【三菱・新型デリカD5】タイヤサイズやサイズアップ、タイヤ交換は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

三菱・新型デリカD5タイヤサイズサイズアップタイヤ交換について徹底的に調べました。

この記事では、あなたの気になるタイヤの情報について網羅できるようにまとめられています。

タイヤについて把握ができていないとカスタムをするときに困ります。

またタイヤに関するトラブルが起きた時に対処ができなく途方に暮れることも考えられますね。

あなたはこの記事を見ることで、デリカD5のタイヤについて詳しくなることができるでしょう。

これは見逃せない情報ですね。

それでは早速を確認していきましょう!

スポンサーリンク

【三菱・新型デリカD5】タイヤサイズについて徹底網羅!

三菱・新型デリカD5タイヤサイズについて徹底網羅しました。

タイヤサイズは特殊な見方です。

初心者の方は、下記の数字を見ても『はてな?』が頭にいっぱい浮かんでしまうでしょう。

初心者の方は先に下記の動画をご覧くださいね。

文字でも簡単に確認しておきましょう。

例えば、『195/55R18 91H』の場合です。

「91H」は読まないです。

「イチキュウゴ・ゴゴ・アール・ジュウハチ」までが読む部分ですね。

1つひとつ解説しておきます。

『195』

タイヤの幅(mm)です。幅195mm=19.5cmということ。

『55』

扁平率(%)です。幅に対して横の部分が55%ということ。

『R』

ラジアルタイヤの『R』ということ。

『18』

インチ(inch)です。ホイールのサイズです。

『91』

ロードインデックス(負荷能力)です。規格上、指定された空気圧でタイヤ1本が潰れない数値。
※この値が純正タイヤより小さいタイヤは車検に問題が起きるので注意です!

『H』

速度記号です。「H」は210km/hということ。

いかがでしたでしょうか。

とても勉強になりましたね^^

続いて、本題です。

新型デリカD5のタイヤサイズはどうなっているのでしょうか。

まずは、通常モデルからの紹介です。

通常モデルはエントリーグレードのMとも呼ばれています。

『215/70R16タイヤとアルミホイール』

大きすぎず小さすぎず、程よいサイズ感ですね!

上級モデルも存在しています。

グレードのGはインチアップされています。

『225/55R18のタイヤとアルミホイール』

 通常モデルと比較しても少し大きくなりました。

それによって走行中の安定感が増したといえるでしょう。

私は通常モデルの『215/70R16タイヤとアルミホイール』を利用します。

なぜなら安定感を求められる走りが必要になるのは、オフロードの場合ですね。

私は、オンロードしか走らないので、通常モデルを購入すると決めています^^

スポンサーリンク

【三菱・新型デリカD5】サイズアップの良い部分と悪い部分は?

三菱・新型デリカD5サイズアップ良い部分悪い部分はどうなのでしょうか。

それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

これを知ることで、より適切なタイヤサイズ選びができるようになるでしょう。

https://twitter.com/gangtiancheng/status/1076716548381847553

実はタイヤには色々な種類やポイントがあるんです。

例えば、静かな音になるように設計されていたり、衝撃を吸収するようなものあります。

他にはカッコ良さを重視したスポーツ系のタイヤも。

スポーツ系もあればもちろん基本性能に特化したものあるのですね。

あとは雪道などの悪路用のもの、オフロードに適したタイヤも存在しています。

私はオンロードしか走らないので、通常のタイヤで良いかなと感じていますね。

いろいろ選べるというのが良い部分ですね!

私は、通常のでも問題はありませんが、あなたは私と同じ環境であるとは限らないでしょう。

だからこそあなたの運転状況や地域によってタイヤを決めておく必要があります。

筆者の私のファンだからと言っても絶対同じにする必要がない!ってことです。

(えっ!ファンじゃ無いってwww)

小ネタはさておきますw

では本題に戻します。汗。

タイヤサイズは先ほどご紹介しました、タイヤの側面(サイドウォール)というとことに書いてあります。

ポイントは上記の動画をご参考にくださいね!

通常モデルはエントリーグレードのMは

『215/70R16タイヤとアルミホイール』

上級モデルのグレードのGはインチアップされています。

『225/55R18のタイヤとアルミホイール』

間違い無いようにお気をつけください!

選べる制限があるというのが悪い部分と言えるかもしれませんね。

ほかにも.インチアップするとなると安定感とともに存在感もアピールしてくれますよ。

ぜひ、ご自身にあったタイヤ選びをして良い部分と悪い部分を見極めていきましょう!

スポンサーリンク

【三菱・新型デリカD5】タイヤ交換のタイミングは?タイヤの特徴は?

三菱・新型デリカD5タイヤ交換タイミング交換方法をチェックしておきましょう。

先ほどご紹介した通り、様々な特徴のタイヤが存在しています。

状況に合わせてタイヤを交換する必要もでてくるでしょう。

なぜなら合わないタイヤを装備していると、燃費が悪くなったり、最悪事故にあってしまうかもしれません。

正直事故にあってからでは遅いです。

私は事故で家族を失いましたので、みなさんにはそうなってほしくないです。

ここでは適切なタイヤの交換のポイントを紹介していきます。

早速チェックしておきましょう。

まずは知っておきたい交換するにあたり大事な特徴をみておきますね。

『乗り心地』
振動に耐えて安定した走りをすること。

『ドライ性能』
乾いた道でも滑らずに気持ちよく走行できること。

『ウェット性能』
雨などの濡れた道でも滑らずに走行できること。

『直進安定性』
風にあおられて車体が大きく揺れないようにまっすぐ走行できること。

『タイヤの寿命』
壊れるまでの期間。いつまで走行ができるか?ということ。

『低燃費性』
ガソリンを買う頻度が少ないこと。つまりエコ運転のことですね。

『静粛性』
バスなど走る時ってうるさいですね。走行中にでる音の静かさのこと

つまり環境に合わせて、これらが満たされるタイヤを選びましょう!という話です。

私も初めてこの話を聞いた時は、衝撃でしたね!

https://twitter.com/kame23456/status/1081814836923625472

これらを満たされるためにタイヤ交換をするベストなタイミングはずばり!季節ごとに使い分けるということですね。

タイヤには大きく分けると『夏タイヤ』と『冬タイヤ』というものが存在しています。

人間が服を夏や冬で全然違うようにタイヤも違うのですね。

余談ですが私は、冬派です!!!(そっかw聞いてないってw)

では、タイヤ交換ができるタイヤの種類を一挙にみていきましょう。

オールシーズンタイヤ

要は夏タイヤと冬タイヤの真ん中です。日本は春夏秋冬があるので、あまり売っていませんね。わたしも要らないですw

冬タイヤ

つまりスタッドレスタイヤのことですね。冬の雪が激しい地域の方は意識的に変えている方が多いですね。滑りたくないですしね。

夏タイヤ

これが、普段からみなさんがつけているタイヤのことですね。一般的なタイヤといえるでしょう。

ランフラットタイヤ

これは走行中にまさかのパンクが起きても安定して走れるタイヤです。パンクして事故したら元も子もないですからね。

特徴としては、一応ランフラットタイヤでも空気は減りますので定期的な空気入れは必要です。

また通常のタイヤの廉価版といった走り心地です。

いざという時のために車に積んでおく。というくらいがよいかもでしね!

エコタイヤ

ガソリンにいい影響を与えるので、燃費の良さに直結します。

しかし運転手が乱暴な運転すればもちろん、燃費は悪くなるので、通常に運転した場合は良いもの。と理解しておきましょう。

ここでご理解いただきたいのは、環境や走行方法によって交換のタイミングがあるとのことです。

ここまでタイヤの交換のタイミングやタイヤの特徴を紹介していきました。

これで、1年中一安心ですね!!

スポンサーリンク

【三菱・新型デリカD5】タイヤサイズやサイズアップ、タイヤ交換まとめ

https://twitter.com/MiyabiTw1970/status/1076822010787815424

三菱・新型デリカD5タイヤサイズサイズアップタイヤ交換まとめていきます。

いかがでしたでしょうか。

あなたはこの記事を読んだことによって、タイヤサイズ、サイズアップのポイントやタイヤを交換することまで詳しくなれました。

筆者の私もまとめているうちにとても学ぶこともありました。

新型デリカD5もまもなく登場することもあり世間ではとても賑わっています。

個人的には今すぐにでも欲しいですw

でもその前にタイヤについて詳しくなったほうが、快適に運転できるというのは間違いがありません。

ぜひ、なんどもこの記事を読んでタイヤについて詳しくなっていきましょう。

それではまた!

アイキャッチ引用画像:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/standard/

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク