ヴェルファイアvsエルグランド徹底比較!どっちを買う?維持費・燃費・乗り心地比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

最近では、ファミリーカーでもSUVを選択する人が増えてきましたが、それでも大人数で快適に移動するための車としての性能ではミニバンの方が高い評価を得ています。

実際、ファミリーカーを検討するときにまずはじめに挙げられるのがミニバンですよね。

そんな国産のLクラスミニバンの代表格であるトヨタ・ヴェルファイアと日産のエルグランドを維持費や燃費、乗り心地等の面から徹底的に比較してみようと思います。

ヴェルファイアvsエルグランド 価格比較

carlineup_vellfire_top_fact_exterior_01_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/
elgrand_1812_exterior_interior_cs_05.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

まずは両者の全体的な価格帯を見てみましょう。

  • ヴェルファイア:3,376,080円~7,502,760円
  • エルグランド:3,318,840円~8,164,800円

ヴェルファイアとエルグランドの価格帯はほぼ同じですが、エルグランドの方が価格の幅が広くなっていますね。

仕様やグレードの違いについては、以下の表を参考にしてください。

velel1

ヴェルファイアにはハイブリッド車もラインナップされています。

ヴェルファイアもエルグランドもベースグレードは2.5L、上級グレードに3.5Lのガソリンエンジンが設定されます。

また、駆動方式による価格差では、ヴェルファイアが20万円、エルグランドが30万円ほど2WDよりも4WDの方が価格が高くなっています。

velel3

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

乗車定員については、エルグランドは価格差がなく、ヴェルファイアの場合は8人乗り仕様車の方が価格が安くなっています。

7人乗り仕様と8人乗り仕様の内装を見比べてみるとわかるのですが、両者の一番大きな違いは2列目シートにあります。

velel2

引用:https://toyota.jp/vellfire/

具体的には、左右が独立している7人乗り仕様に対して、8人乗り仕様ではベンチシートになっています。

ヴェルファイアやエルグランドのような高級ミニバンでは、後部座席の快適性や豪華さを求められるだけに、2列目に独立シートが設定される7人乗り仕様車の方が価格が高くなっているのもうなずけますね。

ヴェルファイアvsエルグランド 維持費比較

carlineup_vellfire_exterior_top_mv_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアもエルグランドもミニバンの中ではトップクラスの価格帯の車なので、維持費が高そうなイメージがある方も少なくないと思います。

ここでは、それぞれの維持費を計算していこうと思います。

※ガソリン代は、年間1万キロ走行すると仮定し、執筆時点(1月18日)の全国平均価格(レギュラー:138.1円/ハイオク:146.0円)で計算しています。また、任意保険料と駐車場代については条件によって大きく異なるため同じ金額にしています。

ヴェルファイアの維持費

carlineup_vellfire_top_fact_performance_01_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアには複数のグレードが存在していますが、ここでは2.5L/2WDモデルと3.5L/2WDモデル、そしてハイブリドッドモデルのそれぞれで計算してみます。

velfire

carlineup_vellfire_top_fact_exterior_02_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/

一番人気のグレードである「Z”Gエディション”」を選択した場合は、2.5L/2WD仕様なので月間の維持費が大体33,000円ほどになりそうですね。

ヴェルファイアの場合は、グレードによって車重が2トンを切る場合と超える場合がありますので、自動車重量税も変わってくることがあります。

ちなみに、ヴェルファイアのエコカー減税は、ハイブリッドモデルのみが対象車となっているので、その他のグレードでは減税措置は受けられません。

減税措置が受けられるハイブリッドモデルの場合は、年間の重量税が12,500円になります。

また、3.5Lモデルを選択すると、ガソリンがレギュラーではなくハイオクを入れることになるため、自動車税だけでなくガソリン代の面でも維持費が大きく変わってきます。

そういった点で、どのグレードを選択するかによって年間で5万円~10万円程度の差が出るということは頭に入れておいた方がよさそうです。

エルグランドの維持費

elgrand_1812_exterior_interior_cs_04.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

エルグランドの維持費についても、ベーグレードである「250XG [2.5L/2WD]」と、ヴェルファイアの「Z”Gエディション”」と同価格帯で人気の高い「350 Highway STAR [3.5L/4WD]」を想定して計算してみます。

elgrand

elgrand_1812_exterior_interior_cs_02.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

エルグランドとヴェルファイアは、カタログ上の価格帯も近いということで、購入費用や維持費の面での差は出にくいようですね。

エルグランドの場合、「250Highway STAR Premium Urban CHROME (2WD)」と「250Highway STAR Premium(2WD)」の2種類のグレードのみがエコカー減税対象車となっています。

3.5L/4WDモデル同士では燃費の違いから2万円近い差が出てしまいますが、全体で見ればエルグランドの年間の維持費はヴェルファイアと大きな差はなさそうです。

ヴェルファイアvsエルグランド 燃費比較

carlineup_vellfire_interior_top_color_01_01

引用:https://toyota.jp/vellfire/

続いて、ヴェルファイアとエルグランドの燃費を比較してみたいと思います。

  • ヴェルファイア:10.4~18.4km/L
  • エルグランド:9.2~10.8km/L

燃費の面ではエルグランドよりもヴェルファイアの方が優れているようです。

ハイブリッドモデルの数値を除いてみても2.5L同士でヴェルファイアが11.6~12.8km/L、エルグランドが10.2~10.8km/L、3.5Lモデルではヴェルファイアが10.4~10.8km/Lなのに対して、エルグランドは9.2~9.4km/Lとなっています。

エンジンスペックを比較してみてもヴェルファイアの方が馬力・トルクともにエルグランドより高いです。

車重もエルグランドよりヴェルファイアの方がやや重いですが、それでも燃費が良いというのは、トヨタの燃費を向上させる技術の高さを示していると言えそうですね。

ヴェルファイアvsエルグランド 乗り心地は?

elgrand_1812_exterior_interior_cs_09.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

ヴェルファイアもエルグランドも、単に高級感のある車ではなく、大人数で快適に移動できることを前提に作られた車です。

価格や性格が似通った両者だけに、実際の乗り心地にはどのような違いがあるのか気になっているという方も多いと思います。

carlineup_vellfire_top_fact_interior_01_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/

居住性に関しては両者ともに文句の付け所がないほど快適です。

特に、ヴェルファイアの静粛性の高さはミニバンでもトップと言われています。

どちらもリクライニングできる2列目シートを備えており、3列目シートも十分なスペースがあるため、長時間のドライブでも苦痛に感じることはないでしょう。

エルグランドの2列目シートには中折れ機能が付いた仕様も用意されていて、これがリクライニングの調整幅も広く、長時間座っても疲れにくいということでとても好評なようです。

elgrand_1812_exterior_interior_cs_08.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

また、どちらも車重が2トンを超える上に重心が高い車ではありますが、どちらかというとヴェルファイアの方がその重さを感じやすい印象です。

エルグランドの方がステアリングに対して機敏な反応を見せてくれるので、運転手としてはエルグランドの方が楽しいと感じる方が多いかもしれません。

ハイブリッドモデルがあるという大きな強みを持つヴェルファイアに対して、単なる高級感だけでなくスポーティさもアピールしてくるあたりが日産らしい部分ですね。

carlineup_vellfire_interior_space_pic_02_03

引用:https://toyota.jp/vellfire/

車内装備の充実度に関しては、ヴェルファイアの方に軍配が上がります。

2015年にフルモデルチェンジを果たしたヴェルファイアに対して、2010年からモデルチェンジしていないエルグランドでは、基本設計に古さが出てしまうのは仕方のない部分でしょうか。

もちろん、快適さや高級感では負けていませんが、高級な車だけに少しでも古さを感じてしまうとガッカリしてしまうポイントになってしまいそうです。

ヴェルファイアvsエルグランドの比較まとめ

ver_vs_el

引用:https://toyota.jp/vellfire/

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

ヴェルファイアとエルグランドを比較してみても、購入価格や維持費の面での違いはあまりないようです。

どちらも高級Lクラスミニバンとして人気の高い車種ですので、どっちを選ぶのか悩んでしまいますよね。

現状では、ヴェルファイアの方がよく売れているようですが、高級感とスポーティさを両立させているエルグランドも捨てがたいところです。

nismoのパフォーマンスパッケージが用意されているという点でも、日産らしいこだわりを感じますね。

家族や同乗者へのおもてなしで選ぶならヴェルファイア、単なる高級な移動車というだけでなくスポーティさも忘れたくない方にはエルグランドがオススメできそうです。

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/vellfire/・https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1