リビルト品とは?中古部品との違いは?実際に修理で使ってみた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車の修理をする際にリビルト品という単語を聞いたことはありませんか?

修理業者によってはリビルト品は言われない限り紹介しないところもあるのですが、リビルト品とは何か?中古部品との違いは?

リビルト品を使って修理してみた体験談などお伝えします!

リビルト品とは?

629171c9d9ff84dce1fa61b29c7e4b6e_s

リビルト部品とは中古部品を再生・再構築したリサイクル部品です。

中古部品を分解した後に洗浄し、劣化した部分や摩耗しているものを新品と交換しているので、新品と同じように機能します

新品と比べるとお値段が安く、我が家は高い部品の修理をお願いする際はリビルト品があるか必ず確認するほど愛用しております。

ちなみに、リビルト品がよく使われる部分で代表的なのが以下の5つです。

  • オルタネーター
  • コンプレッサー
  • ターボチャージャー
  • パワステポンプ
  • ミッション

どれも新品部品で交換すると高額な部品ばかりですね。

リビルト品にも色々あり、純正メーカーによるリビルド品やリビルド業者によるリビルド品があります。

リサイクル部品なので在庫が必ずあるとは限らないのが欠点ですが、メーカーによっては保証があるものもあります。

中古部品とは?リビルト品との違い

alternator-1009632_640

中古部品は、廃車になった車などから部品を取り出し、消耗部分を交換などしたりせずにそのままの状態のことを指します。

ここがリビルト品との違いです。

販売する人や業者さんによっては汚れている部分を拭いてくれたりと簡単な清掃はしてくれますが、基本は現状のままです。

中古部品は状態にかなりバラつきがあり、元々付いていた車の走行距離や年式、保管状態などが見極めるポイントとなります。

安いところが魅力なのですが、車の制動に係わる部分の使用はやめることをオススメします!

命に係わることですからね!!

もし使うとするなら、中古部品は外装部品がオススメです。

cc559dc726e4c7cc64bb03bb471c77ab_s

外装をぶつけて割れてしまったりヒビが入ってしまったりして修理に出すこともあるかと思いますが、新品は塗装まで含めると高くなってしまいます。

板金に出して修理に出しても新品よりは確かに安く済むけれど、値段がものすごく安くなるかといったらそうでもなかったりします。

そこで、少しでも費用を抑えるためにネットオークションや中古品を扱っているサイトや実店舗で購入し、交換する人も多いです。

既に生産されていない部品なども出回っていたりするので、旧車オーナーさんや愛車に長く乗りたい人はよく壊れやすい部品はいくつか在庫を持っていたりしますね。

また、長く乗るつもりがないけれど修理をしないと困る場合は、中古部品でとりあえず安く修理しておいて凌ぐ…ということもできるので、中古部品もなかなかいい仕事してくれますよ!

リビルト品はどこで販売している?

リビルト品を使用してみたことない人はどこで扱っているのだろうかと思いますよね。

私も実店舗で売っているところは目にしたことがないので、修理工場に持って行ってリビルト品の提案をされるまでは存在自体全く知らなかったのですが、ネットで販売されています。

自分で修理したい場合はネット上で購入することになりますが、ディーラーや民間工場に修理を依頼する場合は見積もりの段階でリビルト品があったら使ってほしい旨を伝える必要があります。

注意しなくてはいけない点は、ネットで自分で購入して修理工場に持って行き修理を依頼した場合、修理工場によっては持ち込み料を取られることがあります。

せっかく安く部品を仕入れても逆に高くついてしまうこともあるので、事前に確認してみてくださいね!

リビルト品を使って実際に修理してみた

ここまでリビルト品についてお伝えしてきましたが、実際にリビルト品と新品の金額がどれぐらい違うのか、知りたくなってきますよね。

そこで、我が家では何回かリビルト品を使ってディーラーで修理をしてもらった経験があります。

ディーラーでリビルト品を使って修理をしてもらいたい時は、見積もり段階で「リビルト品があればお願いします」と言えば大丈夫です!

リビルト品と新品部品の金額の差は見積書や請求書を交えて紹介していきますので、修理をする時の参考にしてみてください!

普通車のパワステホースのリビルト品

半年ぐらい前になるのですが、我が家で色んな意味でお金がかかっている夫の車が修理になりました。

修理自体は古い車なのでもう、「はいはい、また修理ですか。今度はどこですかね~」と驚きもしないのですが、どうやらパワステホースが修理になったようです。

「これ絶対高いやつじゃん…」

なぜ修理費が高いと知っているのかというと、私が独身時代に乗っていた車が普通車でパワステホースを交換したことがあったのですが、その時は部品代だけで5万ぐらいかかっていたと思います。

いや、もしかしたら7万ぐらいだったかも…?

もうかなり前なので具体的な金額は忘れてしまいましたが、高かったのは覚えています!

軽自動車ではないので同じぐらいかかるのだろうな…とは思っていましたが、見積書をディーラーでもらってくると予想通りの金額でした。

新品部品 リビルト品 値段

新品部品なら7万8625円と高いのですが、リビルト部品に替えると8分の1ぐらいの9800円になったではありませんか!!

こんなに安くなりとは知らなかったので、昔乗っていた愛車の修理もリビルト品でやってほしかったぐらいです!

当時は個人で経営されている工場だったので、そこまで親切にリビルト部品の説明もしなかったのか、はたまたこちらがリビルト部品の存在を知っていると思っていたのかは分かりませんが、普通に新品部品に替えて修理をしてもらいました。

知らないってだけで損をしてしまっていたんだなぁ…と。

文字通り、後から悔やみましたね。

今回はディーラーから親切にリビルト品の提案があったので、そのまま修理のお願いをしました。

新品部品の修理だと8万超えの修理になっていましたがリビルト品のおかげで2万以内になり、ここからリビルト品の愛用生活が始まります(笑)

軽自動車のパワーウィンドウのリビルト品

夫の車の修理の後、2~3ヶ月した頃だったと思いますが、今度は私の軽自動車の窓が壊れる事件が発生しました。

バックで駐車する時に窓を開けて後ろを見るのが癖なのですが、その際に窓を開けたら「ガガガガ!」みたいな嫌な音がしたんですよね。

びっくりして一度閉めてみたのですが、ここで止めておけばよかった!

もう一度窓を開けると、今度は斜めに窓が開いてしまうではありませんか!!

ヤバいと思って今度は閉めるともう手遅れで、斜めのままちょっと上がったと思ったらもう動かなくなってしまいました。

やばいやばいやばい!今日これから雨が降る予報なのに!!

急いで近くのディーラーに持って行きました。

肝心の見積書や請求書は紛失してしまったので載せることができないのですが、修理内容はパワーウィンドウのモーターとレギュレーター等の交換でした。

ちょうど数日前に別の車を自分たちで修理してみた箇所だったので違う車の部品ですが、こんな感じの部品をリビルト品で交換してもらいました。

パワーウィンドウ レギュレーター モーター

新品部品の交換で技術料もあわせて4万近くの請求だったのですが、この前大きな修理をしたばかりだったので我が家には大打撃です!

なのでリビルト品の見積もりをもらうと半分…とまではいかないものの、安くなりました。

リビルト品様様です!

もうリビルト品に足を向けて寝れません!(大袈裟?)

普通車のラジエターのリビルト品


まだまだ修理地獄は終わりません!(笑)

次の修理は夫の車の前回の修理から半年かかっていない頃、ラジエターがお亡くなりになる事件が発生しました。

ちょうど家族で買い物に行っていたのですが、買い物から帰ってきて車に乗ろうと思ったら車の下から液体が漏れていて発覚しました。

このまま放置はダメだと思いエンジンをかけて走ってみると、冷却水が漏れて水温がグングン上昇していき、ものすごく慌てました。

実はJAFにも入っていたのですが、突然のアクシデントに頭からすっぽ抜けていたので慌ててディーラーに持って行ってしまったんですが、そんな時はレッカーを呼びましょう!

エンジンは回さないように気を付けていましたが、下手したらエンジンにまで被害がいってしまう可能性があるので、絶対に自走しないでください!

とてもハラハラドキドキでもう二度と味わいたくない展開でしたが、ディーラーの修理内容がこちら。

ラジエーター リビルト品

ラジエターがリビルト品を使えるということでお願いしました。

私が昔乗っていた車のラジエターの部品だけで4万ぐらいかかっていたので、安いといえば安い…のかな?

ディーラー リビルト品 修理請求書

技術料と部品代あわせて5万1073円の請求でしたが、ディーラーカードを使ったのでここから5%OFFの金額でした。

もう新品部品は付けられないかも…なんていうと大袈裟かもしれませんが、新車で購入した車ではないし、もう10年落ちなので尚更「リビルト品でいいやー!」と思ってしまいます。

夫の車と私の車で2台ともリビルト品に交換しましたが、半年ぐらい経過して今の所、不具合は出ていません。

お財布にも環境にも優しいリビルト品、オススメですよ!

この記事を書いた人

まーさん
気に入った車は壊れるまで長く乗るスタイルで生活しています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1