ランドローバーディスカバリーの値段・価格は?気になるグレード別の違いは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ランドローバーディスカバリーは、洗練されたエクステリアデザインが大変注目を浴びていています。

そんな、ランドローバーディスカバリーの値段や、グレードの違いなどを紹介していきます。

ランドローバーディスカバリーの値段・価格は?

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

ランドローバーディスカバリーの排気量は「3.0L」のガソリン車とディーゼル車がラインナップされています。

他にも、ランドローバーディスカバリー7人乗車できるSUVで、ランドローバーの中核的な存在のSUVですが、日本でも人気が高いモデルとなります。

ランドローバーディスカバリーには、「HSE」「HSE LUXURY」などのグレードが2つあり、それぞれにガソリンとディーゼルのモデルがあります。

新車価格は「851万円~993万円」と、結構値段が高い感じですね。

「LEDヘッドライト」とか「HSE」にはないですが「ドライブアシスト」が、標準装備なので値段的に損はしていないかもしれません。

インテリア関連の口コミを集めてみました。

・高級感が凄い

・ダッシュボードやドアパネル上部にまで上質な本革を使った高級な内装

・ナビや左右独立フルオートエアコン、フロントパワーシートなどの快適フル装備

・レンジローバーの立ち位置がわからなくなります

ランドローバーディスカバリーのインテリアは、ダッシュボードやドアパネル上部にまで本革を使用しています。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

本革を使用しているので、高級な内装に見えます。

フロントにはパワーシートが装備されているようで、かなり便利装備が備わっていそうです。

また、ディスカバリー伝統のデザインを、再構築しているデザインをしたインテリアで、力強い水平と垂直のラインがとてもかっこ良いですね。

さらに、プレミアムレザーや本物のウッド&メタルなど、細かい部分にまでこだわり開発されているようです。

10インチのモニターはインターネットなど簡単に接続できますし、直感的に操作もできます。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

必要な情報を自由に選んで、操作ができます。

ランドローバーディスカバリーを買う理由になるのは、内装装備だけではなく走りに関しても上質に感じるので、買う価値は十分にあると言えます。

加速に関して威力のあるパンチのきいたパワートレインはストレスを感じず、気持ち良い走りを実現します。

また、乗り心地は路面の状態を運転手に知らせることがなく、なめらかな走りを体感することが出来ます。

値段的に見ても手を抜いている部分は、全く無いように感じます。

ランドローバーディスカバリーグレード別の違いは?

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

ランドローバーディスカバリーのグレードは、「HSE」「HSE LUXURY」の2つしかありません。

「HSE」「HSE LUXURY」の2つのグレードの違いについて、紹介をしていきます。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

まず、アルミホイールですがどちらも「20インチ」のホイール&タイヤですが、ホイールデザインが「HSE」「HSE LUXURY」と、少し違いがあります。

次に、「HSE」「HSE LUXURY」は、どちらもナビが標準装備で「メディア」「各種車内設定」「ナビゲーション」など、直感的に操作が可能です。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

ハンズフリーパワーテールゲートは「HSE LUXURY」にしか装備されておらず、「HSE」には設定がないようです。

他にも「ドライバーアシストパックが「HSE LUXURY」にしか、装備されていません。

ランドローバーディスカバリーのグレード「HSE」「HSE LUXURY」の違いは、ざっくり見ても「ドライバーアシスト」、「ハンズフリーパワーテールゲート」が装備されていません。

ランドローバーディスカバリーの「ドライバーアシストパック」には、以下のような装備が搭載されています。

・自動緊急ブレーキ

・レーンキープアシスト

・フロント&リアパーキングエイド

・サラウンドカメラ

自動ブレーキは衝突の危険を即して、注意を運転手に促します。

走行時速5~80km/hなら車との衝突を検知し、走行時速5~60km/hで歩行者との衝突を検知します。

レーンキープアシストは、車線から車がはみ出しそうになると、自動的に車線内にハンドルが制御して戻します。

ほかにも、フロント&リアパーキングエイドは駐車場でバックで止めようという場合に、画面上の表示と音声によるガイドによって、障害物との距離を把握することが可能です。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

起動させるにはギアをリバースに入れるか、タッチスクリーンを操作します。

サラウンドカメラは、ボディ各部に設置されているカメラによって、周囲360度の車の回りの状況を確認することが出来ます。

縁石沿いの駐車や狭い場所での駐車などで役立ちますが、他にも縦列駐車でも活躍しそうです。

ランドローバーディスカバリーのエンジンスペック

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

ランドローバーディスカバリーのエンジンスペックは、最高出力が「340PS/6500rpm」で最大トルクが「45.9kg.m/3500rpm」です。

数値的に見るとかなりハイパワーな車のように感じますが、実際に所有している人はストレスを感じていないのか口コミを紹介していきます。

・レスポンス、加速性能が素晴らしいです。エンジン音も静かで言うことなしです。

・街中では流れに遅れる事なく滑らかに走ります

・車両重量3トン近いボディをグイグイ加速させます

ランドローバーディスカバリーの加速力はもはや、快適を通り越して異次元の世界のように感じます。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

加速が良いからといってもエンジン音が大きいわけではなく、アクセルも余り踏まなくてもグイグイ加速するなら、どんなに険しい坂道でも快適に登れそうですね。

馬力やトルクが高いので、街中ではそれほど深くアクセルを踏み込むシーンというのは、全く無いのではないでしょうか。

車両重量は「2,360kg」ですが、そんな重量級の車体を軽々しく加速させていくというのは、かなり驚異的な気がします。

まとめ

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

ランドローバーディスカバリーは3.0Lで、ガソリン仕様とディーゼル仕様があります。

ガソリン仕様はハイオク限定なので、燃料代もかなり高そうに感じます。

ですが、ディーゼル仕様もあるので燃料代を節約したいなら、単価が常に安いディーゼルのほうが年間の燃料代が安くなりそうです。

ランドローバーディスカバリーのグレードは、「HSE」「HSE LUXURY」の2つあります。

ガソリン仕様の新車値段は「HSE」が851万円で、「HSE LUXURY」のほうが973万円です。

どちらも4WD以外は、選択できないようです。

値段的に買う価値はあるのかどうかですが、車に求めている機能によってはどちらを選んでも、特に損をした気分にはならないように感じます。

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

内装も上質な感じなので、口コミでも不満に感じている人も少なく、ロードノイズなどもほぼ無いという声もあります。

だいたい、口コミで不満がない車というのはかなり少ないのですが、ランドローバーディスカバリーの場合は本当に不満の声が少なく、満足している口コミのほうが多いです。

ランドローバーディスカバリーには、エアサスが装備されているようで路面の衝撃も吸収しやすいという声もありました。

価格ドットコムの口コミによりますと、「エアサスによる乗り心地は最高で街中、高速、荒れた路面でも余り疲れません」という意見が、2件ほどありました。

車好きが集うというSNS「みんカラ」でも、「路面状況にかかわらず、一定の乗り心地」という口コミがありました。

色んな所で乗り心地は最高だということは、本当に良いんだと感じます。

アイキャッチ画像:https://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/index.html

この記事を書いた人

ナガクラヤマ
田舎暮らしのアラフォー男。のんびりドライブしながら美味いものを食べるのが好き。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1