インプレッサ G4 のエアロならこれだ!ホイール・LEDなども

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スバルの「インプレッサG4」のユーザー、あるいはこれから購入しようとしている方の中には、インプレッサG4をさらにかっこよくモディファイしたいと思っている方も多いことでしょう。

そんな方たちのために、インプレッサG4をクールにイメージアップするエアロやホイール、LEDなどのアクセサリーを紹介します!

インプレッサG4におすすめのエアロはこれだ!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

はじめに、インプレッサG4におすすめのエアロを紹介しましょう。

実のところ、現行GK系インプレッサG4用の社外エアロはほとんど市場に出回っていません。

現時点でのエアロの選択肢は、スバルのモータースポーツブランド「STIスポーツ」が製造するものが唯一といってよいでしょう。

とはいえ、STIスポーツのアクセサリーは品質が高いので、ほかに選択肢がないからといって悲観することはありません。

STIスポーツがインプレッサG4のために用意しているエアロは、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リヤサイドアンダースポイラー、トランクリッドスポイラーの4点です。

まずは、フロントアンダースポイラーから紹介します。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/aero/SG517FL000/

精悍なつや消しブラック塗装仕上げで、STIのロゴが入ったエンブレムが付くのでかなりクールです。

もちろん、STIスポーツが手掛けるエアロなので見た目が良くなるだけではなく、ダウンフォース効果により高速走行時のハンドリングを向上させる効果があります。

価格は税別39,000円と安くはありませんが、それだけの価値はあるといえそうです。

続いて、サイドアンダースポイラーを紹介します。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/aero/SG517FL100/

フロントからボディ側面に流れる空気を整流して走行安定性を高める効果がありますが、フロントアンダースポイラーと同時装着することが前提です。

価格は、税別55,000円となっています。

そして、サイドアンダースポイラーと同じような効果を発揮するエアロが、リヤサイドアンダースポイラーです。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/aero/SG517FL200/

価格は税別35,000円で、フロントアンダースポイラーおよびサイドアンダースポイラーとの同時装着が前提になっています。

最後に紹介するエアロが、トランクリッドスポイラーです。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/aero/SG517FL300/

ダウンフォース効果を発生させて後輪の接地性を高め、高速走行時の操縦安定性を向上させるパーツです。

価格は税別36,000円で、このエアロ単体でも効果が期待できます。

STIスポーツでフルエアロを組むと39,000円+55,000円+35,000円+36,000円=165,000円と、それなりに高額になりますが、かっこよさと空力効果を追及するなら出費を惜しむべきではないでしょう。

しかし、エアロにそこまでお金は掛けられないというのであれば、トランクリッドスポイラーだけ装着するのもありです。

インプレッサG4におすすめのホイールはこれだ!

この項目では、インプレッサG4におすすめのホイールを紹介します。

ホイールはエアロと違って選択肢が沢山ありますが、イチオシはやはりインプレッサG4とのマッチングを考えて設計されているSTIスポーツのホイールです。

17インチと18インチがありますが、デザインは共通になっています。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/wheel/SG217FL100/

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/wheel/SG217FL100/

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/wheel/SG217FL100/

画像は18インチのものですが、色は上から順にシルバー、ガンメタ、ブラックの3色があります。

好みやボディカラーとのマッチングで選べるのは、嬉しい点ですね。

アルミ鋳造ホイールですが、鍛造ホイールに匹敵する軽量・高剛性を実現しているのがポイントです。

価格は税別で17インチが39,000円/本、18インチが42,000円/本とそれなりに張りますが、間違いのないチョイスといえます。

社外ホイールの中から選ぶなら、品質の高さで定評のあるBBS製品がイチオシです。

インプレッサG4に適合する製品はいくつかありますが、比較的価格が安い(BBSとしては)ものとして「RF」があります。

引用:https://bbs-japan.co.jp/products/1601/

引用:https://bbs-japan.co.jp/products/1601/

サイズは17インチと18インチがあり、色は上の画像のダイヤモンドシルバーと下の画像のダイヤモンドブラックが選べます。

5本クロススポークのデザインはシャープかつ軽快で、インプレッサG4を若々しくイメージアップしてくれるはずです。

また、アルミ鋳造1ピースなので軽く、バネ下荷重の軽減によるハンドリング向上も期待できるでしょう。

価格は税込みで17インチ×7Jが62,100円/本、18インチ×7.5Jが91,260円/本となっています。

もし16インチを履く1.6i-Lアイサイトのユーザー(またはユーザー予備軍)の方で、インチアップをしたくない場合は「RE-L2」がよいでしょう。

引用:https://bbs-japan.co.jp/products/1103/

引用:https://bbs-japan.co.jp/products/1103/

引用:https://bbs-japan.co.jp/products/1103/

色は上から順にダイヤモンドシルバー、ダイヤモンドブラック、ブラックダイヤカットの3色で、こちらは7本クロススポークのデザインになっています。

16インチでもこれならかっこよさの点で申し分ありませんし、鋳造ならではの軽量・高剛性設計も魅力です。

税込み価格はダイヤモンドシルバーとダイヤモンドブラックが48,600円/本、ブラックダイヤカットが54,000円/本となっています。

インプレッサG4におすすめのLEDはこれだ!

続いて、インプレッサG4におすすめのLEDパーツを紹介しましょう。

まずヘッドランプですが、インプレッサG4の場合LEDヘッドランプが標準装備されるのは最上級グレードの2.0i-Sアイサイトのみとなっています。

2.0i-Lアイサイトと1.6i-Lアイサイトの場合はメーカーオプション(※標準はハロゲン)となりますが、もし社外品からLEDバルブを選ぶなら明るさや信頼性に定評のある「IPF」の製品がよいでしょう。

インプレッサG4に適合する型式は、ハイビーム用が「151HLB2」、ロービーム用が「101HLB2」です。

引用:https://www.ipf.co.jp/products/1x1hlb2.html

とにかく抜群に明るいので、大いにおすすめできます。

価格はハイビーム用、ロービーム用とも税別28,200円で、両方購入すると56,400円です。

また、インプレッサG4は全車にフォグランプが標準装備されますが、どのグレードもハロゲンタイプになります。

明るさや耐久性を望むなら、これもLEDに交換した方がベターです。

ディーラーオプションにもLEDフォグランプの設定があり、税別価格はクリアが32,400円、イエローが36,720円に設定されています。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

これを選んでもよいのですが、クリアとイエローにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらにするべきか迷いますよね?

そこでおすすめしたいのが、IPFの「LEDデュアルカラーフォグランプバルブ」です。

引用:https://www.ipf.co.jp/products/5xdfbl.html

デュアルの名のとおり、スイッチひとつでホワイト光とイエロー光を切り替えられる逸品なのです。

道路状況に応じて切り替えができるので、どちらの光色の製品を選ぶか迷わずに済みますし、安全性にもつながります。

価格は税別24,800円で、ディーラーオプションよりも安いので絶対のおすすめです。

インプレッサG4のエアロならこれだ!ホイール・LEDなどものまとめ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

インプレッサG4のエアロ、ホイール、LEDのおすすめを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

エアロの選択肢が少ないのは残念ですが、紹介したSTIスポーツのエアロを装着すれば、インプレッサG4がグッとスタイリッシュになること間違いなしです。

一方、ホイールは選択肢が沢山ありますが、ここで紹介したホイールは品質面でお墨付きなので安心して装着できます。

また、LEDはオプション品を装着してもよいのですが、IPFの製品はそれ以上におすすめです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1