スカイラインがどのような車かについてお伝えします。

日産スカイラインは、プリンス自動車が1957年に発売したセダンタイプの自動車です。

引用https://nissan-heritage-collection.com/SPECIAL/SKYLINE/#y1957

その後、数々のバリエーションとともに、今では日本を代表する車種として世界にも認知されている車種です。

そして、日産スカイライン、スポーツセダン、スポーツクーペとしてのグレードが存在していたため、車好きとしては、手に入れたら多くの人が、カスタムしてそのスポーツ性能を引き出したいと思える車種でもあります。

現在発売されている日産GT-Rは、もともとはスカイランの最高グレードに冠されるモデルで、4WDを搭載して、スポーツ性能を極限まで高めたモデルとして人気があったものです。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r.html

現在のスカイラインのラインアップですが、GT-Rがスカイラインから独立することで、今では、スポーツプレミアムセダンとしての展開を行なっています。

また、海外では、インフィニティブランドとして、単純なラグジュアリーセダンではなく、走る楽しさを求めるユーザーへの訴求をしている車種となります。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

また、最新型のスカイラインからは残念ながら消えてしまいましたが、前期型では、クーペモデルの販売も行なっており、スポーツカーとしての役割を主にGT-Rに譲ってはいるものの、プレミアムスポーツモデルの展開も行ってきました。

しかし、最新型ではクーペモデルが消えてしまっていますので、走る楽しさを求めたセダンでありながら、外見のカスタムなどはやはりセダン特有のラグジュアリー傾向にあります。

ラグジュアリーといえば、エアロカスタムと車高の調整、そしてホイールのカスタムにあります。

カスタムする場合の純正タイヤサイズとカスタムする場合の装着可能なタイヤサイズについて見ていきます。

現行型V37型のスカイライン純正をチェックしてみましょう。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

現行型V37型スカイラインの純正タイヤサイズは、各グレードで下記の通りとなっています。

350GT HYBRID Type SP
245/40RF19

350GT HYBRID Type P
225/50RF18

350GT HYBRID
225/55RF17

幅(mm): 225 – 245
タイヤ扁平率(%): 40 – 55

このサイズの説明ですが、

引用https://www.goodyear.co.jp/knowledge/size.html

①タイヤ幅

画像での最初の数字ですが、<215>はタイヤの幅を表しています。

つまり、215㎜のタイヤであるという意味です。

この数値が大きければ大きいほど、横から見た場合のタイヤの幅が広いという意味です。

②偏平率

つぎの数字<50>ですが、これは偏平率のことをさしています。

偏平率とはタイヤの断面幅に対する断面高さの比率をいいます。

簡単に言うと、車を横から見たときに、タイヤが薄いかどうかです。

ホイールのインチをあげる場合、車体のタイヤハウスに当たらないように、この扁平率を下げることで、車体に当たらずにインチをあげることができます。

③ラジアル

<R>はタイヤの内部構造のラジアルを表しています。

現在の市販車はほぼラジアルタイヤですのでここは気にしなくても大丈夫です。

④リム径

<17>は「リム径」を表している数字です。

一般的にはこれがインチと呼ばれているものです。

17なら17インチタイヤ、15なら15インチタイヤです。

⑤ロードインデックス

つぎの数字<91>はロードインデックスといいます。これは、タイヤの最大負荷能力を表していてこの数値が低いタイヤは、損傷しやすい傾向にあります。

91は、負荷615kgを指しています。

⑥スピード記号

そして最後の記号<V>はスピード記号(スピードレンジ)です。このタイヤがどれだけの速度で走行できるかを表していますが、画像の<V>は時速240キロまで走行可能という性能を表していますが、アクアには関係ないと思いますが、参考にしてください。

タイヤサイズをインチアップする場合は、タイヤの幅と扁平率を変える必要があります。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

例えば、扁平率を45ではなく35などにしてタイヤサイズを薄くすると、インチアップする際に綺麗に収まるかもしれません。

実際に変更される場合は、専門店に確認してください。

日産 スカイラインサイズアップは?

続いて、スカイラインをサイズアップする上での注意点をお伝えします。

同じボディで最高19インチが装着されたグレードが存在していることから、19インチタイヤの装着は問題ありません。

ホイールを社外のものに変更する場合に大切なことをお伝えします。

それは、ホイールピッチとホール数です。

引用https://www.tokyo-subaru.co.jp/service/onepoint/service1210.html

ホイールピッチとは車体にホイールを固定するボルトのそれぞれの中心をつないで出来る円の直径です。そして、ホール数は、わかりやすい言い方ですと、ホイールを止めるボルトの数のことです。

もともとついていたホイールピッチの数値に対応しているホイールでしたら問題はありませんが、対応していないホイールではスカイラインに使用することは出来ません。

同様に、ホール数が合わないともちろん使用することができません。

スカイラインのホイール穴数(ホール数)は、5つですので、ホイールを選ぶ際にはこの数にも注意して検討しましょう。

また、最近では少なくなってきましたが、それ以上のインチを装着しようとする場合は、ボディに干渉してしまいますので、タイヤを極端に傾けている車両に出会うことがありますが、この装着方法は、ラグジュアリーであるVIPスタイルとして見た目はかなら迫力のある車両になるのですが、タイヤがまっすぐ地面に接地していないため、タイヤの減りが偏ってしまいます。

引用http://www.impul.co.jp/products/model/V37_SKYLINE.html

それを覚悟する場合はどのくらいのホイールにインチアップしたいのか、そして、どのくらいの角度でボディに干渉しなくなるのか、ホイールのサイズに対して、タイヤの薄さはどのくらいのものであれば大丈夫なのかを確認する必要があります。

これは実際に専門店で聞かれた方が早いです。

特に、カスタムとしてラグジュアリーやインチアップを専門に取り扱っているところがオススメです。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

ネットではどうしても情報が錯綜してしまいがちで、装着したら走らないとかハンドルが切れないなどということも発生してしまいますので注意してください。

ホイールサイズを変更したら次に、タイヤをどれを選ぶかになりますが、最新型のスカイラインはハイブリッドグレードも存在します。

このため、単純にサイズを上げるのなら、乗り心地を重視したタイヤか、エコタイヤを選ぶと良いでしょう。

インチが上がると、どうしても乗り心地がハード気味になってしまいまい、ゴツゴツした印象や、足回りがドタバタする印象で落ち着かなくなってしまいます。

それをカバーリングできるタイヤであることが望ましいですし、各タイヤメーカーがセダンにオススメのタイヤや、ハイブリッドカー用専用タイヤを発売していますので、ショップの方に確認をしましょう。

タイヤ一つで乗り味が全然変わってきます。

日産 スカイラインタイヤまとめ

以上スカイラインのタイヤサイズとインチアップをする際の注意点についてお伝えしました。

スカイラインは、現状はスポーツカーというよりもスポーティセダンですので、タイヤとホイールを交換する場合は、スポーツ性とラグジュアリー性を両立したホイールがオススメです。

引用https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=VV52S

さらに、タイヤで差をつけるなら、スポーティな乗り味を優先させるなら、グリップ力の高いタイヤを装着して、ハンドリングや走行性能をアップさせることができます。

そこまでスポーツ性能は重視しないということであれば、エコタイヤもしくはコンフォートタイヤと呼ばれる乗り心地重視のタイヤを選びましょう。

アイキャッチ画像URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fc/NISSAN_SKYLINE2017%28Y37%29.jpg/1024px-NISSAN_SKYLINE2017%28Y37%29.jpg

この記事を書いた人

ぜろよん
竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海を眺めながらくらしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1