RAV4 vs レクサスNX徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

RAV4 vs レクサスNX徹底比較!車中泊はどっちが良いのか確認をしていきます。

3年振りに日本で復活したトヨタRAV4と、お馴染みの高級車レクサスNX

今人気のコンパクトSUVですが、レクサスNXはクロスオーバーSUVであるため、車中泊となると、より気になると思います。

今回は車中泊に必要なスペースなどをポイントに紹介していきますので、ぜひ買い換え等の参考にして下さいね。

スポンサーリンク

RAV4 vs レクサスNX燃費を比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

どちらもハイブリッドモデルがありますが、燃費はどうなのか気になる所ですね。

レクサスなんて聞いただけで、燃費が悪い気がするのは私だけでしょうか?

ここでは、各車のスペックとユーザーの実燃費の口コミを紹介していきますので、早速見ていきましょう。

RAV4

レクサスNX

260.8~381.8万円

価格

442~597.7万円

SUV

タイプ

SUV

4610×1865×1690 他

外観 (mm)

4640×1845×1645 他

2000・2500cc

排気量

2000・2500cc

171~178

馬力

152~238

FF・4WD

駆動

FF・4WD

レギュラー

燃料

レギュラー・ハイオク

5名

定員

5名

15.2~21.4km/L

カタログ燃費

12.4~21.0km/L

いやー、びっくりしました!レクサスのカタログ燃費が良いんですね。

高級車=燃費が悪い  の時代ではなくなったようです(笑)

また、レクサスでは唯一、ハイブリッドでレギュラーガソリンを採用したモデルとなります。

RAV4は、同サイズSUVの中でも唯一、オフロードの走破性を重視して開発されましたが、燃費も良い数値に。さすがトヨタ技術です。

では次に、ユーザーの実燃費の口コミを見ていきましょう。

RAV4

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

・普段使用で13km/Lです。燃費が悪いとは思いません。

(X 4WD 2.0L)

・街乗りと高速道路使用で15km/L。

 (ハイブリッド 4WD 2.5L)

レクサスNX

引用先:https://lexus.jp/models/nx/

・旅行で一般道と高速道路を使って15km/Lです。ターボ車でこれなら満足ですね。

 (Fスポーツ 2.0L)

・街乗りメインで11km/L。こんなものだと思ってました。

 (Fスポーツ 2.0L)

・街乗りで17km/L近く走ります。

 (Fスポーツ ハイブリッド 2.5L)

いかがでしたか?

RAV4は前出の通り、燃費よりもオフロードの走破性に特化した開発でありながら、納得できるだけの実燃費ですね。

レクサスNXも、ガソリン車はターボでありながら、十分な数値ですしハイブリッドもしっかり走ってくれますね。

この勝負、どちらも大差ありませんが、日本での販売が復活したお祝いとして、RAV4の勝ちにします(笑)

またここで、各車の走行性能に対してのこだわりを見てみましょう。

RAV4

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

世界初採用の『ダイナミックトルクベクタリングAWD』を装備。

これは、走行状況に応じて前後のトルク配分を変動させ、後輪は左右独立でトルクを制御する仕組みです。

要するに、分かり易く悪路にはまってしまった場合で言えば、タイヤ4輪への力配分を自動コントロールし、よりスムーズに脱出できるということ。

これはガソリン車のみに採用されていますので、私はこちらをおすすめします!

レクサスNX

引用先:https://lexus.jp/models/nx/

ガソリン車は2000ccのターボ、ハイブリッド車は2500ccのノンターボ車を展開。

ハイブリッド車は、その排気量にモーターの力を加える事で、よりスムーズで力強い走りをします。

また、静粛性はトップクラス。

車体の揺れを感知し、路面状況に合わせてモーターのトルク配分をする事で、振動を抑える事ができます。

私は『世界初』には弱いですが、ぜひ参考に検討して下さい。

スポンサーリンク

RAV4 vs レクサスNX室内空間はどっちが広い?

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

見た目が大好きだから、室内が狭くても気にしない!なんて言えませんからね。

外観サイズですと、ライバル車であるフォレスターやCX-5と同サイズになってきますが、室内空間はどうなのか?

早速見ていきましょう。

RAV4

レクサスNX

1895×1515×1230

室内寸法 (mm)

2080×1520×1180

1015mm

ラゲッジ(奥行) 

950mm

まずRAV4は、室内長こそ劣りますが、室内高があるため圧迫感なく快適に乗る事ができます。

後部座席もSUVらしからぬ広さで、大人でもゆったり座れるスペースがあります。

大人の平均的なドライビングポジションに設定しても、膝には握りこぶし2つ分の余裕がある事から、快適に乗れる事が分かりますね。

ユーザーの口コミを見ても、室内空間の広さへの満足は高い車です。

また荷室がとても広く、リアシートが6:4の分割になっていますので、片方を倒してサーフボートが乗せられるスペースができます。

荷室の広さはクラストップレベルを誇ります!

レクサスNXは室内高が劣り、後席ではやや圧迫感があるのが難点。

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

しかし、パノラマルーフ装備のグレードならば、頭上の圧迫感は軽減されるでしょう。

座った時の膝の高さも計算され、ロングドライブでも疲れない設計となっていますし、足元空間も広くなっています。

やや乗り心地は固いものの、計算されつくしたシート設計により、疲労感が少ないという口コミが多かったですよ。

引用先:https://lexus.jp/models/nx/

また、ボタン1つで後席を自動格納・展開する装備がありますので、女性には特に嬉しいですね。

手間も力もいりません。この辺りがさすが高級車レクサス。

ただし、空間の広さで比べれば、やはり圧迫感のないRAV-4に軍配が上がりますね。

スポンサーリンク

RAV4 vs レクサスNX『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

どちらも、後部座席を前に倒してフルフラットにはなりますか、リアゲートにかけて傾斜がついてしまうのが難点。

RAV4は、奥行き1880mmのスペースが生まれますので、大人が足を伸ばしてもぶつからずに寝ることができます。

大人2名+子供1人なら、余裕を持って寝られますよ。

引用先:https://lexus.jp/models/nx/

そして問題はレクサスNXなんです!

こちらもフルフラットにはなりますが、奥行きが1600mmという結果に。

という事は、大人が寝るのは厳しいサイズなんですね。

ですから、車中泊をできる車ではないというのが、私の判断。

どうしてもレクサスが良いというならば、ワンランク上の『レクサスRX450』の3列シートをおすすめしますよ。

これなら、大人2名+子供2名が寝れるスペースがあります。

引用先:https://lexus.jp/models/nx/

また、問題の傾斜についてですが、シートを後ろに倒してフラットにするタイプとは違い、座面の凹凸が一切ありません。

布団を一枚敷くだけで傾斜も気にせず寝れるという方もいます。

気になる方はラゲッジ部分に厚めの座布団を入れて調整してもらえれば、ほぼフラットになりますよ。

もっと寝心地にこだわるのであれば、専用設計のマットがあり、折り畳み式などは収納した時に場所をとる事もなくおすすめです。

という事で、フルフラットさの勝負は、しっかり車中泊のできるRAV4に軍配が上がります。

スポンサーリンク

RAV4 vs レクサスNX車中泊比較まとめ

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

いかがでしたか?

比較がレクサスなので、高級車が勝ると思っていましたが、RAV4がより車中泊には向いていましたね!

もちろん、質感や装備・性能を比べたらレクサスNXが圧勝でしょうね。それだけ価値のある『レクサスブランド』ですから。

そして、私は今回RAV4を調べて思った事があります。

それは……欲しくなってしまいました(笑)

この車、絶対売れますから!みなさん、乗り遅れないように、ぜひ買って下さい。

それではまた!

アイキャッチ画像引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

アイキャッチ画像引用先:https://lexus.jp/models/nx/

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク