アクアとヴィッツを徹底比較!乗り心地・燃費・維持費が良いのはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アクアとヴィッツは、どちらのトヨタの人気車!

でも、「新車を購入したいけれど、アクアとヴィッツどっちにしようか迷ってる…。」

という方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、今回はアクアとヴィッツの乗り心地や燃費、維持費について徹底比較していきます!

アクアとヴィッツ、あなたならどっち!?

アクアとヴィッツ徹底比較!乗り心地が良いのはどっち?

carlineup_vitz_interior_top_pic_01_01_pc

引用:https://toyota.jp/vitz/interior/?padid=ag341_from_vitz_navi_interior

アクアとヴィッツ徹底比較!

初めに、アクアとヴィッツの乗り心地について比較していきましょう。

まずは、アクアの乗り心地について。

アクアの乗り心地としては「シートが固め」という意見が多いんですね。

もちろん、乗り心地は個人の感覚による部分が大きいのですが、

アクアオーナー
2時間も乗っているとお尻が痛い…。

という意見が多いので、遠出することが多い人にとっては参考にした方が良いでしょう。

また、アクアのシートは固めである分、衝撃の吸収性も弱め。

だから、デコボコの道を走ったり段差があったりすると突き上げるような衝撃にびっくりすることも。

一方、ヴィッツのシートの乗り心地はどうでしょうか?

気になるヴィッツのシートの乗り心地ですが、こちらも「比較的固め」と答える人が多いんですね。

ですが、ヴィッツのシートの乗り心地がアクアと異なるのは、シートは固めでも衝撃は吸収しやすい点。

つまり、ヴィッツを試乗した後にアクアに試乗すると、

あ、この道はデコボコだったんだ…。

と気づいたりするんです!

ここまでで言えるのは、アクアとヴィッツ両方ともシートの乗り心地は固めであるということ。

そのため、柔らかいクッションシートがお好みの方は、少し違和感を感じるかもしれないので注意しておきましょう。

carlineup_aqua_interior_top_pic_01_01_pc

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/?padid=ag341_from_aqua_navi_interior

次に、乗り心地に重要な室内空間について。

アクアとヴィッツのシート高を比較してみると、

  • アクア:約530mm
  • ヴィッツ:約600mm

となっており「ヴィッツの方が天井が高い」ということが分かりますね。

これは言うまでもなく、ヴィッツの方が広々と感じられるということ。

また、もちろん乗り心地もゆったりと快適に過ごすことができますよね。

と言うのもアクアの場合、身長180cmほどの人が乗ると天井に頭がつきそうになってしまうんです。

また、それは車内高だけの問題ではありません。

全体的にアクアの方が狭く感じますし、特にその差はリアシートの乗り心地に影響してきます。

アクアがどれくらい狭いと感じるかと言うと、アクアのリアシートは3人乗りの設計となっているのですが、大人が3人乗るのは正直つらい…。

carlineup_aqua_interior_space_pic_01_01

引用:https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space02#

そう、正直に言うと乗り心地どころの話ではないんですよね…。

運転席や助手席だけ見れば、アクアもヴィッツも乗り心地は大差なく感じられます。

しかし、注目すべきはリアシート。

ヴィッツの場合、アクアよりも格段に広く感じられますし、乗り心地も良いといえるでしょう。

ここまで見てきたように、乗り心地の比較で言えば、アクアよりヴィッツがはるか上!と言えます。

ただし、柔らかめのシートがお好みの方は、実際に試乗して「この固さでも大丈夫?」と確認してみると良いでしょう。

アクアとヴィッツを徹底比較!燃費が良いのはどっち?

carlineup_aqua_exterior_top_pic_12_01

引用:https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

次に、アクアとヴィッツの燃費を徹底比較!

燃費が良いのはどっちなんでしょう?

まず、アクアについて。

ご存知のように、アクアは1.5Lエンジンとモーターからなるハイブリッドエンジン。

アクア最大の魅力でもあるその燃費は37.0km/Lとなっており、まさに驚きですよね。

実際に、アクアに乗っている人の約90%は「アクアの燃費に満足している」と答えています。

また、アクアは、

  • エアコン使用時
  • 寒い時期のエンジンを温める場合

でも、燃費が20km/Lとなっており、季節を通じて燃費の良さが実感できます。

carlineup_aqua_exterior_top_pic_09_01

引用:https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

一方で、ヴィッツの燃費はどうでしょうか。

ヴィッツは、ハイブリッドオンリーであるアクアに対して、ガソリンエンジンとハイブリッドの2ラインナップとなっています。

ヴィッツのガソリンエンジンの場合、燃費は21.6km/Lとなっています。

もちろん、ハイブリッドのアクアの方が燃費が良いですよね。

しかし、ヴィッツのハイブリッドはどうでしょうか。

実は、ヴィッツのハイブリッドは、アクアと同じハイブリッドシステムを搭載しているのです!

carlineup_vitz_performance_top_pic_01_01

引用:https://toyota.jp/vitz/performance/?padid=ag341_from_vitz_navi_performance

ヴィッツのハイブリッド燃費は34.4km/Lというところですので、もちろん燃費性能としては優れています。

ですが、実際にヴィッツのハイブリッドの燃費は、アクアと比べると若干劣るんですね。

その理由としては、

  • ヴィッツの方がアクアより車体重量が重い
  • アクアは車体の形や車高などの工夫から、空気抵抗を少なくしている(より燃費を良くするための施策がとられている)

ということが挙げられます。

先にお伝えした、乗り心地比較では「アクアは狭くて、車高も低い」ことがデメリットとなりました。

しかし、このデメリットが燃費の面ではメリットに転じてくるんですね。

アクアは「燃費の良さ」を徹底的に研究し尽くされた次世代カーともいえます。

そのため、アクアとヴィッツの燃費を比較するとどうしてもアクアの方に軍配が上がってしまいますね。

アクアとヴィッツの徹底比較!維持費が安いのはどっち?

carlineup_aqua_exterior_top_pic_08_01

引用:https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

最後に、アクアとヴィッツの維持費を比較していきましょう。

先ほどの燃費の比較では「アクアに勝る燃費の良さは無し!」という結果になりました。

ということは、維持費の面でもアクアが圧倒的に勝利!?と思うかもしれません。

しかし、ハイブリッドのアクアはモーターを積んでいる分、車体価格も割高になるということを考慮しなくてはいけませんよね。

ちなみに、ハイブリッドのアクアとガソリンエンジンのヴィッツを比較すると、価格差は60万円も違います。

もちろん、ガソリンエンジンのヴィッツの方が安い。

では、ハイブリッドのアクアの維持費が安くなるのは、どんな場合なのでしょうか?

それは結論から言うと、「長距離乗る」場合や「長期間乗る」といった場合に、アクアの方がガソリンエンジンのヴィッツより維持費が安く済みます。

もう少し具体的に言うと、

  • 月に2000km以上走行する、といった場合
  • 10年以上はアクアに乗り続ける場合

これらの条件に当てはまるのであれば、60万円の価格差も維持費の安さで取り戻すことができます。

逆に言えば、月の走行距離が1000km程度なのであれば、ガソリンエンジンのヴィッツの方が維持費が安く済むと言えますね。

carlineup_vitz_performance_top_pic_05_01

引用:https://toyota.jp/vitz/performance/?padid=ag341_from_vitz_navi_performance

では、アクアとヴィッツのハイブリッド同士の比較ではどうでしょうか。

車体価格でいうと、実はヴィッツのハイブリッドの方が若干お値段高め。

燃費はアクアの方が上なのに…。

だったら、みんなヴィッツのハイブリッドよりアクアを選ぶんじゃない?

こんな風に思われるかもしれませんね。

しかし、これには理由があるのです。

その最大の理由としては、やはりヴィッツにはファンが付いているからなんですよね。

これまでヴィッツのガソリン車に乗っていて、その乗り心地の良さのファンになっている人からすれば、ヴィッツのハイブリッドはとても魅力的。

ヴィッツのハイブリッドが誕生してからは、買い替えの選択肢として真っ先に挙がることでしょう。

念のため伝えておくと、自動車税などはアクア・ヴィッツともに変わりません。

ここまでをまとめて、アクアとヴィッツの維持費を比較してみましょう。

アクアvsヴィッツの維持費を比較すると…
  1. 月の走行距離が1000km程度であれば、ガソリンエンジンのヴィッツが維持費の面ではお得!
  2. 長く乗る、よく走るのなら、アクアの方が維持費がお得!
  3. ヴィッツの乗り心地を重視するなら、ヴィッツのハイブリッドを選ぶべし!

というような結果になりますね。

車の維持費は 乗り方によって大きく変わりますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アクアとヴィッツ徹底比較まとめ。あなたならどっちを買う!?

carlineup_vitz_exterior_top_pic_08_01

引用:https://toyota.jp/vitz/exterior/?padid=ag341_from_vitz_navi_exterior

アクアとヴィッツについて、ここまで徹底比較をしてきました。

簡単にまとめると、

  • 乗り心地ではヴィッツがおすすめ!
  • 燃費ではアクアがおすすめ!
  • 維持費は状況に応じて、比較が必要!

という結果になりました。

アクア、ヴィッツともにそれぞれの良さがありますので、ぜひこの記事を参考にお気に入りの一台を選んでみてくださいね。

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/vitz/exterior/?padid=ag341_from_vitz_navi_exterior

この記事を書いた人

yamazaki

乗っている車はマニュアル車です。車検などでオートマに乗るときは、左足をどうしたらいいのか分からなくなります・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1