新型ハイエースのスペック紹介! 特徴や性能は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型ハイエースのスペックはどうなっているでしょうか?

新型ハイエースのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

新型ハイエース主要スペック

carlineup_hiacevan_grade_2_11_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

普段使いから、仕事まで幅広い用途で活躍する新型ハイエース。

トヨタのベストセラーとして、長年君臨する使い勝手がよい自動車です。

ボディ・ルーフは4タイプあり、ロングバン・標準ボディ・標準ルーフ(DX、スーパーGL)をはじめ、ロングバン・ワイドボディ・ミドルルーフ(スーパーGL)、ロングバン・標準ボディ・ハイルーフ(DX)、スーパーロングバン・ワイドボディ・ハイルーフ(DX)となっています。

carlineup_hiacevan_performance_engine_03_pc

出典:http://toyota.jp/hiacevan/performance/engine/

ワゴンやバンに搭載されるエンジン(2TR-FE、1TR-FE)には、吸・排気連続可変バルブタイミング機構(Dual VVT-i)が採用され、パワフルで低燃費を両立しています。

carlineup_hiacevan_performance_engine_04_sp

出典:http://toyota.jp/hiacevan/performance/engine/

バンに搭載されるディーゼルエンジン(1KD-FTV)には平成21年排出ガス規制に適合。

1KD-FTVは可変ノズル式ターボチャージャーをはじめ、コモンレール式燃料噴射システム、ピエゾインジェクター、電子制御式可変油圧システム、大型EGRクーラー、燃料添加システムなどの採用し、出力、トルク、燃費に優れ、クリーンな排気を達成した上に、振動、騒音も低減しました。

6AT(シーケンシャルシフトマチック付)は、電子制御式オートマチックに属し、スムーズな変速を実現するフレックスロックアップと必要なシフトチェンジを減らす登降坂制御付き、MTのフィーリングでシフトが可能なシーケンシャルシフトマチックも装備。

carlineup_hiacevan_grade_43_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

操作性とウォークスルーしやすさを考慮したゲート式のインパネシフトの採用。

ダブルウィッシュボーン(フロント)と車軸式(リヤ)を組み合わせることで、操縦安定性や乗り心地の良さが光ります。

雪や雨の日にも安定した走行性能を引き出すフルタイム4WDには、センターデフ方式(ビスカスカップリング)を採用。

駆動力を路面に素早く伝え、滑りやすい道路も、安心。

carlineup_hiacevan_performance_engine_08_pc

出典:http://toyota.jp/hiacevan/performance/engine/

新型ハイエースのスペック表

乗車定員2人(バン・特設車・キャンパーベース車)
2/5人(バン・スーパーGL)
3, 3/6, 3/6/8/9人(バン・DX)
10人(ワゴン)
14人(コミューター)
ボディ5ドア/4ドアミニバン
駆動方法FR/4WD
最高出力100kW/5600rpm(1TR-FE)
118kW/5200rpm(2TR-FE)
106kW/3400rpm(1KD-FTV)
最大トルク182N・m/4000rpm(1TR-FE)
243N・m/4000rpm(2TR-FE)
300N・m/1200-3200rpm(1KD-FTV)
変速機4AT/6AT/5MT
サスペンションフロント:ダブルウィッシュボーン
リア:車軸式
全長4,695mm、4,830mm、5,380mm(バン)
4,830mm、5,380mm(ワゴン)
5,380mm(コミューター)
全幅1,695mm、1,880mm(バン)
1,880mm(ワイドボディ)
全高1,985mm、2,285mm(バン)
2,105mm、2,285mm(ワゴン)
2,285mm(コミューター)
ホイールベース2570-3110mm(バン)
2,570-3,110mm(ワゴン・コミューター)
車両重量1,610-2,030kg(バン)
1,910-2,170kg(ワゴン・コミューター)
ブレーキ前:ベンチレーデットディスク
後:リーディングトレーリング
スポンサーリンク

新型ハイエース主要装備

carlineup_hiacevan_grade_2_10_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

コミューターとワゴン(全グレード)は安全性の面では充実しており、EBD(電子制動力配分制御)付ABS+ブレーキアシストをはじめ、VSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナル、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(運席)、3点式リヤシートベルト(全席)、LED式ハイマウントストップが標準装備されます。

carlineup_hiacevan_grade_34_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

視界では、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)、リヤアンダーミラー、計器盤や操作性では、車速感応パワードアロック(運転席・助手席ドアキー連動、衝撃感知ドアロック解除システム付)、盗難防止システムでは、イモビライザーシステム(国土交通省認可品)、ワイヤレスドアロックリモートコントロールキーが標準装備。

carlineup_hiacevan_grade_2_21_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

室内装備では、センターコンソール(リヤ席用カップホルダー2個付)、運転席カードホルダー、イルミネーテッドエントリーシステム(イグニッションキー照明・フロントルームランプ)、アクセサリーソケット(DC12V・120W)が標準装備です。

バン(全グレード)の安全性の面では、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)&ブレーキアシスト、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(運席)、LED式ハイマウントストップが標準装備。

carlineup_hiacevan_grade_12_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

視界の面では、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)、リヤアンダーミラー、計器盤や操作性では、ワイヤレスドアロックリモートコントロールキー、イモビライザーシステム(国土交通省認可品)、スライドドア全開ストッパー、室内装備では、助手席アッパーボックス、運転席カードホルダー、イルミネーテッドエントリーシステム(イグニッションキー照明・フロントルームランプ)が標準装備。
⇒ 新型ハイエースを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

carlineup_hiacevan_grade_46_sp

引用:http://toyota.jp/hiacevan/grade/

ボディ・ルーフは4タイプあり、ロングバン・標準ボディ・標準ルーフ、ロングバン・ワイドボディ・ミドルルーフ、ロングバン・標準ボディ・ハイルーフ、スーパーロングバン・ワイドボディ・ハイルーフ(DX)。

ワゴンやバンに搭載されるエンジンは、ガソリンエンジンでは2TR-FE、1TR-FE)、ディーゼルエンジンでは、(1KD-FTV)となっています。

ミッションに採用された6AT(シーケンシャルシフトマチック付)は、スムーズな変速を実現するフレックスロックアップと必要なシフトチェンジを減らす登降坂制御付きで、MTのフィーリングでシフトが可能なシーケンシャルシフトマチックも装備。

ボディ、エンジン、ミッションに多彩なバリエーションがあり、用途や目的に合わせて使える便利な自動車です。

特にボディやシートのバリエーションは多く、素晴らしいと感じ、トヨタのロングセラーであることはうなづけます。

これから新型ハイエースを購入する人の参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク