トヨタハリアー30系と60系ハイブリッドの燃費評価で見る両モデルの違いとは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

現在でも高い人気を誇るハリアーハイブリッド。先代の30系ハイブリッドと、60系ハイブリッドはどれくらい燃費性能が向上したのでしょうか。

実際にハリアー30系、60系ハイブリッドを購入された方の評価を元にどれほど進化し、お買い得度はどれくらいか調べてみました。

トヨタハリアー30系ハイブリッドの燃費評価は高い?低い?

35

引用元:https://gazoo.com/catalog/car_img/10102029/10102029_200908.jpg

引用元:https://gazoo.com/catalog/car_img/10102029/10102029_201008bk.jpg

ハリアー30系ハイブリッドはV6 3300ccのガソリンエンジンに、フロント・リアにそれぞれモーターを組み込んだ電気式4WDシステムを採用しています。

その動力性能はV8エンジン車にも匹敵すると言われ、最大出力もエンジン211ps モーター235psとなっており走行性能は文句なしというところでしょう。

7

引用元:https://gazoo.com/catalog/car_img/10102029/10102029_201008aa.jpg

ではハリアー30系ハイブリッドの気になる実燃費はどれくらいなんでしょうか?

ちなみに公称燃費は17.8km/Lになっています。

実際にこの数値にはならないのは皆さんも既にご承知でしょう。

ハリアー30系を所有しているユーザーの評価を見てみるとこんな感じでした。

平均10~13km/L。

まあ、V6 3300ccのガソリン車なら燃費が二桁に乗ることは高速道路以外ではまずないでしょうから、ハイブリッドの恩恵が出ていると言えば出ていると言えるでしょう。
だからといってハイブリッドにして良かった!

と言えるほど劇的に向上しているわけでもないようですね。

あくまでもアシストという立ち位置なのでしょう。

でもハリアー30系の燃費評価を見ていると16.8km/L出たという口コミもあります。

もちろん高速運転での数値ですが、かなり慎重なアクセルワークだったんでしょうね。

エアコンオフの法定速度遵守するとこれくらいスペックが出るんでしょうか。

ここまで燃費が伸びればハイブリッドにした価値があったなと思いますね。

逆にこんな燃費評価もあります。

7km/L……。

こっちはこっちでどんな運転してんだかと思いますが、これだとわざわざ高いお金出してハイブリッドにする意味がない燃費ですよね。

でも、この方がガソリン車に乗ってたらその燃費って、一体……と思いますが。

9

引用元:https://gazoo.com/catalog/car_img/10102029/10102029_201110h.jpg

ただ、このハリアー30系ハイブリッドを所有しておられる方が口々に言っておられるのが、動力性能の高さです。

3300ccにプラスモーターですからそりゃパワー不足を感じるケースはほぼないでしょう。

この爆発的な加速力には皆さん満足しておられるようです。

なので、慎重に運転すればある程度ハイブリッドの恩恵を受けられるし、パワーが欲しければ暴力的とも言える加速力をみせてくれるので、ハリアー30系を所有しておられる方の満足度はかなり高い印象を受けました。

では、モデルチェンジしたハリアー60系ハイブリッドはどれほど進化したのでしょうか?

トヨタハリアー60系ハイブリッド、エレガンスとプレミアムの燃費評価やいかに

15

引用元:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_01_01_pc.jpg

トヨタハリアー60系ハイブリッドは直列4気筒 2500ccエンジンに、ハリアー30系と同じくフロント・リアにそれぞれモーターを組み込んだE-Four(電気式4WDシステム)システムになっています。

最近の流れに沿って先代よりもダウンサイジングしたエンジンにハイブリッドシステムを組み込んでいますね。

ハリアー60系ハイブリッドに設定されているエレガンスとプレミアムは、単純にグレードの違いなので、これで燃費に差が出ることはありません。

どちらかお好きな方でどうぞという感じです。

きっと既にご存知とは思いますがこの上にプログレスという最上級グレードがあり、グレードは下からエレガンス、プレミアム、プログレスの順になります。

最高出力はエンジン出力が152ps モーター出力がフロント・リア合わせて211psなので、排気量が低い分エンジン出力はハリアー30系よりもかなり低めになります。

ではその分燃費は向上しているのでしょうか。

14

引用元:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/performance/eng_hv/carlineup_harrier_performance_eng_hv_pic_4.jpg

ちなみに燃費のカタログスペックは、21.4km/Lです。

では、ハリアー60系ハイブリッドのオーナさん達は実際のところどれくらいの燃費を出してるんでしょうか。

いろんな方の燃費評価を見てみるとちょい乗りが多いと12~13km/L。

ある程度距離を走ると15~20km/L。

高速は15~17km/L。

さすがに一桁になる方はいなかったように思います。

ハイブリッドエンジン車にありがちな一般道より高速道路の方が燃費が落ち気味なのは、ハリアー60系ハイブリッドでも同じみたいですね。

エンジン走行主体になる高速道路はどうしても燃費が伸び悩む傾向にあります。

でも、20~30㎞くらいのある程度距離を走る一般道メインの場合、結構カタログスペックに近くになるようですね。

ハリアー30系から比べればかなりの進歩じゃないでしょうか。

もちろん気筒数も排気量も違うので燃費が良くなるのは当たり前ですが、最低でも15km/Lくらいの燃費が出れば、やっぱりハイブリッドにして良かった!

という実感が少しはわいてくるでしょうね。

ただ、どの車から乗り換えるかによりますが、ハリアー30系からの乗り換えの方からするとパワー不足感は否めないようです。

当たり前ですよね。

全体的にダウンサイズしたのに車重はそれほど変わらないんですから、30系の爆発的加速力は期待してはいけません。

それ以外の方はパワー不足を感じる場面も少ないようです。

先代より小さくなったとは言えエンジンだけでも2500ccありますから、そんなに力不足を感じる場面は無いでしょうね。

これで力不足を感じるようであれば、燃費という概念は捨てて、さっさとターボ車を購入した方が幸せになれそうです。

ちなみにですが、2000ccガソリン車は非力感が半端ないようですので、燃費もパワーもいまいちとあってはほぼ買う価値ないですね。

トヨタさんゴメンナサイ。

トヨタハリアー30系、60系ハイブリッドの燃費評価から見える違いとは?

さて、ハリアー30系と60系ハイブリッドの燃費評価を見てきました。

みなさんはどう思われましたか?

わたし自身は両系統のハイブリッドを細かく見ていくとかなりの違いがあり、今後のモデルが楽しみという印象です。

このクラスの車を乗る方がそれを気にするかはさておき、ハリアー30系の3300ccと60系の2500ccでは自動車税分もお得です。

30系からの乗り換えであれば感じるパワー不足も、それ以外の方から見れば関係のないお話しです。

それに1.8tもある車重の車を、頑張ればリッター20キロ近くまで持って行けるのであれば、燃費性能も十分なスペックではないでしょうか。

また、燃費に加えて気になるのはハイオクかレギュラーかですよね。

ハリアー30系ハイブリッドはハイオク仕様でしたが、ハリアー60系ハイブリッドはレギュラー仕様です。

リッターあたり約10円の差があるこの両ガソリンの違いは大きいですよね。

単純にリッターあたり何㎞伸びたかも大事ですが、燃費を気にするのであれば、ハイオクとレギュラーの価格差も考慮に入れるべきかなと思います。

そう考えるとトータルのランニングコストは、60系ハイブリッドに軍配が上がります。

12

引用元:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/special/block-01_img-01.jpg 

11

引用元:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/special/block-02_img-02.jpg

あとはエクステリア、インテリア、走行性能など、燃費以外の部分でどれだけ所有感を満足させられるかですが、価格コムの口コミだとインテリアがダサいとか走り出しモッサリとか外観がどうとかそんな口コミが多いです。

でもほとんどの場合そんなこと言っているのは、試乗の方ばかりです。

実際に所有されている方の評価を見てみると、みなさん意外と満足されているようです。

トヨタ車共通のふわふわした足回りには賛否あるようですが、それをよしと捉える向きもあり、実際に購入して乗っているとだんだん「良い車だ」と思えてくるんでしょうね。

そこがトヨタの車作りの上手いところです。

「いろいろあるけどまあこれでいっか」って思っちゃうんですよねえ、トヨタの車って。

じゃあ、ハリアー60系ハイブリッドのお勧めモデルは?

これはわたし個人の意見ですが、プレミアムで十分かなと思います。

最上位モデルのプログレスとプレミアムは60万の差があるんですが、その違いは主に装備面で運転支援用のカメラと、T-Connectのナビが付いてるか付いてないかなんですよね。

あとはほとんど変わりないんですよ。

T-ConnectのナビってJBLスピーカー仕様だと43万円、通常の6スピーカシステムでも35万円ですよ。

多少値引きがあったにしてもナビにここまでお金出すかなあ。

というのが正直な気持ちです。

もちろん車との一体感という意味では純正の価値はありますが…

今ではかなり改善されているものの、純正のナビってどうしても社外ナビより操作系や、ナビの精度等でお粗末感があるんですよね。

その割に高いので、プレミアムにしてアルパインのビッグxと自分の好きなスピーカーとバックカメラの方が安くつくんじゃないでかね。

運転支援用のカメラですが、これは付いてないと困ると言うことであればプログレス一択になりますけど、バックカメラくらいで十分な気がしますね。

なのでせっかく買うなら最上級モデルでないと気が済まないという方以外はプレミアムで十分な気がします。

ここまで言っててなんですがそもそもハイブリッドって必要?

これは、捉え方次第ですが、

2000ccガソリン車との価格差約80万。

2000ccターボ車との価格差約60万。

ハイブリッド車とのこの価格差をどう捉えるかですね。

年間数千から1万キロ程度の走行距離数で、しかも10年以内に手放す予定なのであれば、たとえハイブリッド車が燃費が良いと言っても、この価格差を埋められるほどのメリットはないです。

現状この価格差を埋められるほどハイブリッド車の燃費は良くないですからね。

年間数万キロ乗る方なら、5年以上乗ってあるいはって感じですからね。

なので、単純に燃費が良いからと言うことではなくて、

ダウンロード

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior 

走り出しのスムーズさとか、

静粛性とか、

近未来感とか!?

地球環境悪化に歯止めをかけるためなら高額費用負担もいとわない。

そんなところに価値を見いだすのであれば、ハイブリッド車にする価値はあるかと思います。

carlineup_harrier_performance_top_pic_10

引用元:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_navi_performance 

引用元:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/special/block-02_img-01.jpg 

この記事を書いた人

りぶーと
一度見ればその車のメーカーと車名を覚えてしまうほど、子どもの頃から車好き。
良い車は良い、駄目な車は駄目とはっきり言います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1