軽自動車の車検金額の相場と必要書類は?安く済ませるために知っておきたいコツ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車検費用は家計の大きな負担ですよね。

これまでは、何も考えずにディーラーにお願いしていましたが、前回の車検で20万円の請求が来て考え方が変わりました。

このコツを知っておくだけで、車検に掛かる費用はかなり抑える事ができますよ。

では、さっそく見ていきましょう。

軽自動車の車検金額を安く抑えるためにはこの方法がおすすめ!

車の状況や、車検の依頼先によって車検金額は大きく変わる可能性がありますが、一般的な乗用車の車検金額の相場は6万~12万が相場です。

これに対して、軽自動車の車検金額の相場はだいたい5万~8万円で、乗用車よりもかなり安くできます。

最近の軽自動車の性能向上から、費用対効果面で販売台数が軽自動車が大きく伸びる理由はここにあります。

ここに、消耗部品の交換費用が追加される形になります。

syaken010

新車で購入して初回の車検はディーラーで丁寧に見てもらうのもいいでしょう。

新車で購入した場合、3年目にやってくる初回車検。

乗り方によってかなり状態が違ってきますが、極端に部品が痛んでいる事はないので、修理や部品交換はしないで済む可能性が高いでしょう。

発売から間もない車種の場合、フィールドでのサービスデータからリコールによる部品交換や予防措置的な整備を初回車検で実施する場合もあります。

安心感は抜群ですが、どうしても割高になってしまいますから、車検を別の方法で通したらどうなるのか興味がありますよね。

今回ご紹介する、ディーラー以外での車検の場合、『車が走行するのに問題ないかを確認しているだけ』ですので、車の安全については自己責任を持つ覚悟が必要です。

しかし、驚くほど車検費用は安く済ませる事ができますので、知っておいて損はありませんね。

複数業者で見積もりを取る

意外とやられていないのが『複数業者で見積もりを取る』こと。

ディーラーからは、車検の時期になると案内はがきが送られてきます。

多くの人は、その案内を受けて車検をお願いしているのではないでしょうか。

『ちょっと待った!』

もし、あなたが時間よりも安心をお金で買うと考えているならそれでいいでしょう。

しかし、車検を安く済ませたいと考えているなら、必ず複数の業者で見積りをとりましょう。

車検の見積もりとは、車検にかかる実際の費用を算出することです。

見積りは無料でできますから、車検を行う前に複数社での見積りは必ずやるべきです。

見積りの申込方法は業者によっても様々ですが、インターネットからの申し込みが主流です。

では、3分でできる複数業者で見積りを取る方法をご紹介します。

楽天車検

引用:https://shaken.rakuten.co.jp/intro/

◆Rakuten車検(楽天車検)

日本最大級の車検の比較・予約サイトです。

普段行く近所のガソリンスタンドや車用品販売店、整備工場でもここから予約すると車検が驚くほど安くできます。

楽天会員なら、見積り予約、車検の実施で、もれなく500ポイントもらえちゃいます。

期間限定キャンペーンにエントリーして車検を実施するとさらに追加のポイントがもらえます。(1500ポイント以上も!)

楽天会員なら、まずは、ここの利用がおすすめです。

Goo車検

引用:https://www.goo-net.com/pit/inspection/goosyaken/index

◆グー車検

自宅に居ながら車検がコンセプトのグー車検。

専任の車検コンシェルジュが折り返し電話してくれて、申込から納車まで完全サポートしてくれます。

ネットでの一括申込では、相談しにくいと感じている人はこちらがおすすめです。

最適な工場を相談に応じて選択してくれて、整備工場まで行かなくても自宅まで引取りにきてくれて、車検取得後は自宅まで納車してくれます。

すべてを自宅に居ながらにして、車検手続きを完了できます。

車検基本料金が8800円というのも格安です。

車検費用の支払いもカード決済で後払いが可能なため、高額な現金を用意する手間が省けます。

・「車検もっていくのめんどくさい」
・「本当にこんなに整備しないと車検取れないの?」
・「車検だけど現金がない」
・「分割(リボ払い)で車検できないかな」

といった方には、こちらがおすすめです。

ホリデー車検

引用:https://www.holiday-fc.co.jp/

◆ホリデー車検

業界で初めて『対話型立会い車検』を開発したホリデー車検。

従来、不透明だった整備項目を事前に対話しながら確認することで不要な部品交換や車検に不必要な作業をカットし、必要な作業だけを実施することで短時間でリーズナブルな車検ができます。

このため、単に安く車検を済ませるだけではなく、整備士と対話しながら車の部品の状態を理解したうえで、費用対効果を考えながら安心な車検をやりたい方におすすめです。

ホリデー車検は、車検完了まで約30分~1時間で、整備箇所はお客様ご自身の目で確認していただいたうえで整備に取りかかりますので、料金も明確で安心です。

 

整備項目を見て、いらない整備内容は外してもらう

syaken011

ホリデー車検では、『対話型立会い車検』で、整備項目を自分の目で見て確認したうえで整備をするため、予想外の請求になることはありません。

しかし、この場合は、自分で整備工場まで出向いて整備個所を確認する必要があります。

なかなかそんな時間が取れない場合でも、必ず車の状態を確認した後に、整備項目を確認しましょう。

グー車検の専任の車検コンシェルジュは、車の知識がなくてもあなたの希望に応じて適切なアドバイスをしてくれます。

Rakuten車検の場合も、事前に整備項目を確認させてほしい事を伝え、不要と思われる整備内容は外してもらうことで車検費用を安く抑える事ができます。

安かろう悪かろうでは、せっかく車検する意味がありませんので、整備士の意見を聞きながら判断する必要があります。

私は、よく分からないという方は、ディーラーに依頼するのが一番安心です。

知識には自信がないけど、細かに適切なアドバイスが欲しいと言った方は、グー車検の車検コンシェルジュに相談してみるといいですよ。

軽自動車の車検金額の相場はこうなっている

軽自動車の車検金額の内訳

軽自動車に限らず車検金額は大きく分けて「法定費用」と「点検整備費用」で構成されます。

法定費用は国によって定められているため、どの業者でも固定で安くなることはありません。

 

車検費用の内訳

軽自動車の場合、

・重量税・・・最大で8800円
(エコカー減税の適用対象かどうかによって異なる。)
・自賠責保険・・・25,070円
・印紙代(検査手数料)・・・最大で1,400円
(保安基準適合証を持っている場合は1,100円)

と定められています。
つまり、法定費用だけで、合計35,270円は掛かります。

 

車検費用の違いは整備費用の違い

車検は、車の状態が保安基準をクリアしていれば合格できます。

整備がいき届いた最高の状態であっても、ぎりぎりであっても合格できます。

法定費用は選べませんが、点検・整備費用を自分で納得できるものにするために、車検で重要視する項目(費用、期間、部品品質等)を把握し、それに見合う業者を選ぶことで費用対効果の高い車検ができます。

 

軽自動車の車検金額の相場

軽自動車の車検金額の目安はいくらぐらいなのでしょうか。

車検を受ける店舗ごとに車検相場は異なりますが、自動車ディーラーで車検を受ける場合、軽自動車の車検金額の相場は約5万円~約8万円程度が目安です。

もちろん、車検を受けるお店によって値段は異なりますし、さらに車検以外のサービス面に差がある場合もあります。

車検を受けるお店による違いや、目安となる費用とメリット、デメリットを下記の表にまとめてみました。

車検の相場

軽自動車の車検を依頼する業者の選び方

では、実際に車検を依頼する業者をどのように選べばいいのか、具体的な車検金額の相場と注意点を整理してみます。

以下の車検金額は、いずれも軽自動車での実例で比較しています。

ディーラーで車検を受ける場合の車検金額の相場

ディーラー車検相場

ディーラー車検では、単に車検を通すのではなく、次の車検まで安全に乗れるよう保証料込みの価格となっています。

車検のチェックポイント以外にも点検項目が多く、早めに不具合を発見できる利点があります。

6ヶ月~1年の保証が付くので、車検後の不具合にも対応してもらえます。

エンジンルーム・下回り洗浄や下回り塗装は、車を長く使用するために予防措置的なサービス内容となっています。

このため、車検費用的には、約8万円と割高になるのはやむをえません。

カー用品店で車検を受ける場合の車検金額の相場

カー用品店車検相場

軽自動車のカー用品店での車検金額の相場は、法定費用を含め50,000円~60,000円くらいです。

民間車検場の指定工場として認可を受け、技術的にも確かな整備士による車検に力を入れているお店が多くなっています。

カード支払いに対応してくれる業者が増えていますが、法定費用は現金払いといった業者が多いのが実態ですが、大手カー用品店では、すべてカード支払いで対応してくれるところが多いため現金の準備が面倒といった方にはお勧めです。

依頼しない限り車検に関する項目以外の整備は行わないため、その点には注意が必要です。

自動車整備工場で車検を受ける場合の車検金額の相場

自動車整備工場車検相場

軽自動車の自動車整備工場での車検金額の相場は、法定費用を含め65,000円~75,000円くらいです。

車の町医者のように、整備、点検、修理など、長く付き合いたい場合に「車の主治医」としてお付き合いしたい場合に最適です。

長年培ってきた技術で車を見てくれるため、修理が必要でもリサイクル部品を使ったり予算に応じた柔軟な対応をしてくれます。

土日祝は休みだったり、車両は持ち込み、引取りが原則だったりすることもありますが、車のことはわからないが、人間を信頼して任せたい場合にお勧めです。

ガソリンスタンドで車検を受ける場合の車検金額の相場

ガソリンスタンド車検相場

いつも給油しているガソリンスタンドで、「そろそろ車検が近いですね。見積りさせて頂くとガソリン値引き特典プレゼントさせて頂いています」と声を掛けられますよね。ガソリンスタンドも、身近な車検場です。

軽自動車のガソリンスタンドでの車検金額の相場は、法定費用を含め50,000円~60,000円くらいです。

ガソリンスタンドでは車検を自社の工場もしくは下請工場に出すため、費用を抑えられるという点も人気の理由です。

ガソリンやタイヤ、オイル交換、洗車など、どれも車には必要な消耗品が特典で得られるのはうれしいですよね。

車検代行の車検金額の相場

軽自動車の車検代行での車検金額の相場は、法定費用を含め45,000円くらいです。

基本的に点検整備は行わず、そのままの状態で業者が車を軽自動車検査協会に持ち込み、車検を通す方法です。

整備等に時間をかけない分、基本料金は10,000円程度(別途法定費用が必要)と格安です。
とにかく格安で車検を通したい場合に利用すると良いでしょう。

N-BOXを自宅に居ながら車検してみた(必要書類と車検金額の実例レポート)

さて、ちょうど我が家のN-BOXが初回車検を迎えたため、グー車検の車検コンシェルジュに相談してみました。

そんなあなたにGoo車検 N-BOX車検見積もり

基本的に、初回車検でとくに都合が悪い症状はないこと。

法定費用も含めてすべてカード払いで処理できること。

引取り、納車等を含めて、できるだけ早く車検手続きを完了したいことを自宅に居ながら相談しました。

車検を依頼するための必要書類

mitome01


テキパキとした質問に、引取り時に用意する必要書類について、下記を準備するよう指示がありました。
  • 車検証の原本
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 使用者の印鑑

印鑑以外は、いつも車のダッシュボードに入れている人が多いのではないでしょうか。

驚くほどあっけなく作業は進み、車検の前日の夜に車の引取り、翌日、整備内容の電話確認をへて、夕方には納車完了しました。

車検金額も、上記の相場観から消耗品交換を考えれば6万~7万円かなと思っていたのですが、約56,000円

エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキオイルの交換を含めてこの金額で無事に車検を通すことができました。

いままで、何も考えずにディーラーにお願いしていたときと比較すると、確実に2万円以上は浮いた感じです。

家族で焼肉を食べに行くことができて、みんなごきげんなのでした。(笑)

車検費用が高額になるようだったら売却も検討してみよう!

まぁ、今回、ご紹介したN-BOXの初回車検は、痛みもなく修理部品も必要がないケースなので、最低限の車検金額で済んだ事例でしょう。

2度目、3度目、4度目の車検ともなると、修理が必要な場合も増えてきます。

なかなか、毎日使用している車が使えなくなると不便なため、高額な修理費用の見積りでもそのまま車検を通す場合が多いかもしれませんね。

そんな時に、試しに下取り一括査定をやってみることをお勧めします。

驚くほどの高額下取りで、気分一新、新車へ乗り換えできるかもしれません。

まぁ、一括査定してみて、それから高額修理を判断してみるのも、また、愛車への愛着がわくというものですね。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございます。

 

この記事を書いた人

HIRO
再生可能エネルギーへのシフトのために山林を走り回るエンジニア。
趣味は乗馬で、自動車がブレーキで止まるあたりまえのありがたさに感謝の毎日。
自然と調和しながら快適に暮らすコツを心掛けています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1