ダイハツ・トールの口コミと評価は?試乗感想とトールの欠点をズバリ検証!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ダイハツ・トールは軽自動車の技術をフィードバックした車で、コンセプトとしては子育て世代をバックアップするために開発されたダイハツの小型乗用車です。

私が実際に乗って発見した良い点や悪い点もありますが、この記事では第三者の口コミや評価を中心に、私の個人的な意見も加えていきたいと思います。

この記事を読むことで、ダイハツ・トールをより知ることができます。

スポンサーリンク

ダイハツ・トールの口コミを調べてみた!

main01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

ダイハツ・トールを実際に乗ると色々と発見がありますが、試乗をするのと実際に購入してマイカーとして毎日のように乗るのとでは、意見が異なると感じます。

まずは、実際に所有している人の口コミを紹介します。

トール内装の口コミ

トール2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

内装の口コミ

・プラスチックですが、パッと見るとプラスチックに見えない内装

・荷室の広さはありがたいです。

・車内は広くてふだん乗ってるアクアより断然広いです。

ダイハツ・トールの内装は、実際に乗ってみた感じですが、後部座席も運転席も広く感じました。

価格ドットコムの口コミを見ても、同じ意見の人が多いですね。

ただ、トールのようなタイプには、シートバックポケットが標準装備のはずですが、トールには付いていないので不便だという口コミもありました。

確かに、シートバックポケットはあったほうがエコバックなどの買い物袋を入れておけるし、メモ用紙やボールペンなんかも入れたりできるので、利用価値はかなりあると感じます。

また、トールの室内はアクアより広いという口コミもありましたが、私もアクアとプリウス、そしてトールを試乗しましたが、同意見です。

しかも、私からするとトールの座席周辺はアクアやプリウスよりも感激レベルでした。

私が実際に後部座席に乗って感じたことは、横幅が思ったより広く、フル人数で乗車しても、それほど窮屈ではないということです。

トール4

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

公式の動画には子供3人の事例で説明をしていますが、大人が後部座席に3人座っても特に窮屈とは感じないでしょう。

ただ、大柄な人が3人乗ると窮屈だと感じますが、それはどの車種でも同じですし、イレギュラーなことですから、普通に考えても大人3人なら余裕があると考えられます。

足元も広々としているので、ゆったりと座れますし、後部座席の背もたれは寝かすことができるので、リラックスした座り方も出来ますよ。

トール外観の口コミ

トール7 (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

外観の口コミ

・トールをじっと見てるとソニカのフロントマスクが何故かダサいと思う様になった

・ルーミーと違って、リアランプもクリア仕様なところが良いと思います

・見れば見るほどかっこいいフロントです

・見た目もそこそこいかついが、ださくもない

・フロントグリルがそれなりにエラそうで、なかなかカッコいい

トールの外観に関する口コミですが、外観のデザインに不満を持つ人はいないようです。

見れば見るほどカッコ良いと感じるという口コミもありますが、確かにじっと見つめたくなるようなカッコ良さがあります。私もこのフロントグリルは好きです。

フロントグリルがメッキなのはトールカスタムだけですが、カスタムも確かに良いと感じます。

私がトールのデザインを見て良さを感じたのは、先進的な印象をトールのフロント全体から感じたためです。

さらに、カスタムの方は、カッコ良いフロントスポイラーが標準装備となっています。

thor16

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

最近ダイハツのエアロパーツのデザインがとてもカッコ良く思えてしまいます。別にダイハツをひいきしているわけではありませんが・・・。

もちろん、デザインに関しては、人によっても好みがありますので、カッコ良く感じる人もいれば、いまいちだと感じる人もいるはずです。ただ、口コミを見る限りではカッコ良さを感じている人が多いのは事実です。

トール走行性能の口コミ&評価

トール5

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

走行性能の口コミ

・加速がイマイチで加速時のエンジン音も少しうるさいです(NA)

・街乗りで不満が出る事はまず無いです(ターボ)

・出足のみ少し緩いので意識的にアクセルを踏み増す感がある(NA)

・充分な動力性能を有しており、高速でも問題ない(ターボ)

・1Lターボエンジンは良く出来ている。(ターボ)

・流石に坂道はエンジンが唸りますね(NA)

トールの走行性能はターボモデルに乗っている人は、動力性能に問題はないという感じですね。

しかし、ノンターボを実際に所有している人は、加速はイマイチという意見が多いです。

でも、トールのノンターボモデルは、市街地走行だけなら必要にして十分な加速性能です。

平坦路ではスムーズに加速しますし、その辺のノンターボ軽自動車より加速は良いです。

ただ、坂道になると軽自動車並みの出力になるので、ストレスが溜まるのも事実です。

トール乗り心地の口コミ&評価

トール6

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

乗り心地の口コミ

・とても運転しやすい車です

・サスが硬めなので安定しており、運転するのに恐怖感はありません

・後席からはすぐお尻が痛くなると苦情が出ています

・凸凹は拾いますが全く問題ありません

・ロードノイズの入り込みも意外と少ない

トールの乗り心地は、サスが硬めで安定しているという口コミがありました。

しかし、私が感じたトールの乗り心地に関しての印象は、足回りに多少のフワフワ感があり、低速域でカーブを曲がる時、「グラァッ」という車体の傾きが怖い印象を受けました。

もちろん、これは今までどんな車に乗ってきたかによっても、トールに乗った感覚は変わると思いますが。

後部座席については、お尻が痛くなるという口コミもありましたが、私が実際に乗っても同じことを感じました。

ただ、後部座席の背もたれを寝かすことができるので、お尻の位置や重心を変えることで、お尻の痛みは解消されるように思えます。この自由度は、お尻だけでなく腰椎への負担を軽減できますので、腰痛持ちには助かります。

お尻に関しては、その自由度があっても痛いのであれば、クッションを敷くことをおススメします。

スポンサーリンク

ダイハツ・トールの欠点はズバリここ!

トール3

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

トールは良いと感じている中でも、悪い点や改善して欲しいなぁと思える欠点もあります。

ここでは包み隠さず少しだけトールの欠点を以下のようにまとめてみました。

トールの欠点

・発進が遅い

・ノンターボは坂道でパワー不足を感じる

・カーブを曲がるときに車体が傾きすぎる感じがする

・路面があれていると車体がポンポン浮く感じがする

・後部座席のクッションは硬くお尻が痛くなる

トールの欠点は、走行性能に集中していてデザインや内装は、口コミを見る限りでは、それほど不満に感じている人は少ないようです。

トールを実際に運転すると分かると思いますが、発進は少し遅く感じます。

これまで軽自動車しか運転してこなかった人でも、パワー不足を感じるかもしれません。

特に、坂道にもよりますがノンターボの非力さが全面に出て、「おいおい、全然登っていかないじゃん」と思っていまうことも、実際にあるでしょう。

もちろん、加速の感じ方は人によって異なります。

そのため、坂道を登らないという一言でも、アクセルをどの程度踏み込んで登らないのかは、人によって見解が異なるでしょうが・・・。

私が、実際に坂道でパワー不足に感じた坂は、自転車に乗っている人が座って、自転車をこぐのが困難な坂です。

軽自動車でも走行は可能ですが、エンジンを唸らせながら登るしかありません。

トール8

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

そんな坂を、ノンターボのトールで走行をした結果、軽自動車と同じくらいアクセルを踏み込み、エンジンが高い音を出しながら、走行をしていきました。

それでも、時速10kmからの加速で徐々に40kmまで速度が上がった感じです。

確かに、スピードメーターの上がり方は、軽自動車よりも早いですが、体感速度は若干遅く感じますね。

また、ハンドルを切ると、リアがすぐについてくるという感覚も、私が試乗したときに感じたので、加えておきます。

ただ、気にするほどではないですが、参考までに。

ロードノイズも口コミを見る限りでは、「うるさいなぁ」という人は少なく、逆に静かだという人のほうが多かったです。

トールはロードノイズがほぼないので、ラジオなどの音量を上げる必要がないですよ。

さらに、後部座席の人とも普通に会話ができるので、ドライブも楽しいものとなるでしょう。

また、カーブを曲がるときに、トールはゴツゴツ感が若干あるようですが、気になるほどではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トールの口コミ・評価まとめ

07_01_06

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

車に何を求めているかによって、ターボモデルを選ぶか、ノンターボモデルを選ぶかが違ってきます。

車が少ない田舎道でビュンビュンとスピードを出して飛ばす人には、トールは物足りないと感じます。

さらに、重い荷物を積むことが多い人や坂道などを走ることが多い人も、ノンターボのトールでは力不足を感じるでしょう。

個人的に気に入ったというか、とても評価を高くできるトールの良い点としては、ロードノイズが少ないということと、500mlの紙パックが置けることです。

ダイハツ・トールは加速性を気にしない人にとっては、非常に良い車だと感じます。

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク