新型RAV4とCR-Vを比較!どちらが乗り心地、サイズ、維持費、燃費が良い??

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

新型RAV4とCR-Vを検討していると、乗り心地やサイズなど、気になることはいっぱいありますよね。

このページでは新型RAV4とCR-Vの乗り心地や、内装などを比較していきます。

もちろん、良くない評価も包み隠さずに紹介していきます。

スポンサーリンク

新型RAV4とCR-Vを比較!

引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

CR-Vのフロントマスクは、吊目のLEDヘッドライトにメッキグリルが、落ち着いた雰囲気を出しています。

テールスポイラーは、全グレード標準装備です。

テールスポイラーから続くL字型のリアコンビランプも、一体感があってなんだか見ているだけでもかっこ良く感じます。

CR-Vは1.5Lガソリンターボと2.0Lハイブリッドの、2種類のエンジンが販売されています。

ハイブリッドはホンダ独自の『SPORT HYBRID i-MMD』が搭載されます。

スポーツモードなど、スイッチオンで走りを楽しむことができるようです。

CR-Vはターボモデルもあり、発進から力強く加速してレスポンスの良い走りを実現しています。

CR-Vに対して新型RAV4もテールスポイラーが、全グレード標準装備で外観はとてもかっこ良いです。

新型RAV4は2.0Lガソリンと2.5Lハイブリッドの、2種類のエンジンがラインナップされています。

新型RAV4はオフロードっぽい車ですが四角い箱的な外観ではなく、立体感のあるデザインをしたSUVです。

新型rav4試乗画像

新型RAV4は『ダイナミックトルクベクタリングAWD』を採用し、走行状況に応じて前後のトルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御します。

4輪駆動が不要なときは、燃費向上のために自動で2輪駆動として走行をします。

駆動輪のトルク配分に関しては、メーターにあるマルチインフォメーションディスプレイで確認が可能です。

スポンサーリンク

新型RAV4とCR-Vの乗り心地を比較!両車の口コミは?

新型rav4試乗画像運転席

新型RAV4は路面のつなぎ目を乗り越えても、運転手に乗り越えたことを気づかせないソフトな足回りをしています。

実際に乗ってみて路面の衝撃は、ほとんど感じることがありませんでした。

言い過ぎかもしれませんが、まるで宙に浮いて走行をしているような感覚です。

CR-Vもフラットな走りを実現するために、摩擦を低減させるための『マルチリンク式リアサスペンション』を、採用しているので乗り心地や操縦安定性に優れています。

『マルチリンク式リアサスペンション』とは、乗り心地やロードノイズを改善するために採用されています。

主に値段の高い高級車に採用されることが多い、サスペンション形式です。

実際の乗り心地はどうなのか、口コミも紹介していきます。

新型RAV4の乗り心地に関する口コミ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

・乗り心地は結構柔らかい

・後部座席が広くて乗り降りしやすい

・助手席に乗った感じは非常に良い

新型RAV4の乗り心地はフラットな感じで、路面の衝撃をモロに運転手が受けるということは少ないです。

私の感想ですが、店舗から出た時の段差を乗り越えても、通った感覚がないほどソフトな走行でした。

店舗から出るときはもちろん一時停止で道路に出ます。

店の入口には段差があるので、普通に出ても「ガタン!」という衝撃をくらうのです。

でも、新型RAV4の場合はそれがありませんでした。

運転席の座席は正直に言えば、若干硬い感じがしました。

ドイツ車ならお尻側を下げて膝に向かうに連れて、座面は上がっているので長距離は疲れにくい構造です。

しかし、新型RAV4の場合は座面が平で、長距離向きではないように感じました。

ひょっとしたら、座面が斜めになるレバーがどこかにあるのかもしれませんが、試乗車では確認はできませんでした。

助手席にも乗ってみたのですが、助手席も開放感は抜群でした。

口コミでも乗り心地に関しての不満は、今の所はありません。

CR-Vの乗り心地に関する口コミ

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

・柔らかく段差や路面の凸凹を上手にいなしてくれます

・車幅が大きい分、車内は広いし、乗り心地もいいと思います

・家族にも好評で乗り心地は非常に快適です

CR-Vの乗り心地は、路面の凹凸などを乗り越えた時の衝撃を、うまくサスペンションが衝撃を吸収するようです。

路面の衝撃に関しては、不満の声もありませんでした。

カーブも曲がりやすくて、走行安定性が高いという声もありました。

値段が高いだけあって、路面からの衝撃は吸収しやすいようです。

ロードノイズなども余り聞こえないようなので、静粛性も優れていると考えられます。

スポンサーリンク

新型RAV4とCR-Vの内外装サイズを比較!

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

新型RAV4の室内サイズは『全長1,890mm、全幅1,515mm、全高1,230mm』で、後部座席も前席もゆったりと座れます。

横幅も結構広いので、運転席と助手席の間も広くて窮屈な感じはしません。

ダッシュボードもプラスチック部分がほとんど無いので、室内は安っぽい印象は全く無いです。

若干古臭い感じがしますが、レトロな雰囲気が好きな人にはたまらない室内だと感じます。

逆に未来的な室内を求める人には、古臭い感じが好ましくないかもしれません。

運転席も電動で調整ができるので、とても便利でスライドと座面の高さを調整できます。

新型rav4運転席座面横

新型RAV4に対してCR-Vの内装サイズは、『全長1,970mm、全幅1,550mm、全高1,230mm』です。

室内サイズは新型RAV4と比較すると全長が『80mm』の違いがあり、全幅は『35mm』ほどの差があります。

室内サイズは全長と全幅はCR-Vのほうが、広いということになります。

CR-Vは5名乗車と7名乗車がありますが、3列シートの7名乗車の場合は2列目のシートの背もたれを倒し、3列シートに乗り込みます。

3列目シートに乗り込むたびに行わないと乗り込むことが出来ないので、結構面倒な部分ですね。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

CR-Vの3列目シートは、さすがに足元は窮屈で天井も低い位置にあるので、開放感はほとんどありません。

座面は短めで高さは低い位置にあるので、若干膝を上げた状態で座るという感じです。

3列目に誰も乗車していない状態で、2列目シートに座る場合は結構広々します。

ですが、7名フル乗車となると2列めも3列目も、かなり狭いかもしれませんね。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

新型RAV4とCR-Vにはアームレストが後部座席にあるので、何か飲みながらドライブを楽しむことが出来ます。

次にボディサイズですが新型RAV4は、『全長4,600mm、全幅1,855mm、全高1,685mm』です。

対してCR-Vのボディサイズは『全長4,605mm、全幅1,855mm、全高1,680mm』で、ボディは余り変わらないですね。

室内サイズではCR-Vのほうが広い感じでしたが、これはダッシュボードの位置や運転席の位置が違うということでしょう。

どちらもボディサイズは大きめですが、サイズ的にはどちらも変わりはないようです。

新型RAV4を実際に運転をすると、大きさは余り気になりません。

バックモニターを使用すれば問題はないのです。

バックカメラは、新型RAV4は以下のグレードが標準装備です。

・G“Z package”

・G

・HYBRID G

新型RAV4に標準で装備されているグレードがあるので、別にバックモニターはオプションで選ぶ必要はありません。

メーカーオプションで取り付ける場合は、『27,000円』の費用が発生します。

新型rav4リア

パワーゲートは新型RAV4とCR-Vに、一部のグレードに標準装備されています。

ホンダでは『ハンズフリーアクセスパワーテールゲート』と、そのように呼ぶようです。

新型RAV4ハイブリッドもCR-Vもパワーゲートの開け方は変わらず、足をバンパーの下に差し込んでリアゲートを開きます。

リアゲートの閉め方は、どちらも同じです。

新型RAV4ガソリン車の場合は、スイッチがリアゲートに備わっています。

新型RAV4ガソリン車に、ハンズフリーパワーバックドアをメーカーオプションで取り付けると、『16,200円』に費用が必要となります。

大きなSUVのバックドアというのは、手で引き上げるとしても結構重いのです。

そのため、重いバックドアが、自動で開閉ができるのはありがたいです。

新型RAV4とCR-Vの維持費を比較!

新型RAV4とCR-Vの金額を比較していきます。

新型RAV4は2,500ccと2,000ccの2種類のエンジンが、ラインナップされています。

自動車税は排気量によって異なります。

2,000ccは『39,500円』で2,500ccのほうが、『45,000円』となっています。

CR-Vも2,000ccの排気量がありますが、自動車税は新型RAV4の排気量2,000ccと同じです。

CR-Vには1,500ccを選ぶことが出来ますが、こちらは『34,500円』となっています。

自賠責保険は37ヶ月なら『36,780円』となります。

他にも維持費として任意保険とかありますが、プランや保険会社によっても値段が異なります。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

そして、車の消耗品としてオイル交換やスパークプラグ交換などあります。

それらのメンテナンス費用も含めると、新型RAV4ならそれなりに高い金額になりそうです。

月の走行距離が1万キロほど走行するなら、トヨタのメンテナンスパックに入るとお得です。

新型RAV4を見積もりした時に聞いた話では、メンテナンスパックの費用は『65,370円』です。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

6ヶ月点検や1年点検より先の点検もしてもらえるとのことでした。

オイル交換も大手カー用品店よりも、半額でやってもらえるようです。

ディーラーによっても、サービスや料金が異なります。

ホンダディーラーもメンテパックがあり、車検までのコースが『80,200円』となっています。

もし、ディーラーにお任せするなら、メンテパックに入ったほうが良いです。

新型RAV4とCR-Vの燃費を比較!

新型RAV4とCR-Vのカタログ燃費を比較すると、どちらも同じような感じで燃費が良さそうです。

新型RAV4のハイブリッドもCR-Vのハイブリッドも、ほぼ同じ数値です。

実際に走行すると、どのような違いがあるのか、実燃費の口コミを紹介していきます。

新型RAV4の実燃費に関する口コミ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

・ハイブリッド車の実燃費は16.0km/L前後

・実燃費7km/L

・エアコンオフ2人乗車で9.7km/Lだった

・平均8.8km/Lです。最高12.7km/L 最低5.5km/Lでした

新型RAV4のハイブリッド車は、16.0km/L出したという口コミがありました。

いろいろと見ている中で、新型RAV4のハイブリッド車も10km/Lを超えていないので、実燃費は悪いものと考えていました。

車が少ない道を走行すると、実燃費は上がりそうですね。

ガソリン車もスイスイ走れる道なら、10km/Lを若干超える程度になります。

ただ、ハイブリッドでも20km/Lを超えている口コミは、まだ見ていないので実燃費で出そうと思ったら、苦労するのかもしれませんね。

CR-Vの実燃費に関する口コミ

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

・エアコン使用で満タン法で10km位です

・高速を90キロで巡航してみたところ、リッター18~20あたり

・一般道10前後高速12前後ってとこです

・通勤片道10kmで11kmL程度。高速だと15kmL

CR-Vの実燃費はエアコンを使用して、10km/Lだったという口コミがありました。

CR-Vの大きさで10km/Lを下回らないなら、実燃費は優秀だと言えます。

高速道路でも安定した走りをしないと、燃費は大幅に変化してしまいます。

ただ、人によっては燃費が大きく違うようなので、良い実燃費を出そうと思えばそれなりにテクニックが必要なのかもしれませんね。

新型RAV4とCR-V買うならどっちを選ぶ!?

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

新型RAV4とCR-Vを買うなら、装備の違いで決めるのが一番だと感じます。

他にも室内の広さなどもアウトドアに出かけるなら、座席にゆとりがある方を選んだほうが良いでしょう。

たくさん荷物を積み込むという場合は、ラゲッジスペースの容量が多いほうが良いですね。

新型RAV4のラゲッジスペース容量は、『542L』でCR-Vの容量は5名乗車時なら『565L』です。

新型rav4ラゲッジスペース

3列目は乗ることがないという場合は、5人乗車のCR-Vなどラゲッジスペースが広いタイプのほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

新型RAV4とCR-Vを比較まとめ

新型RAV4とCR-Vを比較すると、ラゲッジスペースと実燃費はCR-Vのほうが良いですね。

走りに関しても新型RAV4とCR-Vは、不満の声がほとんどありませんでした。

室内に関しては新型RAV4よりもCR-Vのほうが質感が高いという声もありました。

デザインに関しては人によっても好みが分かれるので、実際に見比べて見るのが一番だと言えますが、このページも比較の参考になれば幸いです。

アイキャッチ引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/3d/

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク