新型S660の試乗レビュー情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダの新型S660に試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型S660に試乗した感想などのレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

新型S660の特徴と試乗する時のポイント

gallery05

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/gallery/

本格的なスポーツカーを追求し開発された新型S660は、走る喜びを与えてくれる自動車だといわれています。

オープントップ、ミッドシップ、2シーターといったスポーツカーの基準を満たしてくれる数少ない国産車だと思います。

新型S660に試乗する際のポイントを紹介します。

gallery04

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/gallery/

  • エクステリアをチェックする際のポイント

ENERGETIC BULLETをコンセプトにするエクステリアは、弾丸のような魂をイメージし、生命観や躍動感を演出していますので、ご自分の目でチェックしてみてください。

ロー&ワイドなエクステリアなので、軽枠以上の大きさが感じられると評判なので、チェック。ロールトップといわれるソフトトップを採用し、軽量かつ簡単に脱着できるようにしたので、操作性をチェックしてみてください。

img_cvt

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

  • インテリアをチェックする際のポイント

スポーツカーを意識した質感の高さを、インテリアデザインに盛り込んだので、チェックしてみてください。操作性を向上させ、直感的な操作を実現したので、各種スイッチ類などを操作して、チェック。

interior_image_black_sportleather

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/interior/design/

  • ハンドリングをチェックする際のポイント

ミッドシップのレイアウトが採用され、前後の重量配分を45:55にしたことで、慣性モーメントを抑え、トラクションを向上させることができた上、コーナリングでのロールも抑制し、安定した走りができるようにしました。
更に、電子制御システム「アジャイルハンドリングアシスト」を採用したので、思い通りにコーナーをトレースでき、車両の挙動をコントロールする際もハンドルの修正は最小限に抑えました。
このような新型S660のハンドリングの良さを試乗でチェックしてみてください。

img_sus

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

  • エンジンやミッションをチェックする際のポイント

新設計したターボとワイドレンジ&クロスレシオの6速ミッションを搭載し、エンジンパワーを最大限に引き出すことと、エンジンのレスポンスのよさを追求しました。
さらに、スポーツモードがある7速パドルシフト付CVTを搭載した仕様も用意して、幅広い人々に楽しめる自動車になりました。
音にもこだわり、吸気音や排気音をはじめ、ターボの作動音、アクセルオフのブローオフバルブ音などスポーツテイストあふれるサウンドを演出しました。

このようなエンジンやミッションの良さを試乗でチェックしてください、

スポンサーリンク

新型S660 試乗の口コミ

img_sound

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

新型S660を試乗した人の口コミを紹介します。

 αを試乗したAさんの口コミ

スポーツカーといえるまでの加速感は感じられませんが、低速トルクがあり、街乗りでは扱いやすいエンジンです。
2000回転までトルク感があって素晴らしいのですが、4000回転を過ぎるとトルク感が薄れますがまあまあです。
峠の道で新型S660の魅力が発揮されますね。硬めのサスですが、動きはよく、コーナーではしっかり踏ん張り、ハンドルを切った分だけ思い通りにラインを選ぶことができます。車速に合わせたハンドルの操作力もいい感じです。

img_engine

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

 αを試乗したBさんの口コミ

新型S660はエンジンのパワーを使い切って走れる爽快感は素晴らしいですね。接地感があり、しなやかなサスというイメージで、中速や高速のコーナーで本領発揮しますね。

ブレーキの利きもよく、リニアに反応してくれるので、峠道の下りで楽しそうです。

img_tire

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

 αを試乗したCさんの口コミ

スポーツモードにすると、エンジンをかなり回して走れますので加速感を楽しむのにぴったりですね。ただ、エンジンを背負って走っているせいか、熱気が感じられます。
クイックなハンドルは山道で威力を発揮しますし、タイヤも純正としては、限界が意外と高く安心して走行できます。

 α (MT)を試乗したDさんの口コミ

エンジンよりボディやサスが評価できる自動車に仕上がった感じがします。ボディ剛性が高く、ハンドルの反応に対して、素直に曲がっていくので、走るのが楽しくなる感じがします。
6MTのシフトは、操作感がよく、カチカチといった感じのフィーリングです。クラッチは少し重く感じますが、慣れで対応できるレベルです。

乗り心地はスポーツカーらしく硬めですが、長距離乗るのが苦痛というほどまで悪くはありません。

gallery03

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/gallery/

 α (MT)を試乗したEさんの口コミ

軽自動車なので、はじめからエンジンのパワーは評価しないほうがよいと思います。ただ、乗りやすいエンジンで、スポーツカーらしいサウンドに味付けられており、良いと思います。
足回りはスポーツカーといった味つけですが、乗り心地は極端に悪い訳でもなく、実用域は残されているので安心です。

スポンサーリンク

新型S660と競合車との比較

同じスポーツ志向の軽自動車であるスズキのアルトターボRS(FF)やオープン2シーターのコペンも試乗して比べた口コミもありますので紹介します。

α (MT)とアルトターボRS(FF)を試乗したAさんの口コミ

両車とも、少しエンジンを回しましたが、アルトターボRS(FF)のほうが新型S660より加速感が感じられ良かったです。試乗だったので、山道での評価はできませんでした。

新型S660は、荷物の置き場に困りますので、実用性というと点であれば、アルトターボRS(FF)のほうが一歩も二歩もリードでしょうか。

 αを試乗したBさんの口コミ

コペンも試乗しましたが、エンジンの音に関しては、コペンのほうがいいですね。ただ、新型S660のブローオフバルブの音は、走る意欲を掻き立ててくれます。
走行性能は、コペンより新型S660のほうがいいですね。低速から高速まで、安定した走行が楽しめます。

⇒ 新型S660を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

まとめ

img_midship_sport

出典:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/performance/driving/

スポーツカーを目指したS660だけに、どれだけスポーツマインドが感じられるかを評価したほうがいいかもしれません。

その点では、新型S660という自動車は、ターボ、ミッドシップ、2シーターといったスポーツマインドに溢れる要素がありますが、試乗では、それらの要素がどれだけ機能していて、ご自分の感性にどれほど語り掛けてくるかがポイントですよね。

荷物の置き場所に困るといった評価がありましたが、ミッドシップというレイアウトを考えれば、割り切るしかないと思います。

これから新型660を購入する人の参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク