新型オデッセイの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ワンボックスミニバンが全盛の中でホンダオデッセイは個性派として存在感の高さをアピールしています。

今回はオデッセイの色の種類や人気色、お手入れ方法などを検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

オデッセイの色・カラーは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

まずはホンダオデッセイにはどの様な色の種類があるのか調べてみました。

プラチナホワイトパール+43,200円

スーパープラチナメタリック+43,200円

クリスタルブラックパール

コバルトブルーパール

プレミアムスパイスパープルパール+43,200円

プレミアムディープロッソパール+43,200円

プレミアムヴィーナスブラックパール+43,200円

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

現行型オデッセイは5代目となり先代から比較して車高を高くしたデザインになりました。

初代オデッセイはワンボックスミニバンとステーションワゴンの中間の様なコンセプトで大人気になりましたが3代目で低重心コンセプトとなりミニバンとしては低い車高に低床フロアで車内高を稼ぎながらも居心地の良さを両立して人気を得てきました。

クルマのトレンドは時に大きく変化しますから再びワンボックスタイプに人気が出てきます。

低床は引き継ぎながらも車高を上げてスペースを確保してハイブリッドもラインナップに加えた5代目オデッセイに似合う色はどの様な物なのでしょうか。

プレミアムヴィーナスブラックパールはアブソルート専用色となります。

メタリック系の特徴として光の加減で違う色の出方が楽しめたり車体のデザインで陰影の立体感があったりと変化にとんだ色彩となります。

漆黒というよりも明るめの黒に見えますがパールが含有されていますから明るい日差しの下ではパープルに見えたりもします。

お手入れに手がかかりそうですがオデッセイアブソルートには最も似合う色の1つだと思います。

クリスタルブラックパールはプレミアムヴィーナスブラックパールとの違いは漆黒のブラックという事です。

パープルが入っていませんがソリッドブラックではなくてパールが含有されています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

やはりブラックの魅力は引き締まった佇まいですからホコリに負けずに丁寧にお手入れをして長くキレイに保ちたいところです。

リセールの面でも安定した人気は間違いなくあらゆる年代でも受け入れる魅力も兼ね備えていますね。

オデッセイの車体サイドにはキャラクターラインが入っていますがダークな色はキャラクターラインの印影に見られる立体感が美しいです。

パープルを意識した色はオデッセイアブソルートのイメージがあり躍動感に満ち溢れているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

オデッセイの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

ここまではホンダオデッセイの色の種類についてお知らせさせて頂きました。

ここからはオデッセイの人気色について検証してみたいと思います。

定番色から個性的な色まで様々な選択肢がありますがホンダオデッセイではどの色が人気なのでしょう。

プラチナホワイトパールはオデッセイの定番色の1つです

まさに純白でパールの含有された立体かがあり輝きが美しいホワイトになります。

明るい太陽の光の下では車体のエッジを中心にキラキラと輝くパールの光を楽しむ事ができます。

清潔感に満ち溢れてリセールバリューもブラックと並んで高い査定がつきやすいですから人気が出るのもわかりますね。

プレミアムディープロッソパールはオデッセイの中では個性派に位置するでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

レッドとはいっても鮮やかなレッドではなくワインレッドに近い落ち着いた色になります。

オデッセイの大柄な車体にレッドはとても迫力があり目立ち度も1番あるのではないでしょうか。

光の明るさの度合いによってはパープルも楽しむことができる上品な色になります。

スーパープラチナメタリックは明るめのシルバーになります。

定番の1つで流行り廃りもなく常に一定の人気を保ってきた色ですね。

大柄な車体をあまり目立ちすぎない様にするには最も適した色になるでしょう。

また、この色は汚れが目立ちにくくてお手入れが楽になるというメリットもあります。

プレミアムスパイスパープルパールは紫を強調した淡いパープルになります。

夜間は時にブラックに見える事もありますが太陽の光の下では金属感のあるパープルがとても上品に表現されています。

コバルトブルーパールは暗くもなく明るすぎない絶妙な色合いのブルーになります。

ソリッドのブルーは時にチープに見えてしまう事もありますがパールが含有された独特の上品な輝きを感じる事ができます。

ここまでの人気色を検証してみましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

プレミアムヴィーナスブラックパール

クリスタルブラックパール
プラチナホワイトパール

プレミアムディープロッソパール

スーパープラチナメタリック

プレミアムスパイスパープルパール

コバルトブルーパール

上位からシェア順に比較してみましたがやはり定番の色が特に人気になっていますね。

ホワイトとブラックが基調となり少しだけ工夫をした色も人気色になってきています。

リセールも大切ですが好きな色があるのなら気にせずに思い切って乗ってみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オデッセイの手入れはこうやろう

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

ここまではホンダオデッセイの色の種類や人気色についてお知らせさせて頂きました。

ここからはオデッセイの色のお手入れについて検証してみたいと思います。

クルマを購入しても洗車はとても面倒ですね。

ホンダオデッセイは車体も大柄で車高も高いですから洗車するのも大変そうです。

人気のある色はお手入れが大変そうな色ばかりですが気に入った色はせっかくですから楽しんで乗りたいです。

人気色のブラック系はお手入れが難しくなってしまいます。

どうしてもホコリが目立ちやすくなりますし細かいキズもつきやすくなります。

ですからマメな洗車を欠かさないのが最も美しく保つ方法となります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

雨天の後には泥はねが車体の下に目立ってきますから走行後は水で軽く流すだけでもしておいた方が良いでしょう。

ホワイト系はソリッドでもパールでもお手入れに差はありません。

特に細かいキズをつけない様に注意が必要になります。

ホコリがたまってくるとキズの間に蓄積して取れにくくなります。

それらが太陽の熱で焼きついてしまうとシミの様な汚れがついてしまいますから注意が必要です。

クルマを洗車する時に車体が熱くなっている状態では避けた方が良いでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

洗車に適しているのは晴れて涼しい状態の時間帯が望ましいですね。

真夏でも夕方は日差しが残っていて路面も熱いですから午前中のできれば朝方が良いと思います。

洗車の最中に水が乾き、シャンプーがついた状態で放置すると雨シミが残りやすくなりますから水は出した状態で洗い流します。

風が強いと洗車中にゴミが飛んできますから注意が必要ですね。

大切なのは塗装が直に空気に触れる状態を作らないことですから塗装の表面にはワックスかコーティングが載っている事がベストです。

ワックスは安価ですが小まめに施工する必要があります。

塗装のキズなどを常にチェックできますからそこにメリットがあり洗車が好きな方は向いています。

カーコーティングは被膜の種類が多岐にわたり価格も様々ですが予算にあったものを施工しましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

1年間の持続期間があれば途中で自らメンテナンスを行ったり、ショップに出したりするほかは普段はシャンプーと水洗いのみで済んでしまいます。

特にブラックはキズに注意を払い、拭き取りにもタオルではなくて専用のセーム皮などで行うなどすれば長くキレイな塗装を維持する事ができます。

拭き取りを雑に行うと水滴が残りウォータースポットができて汚れが取れにくくなりますから丁寧にふき取る様にすれば安心ですね。

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/pen/story01/

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク