新型N-ONEの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダの新型N-ONEの口コミから、評価や評判がわかります。

新型N-ONEの口コミ評価と評判などをまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

新型N-ONE 内装、外装に関する口コミ

pic_styling_premium_01

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

可愛らしい外見とは裏腹に、「走り」や「快適性」を併せ持つ新型N-ONE。

発売してからさほどの年数は立っていませんが、爆発的に知名度を上げてきたことにより、購入を検討している方も多いはず。

噂では良いと聞くが、実際はどうなんだろうか?と言う疑問を解消するために、実際に新型N-ONEに乗った方々の口コミを見ていきたいと思います。

新型N-ONE[エクステリア]

●国産のミニクーパーみたいな、おしゃれに乗れて飽きがこない外観デザイン。(Premium Tourerモデル)

●他車との差別化が出来ており、素直にかっこいい、実用性を一定水準確保しながら、特徴あるデザイン。(Tourerモデル)

●見た目が気に入ってまず購入に至ったので文句なしです。コロンとした丸いフォルムとランプ、愛しい奴です。(Gモデル)

pic_n360_03

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/mystyle/

●オリジナリティがあっていい、高級感もありますね ドアの開閉の音なんか軽じゃないみたい(Premium Tourerモデル)

●遠くからでも一目でN-ONEだと認識できるエクステリアが一番の魅力です!発表時から一目惚れ。(Tourerモデル)

他の軽自動車とは一線を置いた、特徴的なエクステリアを博している新型N-ONE。

人気の秘訣は、この特徴的なエクステリアも含まれていそうです。

pic_front_view

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

◆新型N-ONE[インテリア]

●ディスプレイオーディオなのでスッキリしていて機能的。収納は個人的には十分有り合格。ツアラーツートンは自動的にインパネもボディ色となりお洒落です。( Tourerモデル)

●インパネ周りは最近の軽自動車の中でも素晴らしい上質な作りかと思う。(Premium Tourerモデル)

●競合したステラとは違い、ブラックインテリアを選べることができたので、こちらにしました。デザイン的にも気に入っています。ステラ(ムーヴ)よりいいと思います。(G・Lモデル)

pic_tour_01

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/tokuso/

●初代シビックばりの横ライン基調のシンプルさに好感二重丸だった。運転席は狭そうに見えますが適度なタイト感があり、後席、荷室の広さは必要十分。(Tourerモデル)

●ブラックインテリアを選択しました。急にオトコっぽくなりましたが、メタリック入の黒やチョイチョイメッキ部分が増えたりで案外かっこいいです。(Gモデル)

●他社の軽自動車の中では一番だと思う。ハンドルは本革で高級感があるし、このインテリアは国産2000ccクラスに匹敵する内容である。(Premium Tourerモデル)

pic_main_visual (1)

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/mystyle/style2/

軽自動車と言えば、やはりインテリアは見劣りするものがありました、ですが新型N-ONEではそのようなことは無く、価格以上のインテリアを満喫することが出来そうです。

お出かけの際も、テントなどの大物を積むのは少々厳しいですが、決して狭くはない荷室が旅を快適にしてくれます。

スポンサードリンク

新型N-ONE 走りに関する口コミ

pic_styling_design

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

◆N-ONE[エンジン性能・走行性能]

●山道を走ってみましたが、強く踏み込まなくてもスイスイ加速していきます。
ちょっと強く踏み込めばコンパクトカーより速く走れます。(Premium Tourer ローダウンモデル)

●元々普通車に乗っていたのですが特にストレスを感じる事は今の所ないです。(Gモデル)

●ターボ車は、必要十分なトルクの有るエンジンで、クルーズコントロールで長距離ドライブも疲労が半分です。(Tourerモデル)

●競合車として日産のデイズ(ターボ)にも試乗したが、アクセルレスポンスがHONDAの方が上だと感じた。
街中を走る実感としては、国産2000ccのNAと同等かと錯覚してしまう。(Premium Tourerモデル)

pic_special

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/

●最下グレードでも吸音材はそこそこ使われているので、意外に静かで走行音・エンジン音は全く気になりません。
もちろん走りにストレスを感じることもありません。(G・Lモデル)

●高速で4人乗りでも、急坂をぐんぐん上り軽とは思えません。(Premium Tourerモデル)

●山道を元気に流してみても、ロールが深くて挙動が破綻することはありません。不快なキックダウンは過去のものなんですね。(Gモデル)

今までのNA設定の軽自動車は比較的鈍足な物が多かった印象がありますが、新型N-ONEでは例えNA設定だとしても、必要十分以上の出力やトルクを発揮し、今までの軽自動車では感じることの出来なかった俊足さを感じさせてくれます。

一方ターボ付きのモデル(Tourer等)は、NA車とは一線を置く存在として君臨しています。

街乗りは勿論のこと、山道や坂道でもそのパワフルさを余すことなく発揮してくれます。

グレードによっては、「クルーズコントロール」が設定されていることにより、以前に比べますます貴方の旅を、新型N-ONEがエスコートしてくれます。

スポンサードリンク

新型N-ONE 乗り心地、燃費などに関する口コミ

pic_n360_02

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/tokuso/

新型N-ONE[乗り心地]

●足回りはやや硬めだが、日本の整備された道路を走る分においては、これ位がちょうど良いと思う。快適な道路においては、非常に心地よく走りを楽しむことが出来る。(Premium Tourerモデル)

●一人乗りでは若干リヤが跳ねる感じがしますが許容範囲。大人4人乗車ではしっとりとした乗り味に変わり、ツアラーの名に恥じないスタビリティと乗り心地を両立させていて素晴らしい(Tourerモデル)

●往復で240キロのドライブでも疲れは余り感じませんでした。イスは座面の固さが適度で、妊娠中で尻を痛がっている妻でも座布団なしで走り回っております。自分も全く不満はありません。(Premiumモデル)

●良いです!前が見易くて、シートの座り心地も良いです。驚いたのが、どんなシーンでも車内がとても静かなことです。(Premium Tourerモデル)

pic_tour_02

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/tokuso/

◆新型N-ONE[燃費]

●遠乗りすると20k/L、近場でちょい乗り繰り返すと15k/Lくらい(Tourerモデル)

●満タン法で、1年通算で19km 最高22km 最低16kmで軽のターボとしては良好。(Premium Tourerモデル)

●実燃費が大体、エアコン付けず+ECO解除で平均20km/L位です。Max22~23位です。(Gモデル)

●燃費気にしないで走って夏場(エアコンon)で通勤(一般道25Kmを約50分)で19~20Km/L程度です。(Tourerモデル)

スポンサードリンク

まとめ 口コミ、評価評判

pic_pre_03

引用 http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/tokuso/

今回は、新型N-ONEに関する口コミを見ていきましたが、全体的に見て好感触な印象を見受けることが出来ます。

最後に新型N-ONEに関する総評の口コミを見ていきたいと思います。

●軽という枠ではなくて、N-ONEを選んだという所有感は高いですね、運転するという楽しさも高いと思います。(Tourerモデル)

●今まで車を10数台乗り継いできて、数台、軽自動車も乗ってきましたが、ナンバーONE!アクセルを踏んだ瞬間、ONEの虜になること間違いなしかと思う!!迷っているならONEですよ。(Premium Tourerモデル)

●正直、車って乗れれば何でもいい派だったのですがこの子に出会って変わりました(笑)見た目だけでなくて乗りやすく小回りが利き燃費自体も個人的には申し分なくかなりお気に入りの一台です。乗り潰す気持ちです。(Gモデル)

エクステリア、インテリア共に高水準で、見た目からは想像できぬハイパワーを、新型N-ONEは実現いたします。

軽自動車で選択に迷っているなら、新型N-ONEで間違いありません。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク