新型ベンツ Aクラスの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

fig5b

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデスベンツの新型ベンツ Aクラスの色・カラーは何色あるでしょうか?

新型ベンツ Aクラスの色・カラーの情報や、人気のカラーをご紹介します。

スポンサードリンク

Aクラスカラーバリエーション

color_01

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

Aクラスに用意されているボディカラーは全6色です。

グレードによってオプション費用の発生するカラーがあり、また受注生産のため納車まで半年以上かかる場合があります。

ソリッドペイント

◆ジュピターレッド

color_02

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

ベンツらしい赤ですね。

ジュピターレッドのベンツを女性が運転しているのを見ると、かっこよくて見惚れてしまうことがあります。

ジュピターレッドというのは「アンスリウム」という花の品種で鮮やかな品格漂う赤色をしていて、ベンツのカラーネーミングにぴったりです。

color_04

引用:http://item.rakuten.co.jp/tsuboikaen/10140801/

◆カルサイトホワイト

color_03

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

ベンツの最新のソリッドホワイトでパールは入っていません。

日本では人気色であるホワイトですが、ヨーロッパではあまり売れていません。

ホワイトは時代と共にフィアン→アラバスター→カルサイトと新しくなってきました。

ホワイトは国産車に紛れそうだという少数派意見もありAクラスではブラックを選ぶという人もいます。

メタリックペイント

◆コスモスブラック

color_05

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

Aクラスでは非常に人気の高いカラーです。

メタリックがより輝きを増し、高級感があります。

ただし、オーナーの口コミでは「本当に手入れが大変」といった声が多く上がっています。

また、洗車後の拭き上げの時にできるスリ傷をつけないようにするのは至難の業とも。

ガスリンスタンドで洗車するのも避けた方がいいようですね。

「汚れた黒いベンツはみっともない」そんな風潮が世間ではあります。

◆ポーラーシルバー

color_06

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

ベンツといえばシルバーです。

特にスポーツモデルはシルバーがよく似合います。

昔はレースに出場するのにナショナルカラーが設定されていてドイツはシルバーだったため、そのイメージから本国では、ベンツはほとんどシルバーといってもいいくらいです。

ちなみにイギリスはグリーン、イタリアはレッド、フランスはブルーだったそうです。

◆サウスシーブルー

color_07

引用:http://b-cles.jp/car/nebiki/a-class_nebiki.html

このカラーを選ぶつもりがなくても、実車を見て選択することにしたというオーナーもいるくらい印象的な存在感のあるカラーです。

南国の海を思わせるクリアなブルーはスポーティで人目をひきそうですね。

サウスシーブルーは証明写真の背景に使用されるカラーで人の肌色の補色なので肌がきれいに見えるといわれています。

color_08

引用:https:/www.alpen-group.jp/shop/commodity/SALP0482D/YO2032EU00552

◆マウンテングレー

color_09

引用:http://www.mercedes-benz.jp/catalog/a-class/ebook/main/index.html

サウスシーブルーとは一転して渋いカラーです。

受注生産ですので、レア度が高く同じカラーのクルマには中々会わないかも知れません。

最近、国産車でも濃いグレーのクルマが増えていますが、インパクトが強くて美しいカラーですね。

color_10

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

⇒ 新型メルセデスベンツ Aクラスを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

ベンツ、カラー選びの口コミ

180のスポーツなのですがディーラー曰く、メルセデスのスポーツはそもそもシルバーが主流で人気、次の下取りの時もスポーツなら黒とそこまで差は出ないだろう、とのこと。

自動車レースの世界ではドイツのナショナルカラーはシルバーですし、ベンツでもシルバーは定番色ですし、不人気ということは無いと思いますよ。

ベンツを買うなら最も無難な色、と言えると思います。

私だったらシルバーなら断念します。

絶対後悔するので。

ブラックが一番です♪

黒のメルセデスってカッコいいですよ。

シルバーはお年を召されてからでも間に合います。

トヨタのスポーツセダンはシルバーが売れ筋カラー一番人気でした。

という事で私ならシルバーのメルセデスを選びます

シルバーは洗車後の達成感がないし、定番というと避けたい感じですね。

最近のメルセデスは白、黒が主流になってきてますね。

シルバーが人気だったのは一昔前の話です。

国産の車のシルバーは買う気にならないが何故かベンツのシルバー&サンルーフの見た目色合いが好きです。

color_11


引用:http://current-life.com/life/popular-body-color/
出展:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000700512/SortID=19225906/

同じクラスの車を2台ほど持っていますが、片方は遊び用に割り切ったので黄色、片方はまぁそこそこ何処へでも乗っていくので濃紺を選びました。

黒にしたことのデメリットは、

・洗車が大変。

・青空駐車だと、塗装がすぐに焼ける。

・ワックスを頻繁にかけていないとバカにされるクルマになります。

・傷が目立ちやすい。

・運転するときの服装によっては、ドライバーがバカに見えてくることさえある。

やはり黒が人気でしょう。

人気の黒、販売数の白と言う傾向があります。

欧州で売られているペイントカラーをよくみて、別注でオーダーすればいいのでは?

黒色・・特にベンツでってコトではないですが、とにかく汚れが目立ちますよ。

黄砂とか、ヒドイもんです。

スリ傷も目立ちますよ。

color_12


引用:http://clicccar.com/2013/03/11/214916/
出展:https:/oshiete.goo.ne.jp/qa/4804637.html

この車の前は黒に乗ってたんですが、夏に炎天下に駐車したときの車内温度の上がり方がだいぶ違うように感じます。

購入後の売値を考えると白か黒です。

全く同じ状態でシルバーと買い取り額を比べると激しい差が出ます!!

最低でも色だけで20~30万の差が出ます。

例えば金額が高いクラスになると50万は軽く違ってきますよ。

わたしはCクラスのベンツのかなり突飛な色を新車で購入して3年で売却しました。

購入してから「そう言えば下取りが悪くなるかしら?」とも思いましたが、結果特に悪くも良くもなかったと思います。

「せっかくのベンツなのにこんな色にして・・・」とか言う人も居ましたが概ね好評?でした。

下取りを考えて色を決めるなんて、つまらないと思います。誰が何と言おうと自分の好きな色でいいじゃないですか。

color_13


引用:http://clicccar.com/2013/03/11/214916/
出展:https:/oshiete.goo.ne.jp/qa/1538301.html

スポンサードリンク

スポンサードリンク

新型ベンツ Aクラスの色・カラー紹介まとめ

Aクラスのブラック人気はかなり高いようですね。

口コミを色々見てみましたがホワイト・ブラック・シルバーの話題がほとんどでした。

リセールバリューがいいからとホワイト・ブラックを選ぶ人が多いといいますが、実際にクルマが美しく見えるカラーということでよく選ばれています。

同時に汚れが目立つカラーでもありますね。

それだけにきれいにした分、満足のいく光沢が得られるのです。

とくにブラックは、輝くほどに高級感が感じられて面倒な洗車さえ、楽しみになるという人もいるくらいなのです。

大事なことは汚れる前、洗車傷がつくまえのコーティングです。

専門店でしてもらうのもいいですが、ガラス系コーティング剤など比較的安くで売られていますので自分でするのもいいでしょう。

ブラックを選んだ以上は洗車も楽しみたいものです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク