黄砂や花粉をつけない対策や洗車方法をご紹介!絶対にやってはいけない方法は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

黄砂や花粉をつけない対策や洗車方法をご紹介!

黄砂や花粉の時期に悩むのは、人だけではありません。

というのも、黄砂や花粉の時期には、大事な車に汚れが付いたり、シミになって取れなくなってしまうことがあるからなんですね。

また、黄砂や花粉を落とすつもりでやっていることが、実は真逆で車を傷つけてしまうこともあるのです。

車の黄砂や花粉対策は、正しい知識を元に行わなければいけないんですね。

今回は、そんな黄砂や花粉を対策する洗車方法などについて、詳しくお伝えしていきます!

黄砂や花粉対策!洗車以外で絶対にやってはいけないこと

黄砂や花粉の対策したいけれど、洗車している時間がない。

もしくは、洗車まではいかないけれど、黄砂や花粉を落として綺麗にしたい・・・。

このように感じた経験が少なからず一度はあるのではないでしょうか。

「あ〜ちょっと黄砂や花粉が気になってきたなぁ。綺麗にしたいなぁ。」

そんなときに、あなたならどうしますか?

ここで、実は絶対にやってはいけないポイントというのがあるんですね。

それは、黄砂や花粉を落とそうとして布で車体を拭くことです!

この行為は、意外とやってしまいがちなものですよね。

しかし、黄砂や花粉を布で拭くと、車体が傷ついてしまうことがあるのです。

これは、黄砂や花粉の粒を車体に擦り付けているのと同じことなんですね。

言ってしまえば、紙やすりで車体をこすっているようなもの。

考えるだけでも、恐ろしいですよね・・・。

ですから、絶対に黄砂や花粉を落とそうとして、布で拭くことはやめましょう。

また、他にも絶対にやってはいけないことがあります。

それは、黄砂や花粉の時期に、コーティング剤を使用することなんですね。

これを行ってしまうと、黄砂や花粉を車体に擦り込んでしまいます。

すると、黄砂や花粉のダメージをさらに重大なものにしてしまうんですね。

黄砂や花粉の対策は、どうしたら手っ取り早くきれいに、そして楽ができるかと考えてしまいがちです。

しかし、これらの方法は、黄砂や花粉のダメージをさらに大きくしてしまいますから、絶対に避けるようにしましょう。

では、どうしたら黄砂や花粉を綺麗に落とすことができるのでしょうか?

次に、黄砂や花粉それぞれを綺麗に落とす洗車方法についてお伝えしていきます。

黄砂対策の洗車方法!綺麗に落とすやり方は?

黄砂対策の洗車方法から、まずはお伝えしていきますね。

黄砂というのはご存知のとおり、中国大陸からの強風によって砂や塵が舞い上がって日本まで届く、というものですよね。

このような黄砂は、春の高気圧や安定した気候によって、深刻化することが分かっています。

黄砂は花粉にも似ていて、違いがわかりにくいこともあるのですが、花粉に比べると少しザラザラしているのが特徴です。

また、黄砂はミネラルやガラス質を含んでいるため、車体を傷つけたり悪質な汚れになりやすいのです。

そんな黄砂対策の洗車方法ですが、まずはしっかりと水で黄砂を洗い流すこと。

これが一番重要といえます。

特に、ワイパーなどのゴムの部分には、黄砂がたまりやすいのですね。

ですから、細部までしっかりと水で洗い流すことが大切です。

次に、カーシャンプーで優しく汚れを落としていきましょう。

黄砂は雨が降ると、固まって取れにくくなってしまいます。

黄砂が多い春の時期は、春雨というほど雨も多く、困ってしまいますよね。

ですが、なるべくこまめに洗車を行うことが、黄砂によるシミを防ぐことにつながります。

愛車を黄砂から守る対策としても、定期的な洗車を心がけるようにしましょう。

花粉対策の洗車方法!綺麗に落とすやり方は?

花粉対策の洗車方法を、次にご紹介していきます。

花粉は、見た目では黄砂と似ていますが、触ると少しベタつくのが特徴です。

黄砂の場合は、少しザラザラとした触感なので、違いは触ることで認識することができますね。

また、花粉は黄砂に比べると、長い期間を通じて舞っているものでもあります。

早い地域ですと、2月頃からスギの花粉が始まります。

また、スギ花粉が終わっても4月から5月までヒノキの花粉が舞っているんですね。

そして、秋にはブタクサやヨモギといった花粉も舞います。

ですから言ってしまえば、真夏や真冬以外は花粉が舞っていることになります。

このように、ほぼ年中対策が必要な花粉ではありますが、定期的な洗車で汚れを落とすことは可能です。

花粉の洗車方法としては、黄砂同様に、水でしっかり汚れを落としてからシャンプーをする流れです。

しかし、洗車を行わずにそのまま放置しておくと、花粉は洗車をしても落ちないシミになりやすいんですね。

洗車してもダメ、という花粉のシミ対策には、いくつかの方法があるのでご紹介していきましょう。

まず、シミになってしまった花粉には、お湯をかけるというのが効果的です。

なぜなら、花粉は熱に弱い、という性質があるからなんですね。

しかし、花粉が雨などによって水に濡れ、そのまま時間が経つと車の塗装を侵食してしまうことがあるんです。

こうなると、花粉の汚れやシミ部分にお湯をかけても取りきれない、と言ったことにつながります。

ですから、黄砂対策同様に、定期的に洗車をするなりお湯をかけるのが良いですね。

また、あまりにも花粉によるシミがひどい場合には、プロに頼んで、車体を磨いてもらうのも一つの手といえるでしょう。

しかし、これには費用もかさみます。

ですから、花粉対策としては、やはりこまめに洗車を行うことが一番といえますね。

黄砂や花粉をつけない対策や洗車方法

黄砂や花粉をつけないための対策や洗車方法についてお伝えしていきます。

黄砂や花粉をつけない対策としては、事前にワックスやコーティング剤を車体に使用することがおすすめです。

そうすると、黄砂や花粉が車体についても、汚れとして残りにくくなりますよ。

また、黄砂や花粉が車体を侵食しにくく、シミにもなりにくいんですね。

そして、洗車もそこまで苦労することなく、黄砂や花粉の汚れが取れやすいのでお手入れも楽になります。

また、黄砂や花粉をつけない対策は、ガレージなどに車を入れて、黄砂や花粉自体をシャットダウンしてしまう方法もありますね。

しかし、この方法は費用面などの問題もありますし、いますぐ取り入れられる黄砂や花粉の対策としては弱いかもしれません。

でも、黄砂や花粉は今後も毎年悩まされる問題ではあるので、早めに検討していくことは、きっと大きな意味があるといえるでしょう。

そのほか、ガラスの撥水加工などを施すことも、黄砂や花粉対策としては有効です。

なぜなら、先にお伝えしたように、黄砂や花粉は水に濡れると取れにくい汚れに変化してしまうからなんですね。

しかし、車体が水自体をはじくなら、話は変わってきます。

つまり、頑固な黄砂や花粉の汚れも、比較的落としやすくなるといえるのです。

そして、基本的なことではありますが、黄砂や花粉を対策するには洗車が何にも増して大事です。

もちろん、ここまでお伝えしてきたように、黄砂や花粉対策のコツを押さえた正しい洗車方法を実施することが大切ですね。

また、黄砂や花粉の対策としては、洗車の仕方も大事ですが、一番はこまめに洗車を行うということが非常に重要です。

愛車を黄砂や花粉から守るためにも、特に春は洗車を心がけるようにしたいですね。

特に、黄砂や花粉が多い春は、気温も上がって天気も続き、ドライブには絶好の季節といえます。

そんなせっかくのドライブなのに、黄砂や花粉で汚れた車に乗るなんて残念な気持ちになってしまいますよね。

楽しいドライブは、きれいな車から!

黄砂や花粉を対策して、正しい洗車方法を行なっていきましょう。

この記事を書いた人

yamazaki

乗っている車はマニュアル車です。車検などでオートマに乗るときは、左足をどうしたらいいのか分からなくなります・・・。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1