アクティトラックのタイヤサイズや点検・交換方法は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ホンダのアクティトラックは優れた耐久性や信頼性を誇り、環境や安全に配慮したモデル。

広々したキャビンが人気で、小回りが得意な働く軽自動車です。

この記事では、アクティトラックとタイヤサイズなどを紹介します。

スポンサーリンク

アクティトラックはどんな車?

アクティトラックはどんな車?

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/styling/design/

アクティトラックの室内について

アクティトラックは、室内を広くするために、フロント方向へ移動させたフロントピラーを採用しました。

短くしたホイールベースによって、ホイールハウスがシートの下に移動させることができたので、ペダルの操作が楽になった上、足元が広くなり、ゆとりある運転が可能になりました。

フロントホイールハウスの室内への張り出しをなくすことで、足元のドア開口長を広げ、スムーズな乗り降りが可能。

更に、張り出しが無くなったフロントホイールハウスによって、ドア開口長を大きくすることができたので、乗降が円滑になりました。

大きな文字表示のメーターや大きなサイズの各種スイッチ類を採用したことで、操作が楽です。

アクティトラックインテリア

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/interior/cabin/

大型になったキャビンにによって開放感があり、視認性が向上しました。

ご紹介したように、アクティトラックの室内は広く、開放感もあり、乗降も楽です。

メーターやスイッチ類も使いやすくなっています。

アクティトラックの走りや耐久性について

アクティトラックの走りや耐久性について

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/styling/design/

アクティトラックは、短くしたホイールベースや拡大したタイヤの切れ角によって、最小回転半径が3.6mになり、狭い道や山道が楽に走れるようになりました。

185mmという最低地上高を実現することができたので、凸凹がある道や、急勾配の段差を走行しても接地しにくくなりました。

また、MR(ミッドシップレイアウト)を採用したため、荷物を積んでいない状態でも、後輪の駆動軸に荷重がしっかりかかり、安定した走りを実現しました。

4WD車(ATTACK仕様)には、ウルトラロー/ウルトラリバース・ギアが採用されているので、歩行するような低速走行が可能で、ぬかるんだ道や急な坂道でも円滑な走行ができます。

HYPER 12-VALVEエンジンを搭載したので、荷物を満載した状態や坂道であってもパワフルな走りが可能です。

亜鉛メッキ鋼板をフロント部位やドアパネルなどに多く使ったり、主要な部位のつなぎ目に防錆ワックスを塗布したりすることで、錆に対して強くなりました。

アクティトラックは小回りが得意で、凸凹道でも接地がしづらく走りやすいです。

パワフルなエンジンによって力強さが感じられ、錆に強いので長く乗ることができそうです。

アクティトラックの安全装備や便利な装備について

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/interior/design/

アクティトラックは、衝突した際の衝撃を吸収させる多角の形状を採用したフロント・サイドフレームを装着。

側面や正面から衝突した際の衝撃を吸収するドアビームを採用し、衝突安全性を向上させました。

アクティトラックには、うず巻き状の縫製と排気制御弁が採用した運転席用i-SRSエアバッグシステムが装着されており、内圧や展開を最適に制御しています。

このことで、迅速&低衝撃で展開しつつ、乗員保護性能を長く維持することができようになりました。

アクティトラック荷台

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/styling/design/

一方、リアにはけん引フックが標準で装備されています。

リアゲートには、耕うん機などを乗せる時に必要なみち板をセッティングしやすい溝をつけました。

荷台作業灯が装着されているので、暗い場所での作業でも安心です。

TOWN仕様には次の装備を採用し充実させました。

  • 電波式キーレスエントリーシステム
  • パワーウインドウ
  • パワードアロック
  • AM/FMチューナー付CDプレーヤー

アクティトラックには安全に対しての配慮がしっかり反映されており、高性能なエアバックによって、乗員を守ります。

便利な装備もしっかり採用されており、利便性が高い仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

アクティトラックのタイヤサイズや点検、交換について

アクティトラックのタイヤサイズや点検、交換について

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/performance/driving/

アクティトラックの標準タイヤサイズは、145R12-6PR LTです。

点検方法については、タイヤの空気圧を測って、空気圧が低下している場合は、パンクしている可能がありますので、しっかりチェックしましょう。

タイヤの全ての面に、突起や膨らみ、亀裂、裂け目といった不具合が発生していないか、チェックしてください。

これらの不具合が発生していたら、走行はやめて、タイヤを交換してください。

タイヤの使用限界を示すウェアインジケーターがタイヤの溝と溝の間にあります。

ウェアインジケーターは溝より高さが低くなっており、ウェアインジケーターの高さと溝の高さが同じ高さになったら、タイヤの交換時期です。

アクティトラックタイヤ

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/performance/active-safety/

交換するタイヤを選ぶ際は、4輪ともに同一のサイズ、種類、メーカー、減り具合のタイヤにしてください。

サイズ、メーカー、減り具合が異なるタイヤを装着してしまうと、自動車のシステムに悪影響があります。

同時に4輪のタイヤ全てを交換することがおすすめです。

ただ、無理な場合は、前輪の左右もしくは後輪の左右を一緒に交換してください。

タイヤは、自動車にとって重要な部品なので、すり減ったり、不具合が発生したりしているタイヤをそのまま使っていると、事故が発生する可能があります。

ご紹介した点検で、不具合があったり、すり減っていたりした場合は、すぐに走行をやめて、タイヤを交換してください。

特に雨天に、タイヤの溝がすり減ったタイヤで走っていると、とても危険なので、タイヤの点検はしっかり行ってください。

スポンサーリンク

アクティトラックのタイヤを選ぶ

アクティトラックのタイヤを選ぶ

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/styling/design/

アクティ トラックの標準タイヤサイズは、145R12-6PR LT。

あたりまえですが、走行距離が長くなると、タイヤがすり減ってくるので交換になりますので、ネットやタイヤショップなどで購入することになります。

アクティトラックタイヤ

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/equipment/equipment/

ここでは、アクティトラックのタイヤサイズに合うタイヤと価格を紹介します。

  • BRIDGESTONE K305 145R12 6PR LT:2,140円
  • DUNLOP ENASAVE VAN 01 145R12 6PR LT:3,040円
  • NANKANG CW-25 145R12 6PR 81/79N C LT:2,820円
  • NEXEN CP321 145R12 6PR 80/78R C LT:3,040円
  • BRIDGESTONE W300 145R12 6PR LT スタッドレス:3,360円

どのメーカーのタイヤも3,000円前後の価格で販売されており、2,140円という低価格な商品も発売されています。

このサイズのタイヤは低価格なものが販売されており、買いやすいですね。

サマータイヤと比較してスタッドレスタイヤは若干価格が高いです。

スポンサーリンク

まとめ

アクティトラック まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/webcatalog/styling/design/

アクティトラックは、働く自動車としての機能がしっかり備わっています。

MRというレイアウトを採用しており、荷物を積んでいない状態で走行しても安定しています。

更に、広い室内、乗降性のよさ、安全装備など、安心して仕事に使えるように仕上がっています。

アクティトラックはご紹介したように、様々な用途に使え、頼もしい相棒になりそうですね。

特に、高性能なエアバックが装備されているので、万が一の場合、乗員をしっかり保護してくれそうです。

タイヤについては点検によって、交換が必要になったら、ご紹介したタイヤの中から選んで頂ければ幸いです。

アクティトラックの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1