アクアとノートの維持費・燃費・乗り心地を比較!どっちを選ぶ!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アクアを検討しているということは、ノートも検討をしているかもしれません。

アクアとノートは、燃費はどちらもかなりよく、選ぶ場合はとても迷いますよね。

このページでは、アクアとノートの維持費や燃費、乗り心地などを比較していきます。

アクアとノートの維持費比較!!

>引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

アクアは「1500cc」なので、自動車税が「34,500円」で、ノートは1200ccですが同じ金額で「34,500円」です。

基本的に維持費は、燃料の消費量によりガソリンを入れる量で、値段が変化するだけです。

同じ駐車場で同じようにガソリンを入れるとすれば、若干アクアのほうが維持費が安いですね。

ですが、これはガソリン代で値段で合計が上下位しているだけなので、運転のやり方を工夫して燃費を上げれば、ノートがアクアより維持費が良くなったり、その逆になったりするでしょう。

オイル容量も同じくらい入るので、年間のオイル交換費用も、それほど高くはなりません。

アクアとノートの維持費は、以下の通りとなります。
hyou 02
ローンの価格はアクア「L」1,785,240円、ノート「e-power S」1,901,880円、金利なしで試算しています。

車両価格が違うのでローン支払い額も変わってきますが、比較的差は少ないと思います。

11万円の差をどう感じるかがポイントになりますね。

アクアとノートの販売価格も分かりやすくまとめてみました。

hyou 04

アクアとノートの燃費を比較!!

ノートは日産のハイブリッド車ですが、トヨタのアクアに対抗して開発した車です。

登場時にはアクアを上回る燃費でしたが、2017年にマイナーチェンジしたアクアに逆転されてしまいました。

ノートもアクアもモーターがエンジンをアシストしますが、走りはどちらも違いがあります。

例えば、アクアは軽量ボディを生かして軽やかにキビキビとした走りをします。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

ですが、ノートe-POWERは、コンパクトカーとしては車重が重いので、穏やかでゆったりとした落ち着きのある走りをします。

しかし、アクアは同じエンジンを搭載しているはずですが、カタログ燃費がアクアのグレード「L」だけが「38.0km/L」となっていて、他のグレードは「34.4km/L」となっています。

ノートとアクアのカタログ燃費は以下のとおりです。

hyou01

燃費は、アクアもノートもカタログ数値が余り変わらないので、乗り方次第でアクアよりも燃費が良くなることもあります。

実際に、e燃費ではアクアよりも燃費の良いノートもあるので、道路状況や運転方法によっても、燃費は大きく変わってしまうのだと感じます。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

ノートとアクアのカタログ燃費は余り変わらないので、実燃費も驚くほどの差はありません。

私の経験では「1km/L」程度の違いは、運転の方法でどうにでも変えられますよ。

アクアとノートの実燃費

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

アクアとノートの実燃費に大きな開きがあり、アクアの最高実燃費は「23.77km/L」で、ノートの最高実燃費は「38.56km/L」でした。

ノートの方はカタログ燃費を上回っていて、実燃費「38.56km/L」も怪しい限りです。

ですが、高速道路とかを実際に乗って計測をすると、確かにカタログ数値を超える場合あるようです。

ノートの燃費に関する口コミを見ると「満タン方式での燃費が20㎞/L前後」の人が、多いのでノートも結構燃費が良いと言えますね。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

アクアの実燃費は、カタログ燃費がずば抜けて良かったグレードも、同じ実燃費となっています。

アクアとノートの実燃費は以下の表にまとめてみました。

hyou03

私はアクアを実際に試乗をしていますが、平坦路の道はスムーズに走りましたし、これといってストレスが溜まるという印象はありませんでした。

ただ、坂道になるとパワー不足を若干感じますが、坂道を走行しても燃費が良いのに驚きでした。

アクアとノートの乗り心地を比較!!

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

アクアの乗り心地は、人によっては「硬め足回り」は、車体の傾きが少ないため乗りにくいという評価になります。

おそらく、この辺りは車に対する、好みの問題かもしれません。

足回りが硬いとゴツゴツした乗り心地になりますが、コーナーリングではロールをあまりしないので、速い速度でカーブを曲がることができて、運転が少しうまくなったような気分になってしまいます。

私がアクアを試乗したときの印象は、ネットで言われるように、サスは硬く感じカーブも速度に応じた車体の傾きが余り感じないので、ドイツ車みたいな乗り心地に思えました。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

確かに、足回りは硬めですが路面の細かい凹凸は、余り伝わらないという感じですし、段差を乗り越えたときの粗さも感じません。

アクアは何度かマイナーチェンジをしているため、ネットの口コミも古くなりがちなので、口コミを参考にする場合は、いつ書き込まれたかという日付も確認したほうが良いですね。

私がトヨタの営業マンから聞いた話では、以前は乗り心地が悪いというお客様が多く、改良をした結果が今のアクアだと言うことでした。

さらに、これまでタイヤサイズも「175/65R15」だったのが、「185/60R15」に変更されています。

2017年で改良をされているアクアに、初期型アクアのユーザーが乗ると、「お、変わったな」と明らかに変化を感じ取ることが出来るくらい改良されています。

アクアに対し、ノートの乗り心地は価格ドットコムの口コミを見ると、「足回りは少し固めの印象ですが、あまりロールしないので運転しにくい」という口コミがありました。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

他にもノートの足回りは柔らかいという逆意見の口コミもあり、「一体どっちなんだ?!」と迷うところですが、過去に乗ってきた車によっても、評価は大きく変わるのかもしれません。

確かに、軽自動車からノートに乗り換えると、足回りは硬く感じますし、スポーツカーや高級車、又は輸入車からノートに乗り換えると、足回りが柔らかく感じるでしょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

ノートは、トリコット製のシートで体を優しく包み込み、体をガッチリとホールドするので安心して、運転をすることが出来ます。

市街地や高速道路などを走行するときも、安定した走りと乗り心地が体感できます。

ノートは、揺れが少ないので疲れを感じにくく、長距離ドライブも快適なものにしてくれるでしょう。

確かに、ノートは足回りは硬めですが、それほど不愉快さはありません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

ただ、ノートのエンジン音は車内まで聞こえるくらい大きいので、静粛性を期待している人にとっては、残念な部分になると言えます。

でも、ノートは市街地走行でも不満のないハンドリングですし、サスペンションも言うほど硬くはありません。

ハイブリッドというわりに加速が良いので、口コミでも加速に関しては不満がないという意見が多いです。

それは駆動力がアクアはモーター+エンジンですが、ノートe-POWERはモーターのみという違いがあるからです。

モーターは振動が非常に小さく、さらに走り出しから最大トルクを発生できるため、ストレスフリーな加速を味わえます。

その加速感を「面白い」と評価されることが多いみたいです。

アクアとノート比較のまとめ

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

アクアとノートは、燃費の面も足回りの硬さも、口コミを見る限りでは、あまり変わりがないように思えます。

私がアクアに実際に試乗をしてみた感想は、市街地を走行する場合や長距離運転は、余り疲れないように感じました。

試乗のときに少し無理を言って、いつも通勤で使用する坂道を走行させてもらったときも、それほどストレスは感じませんでしたよ。

とてもカーブが多い峠道ですが、足回りが固めが好きな人にとっては、楽しい車になるように思えました。

ただ、フニャフニャなサスペンションでは、逆に疲れるので足回りが硬いアクアのほうが走りやすいので、私は乗りやすいと感じました。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

私がアクアを試乗したときに、もう1台「GR」というグレードも試乗させていただきました。

乗り心地はノーマルのアクアとほぼ変わらず、GRのチューニングが施されていると期待していたのに、残念な思いをしましたが・・・

私はアクアの後部座席にも座ってみましたが、さすがに広いとは言いにくく、足元がキツイ感じです。

後部座席の横幅も実際に座って見た限りでは、大人4人乗車しても、それほど窮屈には感じられません。

ですが、アクアで大人5人乗車して長距離ドライブをするなら、ギュウギュウ詰めになる可能性が非常に高いですね。

引用:https://toyota.jp/aqua/grade/?padid=ag341_from_aqua_navi_grade

理由は、アクアの後部座席は3人乗ると、成人男性ならかなり詰めて乗らないと、乗り込むのが困難だと感じたからです。

でも、4人乗車なら窮屈とは思えないので、長距離ドライブも楽しめそうですね。

ノートも加速に関しては口コミでも、不満の声が見当たらないくらいなので、そのへんはストレスを感じることはないでしょう。

ノートも市街地走行では、必要にして十分な性能を持っているので、試乗をするならアクアもノートも、実際に乗り比べていただきたいですね。

キャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

この記事を書いた人

はるとも
車や自転車、更にはカメラ、日本酒、コーヒー等を趣味としています。
古いものから新しいもの、好奇心旺盛な40代男性。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1