坂道発進エンストの原因は?怖い急坂で下がるMT!成功のコツはアクセル量?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

坂道発進でエンストする原因は何なのでしょうか?

MT車だと急な坂道発進の時は特に、ヒヤヒヤしてしまいますよね。

それに、そういう時に限って後ろの車がピタッとくっついていたりするので、エンストしたり下がるのがとても怖いものです。

しかし、坂道発進の成功のコツを知っていれば、急な坂道でも怖い思いをしなくて済みますよ。

その方法を詳しくお伝えしていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

坂道発進でエンストする原因

坂道発進でエンストする原因は、MT車の場合、いくつか理由が考えられます。

というのも、MT車ではいくつもの操作の連続で坂道発進を行うため、エンストする原因が一つ、ということはありえないのです。

しかし、これは裏を返せば、坂道発進を成功させるコツはたくさんあるということでもあります。

その成功のコツをつかむためにも、まずは坂道発進でエンストする原因を理解しておきましょう。

坂道発進でエンストする原因①アクセルの踏み方が足りない

坂道でエンストする原因は、まずアクセルの踏み込みが足りていないことが考えられます。

これは急発進が怖いので、アクセルの踏み込みに躊躇(ちゅうちょ)してしまっていることが多いです。

どんなにクラッチのつなぎ方が適切であったとしても、アクセルの踏み込みが弱ければ、エンストしやすくなってしまいます。

つまり、ある程度アクセルを踏み込んで、エンジンの回転数を上げなければクラッチがつながらないということなのです。

また、クラッチを離さない限りは、車が発進することはありません。

坂道発進でエンストしやすい、という方は、まずはしっかりアクセルを踏み込んで、エンジンの回転数を上げることを意識しましょう。

坂道発進でエンストする原因②クラッチの踏み込みが噛み合ってない

坂道でエンストする原因としては、クラッチとアクセルの踏み込みが噛み合っていないことも考えられます。

つまり、クラッチを戻すのが早すぎて、エンジンの回転数が上がる前にクラッチを離してしまうと、エンストしてしまうのです。

また、エンジンの回転数が上がっていても、クラッチを戻すのが遅く、その間にエンジンの回転数が下がってしまう場合もあります。

こうなると、クラッチがうまくつながらないのでエンストしてしまいますよね。

エンストを防ぐには、アクセルの音に注意するのが一番です。

エンジンの音を聞きながら、「エンジンの回転数がクラッチをつなぐのに十分であるか」ということに敏感になる必要があります。

また、半クラッチの位置は車によってクセが違います。

車によって、半クラッチの遊びの部分が多かったり、すぐに半クラッチになってしまうものもあります。

このような、クラッチのつながりやすいポイントを見極めることも重要ですね。

クラッチの遊びの部分については、車検時などで調整してくれるところもあります。

「もっとクラッチはこうした方が運転しやすい」などの要望があれば、あらかじめ伝えてみるのが良いかもしれませんよ。

坂道発進でエンストする原因③サイドブレーキを引いていない

坂道発進でエンストする原因としては、サイドブレーキを引いていないことも影響します。

坂道発進でエンストする原因として、意外に多いのがこれです。

アクセルを踏み込み、クラッチをゆっくり戻すと振動がありますよね。

その際に、素早くサイドブレーキをあげることで、エンストしにくくなります。

坂道発進の技術を過信しすぎず、ちょっとでも不安だなと感じたら、サイドブレーキを引くようにしましょう。

坂道発進のギアやアクセル量のポイント

坂道発進の際のギアは、必ず一速を使いましょう。

二速のギアを使うと、エンジンの回転数が上がり切らずにクラッチにつないでしまう可能性が上がります。

急な坂道では、エンジンの回転数が上がるまでにパワーも必要です。

特に、軽自動車のようなエンジンのパワーが弱めの車の場合は、なおさらです。

そのため、平らな道でアクセルを踏むよりも、アクセルを踏み込む量が必要です。

坂道発進でギアを二速以降にしてしまうと、さらにアクセルを踏み込み、エンジンの回転数を上げた状態でクラッチを離す必要があります。

しかし、そうなると余程パワーがある車でなければ、結果的に坂道発進でエンストしてしまう原因となるでしょう。

少々手間ではありますが、坂道発進でエンストしたくなければ、ギアは一速に入れることをおすすめします。

また、アクセルの量はしっかりエンジンの回転数が上がっていることを音で確認しましょう。

慣れないうちは特に、音がうるさいくらいにアクセルを踏み込んで、エンジンの回転数を上げてからクラッチを徐々に戻すのが無難です。

なお、エンジンの回転数が多少上がりすぎても、音以上に車への負担は少ないので安心してアクセルを踏み込んでも大丈夫ですよ。

なお、クラッチを急に戻すと急発進につながるため、その点は注意をしましょう。

坂道で下がるときの対処法や急坂で発進するときのコツ

急坂などでは特に、坂道発進の際に下がるのが怖いですよね。

これは坂道の傾斜が大きいため、ブレーキから足を離している時間が長いと、その分下がりやすくなってしまうからです。

そのため、どうしても坂道発進を手際良く行う必要があります。

コツは、一気にアクセルを踏み込むことで、エンジンの回転数を上げる時間を短くすることです。

この際、前の車との距離ができたところを見計らって、アクセルを踏み込むようにしましょう。

なぜなら、前の車との距離がある程度開いていないと、急発進してしまった場合に衝突してしまうことがあるためです。

また、サイドブレーキを活用することも大事です。

それによって、あせらずに坂道発進することができますよ。

サイドブレーキを活用する場合は、

  1. クラッチは踏み込んだ状態
  2. アクセルをしばらく踏み込んで、エンジンの回転数を上げる
  3. クラッチを、半クラッチの状態まで戻す
  4. アクセルは踏み込んだまま、クラッチをゆっくり離していく
  5. 振動が来る段階で、サイドブレーキ解除

という手順です。

これは坂の傾斜にもよるので、どのくらいのアクセルの踏み込みが適切かは、ある程度慣れも必要です。

運転技術も必要ですが、その車のクセ(半クラッチの遊びの部分など)もあります。

ですが、サイドブレーキを使えば急に下がることもなく、エンストすることも減りますよ。

また、坂道発進に慣れていない場合は、後方にあまり近づかないように促すステッカーなども販売されています。

後続車が距離を取ってくれていると、坂道発進の恐怖もいくらかマシになりますし、精神的に落ち着きますよね。

そのため、坂道発進でエンストすることも少なくなります。

このようなステッカーを利用することで、急坂でも安心して坂道発進できますので、利用してみてくださいね。

坂道発進でエンストする原因と成功のコツまとめ

坂道発進でエンストする原因や、エンストせずに坂道発進を成功させるコツについてお伝えしてきました。

坂道発進のコツをつかむことはできたでしょうか?

最後にここまでをおさらいし、坂道発進のコツをまとめておきましょう。

坂道発進でエンストする原因は、

  • アクセルを踏み込む量が足りない
  • クラッチがうまくつなげていない(クラッチの戻しが早い、または遅すぎる)
  • サイドブレーキを活用していない

などがありました。

あなたも、坂道発進でエンストしてしまう原因に思い当たる節があるのではないでしょうか?

また、坂道発進を成功させるコツとしては、

  • エンジン音がうるさいと感じるまで、アクセルをしっかり踏み込む
  • エンジンの回転数が上がっている状態で、確実にクラッチを戻す
  • 半クラッチをゆっくり戻す
  • サイドブレーキを活用する

などに注意してみましょう。

コツをつかめば、必ず坂道発進も上達するので心配しないでくださいね。

まずは、傾斜が緩めの坂で坂道発進の練習をして、自信をつけてから急坂での坂道発進をしてみましょう。

この記事を書いた人

yamazaki

乗っている車はマニュアル車です。車検などでオートマに乗るときは、左足をどうしたらいいのか分からなくなります・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1