東京オートサロンが熱い! スープラ・スーパーGTコンセプトを見てきた!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

カスタムカー・チューニングカーの祭典といえば東京オートサロンですね。

世界3大カスタムカーショーの一つとも称されるこのイベントは、毎年多くの車好きで盛り上がります。

そんな東京オートサロンですが、2019年は伝説のあの車がベールを脱ぎ、より注目度を高めているのです。

復活を果たすスポーツカー・スープラが、スーパーGTコンセプトとして東京オートサロンに出展することが決まりました。

さすがにこれは見逃すことは出来ません。

そういうわけで、スープラ・スーパーGTコンセプトを見に東京オートサロンへ行ってきました。

スポンサーリンク

東京オートサロン出展のスープラ・スーパーGTコンセプトはこんな車!

2019東京オートサロン TGRブース
DSC_0114

2018年12月、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング 以下TGR)が、東京オートサロンにスープラ・スーパーGTコンセプトを出展することを発表してから早1月。

この間に提供された情報は、1枚のティーザー画像だけ。

待ちきれなくなって仕事を早めに切り上げ、東京オートサロン初日に駆け込むように行ってきました。

早速TGRのブースへ。これがスープラ・スーパーGTコンセプトです。

2019東京オートサロン・スープラGT斜め前
DSC_0010

スーパーGT車両らしく、幅が広いフェンダーと数々付けられたエアロパーツが特徴です。

車体が幅広いというのは、それだけでもカッコ良く感じるものです。

それにしても、よりエアロパーツが存在感を増しているような気がします。

特にフロントのスポイラーが。
なんかしゃくれちゃってますよね。

2019東京オートサロン・スープラGTフロント横側
DSC_0016

大きなエアインテークといい、空力には相当力を入れているのではないでしょうか。

竜が大きく口を開け空気を吸込み、それを横へ後方へ掃き出し推進しているようなイメージを感じます。

後ろから見ても、空気の流れを感じさせるフォルムですね。
規定でしょうが、ウィング形状もディフューザーも派手過ぎてはいません。

2019東京オートサロン・スープラGT斜め後
DSC_0031

このスーパーGTコンセプトを見ていると、トヨタ陣営の今年のレースに対する熱量が、ただならぬことを感じさせます。

近年は、自動車メーカーやそのグループの大手チューンメーカーが、大規模なブースを設営することが増えました。

その傾向は年を重ねるほど顕著になり、メルセデス・ベンツなど海外自動車メーカーも、オートサロンに参加するようになってきているのです。

また、レーシングカーの展示やデモ走行も多く行われており、モータースポーツ活動の体制発表を行うケースが増えてきています。

スーパーGTも多分にもれません。

2019東京オートサロン・スープラGT真横側
DSC_0022

そのような中で、スープラのこのような仕様を出展するということは、この車でスーパーGTを参戦することに他ありません。

スーパーGTは、GT500クラスとGT300クラスにカテゴリー分けされています。

GT500クラスの方がパワフルで高性能な車両となっていて、日産やホンダと互いにしのぎを削っていることから、参戦はGT500クラスになると思います。

スープラでの参戦、今年のスーパーGTとても楽しみですね。

スポンサーリンク

東京オートサロン出展のスープラ・スーパーGTコンセプトと他の出展車を比較!

新型スープラ

新型スープラ斜め前
DSC_0044

東京オートサロンでは、スープラ・スーパーGTコンセプトの隣に、なんと新型スープラであろう車も展示されていました。

カモフラージュ塗装された車体は、曲面を基調として鍛え抜かれた筋肉美をイメージさせます。

ロングノーズとショートデッキのシルエットはやはりカッコイイものです。

新型スープラ斜め後
DSC_0040

ただ残念なのは、スープラ・スーパーGTコンセプトを見た後だと、あまり低く幅広く見えないことです。

新型スープラ自体かなりスポーティーさを意識しているようなのですが、普通に見えてしまいます。

まあ、そのくらいスープラ・スーパーGTコンセプトのインパクトが強いということでしょうか。

GRスープラ・レーシングコンセプト

supra grc1

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/concept/supra/

2018年3月、市販車に先駆けてジュネーブモーターショーにて世界初公開されたコンセプトがあります。

それがGRスープラ・レーシングコンセプトです。

スープラ・スーパーGTコンセプトと比較しても、とても良く似ています。

大きな違いは、フロントのエアインテークの形状、リアウィングの高さとディフューザーの大きさでしょうか。

supra grc2

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/concept/supra/

リアの大きなスポイラー、地面を吸いつかせる様に広げられたトレッド、白・黒・赤のGRカラーをまとった姿はいつサーキットを走り出してもおかしくありません。

この車に対する影響は結構なもので、あの人気レーシングゲーム「グランツーリスモ」にも登場を果たしています。

NASCARエクスフィニティ・シリーズ参戦モデル

実は東京オートサロンに出展するスープラは、スーパーGTコンセプトだけではありません。

タイヤメーカー・グッドイヤーのブースに、2019年から「NASCARエクスフィニティ・シリーズ」に参戦するスープラも出展されていたのです。

こちらのスープラも見てきました。

スープラNASCAR斜め前DSC_0079

斜めに展示されていたスープラ。
しかしよく目を凝らして見てみると、なんとヘッドライトやエアインテークがペイントだったのです。

まあ、張りぼてだったのですが、それでもこの車をイメージするにはイイ感じでした。

それにしてもスーパーGTコンセプトとは雰囲気が違いますね。

エアロパーツを身に付けていなくても、かなり大きく感じます。

なんかスープラの姿をしたアメ車みたいで妙に違和感を覚えます。

それはそれでカッコイイのですが。

スープラNASCAR横側DSC_0080

NASCARとは、「National Association for Stock Car Auto Racing, Inc.」の頭文字で、ストックカー(市販車)を使用したレースで、60年以上の歴史があります。

今では細かく規定された専用車両に、市販車に似せた形状のボディが被せてオーバルコースを走行します。
だからスープラのかたちに違和感を覚えたのでしょう。

例年はカムリが参戦していたのですが、2019年からはスープラに代わるのです。

様々なレースに投入されるスープラの、期待の高さがうかがえますね。

スポンサーリンク

東京オートサロン2019の日程は?

東京オートサロン2019の日程を紹介

東京オートサロン2019メインゲートDSC_0004

スープラ・スーパーGTコンセプトが見られるとなると、実際に東京オートサロンに行ってみたくなりますよね。

2019年の日程は、1月の11(金)・12(土)・13(日)の3日間開催されています。

年が変わって早々、多くの車好きの心を高揚させてくれるのです。

初日の11日(金)は一般特別公開ということで、主にプレスや関係者を招き、一般客は14:00~19:00に来場出来ました。

一般公開日はそれ以降の日になり、12日(土)は9:00~19:00、13日(日)は9:00~18:00にショーが行われ、一日中楽しめます。

「見逃した」という方も、東京オートサロンは毎年開催されています。

1月の第2金・土・日に行われるので、2020年は1月の10・11・12日に開催されることでしょう。

前売り券も、今年の11月には販売されるはずなので、次回はぜひお楽しみに。

東京オートサロン2019案内板DSC_0003

会場は千葉の幕張メッセ。

5500台以上停められる会場と隣接した駐車場があるのですが、一般公開日は早朝(?)の2時~4時から営業しているそうです。

ただ、5500台も停められるのだから、いつ行っても余裕だろうと高を括るととんでもない目に合います。

なんと毎年、朝の8時頃には満車になってしまうというのです。

しかも駐車場に着くまでにも、大渋滞が起こるのだとか。

そりゃあ3日間で30万人を超える来場者数を記録しているくらいですからね。
とんでもない混雑にもなるわけです。

駐車場を利用する人は、予想以上に早く出発するのがおすすめです。

東京オートサロン、TGRのブースを紹介

東京オートサロン2019会場内DSC_0110

東京オートサロンは、スープラ・スーパーGTコンセプトだけでなく、様々なカスタムカー・新車・コンセプトカーが出展されます。

2018年の出展車の台数は880台でした。

2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。
スープラを手掛けるトヨタブースを中心に見ていきましょう。

ちなみにこのブースのTGRとは平たくいうと、トヨタのモータースポーツ部門のことです。

ラリーやワークス参戦、24時間耐久レースなどの
モータースポーツ活動や普及活動を行っています。

そこで得た知見やノウハウを元に「もっといいクルマづくり」を目指して、市販車のスポーツチューンモデルであるGRブランドを展開しています。

TGRには出展テーマがありまして、今年は「from past to future」過去から未来へということです。

テーマどおり、過去の国内レースで活躍したスープラも展示されています。

歴代スープラの数々DSC_0071

こうしてスープラ・スーパーGTコンセプトと見比べてみると、今の車は相当進化したのだなと感じます。

ただ昔の車の方が、親しみやすさや愛嬌を覚えますね。

他にも、世界ラリー選手権参戦モデルのヤリスWRC

WEC(世界耐久レース選手権)参戦モデルのTS050 HYBRID

ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦モデルのLEXUS LC 2019 NUR24h

それらのレースモデルが展示されていました。

スポンサーリンク

東京オートサロン、スープラ・スーパーGTコンセプトのまとめ

2019東京オートサロン・スープラGT前方
DSC_0009
スープラ・スーパーGTコンセプトは思った以上に本気度が高い車でした。

スープラなら、スーパーGTの熾烈な闘いにも勝利を収めるでしょう。

また1月14日から開催されるデトロイト・モーターショーにて、発表すると公表された新型スープラを、カモフラージュされていながらも見ることが出来ました。

こんなにワクワクさせられた東京オートサロン、とても楽しめる祭典です。

この記事を書いた人

つかや

移動はもっぱら電車…

夢は自動車運転で長距離旅行!

移動中にも楽しめるなんて最高ですよね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1