ステップワゴンとセレナを比較!乗り心地・燃費・維持費が良いのはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ステップワゴン、セレナはともに人気のあるファミリーカーの代表格!

ともすると、やはり気になるのが維持費や燃費…。

チリも積もれば何とやら、で毎日乗る車だからこそ、維持費や燃費って気になりますよね。

それに、家族で使うことが多い車だからこそ、乗り心地だって気になる!

数年乗ることを考えても子どもは成長しますし、大人は歳をとります…。

だからこそ、ファミリーカーの乗り心地ってあなどれませんよね。

「ステップワゴンとセレナ、どっちにしようか悩んでいる!」という方に向けて、今回はそれぞれの乗り心地や燃費、維持費を徹底比較してみましたよ。

ステップワゴンとセレナ…あなたならどっち!?

ステップワゴンとセレナを比較!乗り心地が良いのはどっち?

ステップワゴンとセレナの乗り心地について、まずは比較して見ていきましょう。

ステップワゴン、セレナともに広々とした室内空間で、シートアレンジも自由自在な印象がありますよね。

どちらも甲乙つけがたい気がしますが、乗り心地はどっちが上?

ということで、ステップワゴン・セレナの乗り心地の評価を確認していきます!

ステップワゴンの乗り心地を評価!

pic_car_pc_10

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの乗り心地について、詳しく見ていきましょう。

まずは、その乗り心地を左右する、と言っても過言ではないシートアレンジについて。

ステップワゴンのシートアレンジは、2列目・3列目をスライドさせることができるので、体格や用途に合わせてゆったりとした空間を作ることができます。

この点はミニバンの良いところとも言えるので、乗り心地としては良いレベル。

また、2列目や3列目を倒してフルフラットにすることで、体を横にして休んだり車中泊も可能です。

大人でも十分な広さなので、車中泊でも乗り心地は抜群ですね。

ただし、ステップワゴンの3列目シートはあまり乗り心地が良くない、という意見も多いので要注意。

その理由は、ステップワゴンは床下収納があるからなんですね。

そのほか、ステップワゴンはシートが少し固めという意見が多く、この乗り心地は好みの部分もあるので、実際に試乗してみることがおすすめ。

3列目シートやシートの固さに難点が残るステップワゴンですが、センタータンクのレイアウト構造が乗り心地の良さにつながっています。

それは重心が低くなることで、カーブを曲がるときや車線変更でもふらつきにくくなるからなんですね。

ステップワゴンの乗り心地は何となく掴めたでしょうか?

続いて、セレナの乗り心地の評価を確認していきます!

セレナの乗り心地を評価!

serena_1809_exterior_interior_05.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

セレナの乗り心地評価について、具体的に見ていきますね。

まず、セレナもシートアレンジによって、ソファに腰掛けたようなゆったりとした空間からフルフラットのベットのような乗り心地の良い使い方も可能です。

また、セレナのシートアレンジといえば、何と言ってもスマートマルチセンターシート!

言葉だけ聞くと「何それ?」という感じですが、要はこんな使い方ができるんです。

  1. 1列目のひじ掛けとしてシートを使用できる
  2. 2列目にシートをスライドさせることで、3人座ることができる

こんな風に、用途によって使い分けができるんですね。

つまり、セレナの2列目をゆったり使いたい時はシートを1列目に移動させれば良い。

また、セレナの2列目に3人乗車したい場合は、シートを2列目に移動させる。

そう、自分の使いやすいようスマートに車内空間をアレンジできるのがセレナの魅力。

言うまでもなく、乗り心地は最高ですよね。

また、セレナはシートの構造にも、乗り心地へのこだわりが感じられます。

serena_1802_function_018.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

その理由は「ゼログラビティシート」を採用し、長時間の乗車でも疲れにくいように設計されていること。

また、シートの位置が高めなので、揺れを感じにくいというところも乗り心地の良さにつながっています。

ステップワゴンとセレナの乗り心地を比較した結果、乗り心地が良いのはどっち?

serena_1809_function_01.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

ステップワゴンとセレナの乗り心地について、ここまで評価を見てきました。

が、それぞれの乗り心地を比較した結果、どっちが乗り心地が良いのか?というと…。

乗り心地については、セレナに軍配が上がります!

やはり、セレナは独自のシートアレンジやシート構造へのこだわりがあり、それが乗り心地に直結しているからなんですね。

気になる方はぜひ試乗して、ステップワゴンとセレナの乗り心地を確かめてみてくださいね。

ステップワゴンとセレナ比較!燃費が良いのはどっち?

ステップワゴンとセレナの比較、続いては「燃費が良いのはどっち?」というテーマで見ていきましょう。

車は基本的に毎日乗るものですし、子育て世代は燃費の良さに敏感ですよね。

まずは、ステップワゴンの燃費について評価していきます!

ステップワゴンの燃費を評価!

pic_driving_pc

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/performance/driving/

ステップワゴンは、ミニバンとしては重量が重いカテゴリに入ります。

しかし、どんな走行パターンで走っても燃費が良いのが特徴。

つまり、力強い走りをしながらも総合的に燃費が良いのが、ステップワゴンの魅力です。

ステップワゴンの詳しい燃費を見ていくと、ハイブリッドの燃費は25km/L。

ガソリンエンジンは、16km/Lとなっています。

もちろん、ハイブリッド車の方が価格が高めなので、走行距離なども含めて考える必要があります。

それでも、タフな走りでも低燃費というわがままタイプにぴったりなのが、ステップワゴンと言えそうですね。

セレナの燃費を評価!

serena_1809_performance_05.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

セレナの燃費は、ガソリンエンジンの場合17km/Lとなっており、ハイブリッドの場合は26km/Lです。

この部分を見ると、セレナはかなり燃費が良いように見えますよね。

というのも、セレナに搭載されているe-POWERは、街中で走る際の燃費の悪化を防いでくれるんですね。

そのため、セレナの燃費は走行する環境に大きく左右される事が多いということ。

つまり、山道や坂道などでは燃費もかなり悪くなってしまいます。

セレナの燃費は速度をあまり上げずに走る「街中走行向き」と言えますね。

ステップワゴンとセレナの燃費を比較した結果、燃費が良いのはどっち?

ステップワゴンとセレナの燃費を比較すると、セレナの方が燃費が良いと言えます。

しかし、それは走行する環境にもよるのが実際のところ。

街中を走ることが多い場合には、セレナの燃費の良さが活かすことができます。

また、ステップワゴンも車体重量やパワーのある走りができることを総合的に判断すると、燃費が悪いとは言えないんです。

つまり、あなたがどんな環境で乗ることが多いのか?が大きく影響しています。

そのため、ご自身が実際に乗る環境を照らし合わせることが大切ですね。

ステップワゴンとセレナの比較!維持費が安いのはどっち?

ステップワゴン とセレナ、続いての比較は維持費についてです!

新車購入の際は燃費もさることながら、やっぱり維持費も気になるポイントですよね。

それでは、ステップワゴン ・セレナそれぞれの維持費の評価について確認していきましょう。

ステップワゴンの維持費を評価!

main-img-1

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/blackstyle/

ステップワゴンの維持費について、まずは自動車税から見ていきます。

ステップワゴンのハイブリッドの場合、直列4気筒2.0Lエンジンを搭載しているので、自動車税は3万9500円が一年ごとにかかることになりますね。

次に、車検時にかかる自動車重量税。

こちらは、車体重量が1501~2000kgに当てはまることから1万5000円(2年分)となってきます。

また、先ほどのステップワゴンの燃費を見てみると、ハイブリッドの場合、燃費は25km/Lでしたね。

仮に、ガソリンをリッター当たり140円とすれば、1km走るごとに6.6円かかることに。

一般的に、ステップワゴンは燃費性能も優れていると言えるので、評価としては高いと判断できますね。

セレナの維持費を評価!

serena_1809_exterior_interior_34.jpg.ximg.l_full_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

続いて、セレナの維持費の評価を見ていきましょう。

まず、自動車税ですが、セレナe-POWERは1.2Lエンジン搭載のため、3万4500円が一年ごとにかかることになります。

この点から、ステップワゴンとセレナでは自動車税だけでも年間で5000円違ってくることになりますね。

自動車重量税は、セレナもステップワゴン同様に1501~2000kgに当てはまるので、1万5000円(2年分)となります。

また、セレナe-POWERの燃費は26km/Lなので、ガソリンの単価を仮に140円とすると、1kmあたり6.3円。

ステップワゴンと比べると1kmあたり0.3円の違いなので、維持費の中でもガソリン代はそこまで差がないようです。

年間で1万キロ走ったとしても3000円の違いなので、月にすると250円ほどセレナの方が安い計算に。

走行環境にもよりますが、維持費の中でもガソリン代は、やはりそこまで大きな差はないと言えそうですね。

ステップワゴンとセレナの維持費を比較した結果、維持費が安いのはどっち?

ステップワゴンとセレナの維持費を比較した結果、セレナの方が維持費が安いと言えるでしょう。

もちろん、どんな環境で走るのか(山道?街中?など)やどれくらいの距離を走るのか?でも維持費は変わってきますよね。

でも、自動車税は確実に毎年かかるものなので、その部分で年間5000円違ってくるのは維持費への影響は大きいと言えます。

ステップワゴン、セレナの維持費について参考にしてみてくださいね。

ステップワゴンとセレナ比較対決!軍配が上がったのはどっち?

serena_1809_function_15.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

ステップワゴンとセレナの比較対決について、ここまでの結果を整理してみましょう。

  1. 乗り心地比較→シートへのこだわりからセレナが勝利!
  2. 燃費比較→燃費の良さはセレナが勝利!(ただし、街中走行メインという条件付き)
  3. 維持費比較→毎年かかる自動車税の負担額から、セレナが勝利!

このような結果から、ステップワゴンとセレナの比較対決では「セレナが勝利」という結果になりました!

ただ、これは言うまでもないことかもしれませんが、ステップワゴンが圧倒的に劣っているかというとそうではないんですよ。

どちらも良い部分はあるので悩むところではありますが、最終的には「あなたの譲れない、こだわりポイント」をを優先して選んでみてくださいね。

キャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/
キャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

この記事を書いた人

yamazaki

乗っている車はマニュアル車です。車検などでオートマに乗るときは、左足をどうしたらいいのか分からなくなります・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1