新型アルファード 価格・値段をグレード別に紹介!

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型アルファードの価格・値段はいくらなのでしょうか?

新型アルファードの価格・値段を、グレード別にまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

アルファード、グレード別価格

price_01

引用:http://toyota.jp/alphard/gallery/

アルファード、最廉価グレードはガソリン2.5Lの「X」で3,197,782円、一番高いグレードが「ハイブリッドエグゼクティブラウンジ 」の7,036,691円で、その差は380万というから余分にもう一台購入できそうな金額差です。

最高級サルーンでありながら、多くの客層に購入してもらうために、アルファードには細かくグレードが分けられ、広い価格帯で設定されているのです。

では、順にグレード別価格をみていきましょう。

【2.5L直4ガソリン】

◆X2WD(8人乗り):3,197,782円

◆X4WD(8人乗り):3,448,145円

◆S2WD(7人乗り):3,578,727円

◆S4WD(7人乗り):3,829,091円

◆S2WD(8人乗り):3,537,491円

◆S4WD(8人乗り):3,787,855円

◆G2WD(7人乗り):3,995,018円

◆G4WD(7人乗り):4,245,382円

◆G2WD(8人乗り):3,953,782円

◆G4WD(8人乗り):4,204,145円

◆S“Aパッケージ”2WD(7人乗り):3,754,473円

◆S“Aパッケージ”4WD(7人乗り):4,004,837円

◆S“Cパッケージ”4WD(7人乗り):4,424,073円

◆SA“TYPE BLACK”(特別仕様車)2WD (7人乗り):3,926,291円

◆SA“TYPE BLACK”(特別仕様車)2WD (7人乗り):4,176,655円

price_02

引用:http://toyota.jp/alphard/grade/

【3.5LV6ガソリン】

◆GF 2WD(7人乗り):4,842,327円

◆GF 4WD(7人乗り):5,036,727円

◆SA 2WD(7人乗り):4,145,237円

◆SA 4WD(7人乗り):4,339,637円

◆SA“Cパッケージ”2WD(7人乗り):4,585,091円

◆SA“Cパッケージ”4WD(7人乗り):4,779,491円

◆エグゼクティブラウンジ2WD(7人乗り):6,522,218円

◆エグゼクティブラウンジ4WD(7人乗り):6,716,618円

price_03

引用:http://toyota.jp/alphard/style/

【2.5L+モーターハイブリッド】

◆X E-Four(7人乗り):4,155,055円

◆X E-Four(8人乗り):4,113,818円

◆G E-Four(7人乗り):4,775,563円

◆G”Fパッケージ” E-Four(7人乗り):5,356,800円

◆SR E-Four(7人乗り):4,919,891円

◆SR“Cパッケージ” E-Four(7人乗り):5,501,127円

◆エグゼクティブラウンジ E-Four(7人乗り):7,036,691円

price_04

引用:http://toyota.jp/alphard/interior/seat/

スポンサードリンク

アルファード、価格についての口コミ

新型になって、機能や性能、装備が充実した分、価格も上がったアルファード。

安全機能や、ナビなどオプションでもかなりの金額になることからグレード選びには慎重になります。

そんなアルファードのグレード、価格についての口コミを見てみたいと思います。

外観、所有することによる満足度、乗り心地、リセールバリューを総合的に評価すると格安です。

ちょっと高いような。

でも他車も見積もったんですが現エスティマが総額450万円、ノア、ステップが総額400万円に迫る価格になってるのでこの完成度の高い車であればしょうがないか。

総額520万円程になりました。

高いとは思いますが、とても満足できる車です

20系から結構本体価格上がりましたが、内装も良くなったので仕方ないと思います。

しかしMPVに比べ少しでもオプションを付けさせると言う姿勢が見られるので少し高い気がします。

スライドドア片側は手動という仕様は少し驚きました。

高過ぎる。

20系から更に高くなった。メーカーオプションナビ70万から100万円は軽自動車が1台買える値段です。

price_05


引用:http://toyota.jp/alphard/interior/indoor_space/

出展:http://review.kakaku.com/review/70100110661/

機能や静粛性に加えて、所有する満足感を持つ人にとっては、妥当な価格だという意見が目立ちます。

ホテルの玄関付けから、キャンプ場とシーンを選ばず、快適な空間をもたらすアルファードは多くのオーナーを満足させているようです。

反対に単なるワンボックスカーとすれば、高いと感じる人も。

価格的にも機能的にも2.5Lガソリンの S“Cパッケージ”2WD(7人乗り)4,173,709円がお得感があり、よく売れているようです。

price_06

引用:http://www.break-web.com/shousai.php?id=2

スポンサードリンク

アルファード、高く売るために

アルファードはトヨタの最上級LLミニバンで、中古車市場でも超人気のクルマです。

当然、買取価格も期待できますが、特徴としてヴェルファイアのブラックが人気なのにくらべ、アルファードの場合は断然ホワイトだと専門業者は言います。

人気が高いのはハイブリッドでガソリン車では、エアロ仕様が人気です。

そしてまず、高く売るためには手入れが大事になってきます。

洗車やワックスはなるべくプロでしてもらう方がよくて、年に一度のコーティングなどでボディを細かなすり傷から守りましょう。

特にブラックはタオルで拭いただけでも、キズが目立ちますので気をつけるようにしてください。

内装では、レザーシートは評価が高いですか、薄汚れなどがあるようなら減点対象になるため、革用のクリーナーなどで手入れをした方がいいです。

price_08

引用:https:/gazoo.com/car/newcar/Pages/alphard_vellfire_150126.aspx

クルマを売る時期も重要

売るか乗りつぶすかの目安は10年以上、10万キロと一般的にいわれていますが、これは昭和の頃、「自動車は10万キロで壊れるもの」といわれてきた名残です。

実際にはタイミングベルトなどの消耗部品の交換とメンテナンスをすれば20万キロ走っても壊れたりしません。

ですが、評価が下がることは必定ですので、売るなら「8万キロ以下」と考えておくといいでしょう。

近年では走行距離25,000キロ~50,000キロでの売却が最も多く、2番目には75,000キロ以下となっていて、意外に早めにクルマを乗り換える傾向となっています。

価値のあるうちに売却してしまおうということですね。

price_07

引用:http://www.alpine.co.jp/carnavigation/2015/ex10-al-b/

クルマを売るベストシーズン

クルマの査定が悪くなる時期というものがあります。

それは中古車市場にクルマが増える時です。

乗り換えなどの多い3月、9月、12月、6月には中古車が出回りますので、少なくともその1ヶ月前には売却するのがいいでしょう。

また4月1日時点でクルマを所有していると、1年分の自動車税を前払いで納めることになりますので、その前に売るのもひとつの方法です。

またモデルチェンジ後も乗り換えで中古車市場にアルファードが出回りますので、その前がチャンスだといえますね。

price_09

引用:http://totalcar.hatenablog.com/entry/alphard

⇒ 新型アルファードを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

新型アルファード 価格・値段をグレード別に紹介!まとめ

たとえ話ですが、10万円のスニーカーだと高いけど、10万円のダイヤの指輪なら安い、といった風にモノの価値観はそれぞれです。

特にクルマの場合は、いいクルマに乗ることをステータスに思う場合や、クルマは必要な時だけレンタカーでいいという考え方も増えていますので、一概に高いか安いか決めつけるわけにはいきません。

アルファードにしても高いと感じる人もいれば、妥当だと思っている人も多いことがわかりました。

だけど、「家族ででかけるのが楽しくなった」といった声を聞くと、クルマの価値が単なる乗り物でなくライフスタイルに大きく関わっていることがわかります。

price_10

引用:http://toyota.jp/alphard/cp/travel/tour4/

アルファードは大変人気のあるクルマなので、ディーラー以外の専門店などでも取り扱いが多いです。

最初から40万以上の値引きが提示されているところや、100回以上のローンを組める店もありますので、それぞれ照らし合わせて、少しでも安く購入する方法を見つけたいものです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク