新型CX-3 価格・値段をグレード別に紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

マツダからは発売されているコンパクトSUVであるCX-3。

2018年5月には大幅改良が施されたマイナーチェンジが実施され、グレードに変更が加えられました。

CX-3の現行モデルのグレードの違いや価格・値段について調べてみましょう!

新型CX-3のグレードは?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

まずは新型CX-3のグレード展開について見ていきましょう!

新型CX-3のグレードは以下の10種類となっています。

・20S
・20S PROACTIVE
・20S PROACTIVE S Package
・20S L Package
・20S Exclusive Mods
・XD
・XD PROACTIVE
・XD PROACTIVE S Package
・XD L Package
・XD Exclusive Mods

各グレードには2WD車と4WD車が存在し、さらにはオートマ車とマニュアル車の選択が可能です。

全グレードでマニュアル車が設定さえているのはCX-3の特徴ですよね。

では、各グレードにはどの様な特徴があるのか見ていきましょう。

グレードの違いを把握するにはグレード名の数字や名称が何を意味しているのか分かれば理解しやすいと思います。

まずは冒頭にある20S、XDから見ていきましょう。

こちらはエンジンの種類を表しており、

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/driving/skyactiv/

・20S⇒1.997ℓガソリンエンジン
・XD⇒1.756ℓディーゼルターボエンジン

となっております。

ガソリン車の冒頭に示されている数字はエンジンの排気量を示しており、CX-3ガソリン車に使用されているのは全グレードで1.997ℓエンジンとなっています。

ディーゼル車には数字がありませんがこちらも全グレードで同じ排気量となっており1.756ℓです。

ちなみに各エンジンのスペックをは以下の通りとなっています。

■20Sのエンジンスペック
・最高出力:150PS
・最大トルク:195Nm

■XDのエンジンスペック
・最高出力:116PS
・最大トルク:270Nm

最高出力は20Sが上回っていますが、トルクに関しては排気量が下回っているXDの方が高いです。

これはディーゼルエンジンの特徴であり、この太いトルクから生み出される加速力はディーゼル車の魅力の1つです。

それではエンジンの種類の次はROACTIVE、PROACTIVE S Package、L Package、Exclusive Modsが何を意味しているかを調べていきましょう!

この名称は装備の種類を表しており、グレード展開のようなものだと考えてください。

ガソリン車を例に出すと「20S⇒20S PROACTIVE⇒20S PROACTIVE S Package⇒20S L Package⇒20S Exclusive Mods」の順でグレードが上がっていくようなイメージですね。

では、それぞれどの様な装備となっているのか見ていきましょう!

まずはエンジンの種類のみが記載されているエントリーグレードについて。

マツダはエントリーグレードにも素晴らしい機能を搭載する会社であり、特に安全装備に関しては非常に充実しています。

低速時の衝突被害を軽減してくれるスマート・シティ・ブレーキ・サポートはもちろんのこと、前進、後退両方向への誤発進抑制機能、そして他の車ではオプション設定となっている事が多いブラインドスポットモニタリングも標準装備されています。

マツダは安全性能に非常に力を入れている会社なのですが、その事実が良く分かる作りとなっていますよね。

また、ステアリングには本革が使用されており、室内の高級感を演出してくれています。

エントリグレードとは思えないほど豪華かな装備が多いのですが、高速道路で重宝するレーダークルーズや交通標記認識システムなどが不採用となっている点がやや残念ですね。

そして、エントリーグレードには無い装備を追加し、より機能を充実させたのがPROACTIVEです。

もちろんレーダークルーズ、交通標記認識システムも搭載されており、ドライバー・アテンション・アラートやアダプティブ・LED・ヘッドライトが安全装備として追加されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/safety/

インテリアにはアクティブ・ドライビング・ディスプレイが採用され、近未来的な運転席となっていますね。

その他にもドアアームレストは合成皮革に変更されており、高級感もアップしています。

PROACTIVEはエントリーグレード以上に機能性が向上したモデルとなっています。

では、次にPROACTIVE S Packageを見て行きましょう。

PROACTIVE S PackageはPROACTIVEに快適装備が追加されたモデルです。

具体的にはステアリングヒーターや運転席のパワーシート化、さらに運転席、助手席共にシートヒーターが装備されています。

インテリアはPROACTIVEから大きな変更はありませんが、フォグランプのLED化やフロントとサイドのガーニッシュにメッキ加工が施されており、エクステリアの向上が見られます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

続いて、L Packageですが、こちらはPROACTIVE S Packageにより高級なインテリアを採用したモデルです。

L Package最大の特徴はなんと言ってもレザーシートでしょう。

シートが素材が本革になり、さらにカラーとしてブラック、もしくはホワイトのどちらかが選択可能です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/interior/

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/interior/

シックなブラック、もしくはオシャレなホワイト、どちらを選択するかとても迷ってしまいそうですね。

上級グレードにあたる L Packageを選択した人だけの嬉しい悩みとなっています。

最後に特別仕様車に当たるExclusive Mods。

機能性、高級感共にCX-3で最高級を誇るこのモデルにはシート素材にディープレッドのナッパレザーを使用。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

さらにインパネデコレーションパネルやドアトリムにはホワイトの合成皮革を使用さており、清潔感も持ち合わせています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

ディープレッドとホワイトで装飾された室内はとてもオシャレであり、まさしく特別という名前にふさわしい出来となっています。

L Packageを超えた高級感を持っているのがExclusive Modsです。

新型CX-3の価格・値段は?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

それでは新型CX-3の価格・値段を見て行きましょう!

それぞれのグレードの価格は以下の通りです。

かなりの数のグレードが存在しますね!笑

厳密に言えば全グレードでオートマ車とマニュアル車の選択が可能なので、グレード数はこの倍になるのですが、値段が変わらない為、今回は割愛させていただきました。

さて、CX-3の価格帯を見てみると212万7600円~309万4400円となっており、エントリーグレードとPROACTIVEの価格差が20万5200円、PROACTIVEとPROACTIVE S Packageが9万7200円、PROACTIVE S PackageとL Packageの差額が13万6080円、そしてL Packageと Exclusive Modsの差額が3万2400円ですね。

ちなみにガソリン車とディーゼル車の価格差は30万8880円となっています。

新型CX-3のおススメグレードは?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

では、グレードの違いや価格・値段を見てきたところで、CX-3のおススメグレードを紹介したいと思います。

筆者がおススメするCX-3のおススメグレードはXD PROACTIVEです。

では、何故XD PROACTIVEをおススメするのか、理由を見て行きましょう!

まず最初に決めないといけないのがガソリン車かディーゼル車かですね。

こちらはディーゼル車をおススメします。

その理由はディーゼル車ならではのトルクの太さと経済性です。

先ほどもお話したようにディーゼル車はトルクが大きい為、加速性能がよく、悪路に強いです。

CX-3はコンパクトといえど多目的な使用を考えたSUV車なので、どのような道に対しても強いに越した事はないですよね。

また、ディーセル車は燃料が経由である為、経済性にも優れていますし、クリーンディーゼル補助金制度の対象車であるため自動車取得税・重量税の免除も受けられます。

その為、車体価格差の30万8880円はさらに小さくなってきますよね。

トルクの太さや経済性を考えるとディーゼル車がおススメです。

次に考えたいのがパッケージについて。

CX-3はエントリーグレートと言え安全性能が高く、高級感のある車でした。

しかし、エントリーグレードではレーダークルーズや交通標記認識システムは非対応となっており、アクティブ・ドライビング・ディスプレイも装備されていませんでしたよね。

これらの機能は非常に便利である為、是非取り付けておきたい物ばかりです。

その為、PROACTIVE以上のパッケージを選ぶべきです。

次にインテリアをどの様に考えるかですが、こちらはPROACTIVEで十分でしょう。

PROACTIVEにもステアリングには本革が使用されるなど、高級感はあるので、10万円以上の金額を出してまでより高級なパッケージを選択する必要はないと思います。

むしろより高価なパッケージとの差額を360°ビュー・モニターなどの便利なオプション代金にあて、さらに機能性をアップさせるほうが良いでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/safety/

このような理由から筆者はCX-3購入時はXD PROACTIVEをおススメします。

駆動方式の違いは住んでいる地域によって変更するのが良いでしょう。

北海道・東北地方のような雪国にお住まいの方は4WDをそれ以外は2WDがおススメです。

また、マニュアル車、オートマ車の選択は完全に好みです。

値段・価格は変わりませんので好きなほうを選んでいただければと思います。

新型CX-3のグレードや価格・値段についてまとめると

今回は新型CX-3のグレードや価格・値段について調べてみました。

2018年のマイナーチェンジによってグレードの展開が広がったCX3。

特別仕様車の登場やPROACTIVE S Packageの追加で選択できるグレードが広がりましたがその分迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そんな人におススメしたいのがXD PROACTIVEです。

ディーゼル車のメリットと充実した機能がバランスよく両立しているこのパッケージは素晴らしいモデルとなっています。

これからCX-3の購入を考えているが、どのモデルを選択すればいいのか分からないという人はXD PROACTIVEを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

キャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1