NSXの値段・価格はいくら?グレード別に紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

NSXがついにフルモデルチェンジし復活しましたね。

国産高級スポーツカーとしておなじみですが、新モデルではハイブリット車として生まれ変わりました。

そんな新型NSXの価格はいくらぐらいなのでしょうか?

新車で買う場合、車両本体価格の他に諸経費もかかってきます。

それらを含めてホンダNSXはいくらで購入できるのか気になるところ。

今回は、新型NSXの価格や費用について解説していきます。

NSXの値段・価格を紹介

2019y01m10d_230655132

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

ホンダ新型NSXの気になる新車価格を見てみましょう。

新車価格:23,700,000円

ホンダNSXの新車価格は何と2370万円

同じ国産車の高級スポーツカーの日産GTRの価格が約1000万円。

ホンダNSXはGTRの2倍以上もの値段で、いかに高級なスポーツカーなのかがわかりますね。

ちなみに、フルオプションにすると価格は約3100万円となります。

NSXのグレードの違い

2019y01m10d_230652763

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

ホンダNSXはグレードによって何が違うのか気になるところかと思います。

しかし、現行NSXではグレードは「ベースグレード」1種類のみとなります。

先代モデルはタイプT、タイプS、タイプRなどグレードラインナップがありましたが、新型ではグレードは1種類に絞られています。

NSXの費用

2019y01m10d_230639489

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

NSXを新車購入する際、注意してほしいのが諸経費です。

NSXは非常に高額。

数千万の金額になるものですから、どうしても車両価格の金額に目がいってしまいがち。

しかしNSXの購入には、車両以外にもお金がかかるのです。

NSXの新車購入は、一人ではできません。

ナンバー取得や車庫証明取得のための書類作成、納車前整備費などなど数多くの人が新車購入に関係してきます。

諸経費はそういった関係者に支払うお金のことです。

NSXを新車で購入する場合、どのような費用が発生するのかきちんと把握しておきましょう。

2e80186af1ce62e31fc0c116ded14ec3_s

新車を購入する際の諸経費は大きく4つの税金+5つの費用に分かれます。

【4つの税金】

・自動車税
自動車の排気量によって毎年発生する税金

・自動車取得税
新車購入時のみかかる税金。

・自動車重量税
新車購入時、車検時に自動車の重量に応じてかかる税金

・消費税
車両本体価格、オプション、登録費用など法定費用を除いた全てのものにかかる税金(8%)

5b82758ab84cbd3392483d4ec9214618_s

【5つの費用】

・自賠責保険
自動車のナンバー取得する際、必ず加入しなければいけない保険

・納車費用
販売店から自宅までNSXを運んでもらうのにかかる費用。

約10000円~15000円程度かかる。
販売店まで取りに行けば費用は発生しない。

・登録代行費用
主に「検査登録手続き代行費用」と「車庫証明代行費用」の2つある。

検査登録手続き代行費用は、ディーラーに陸運局でナンバー取得を代行してもらうさいにかかる費用。

費用は15000円~30000円程度かかる。

車庫証明代行費用は、ディーラーに車庫証明書の取得を代行してもらう費用のこと。

費用は5000円~10000円程度かかる。自分で行うこともできる。

・リサイクル料金
新車購入時に支払う。

普通車だと10000円~20000円程度かかる。

前払式で、最終的に車を廃車にするとなったときに所有者負担のため、途中で車を売却すれば返却される。

・下取り費用、査定費用
現在乗っているクルマを下取りに出す際にかかる費用。

2019y01m10d_230803215

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

ディーラーによって費用は異なり、おおよそ査定時で5000円、下取り時に10000円程度。

NSXの新車購入時は、さまざまな登録が必要となります。

すべて自分でやるととても大変ですから、費用を払って代行してもらうのが一般的。

多少手間がかかっても構わないという方は、自分で行い諸経費を節約することもできます。

以上を踏まえたうえで、新型NSXを見積もりし実際にいくらぐらいの諸費用がかかるのか見てみましょう。

11060271281943343958

<

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

【車両価格】
車両本体価格:27,406,001
ディーラーオプション:1,813,881
合計:29,219,882

【諸費用】
自動車税(2月登録の場合):4,800
自動車取得税:685,100
自動車重量税:30,000
自賠責保険料(37ヵ月):36,780
手続代行費用:46,440
預り法定費用:6,000
リサイクル法関連費用:11,600
合計:820,720

総支払額:30,040,602

以上が、新型NSXの新車購入時にかかる諸費用です。

オプションを付けると総支払額は3000万円を超えてしまいます・・・。

恐るべしNSX。

また、諸費用はなんと80万円。特に高いのが自動車取得税で約60万円となります。

15436705748278273817463406034535

新型NSXを購入するうえで燃料費も気になるところかと思います。

維持費にも色々ありますが、特に身近な維持費では燃料費があげられます。

新型NSXはハイブリット車ですから、高級スポーツカーとしては燃費はなかなか良い方です。

JC08モード燃費で12.4km/L。高級スポーツカーの中では低燃費の部類に入るでしょう。

2019y01m10d_230658822

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

では、年間にどれぐらいの燃料費がかかるのか計算してみます。

なお、燃費12.4km/Lというのはあくまでもカタログ掲載上の値です。実際の燃費はカタログ燃費の80%程度
とされていますので、ここでは9.92km/Lとします。

年間走行距離は5000km、燃料費はハイオク140円で計算します。

5,000km÷9.92km/L×140円=141,129円

新型NSXの年間の燃料費は約141,129円となりました。月に換算すると約11,760円です。

ちなみに同じ高級スポーツカーのGTRは、JC08モード燃費8.8km/lで、同条件で計算すると、年間の燃料費は159,090円です。

NSXの評判は?

最後に新型NSXの評価・評判をご紹介します。

2019y01m10d_230639489

<

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

・単刀直入に言うと期待と想像以上でした。

だいぶ待たされましたが、いい意味で期待を裏切ってくれたという印象です。

・2012年のデトロイトショーで披露されてからあまりにも早くに見せ過ぎた印象があったけど、実写を見てやっぱりカッコいいと思ったね。

正直、新鮮さは薄れてしまったけどいいものはいい。

・採用したテクノロジーがどれも初モノだけど、完成度が非常に高い。

ハイブリッドモデルならではの自動で行うエンジン起動/停止がスムーズだし、DCTプログラミングの巧みは納得のレベルだね。

減速の制御を行い自在トルクベクタリングが違和感ない範囲で単純な二輪駆動ではできないコーナリング感覚を味わせてくれるね。

pic_interior_design

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

・モーター3基とバッテリー、それにコントロールユニットを搭載しているせいでサイズの割に重いな。
これは一つの弱点だろう。

・全長がひと回り小さいけど、5.2LV10ユニットを搭載するアウディR8と比べれば150kgも軽い

・いざ走らたら動力性能は、全くけちのつけようがない迫力ある速さ。
ターボエンジンでもネガを感じさせないのはさすがだ。

2019y01m10d_230832463

引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

・違和感なく爆発的なパワーへ盛り上がり見事につながるのは感心させられるレベルだね

・残念なのはラゲッジスペース。
2人で乗ると、荷物は全然載せられない。
まあ、こういった類の車はそういったところは重視してないから仕方ないけど。

アイキャッチ画像の引用:https://www.honda.co.jp/NSX/

この記事を書いた人

よっちん
私は、車で遊びに行くのが大好き。

500キロの道のりを、月1回走っています。

NSXで走れたらいいんだけどなー。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1