イグニスの値引き!相場や限度額 値引きの方法もお届け!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

低燃費のコンパクトSUVとして人気のスズキ・イグニス。

車を購入するときの値引き交渉は、少しコツが要るんですよね。

そこでこの記事では、イグニスを購入するときの値引き相場や値引きテクニックをご紹介します。

スポンサーリンク

イグニスの値引き相場や限度額は?

img01-3

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

自動車の値引き額はメーカー・販売店によって限度額がバラバラです。

セールスマンによって値引き金額が変わることもありますし、販売店の売り上げ状況によっても変化する可能性があります。

運的な要素もあるかと思いますが、一概に「限度額は〇〇円です」とは言えません。

しかし、商談の回数を重ねるほどオトクな条件を提示してくるということは誰もが知っていることでしょう。

まずは値引き相場を調べてみました。

イグニスの値引き相場は、総額から15~30万円となっているようです。

MG

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/detail/index_mg.html

イグニスの乗り出し価格は138万円からですので、廉価グレードの車両本体価格から30万円の値引きを引き出すのは不可能でしょう。

「じゃあ30万円の値引きが出るのはどんなケースなの?」と疑問を持たれるかもしれませんが、大きく値引きが引き出せるのはオプション装備をたくさん追加する場合です。

ディーラーで新車を購入する場合、ほとんどのメーカーではオプション総額に一律の値引きをかけてきます。

ナビゲーションなどはディーラーオプションパーツの中でも高価なものですので、金額の大きいパーツを追加すればするほど値引き金額は必然的に大きくなるでしょう。

では、車両本体だけを見ると値引き相場はどのぐらいになるのかというと、「車両本体価格の10%程度」が相場になります。

img04-1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

イグニスの場合だと、10~15万円程度になるでしょう。

値引き価格の口コミを見ていると「5万円」という金額も目立ちましたが、これはかなり勿体ないですね。

実際に15万円の値引きを引き出せた方も多数いますので、商談回数が少なかった可能性が高いです。

だからと言って、商談を長引かせるのは逆効果。

相手の心理を読みながらテンポよく効率的な商談を進めることは、相手側にとってもメリットとなるので限界値引きを引き出せる可能性が高いです。

そのテクニックを少しだけご紹介しましょう。

スポンサーリンク

イグニスを値引く方法

7-2-2

自動車を購入する際の値引きテクニックはいくつか種類があります。

最適な購入時期を狙う方法

イグニスに限らず車を安く買う手っ取り早い方法としては、イベントやキャンペーンを狙う方法ですね。

商談がスタートした段階では既に割引されている状態です。

ここから数回の商談を重ねれば、ある程度納得のいく価格を提示してくるでしょう。

このようなキャンペーンが入りやすい時期としては、初売り価格の1月、ボーナス時期の6・12月、販売店の決算月(3月・9月)の1~2か月前ですね。

7-1-2

決算時期の値引きですが、販売店の決算月から商談を始めるのは大きな間違いなのはご存知でしょうか?

自動車の売り上げが計上できるのは「車両登録が終わった時」とされています。

7-3-4

車両登録というのは納車の直前になりますので、決算月に売り上げを計上するには1~2か月程度の納期を逆算して受注する必要があります。

販売店としては9月の半期決算よりも3月の年次決算の方を重要視しているかと思いますので、1月・2月の商談に力を入れてくる可能性が高いですよ。

オプション値引きを利用する方法

7-2-1

商談を重ねるごとに、ディーラー営業マンは「この金額が限界です」と口にします。

しかし、その金額には「少し余裕がある」と考えてください。

前述したように、ディーラー装着オプションには一律で値引きがかかりますね。

見積書には「車両本体価格」と「オプション総額」が別々に計算されて「支払い総額」や「値引き価格」が記載されます。

例えば値引き後のオプション総額が34万円だったとしましょう。

ここで「何とか30万円にしてくれたらこの場で購入を決めてもいいんだけどなぁ。」と呟いてみてください。

車両本体価格の値引き額に余裕がある場合、運が良ければすんなり4万円の追加値引きが引き出せるかもしれません。

工賃カットで値引きを引き出す方法

アクセサリー

引用:http://www.suzuki-accessory.com/ignis/HTML5/pc.html#/page/36

意外と知られていないのがこの方法。

オプションカタログには、各パーツの値段に加えて「取り付け工賃」が設定されています。

ナビゲーションなど取り付けが難しいパーツの工賃をカットすることは難しいのですが、フロアマットなどの取り付けが簡単なパーツでも1,000円弱の取付費が計上されていますので、この費用のカットは比較的容易です。

ただ注意して欲しいのは、商談序盤に工賃カットを提案すると、車両本体価格などの値引きが難しくなる可能性があるということです。

車両本体やオプションパーツの値引き額が確定して、「もう少し安くならないかなぁ」という交渉終盤の”最後の最後”に提案してみてください。

取り付けパーツが多ければ多いほどカット金額が大きくなりますので、試してみる価値はアリですよ。

スポンサーリンク

イグニスの値引き目標を立てる!

値引き交渉のコツをいくつかご紹介しました。

少しテクニックが必要なことはお分かりいただけたかと思いますが、値引きを粘りすぎて営業マンから嫌われてしまうのはあまり好ましいことではありません。

ディーラー営業マンとの関係が良好であれば、愛車にトラブルがあった時に融通を利かせてくれたり、新車を所有する上でメリットになることは多いでしょう。

ですので、値引き目標を立ててから商談を進め、双方が納得のいく価格で購入を決めるのがベストです

img06-1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

前述の通り、イグニスの場合は車両本体価格から10~15万円が値引き相場です。

もし筆者が車両本体価格150万円前後のグレードの商談をするのであれば、10万円の値引きが引き出せれば御の字、オプション総額に最低10%の値引きをかけてもらい、そこから頑張って3万円ほど追加値引きを引き出せれば大成功と考えます。

しかしイグニスの価格帯は138~192万円ですので、中位グレード以上で10万円の値引きでは少し物足りないですね。

160万円以上のグレードであれば、値引き目標を15万円としてみましょう。

中でも「Fリミテッド 4WD」は1,919,160円~ですので、20万円の値引きも可能かもしれませんよ。

スポンサーリンク

イグニスをさらに安く購入するには?

img05-2

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

この記事をご覧になられている方の中には、初めて車を購入する方だけでなく、イグニスへの乗り換えを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

今お乗りの車を「下取り車」として出す場合は、下取り価格に注意しましょう。

せっかく大切に乗った車ですから、「高く売りたい」と思うのは当然のことですよね。

一般的に販売店に下取りを出す場合、実際の評価額をかなり下回る金額を提示してくるケースが非常に多いです。

もし乗り換えを検討されているのでしたら、まずは中古車買取店に査定をお願いして愛車がいくらで売れるのかチェックしてみてください。

「どの中古車屋に査定を依頼したらいいかわからない」という方は、”一括査定”がオススメ。

いきなり買取店に車を持ち込むよりも、webの一括査定を利用したほうが愛車を高く売れる可能性が高いです。

中古車一括査定の安心車.jpでは見積依頼フォームに車のメーカー、車種、年式、走行距離を入力するだけで、提携会社の査定結果の中から査定額が高い最大10社の買取価格を知ることができます。

ディーラーでは「10万円」と言われた車でも、一括査定を利用すれば倍以上の金額で買い取ってもらえるケースもあります。

「下取り車の査定価格の差=新車購入時の値引き額の差」とも言えますので、必ず”商談を始める前”に愛車の最高買取価格を知っておきましょう。

アイキャッチ画像URL:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/performance_eco/

この記事を書いた人

kk。
車の情報サイトを展開中です。

いろいろな車のコンテンツが充実しています。

1記事だけでは伝えられないこともたくさん紹介しています。

ぜひ他の記事も見ていって下さいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク