ジャスティとルーミーを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

トールワゴン型のコンパクトカーを選ぶ際に、気になると車といえばスバル・ジャスティトヨタ・ルーミー

どちらを買おうか決める時に気になるのは、やはり乗り心地や大きさはもちろんのこと。

維持費や燃費についてではないでしょうか。

今回は二つを比較しながらご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ジャスティとルーミーの乗り心地や大きさはどっち?

最初にご紹介するのは大きさと乗り心地です。

乗り心地や大きさは運転する人も運転のしやすさに関わってきますし、乗っている人も乗り心地は気にするもの。

長時間車に乗っても平気なのはどちらなのか比較してみましょう。

https://kakaku.com/item/K0000921867/catalog/

乗り心地や大きさはどっちがいい?

まずジャスティの大きさから見ていきましょう。

ジャスティの大きさはどのくらいかというと、全長3700~3715㎜、全幅1670㎜、全高1735㎜です。

グレードによっては全長が高くなるようです。

室内の広さはどうなのかというと、室内長2180㎜、室内幅1480㎜、室内高1355㎜となっています。

次にル―ミーの方を見ていきましょう。

ルーミーの大きさはどのくらいかというと、全長3725㎜、全幅1670㎜、全高1735㎜です。

室内の広さはどうなのかというと、室内長2180㎜、室内幅1480㎜、室内高1355㎜となっています。

比較するとルーミーの方がやや大きいようです。

https://www.carsensor.net/usedcar/bTO/s240/nenpi/

室内の広さや、幅だけではなく高さも同じですがルーミーの方が長さがあるようです。

また気になるのは乗り心地はどうなのでしょう。

ジャスティの乗り心地はシートは固くもなく柔らかくもなく座りやすいようですが、、振動が伝わりやすいようです。

街乗りなどでは良いですが、凸凹道での揺れやカーブする時の揺れも感じることもあるので長距離には向いていないという意見もありました。

ルーミーの乗り心地はシートが固めですが、揺れを感じることは少ないようです。

乗っていて疲れにくいという意見が多く、長距離を走る際も疲れないのが特徴といえます。

口コミを見てみるとやはり短~中距離はジャスティ、遠距離で走行する場合はルーミーが良いようです。

比較してみて大きさはルーミーの方がやや大きいことが分かりました。

乗り心地は好みもあると思うので、一度試乗してみると良いかもしれません。

他にも選ぶ際の決め手になるものはあります。

次は維持費についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ジャスティとルーミーの維持費はどっち?

車を所有するとどうしても掛かってくるのが維持費です。

一年間使うだけで掛かる金額や、二年に一度かかるお金、どれも把握しておきたいものです。

ジャスティとルーミーはどちらが維持費は安くなるのでしょうか?

比較してみましょう。

https://kakaku.com/item/K0000921867/catalog/

維持費が安いのはどっち?

まずはジャスティの方から見ていきましょう。

ジャスティの自動車税は29.500円、保険料は自賠償と任意合わせると約4~8万ほどになります。

車検料は約4万~8万、車検を行う場所によって値段は変わってきます。

そしてガソリン代はというと約5~8万かかるようです。

次にルーミーの維持費を見ていきましょう。

ルーミーの自動車税は29.500円、保険料は自賠償と任意を合わせると約4~10万ほどになります。

車検料は約4万~8万、こちらも車検を行うによって違っていきます。

そしてガソリン代は約5~9万円程かかるようです。

比較した結果、ジャスティの方が維持費が安いようです。

しかし金額の大幅な差はないので、節約をすればどちらもほぼ同じ維持費になるといえます。

車検代では正規のディーラーの頼むと高くなりがちですが、ガソリンスタンドやカー用品店などで頼むと安くあがります。

他にも持ち込みが許可されている場所では、整備品をAmazonなどで安く購入して整備の際に使ってもらうということもできます。

正規品で無くても良いという人にはおすすめの節約です。

またガソリン代は価格で大きく変わってくるもの、いつ高くなっても不思議ではないのがガソリン代といえます。

ガソリン代を抑えたい場合として使う手はやはり、セルフを利用することと燃費を良くする事に限ります。

燃費についてはこの後ご紹介しましょう。

維持費を比較してみるとジャスティの方が安いことが分かりました。

大きさも似ていることから金額も、節約次第では安くなるといえます。

必要経費としてどうしても外せないので、是非他の節約できる経費を削っていきたいですね。

次は燃費についてご紹介します。

スポンサーリンク

ジャスティとルーミーの燃費はどっち?

最後にご紹介するのは、維持費にも繋がってくる燃費です。

車を運転していて、燃費が良い方に乗りたいと思うこともあるのでしょうか?

運転も楽しくなり、かつ達成感を味わえる燃費はどっちなのか。

燃費について比較してみましょう。

https://ucar.subaru.jp/search/car_id_916018112900402073003/

燃費が良いのはどっち?

まずジャスティの燃費を見ていきましょう。

ジャスティの燃費は2WD4WD、ターボを含めて21.8~24.6㎞/Lとなっています。

実燃費の方はどうかというと12~19㎞/Lのようです。

そしてルーミーの燃費は2WD4WDを含めて21.8~24.6㎞/Lとなっています。

実燃費の方はというと15~20㎞/Lのようです。

比較の結果、ルーミーの方が燃費が良いことが分かりました。

ルーミーの方が燃費が良いようですが、これも夏場や冬場によっては10前後になることも多いので注意が必要です。

どうしても寒冷地などの地域での温度変化でエアコンをつけることも多く、燃費も悪くなりがち。

道が混んでいることが多いなどの道路問題もある人もいるのではないでしょうか?

渋滞していない道や高速道路、信号の少ない場所だと逆に燃費も良くなりますが、そんな道が近所になかったり通勤の道にない場合もあります。

https://kakaku.com/kuruma/used/item/20811446/

一番手頃に燃費を抑える方法といえば、やはり運転しかありません。

なるべく急ブレーキをかけたり、急激な加速をしないことなどが挙げられます。

他にも渋滞しない道を選んだりすることも大事になってきます。

しかし住んでいる地域によっては運転だけでは燃費を良くするのも難しいことも多いのが現実です。

そんな時は燃費向上のグッズなども使ってみるのも良いかもしれません。

しかし心配なのは実際に効果がないと意味がないということ。

燃費が良くなるタイヤなどもありますが、最初の出費が大きいのは悩ましいですね。

そんな時に一度の投資で長く低燃費で走れるという気持ちであれば問題はないかもしれません。

どちらにしても、やっぱり燃費が良いに越したことはないのです。

もちろん向上グッズもすべてが良いわけではありませんので、念入りに口コミなどチェックしてみたり店員に聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

自分に合った燃費向上の仕方を考えておくと、夏場や冬場でも燃費の良さも少しは変わってくるでしょう。

https://ucar.subaru.jp/search/car_id_916018112900402073003/

比較の結果、ルーミーの方が燃費が良いことが分かりました。

燃費も出来る範囲でも良くしたいもの、燃費が良い走りができた時は気分が良いものです。

ガソリン代も安くあがって、なおかつ燃費も良いのはなんだか得した気分になりませんか?

運転するからこそ、気分よく乗っていたいものですね。

スポンサーリンク

ジャスティとルーミーを比較まとめ

https://kakaku.com/kuruma/used/item/20604065/

ジャスティとルーミーの比較はいかがだったでしょうか?

大きさや室内の広さはほぼ同じですので、乗り心地や維持費、燃費はもちろんのことインテリアも見てみるといいかもしれません。

自分の好みやライフスタイルに合うか実際に乗ってみて判断するのも良いでしょう。

私のおすすめはやはり燃費の良いルーミーの方が良いかなと思いました。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/special/photo.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク