フォレスターvsCR-V比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地を比べてみた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回はスバルの人気SUVフォレスターと、SUVの先駆け的存在でもあるホンダCR-Vを比較してみました。

どっちも実力のあるミドルクラスSUVですので、迷われている方も多いと思います。

この記事では維持費・燃費・乗り心地の3点について比較していきます。

フォレスター vs CR-V 維持費を比較

SubaruフォレスターとホンダCR-Vは、どちらも人気でライバル車と認識されているSUVです。

フォレスターにはガソリンタイプとHybridタイプの2つの設定があり、CR-Vも同じくガソリン車とHybrid車の2つとなってます。

ここでは維持費の比較対象として、ガソリン車とハイブリッド車の二つに分けてそれぞれ比較していきます。

また、ローン代を維持費に含めないケースと、ローン代も維持費に含めたトータルコストで算出するケースとに分けて見てみましょう。

ローン代を維持費に含めないで比較:ガソリン車どうし

まずはガソリン車どうしの比較から。

スバル フォレスター ガソリン車の維持費内訳

フォレスター維持費_ガソリン車ローンなし

維持費の主な内訳は、税金・保険・ガソリン代・メンテナンス代・車検代になります。

人によっては他に月極駐車場代と高速道路代も発生すると思いますが、単純に比較したいのでこの表には入れてません。

タイヤ交換代も、年間走行1万キロ以内の場合、5年以内に交換する人はほとんどいないというデータから入れてません。

ガソリン代は年間1万kmで算出してます。

フォレスター ガソリン車の維持費は、

・月々   27,000円
・年間 324,000円

となりました。

この金額と次で算出するCR-Vガソリン車の金額を比較します。

CR-Vガソリン車の維持費は次の通りです。

ホンダCR-Vガソリン車の維持費内訳

CR-V 維持費ローンなし_ガソリン車

フォレスターの維持費と比べるとどうでしょうか。

排気量が1.5Lと小さいため自動車税が安くなってますね。

しかし、CR-Vの方が実燃費が1km/L悪くなってるためガソリン代が高く付いてます。

ターボエンジンなので、高速走行時などではどうしても燃費は悪くなりがちです。

CR-Vガソリン車の維持費は、

・月々  27,300円
・年間 327,600円

となりました。

ここまでの維持費比較を一旦まとめます。

ローン代を含めない場合の維持費比較まとめ:ガソリン車

フォレスター・CR-V維持費比較表まとめ(ローンなし)_ガソリン車

フォレスターの方が月300円安上がりになる結果となりました。

というより、これはもう誤差といえますね。

ローン代を含めない場合は両者互角の戦いとなりました。

これではつまらないので、車両購入代金を維持費に組み込んでトータル維持費として計算してみたいと思います。

次は、ローンを組んで購入した場合を想定して、維持費に月々のローン代を含めて算出した金額で比較します。

ローン代を維持費に含めて比較:ガソリン車どうし

購入費の内訳から見ていきましょう。

スバル フォレスター ガソリン車の購入費内訳

フォレスターTouringの購入費内訳

選んだグレードはベースグレードの「Touring」

内訳としては、車両本体価格+自賠責保険+リサイクル料金+自動車取得税+自動車重量税+自動車税 ー エコカー減税 ー 自動車グリーン税制、で構成されてます。

自動車税は購入月により変わりますが、単純化するために12か月分としました。

全額ローンで支払うとして、60回払い(5年ローン)で計算してみます。

税金はローンに組み込めないのが一般的ですが、ここではシンプルにいきたいので合計金額の302万円をそのまま60回で割って算出します。

302万 ÷ 60回 = 50,400円

月々のローン代として50,400円かかる計算になりますね。

このローン代を前項で算出した月々の維持費に加えてみます。

フォレスター維持費_ガソリン車ローンあり

月々27,000円 + 月々50,400円  = 77,400円

ローン代を含めたトータル維持費は、

・月々   77,400円
・年間 928,800円

となりました。

次はCR-Vガソリン車のトータル維持費を見ていきたいと思います。

ホンダCR-Vガソリン車の購入費内訳

CR-Vの購入費内訳_ガソリン車

チョイスしたグレードは「EX」。

こちらもガソリンモデルのベースグレードです。

フォレスターと比べると車両価格が60万円以上高いですね。

CR-Vは価格が高い!とよく耳にしますが、これには理由があります。

他のライバル車だと上位グレードにしか付かないような装備が低グレードでも標準装備されているためです。

詳しくはここでは触れませんが、安全装備や運転支援機能など、先進技術を駆使した装備が標準で付いてきます。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

話を戻しまして、CR-V「EX」の合計金額を全額ローンで支払うとして、60回払い(5年ローン)で計算してみます。

シンプルに合計金額の3,689,410円をそのまま60回で割って、

3,689,410円 ÷ 60回 = 61,500円

月々のローン代として61,500円かかる計算になります。

このローン代61,500円を前項で算出した月々の維持費に加算してみます。

CR-V 維持費ローンあり_ガソリン車

月々27,300円 + 月々61,500円 = 88,800円

ローン代を含めたトータル維持費は、

・月々      88,800円
・年間 1,065,600円

となりました。

ローン代を含めた比較結果をまとめます。

ローン代を含めた場合の維持費比較まとめ:ガソリン車

フォレスター・CR-V維持費比較表まとめ(ローンあり)_ガソリン車

ローンありで比較すると、フォレスターの方が車両価格が安い分、月々の維持費が11,400円も安くなり、フォレスターに軍配が上がりました。

燃費・ガソリン代・メンテナンス代はほぼ一緒なので、車両価格の差60万円をどう感じるか?でどちらにすべきか悩むところです。

60万の差は標準装備の差なので、先進技術を堪能したいならCR-Vを選ぶ価値はあります。

ただクルマとしての基本性能はどちらも高いレベルにあるので、コスパを第一に考える人にはフォレスターをおすすめします。

もしCR-Vを選ぶなら、ガソリン車モデルではなく、ハイブリットモデルを強くおすすめします。

次項からハイブリッドモデルの比較をしていきますが、理由はそこで明らかにします。

ローン代を維持費に含めないで比較:ハイブリッド車どうし

次はハイブリッド車どうしの比較をしてみます。

まずはローン代を含めないで算出します。

スバル フォレスター ハイブリッド車の維持費内訳

フォレスター維持費_Hybrid車ローンなし

同車のガソリンモデルと比べるとどうでしょうか。

排気量が2.5L → 2.0Lにダウンサイジングしたことで自動車税が安くなりました。

ガソリン代も、実燃費が11km/L → 13km/Lに向上したことで安くなってます。

フォレスターHybridの維持費は、

月々 27,000円 →  24,900円(ガソリンモデルより2,100円安い)
年間 324,000円 → 298,000円(ガソリンモデルより25,200円安い)

となりました。

この金額と次で計算するCR-Vハイブリットモデルの維持費を比較します。

CR-Vハイブリットの維持費は次の通りです。

ホンダCR-Vハイブリッド車の維持費内訳

CR-V 維持費ローンなし_Hybrid車

まず同車のガソリンモデルと比べると、

排気量が1.5L → 2.0Lに大きくなったので自動車税が少し高くなってます。

しかし、ガソリン代を見てみると、実燃費が10km/L → 19.5km/Lと大幅にUPしたことで半分近く安くなってます

金額にすると、12,500円 → 6,400円に減っています。

CR-Vハイブリッドの維持費は、

月々 27,300円 →  21,600円(ガソリンモデルより5,700円安い)
年間 327,600円 → 259,200円(ガソリンモデルより68,400円安い

となりました。

フォレスターHybridと比べると、ガソリン代がずいぶん安くなる結果でした。

これは、CR-VはEV走行ができるストロングハイブリッド車であるのに対し、フォレスターHybridモデルはモーターがエンジンをサポートするだけのマイルドハイブリッド車という違いがあるからです。

同じハイブリッド車でも格が違う、と言ったところでしょうか。

燃費性能については後ほど詳しく比較しますね。

ハイブリッド車どうしの維持費比較を一旦まとめます。

ローン代を含めない場合の維持費比較まとめ:ハイブリッド車

フォレスター・CR-V維持費比較表まとめ(ローンなし)_Hybrid車

CR-Vハイブリッドの方が年間約4万円ほど安くなる結果となりました。

安くなった内訳は、全て燃費の差からくるガソリン代の違いです。

維持費に関しては圧倒的にCR-Vハイブリッドの勝ち、となりました。

ただし、CR-Vは燃費性能が高い分、車両価格も高いです。

車両購入代金も含めたトータルコストで比較するとどうなるでしょうか。

次は維持費に月々のローン代を含めて算出した金額で比べてみたいと思います。

ローン代を維持費に含めて比較:ハイブリッド車どうし

購入費の内訳から見ていきましょう。

スバル フォレスター ハイブリッド車の購入費内訳

フォレスターAdvanceの購入費内訳

チョイスしたグレードは「Advance」。

ハイブリッドモデルはフォレスターの最上位グレードに位置します。

エコカー減税の適用で、合計で65,500円も減税されてます。

減税率100%が適用されないのは、マイルドハイブリッドのため、環境性能が基準値を満たせていないためです。

しかし、ベースグレードの「Touring」とハイブリッドモデル「Advance」の車両価格差は29万円しかありません。

ここからエコカー減税等を差し引くと差額はさらに約20万円と縮小され、「Advance」はかなりお買い得なグレードになります。

フォレスター買うなら迷わずHybridモデル「Advance」の一択でしょう。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

「Advance」の購入費3,228,790円を60回払い(5年ローン)で計算してみます。

3,228,790円 ÷ 60回 = 53,800円

月々のローン代として53,800円かかる計算になります。

このローン代を前項で算出した月々の維持費に加算してみます。

フォレスター維持費_Hybrid車ローンあり

月々24,900円 + 月々53,800円 = 78,700円

フォレスターHybridのローン代を含めた維持費は、

・月々   78,700円
・年間 944,400円

となりました。

次にCR-Vハイブリッド車のローン代を含めた維持費を見ていきます。

ホンダCR-Vハイブリッド車の購入費内訳

CR-Vの購入費内訳_Hybrid車

フォレスターHybridと比べると車両価格が80万円近く高いですね。

燃費性能がだいぶ違いますから仕方のないところです。

この合計金額を全額ローンで支払うとして、60回払い(5年ローン)で計算してみます。

4,058,550円 ÷ 60回 = 67,600円

月々のローン代として67,600円かかる計算になります。

このローン代67,600円を前項で算出した月々の維持費に加算してみます。

CR-V 維持費ローンあり_Hybrid車

月々21,600円 + 月々67,600円 = 89,200円

CR-Vハイブリッドのローン代を含めたトータル維持費は、

・月々      89,200円
・年間 1,070,400円

となりました。

フォレスターとの比較に進む前に、CR-Vガソリン車とハイブリッド車のトータル維持費を比べておきます。

CR-Vガソリン車vsHybrid車維持費比較

注目したいのが、CR-Vの場合ハイブリッド車でもガソリン車でもトータルコストはほぼ同じであること!

この結果には私も驚きました。

双方の車両価格差が40万円近く開いているにも関わらず、トータル維持費が同じになった理由は燃費性能の差に尽きます。

実燃費にして約10km/Lもハイブリッド車のほうが優位なので、5年間でならした時に維持費が同じになりました。

CR-V買うなら迷わずハイブリッドモデルをおすすめする理由がこれです。

ではフォレスターHybridとのローン代を含めた比較結果をまとめます。

ローン代を含めた場合の維持費比較まとめ:ハイブリッド車

フォレスター・CR-V維持費比較表まとめ(ローンあり)_Hybrid車

フォレスターの方が月々1万円ほど安く済みます

CR-Vの方が80万円ほど車両価格が高いので結構差が付きましたが、ガソリン車どうしの比較の時よりも差は広がってません。

これはCR-Vハイブリッドモデルの燃費性能がとても高い証拠といえます。

次は燃費について詳しく比較してみます。

フォレスター vs CR-V 燃費を比較

まずはガソリン車どうしの比較から。

フォレスター vs CR-V ガソリン車の燃費比較

フォレスター・CR-V燃費比較表_ガソリン車

フォレスターのガソリン車は、最新の2018年モデルだと、JC08モードで14.6km/Lの性能を記録しています。

同じくCR-Vのガソリン車も、15.0km/Lとほぼ同じ数字です。

WLTCモードはCR-Vが非公開に対し、フォレスターは13.2km/LとJC08モードと比べても1km/L程度の落ち込みでとどまっており実燃費に期待を持たせる内容となってます。

では肝心の実燃費はどうでしょうか。

フォレスターが11km/LでCR-Vは10.0km/Lと1km/Lの差が付きました。

フォレスターの実燃費はカタログ値とそれほど変わっておらず、優秀であるといえます。

カタログ値だとCR-Vの方が優位でしたが、CR-Vはダウンサイジングターボのため高速走行時にどうしてもエンジンの回転数が高くなります。

そのため実燃費が悪化したと予測できます。

基本的に排気量が小さいものほど燃費性能が良いと言われているので、街乗りの条件下で比較すればほぼ同じ結果となっただろうと予想してます。

次はハイブリッド車どうしの燃費を比較してみます。

フォレスター vs CR-V ハイブリッド車の燃費比較

フォレスター・CR-V燃費比較表_Hybrid車

フォレスターは全グレード4WDなので、対するCR-Vも4WDで比較します。

フォレスターHybridは、JC08モードでリッター18.6km、WLTCモードでも14kmと中々の数値です。

ただ実燃費が約13km/Lなのでカタログスペックとは結構な差がありますね。

マイルドハイブリッド仕様車なので、CR-Vと比べると仕方がないところです。

それでも同ガソリン車モデル(11km/L)と比べれば実燃費が2.0km/Lほど改善されています。

車両価格差が20万円しかないことを考慮すると、まずまずのコストパフォーマンスではないでしょうか。

対するCR-Vハイブリッドモデルは、JC08モードが25km/Lの燃費で、WLTCモードでは20.2km/Lとかなり期待させてくれる数字です。

EV走行ができるストロングHybridならではの数値ですね。

気になる実燃費もWLTCモードとほぼ変わらない19.5km/Lをマークしており、非常に高い燃費性能をアピールしてます。

フォレスターHybridよりも6.5km/L上を叩きだしてるので、ガソリン代にすると年間約3万9千円の差がでる計算になります。

燃費比較まとめ

フォレスター vs CR-V燃費対決では、ハイブリッド車どうしの比較なら圧倒的優位差でCR-Vに軍配があがりました。

フォレスターHybridは燃費に限ってやや残念という結果になりましたが、これは採用しているHybrid機構がそもそも違うので仕方がないところです。

車両価格にもその差が反映されてるので、トータル維持費で見た時にどこにウェイトを置くか、で選択が変わってきます。

ハイブリッドモデルを購入するなら、どちらを選んでもコスパに優れていたので後悔せずに満足できる買い物になりそうです。

ガソリン車どうしの比較だと燃費にあまり差はないので純粋に興味を持った好きな方を選べますが、ただ前項の維持費比較で見た通り、CR-Vを買うならハイブリッドモデルの方が断然コスパが良かったです。

最後に乗り心地を比較してみたいと思います。

フォレスター vs CR-V 乗り心地を比較

スバル フォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

フォレスターは全グレード四輪駆動車であるように、設計段階から雪道などの悪路でも楽に走れるように設計されています。

なのでフォレスターは路面に左右されにくい乗り心地で、振動も少なく音も小さいと評判です。

路面の凹凸を感じにくいので、突き上げ感に悩まされる心配も小さく、スムーズで流れるような走りが味わえるはずです。

揺れも最小限に抑えられていて、不安定な感じが少ないクルマですから悪路でも安心して乗ることができると思われます。

ロードノイズも車内ではほとんど気にならないとの声が多く、フォレスターは静寂性に優れている、との評価で一致しています。

車内の居住性に関しては、前後左右の空間が広く設けられているのでゆったりとくつろぐことが可能です。

シートが固いという意見がたまに見られますが、これは足回りがしっかりしていることから来ていると思われます。

高級乗用車感覚で乗ってしまうと確かに硬いイメージがあるかもしれませんね。

ホンダCR-V

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/interior/cabin/

対するCR-Vの特徴は、柔らかい乗り心地にあります。

FF車もラインナップされている通り、乗り心地に関しては街乗りも重視しており、設計思想も一般の乗用車を基本としてます。

フォレスターのような本格的なSUVというよりも、気軽に街中を走行できる乗用車に近く、SUVに求められる高い次元での運動性能や走行性能はそれほど追求されていないという点がポイントです。

その代わり、シートの美しさやクッション性、内部の操作性など、高級乗用車に引けを取らない柔らかい乗り心地が追求されています。

両車を乗り比べた人のほとんどが、CR-Vの方が快適だったと答えるのはそのためです。

ただ、試乗する際のほとんどは街中です。

乗り心地に関する口コミは、街乗り時における感想がほとんどだということに注意が必要です。

とはいえ、柔らかさと静寂性はフォレスターより上で、購入するつもりはなかった人が試乗で一番惹かれたとの意見もあるほどです。

なかには眠くなる程の乗り心地という評判もありますが、それだけ静かで振動が少ないことが分かります。

ここまで両車とも5人乗りで比較してきましたが、CR-Vガソリン車には3列シートの7人乗りモデルもあります。

フォレスターには5人乗りモデルの設定しかありませんので、6人家族のご家庭など、選択肢としてCR-Vのガソリン車しかなくなります。

CR-Vガソリン車は維持費だけで見るとコスパが良いとは言えないので個人的にはおすすめできません。

もちろん価格が高い分、標準装備がかなり充実してるので購入する価値はあると思います。

フォレスター vs CR-V 比較まとめ

維持費に関しては、ローン代を含めないで考えるとCR-Vハイブリッド車に軍配が上がりました。

これは燃費性能の違いがストレートにガソリン代に現れた結果です。

ローン代を維持費に含めて見ると、CR-Vの方が車両価格が一気に高くなってしまうのでトータルコストはフォレスターに軍配が上がりました。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

CR-Vはハイブリッドモデルの実燃費がかなり優秀だったため、ガソリンモデルより車両価格が高いにも関わらず、トータル維持費は変わらない結果となりました。

CR-V買うならハイブリッドモデルの一択ではないでしょうか。

5年以上乗るならなおさらです。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

乗り心地に関しては、一般道、高速道路ではCR-Vの勝ち、山道や雪道などの悪路ではフォレスターも負けていない結果となりました。

乗り心地に関しては設計思想が初めから違うので、好みの差と言えるかもしれません。

フォレスターはグレード間の価格差が少なく、最上位グレードが手ごろな価格で手に入るのが魅力的です。

私ならフォレスターHybridモデルの「Advance」を迷わず選びます。

理由は、

  • トータル維持費と性能のバランスがとれておりコスパが良い
  • ガソリン車モデルのベースグレード「Touring」に20万円上乗せするだけでHybrid車が手に入る
  • 最上位グレードに乗れる

からです。

以上、参考になれば幸いです。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.subaru.jp/forester/・https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

この記事を書いた人

洗い屋ケン
洗車屋勤務の新車大好きアラフォーです。
クルマは3年に1度乗り換えるのがモットー。
家族からのブーイングは気にしない質です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1