デリカD3の中古車の相場!抑えておきたいチェックポイントは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産自動車のOEM車として三菱自動車より発売されているデリカD3ですが、その性能から商用車、乗用車の両面で使われています。

販売台数が少ないだけに中古車市場では希少価値の高い車となっているようで、その実態についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

デリカD3の中古車の相場

デリカD3は2011年10月より販売されており、中古車市場の特性を考えると、中古車販売はもう少し先にならないと多く出回ってこないことが予測されます。

新車購入後、初回車検(3年後)、2回目車検(5年後)まではそのまま乗り続けることが多く、7年目の車検前に新車の下取りとして払い下げるケースが考えられます。

デリカD3に例えれば、2018年の後半あたりから徐々に市場へ出回り始めたということになります。

もちろん、車検前という理由からだけでなく中古車市場へ出回ることもあり得ますが、状態の良いものが見つかるケースは稀だと思いますので、日々注視しながら情報を集めることが大切になってきます。

画像02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_van/utility/uti_01.html

台数が少ないだけに相場価格の平均値が割り出せませんので、いくつか例を挙げて紹介したいと思います。

  • 2012(H24)年式、走行距離4.0万km、車両価格650,000円
  • 2012(H24)年式、走行距離9.3万km、車両価格690,000円
  • 2012(H24)年式、走行距離5.2万km、車両価格830,000円
  • 2014(H26)年式、走行距離3.5万km、車両価格870,000円
  • 2013(H25)年式、走行距離5.7万km、車両価格1,050,000円
  • 2017(H29)年式、走行距離3.1万km、車両価格1,280,000円

走行距離が10.0万kmを越えない比較的状態の良いもので、車両価格は650,000円~1,050,000円くらいが相場となっています。

基本的には2回目車検(5年後)を越える越えない範囲となりますが、初回車検(3年後)ですぐに手放された場合、車両価格が1,280,000円と値打ちの高いものが出てくる時があります。

画像03

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_van/utility/uti_01.html

デリカD3の新車購入時は、5人乗りタイプ(グレードM)で2,008,800円、7人乗りタイプ(グレードG)で2,106,800円となっています。

2回目車検(5年後)前後の下取り価格が350,000円~410,000円と想定されますので、販売価格が4:6の割合になることを考えると、ディーラー側の粗利(510,000円~615,000円)を含めた販売価格は860,000円~1,025,000円となります。

現在、中古車市場に出回っている価格と近似値であることがわかります。

また、展示車や試乗車が中古車市場へ出回ってくることもありますが、相場としては1,750,000円~1,800,000円くらいではないか考えられます。

これらの数字をベースにデリカD3の相場価格を比較するように進めていきましょう。

2019-03-02_11h16_07

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/dealer/search/

スポンサーリンク

デリカD3の中古車の探し方

業者の中古車の仕入れ方法は2つあります。

・下取り
新車もしくは中古車を購入する際に所有している車を手放すことになりますが、値引き交渉の条件として所有車を下取りに出すことになります。

・買取り
下取りとは違って、用済みとなった車を単純に売却することになります。

いずれも中古車を取り扱う業者が関わることになるのですが、こちらも用途に応じて相手が変わってきます。

2019-03-02_11h18_17

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/search/

・カーディーラー
新車と中古車の両方を扱っていますので、下取りを前提に話を進めるのであれば、カーディーラーが相手となります。

もちろん、買取りもしてくれますがカーディーラーとしてメリットが少ないため比較的条件は難しくなります。

下取り及び買取りをした車は、自社で扱うか専門のオークションへ回して売却するかを判断することになり、他社製品の車は殆どオークションへ回してしまうことが多いです。

・中古車販売会社
中古車のみを扱っている業者にとって、車の買取りは大事な収入源ですから、カーディーラーよりも良い条件で売却できることになります。

販売を目的としているだけに、状態の良い車には特に注目する傾向にあります。

・オークション業者
中古車売買の仲介役をして利ザヤを稼ぐ業者ですが、状態の悪い車でも海外輸出や廃車処分での部品調達と手広く展開しています。

最近ではネットオークションと呼ばれた個人を対象に中古車を売買していることがあります。

2019-03-02_11h18_56

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/search/

デリカD3の中古車を探す場合、この3つの業者(カーディーラー、中古車販売会社、オークション業者)から購入することができます。

カーディーラーや中古車販売会社は、展示したり、試乗したりと実物に触れることができますので、自分の目で確かめられる安心感があり、インターネットで専用のホームページも開設されていますので、事前にデリカD3が販売されているか確認することもできます。

各ホームページの情報をまとめたポータルサイトもあります。

独自のルートで各サイトの情報を収集し、中古車情報(価格、年式、走行距離)と販売先を車種別に一覧表示してくれますので、デリカD3の状態を比較しながらカーディーラーや中古車販売会社を探すのにとても便利です。

オークション業者へはインターネットを介して相場を知ることができます。

状態についてはプロの感覚が必要となってきますが、カーディーラーや中古車販売会社の価格に差異がないか確認するにはいい目安となります。

それでも状態の良いデリカD3を見つけることは難しいかもしれませんので、カーディーラーや中古車販売会社の方と仲良くなり、販売前の情報を回してもらう地道な努力も必要となってきます。

2019-03-02_11h19_04

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/search/

スポンサーリンク

デリカD3の中古車選びのチェックポイントとまとめ

中古車選びの中で一番気をつけなくてはならいのが修復歴です。

事故によりフレーム等の骨格を破損した場合、解体して補強作業を行わなければならないのですが、プロの方が作業をおこなった場合でも元通りになる補償はありません。

それを危惧して中古車情報には修復歴の有無を掲載する義務があります。

安全性能に大きく関与してくることになりますので、中古車市場では人気がなく、カーディーラーや中古車販売会社ではあまり取り扱うことはありません。

価値もかなり下がりますので、相場価格よりも低い場合は修復歴を疑うようにしましょう。

画像08

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/contents/pc/guide/pre/03.html

修復歴が無く、実際に公道を走っていた車だからといっても安心する訳にはいきませんので、実物を必ず確認して下さい。

デリカD3は商用車として利用されるケースもありますので、取り扱いの荒さからイメージしていた状態よりも違和感がある恐れがあります。

2019-03-02_11h38_29

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d3/

ポイントをいくつが紹介しておきます。

・外観
小さな傷や凹みは納車前に綺麗に直してくれるので気にする必要はありませんが、左右上下の平衡感覚に問題ないか全体のバランスを確認して下さい。

・内観
シートに座って感触をチェックしつつ、デリカD3の特徴でもあるシートアレンジができるか座席の折り畳み等を繰り返し確認して下さい。

・エンジン
エンジンをかけてどれくらい良好なのか確認して下さい。

目安としては、試乗車などの状態の良いものと聞き比べると違いが分かるかと思います。

・運転
公道を走ることができなくても、施設内であれば簡単な移動運転をさせてもらえることがあります。

駐車スペースを何度か走るだけでも感触が伝わると思いますので、担当の方へお願いしてみて下さい。

画像09

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d3/utility/uti_02.html

三菱自動車には中古車を専門に取り扱っているディーラーがあります。

クライアントのニーズに併せて必要な車種を取り揃えているだけに、デリカD3を探す場合に最初に相談すべき相手と言っても過言ではありません。

下取り車だけでなく展示車や新古車も運ばれてきますし、他メーカーがオークションに出した自社製品の車を仕入れることもしています。

また、状態の良い車には優良車としてランク保証をしていますので、購入後のアフターフォローも安心することができます。

もちろん値引き交渉にも応じてくれますので、納得できるまで担当の方と話し合って下さい。

新車を扱っているカーディーラーとも連携してるので、まずはお近くのカーディーラーへ話をしてみてはいかがでしょうか。

画像10

引用:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/contents/pc/nintei/01.html

デリカD3の中古車について見てきましたが、現時点でインターネットを検索しても10台くらいしか見つかりませんでした。

掲載前に購入されるケースが多いかもしれませんので、カーディーラーや中古車販売会社の方とのコミュニケーションを進めることを検討していただければと思います。

デリカD3のオプション情報を紹介!おすすめのパーツは?

2019.03.02

デリカD3の納車までの期間はどれくらい?納車情報を紹介!

2019.02.24

デリカD3の試乗レポートまとめ!試乗車に乗った方がいいの?

2019.02.24

デリカD3の燃費は良い悪い? ライバル車と徹底比較!

2019.02.24

キャッチ画像:https://ucar.mitsubishi-motors.co.jp/dealer/ucarlist/h6602/t28/

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1