トヨタ セリカVSハチロク!二大スポーツカーの歴史と後継車について

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの二大スポーツカーと言えばセリカだ!いやっ、ハチロクだ!

そう思われる人も多いことでしょう。

なぜ、その2台が有名になったのか歴史や後継車などを含めて紹介しますね。

トヨタ セリカの歴史

引用元:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/CELICA/197001

トヨタ セリカって聞いたことありますか?

「名前はなんとなく聞いたことあるけど、どんな車か知りませんね。」

では、トヨタ セリカを紹介していきますね。

「宜しくお願いしますね!」

トヨタ セリカは先進的でスタイリッシュワイルドなフォルムを採用したボディデザインをしています。

「スタイリッシュな車ってイイですね!今販売している車なんですか?」

1970年12月に販売開始された車種になりますが、残念ながら現在では販売終了しています。

「えっと・・・約50年近く前の車なんですね。」

そうなんですよ。

トヨタ セリカは歴史のある車なんですよ。

セリカは軽量ボディ・ダイナミックに加速させるパワフルな性能で当時の若者を含め車好きな男性の心を掴みました

出典元:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/CELICA/197301

「パワフルなんて当時の日本男児は惚れまくったでしょうね!」

もちろん当時の人もそうでしょうが今でも忘れることなくずっと好きな人は多くいますよ。

トヨタ セリカは低重心で前後の重量配分に優れているためハンドリング性能がとても素晴らしかったため、時代をけん引する車種まで登りつめたと言っても過言ではないですね。

「時代をけん引するような車って凄いですね!ちなみにセリカってどんな意味なんですか?」

セリカには【天の、天空の、神の、天国のような】というような意味があります。

「まっ・・・まさしく、時代をけん引するような車の意味をしていますね!

名前の意味通りかは分かりませんが、輝かしい歴史を築いているのは確かです。

セリカは初代モデルを国内ラリーだけでなく世界ラリーや耐久レースに参戦し輝かしい戦歴を残しレースで培ったノウハウを市販車両に活かしています

様々なレース経験を活かされ販売されたトヨタ セリカも2006年4月まで36年にわたり販売され生産終了となりました

引用元:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/CELICA/199909

「販売期間は36年だったのですね。

そう、36年でセリカは幕を閉じまして、今は販売されていません。

今でも復活を望む人が多い車の一つであることは間違いありません。

トヨタ ハチロクの歴史

引用元:https://www.toyota.co.jp

トヨタ セリカは大体分かりましたか?

「はい!トヨタの歴史を飾る車であることがわかりましたよ!」

次も同じくトヨタの名車「ハチロク」で、または「86」とも呼びます。

「86とも言うんですね!」

そうですよ!

「なぜハチロクなんですか?」

1983年にトヨタから発売された4代目カローラレビンスプリンタートレノの共通型式名で「AE86車両型式番号」を使用されていたため「86」と呼ばれるようになりました。

「86って、2つの車種があるんですか?」

そう、2種類あるんですよ。

引用元:https://ja.wikipedia.org/

4代目カローラレビンのことを「86レビン」、スプリンタートレノを「86トレノ」と呼び分けている人が多いです。

「ちゃんと車種によって呼び名を使い分けしているんですね。」

通常は「ハチロク」と呼びますね。

1987年にハチロクはフルモデルチェンジが行われ、日本車ではあまりない軽量FR車として取り上げられると、モータースポーツ関係者や「走り屋」と呼ばれる人たちの間でブームとなりました。

「走り屋って何屋さんですか?」

何かを販売している人ではありませんよ!

車の運転に自身がある人が法定速度を無視して山岳道路などでスピード走行する人たちです

「それはよくない人たちじゃないですか!」

確かに良いことではありませんので、真似しないようにして下さいね。

当時、「ドリフトキング」と呼ばれていたプロレーサーの土屋圭市さん「ハチロク」でドリフト走行を披露したため、さらに人気に拍車がかかってしまいました

若者の走り屋たちはみんな憧れてしまい、峠などで「ドリフト」をしていたため、近隣の人たちに迷惑をかけていたみたいですね。

「ハチロクや土屋さんが悪いわけではないけど、若者は影響受けちゃいますよね。」

どの時代にも影響を受けすぎる人たちはいますよね。

このようにトヨタ ハチロクも一時代を築いた車になります。

トヨタのスポーツカーの歴史

日本を代表するスポーツカーはトヨタからも多数輩出されています。

「セリカやハチロクもそうなんですか?」

そうですよ!

セリカやハチロクも日本を代表するスポーツカーのうちの一つですよ。

1960年代に発売されたトヨタ スポーツ800から始まり現在もハイブリットスポーツカーなどとしてトヨタはスポーツカーを開発しています

特に2000GTのようなスタイリッシュでスポーツクーペスタイルは、トヨタのクーペスタイルは現在も引き継がれていますね。

「クーペスタイルとはなんですか?」

主に車体重心が下にあり操縦安定性が高く、流れるようなスタイルで持っているだけでステータスとなるような車に採用されることが多いですね。

「スポーツカーなので操縦安定性は必要ですね!」

どの車も必要ですけど、特にスポーツカーは必要ですね!

1980年頃にはスポーツカーのブームが去りました。

スポーツカー開発も紆余曲折あった結果、トヨタの開発者たちの魂が新しいスポーツカーを生み出しています。

「ブームの廃り流行りの影響はあるんですね。」

どうしてもブームが来てしまうと下火がくることは避けられないですよね。

現在トヨタは、環境性能と走行性能を高い次元で両立し走る楽しさを追究した次世代のスポーツカーを開発しています。

「環境性能というのは1970年代には考えられないですよね!」

引用元:https://jp.depositphotos.com/

そうですよね。

車の二酸化炭素排出などの環境への問題も大きく言われるようになってきたのは近年ですからね。

環境も走行もエネルギーもどんどん進化していっています。

今後どのようなスポーツカーができるのでしょうか。

ちなみに、トヨタ ハチロクも「トヨタ 86」として2012年4月に発売されています。

「ハチロクを過去のままにした訳ではなく、新しい形で復活をさせるなんて素晴らしいことですね!」

全部が消えてしまうわけではさすがに悲しいですからね。

そして新しい形で復活をすれば新しいファンも出来ます!

セリカVSハチロクはどちらが上か?

「セリカと86ではどっちが早いの?」

ストレートな質問ですね。

86は現在のモデルがあるので間違いなく速さで言えば86が上でしょう。

但し当時の車で比べた場合どっちが早いかと考えた場合でも「ハチロク」のほうが早いみたいですね。

「スピードはハチロクが上なんですね、セリカがハチロクに勝っている点はありますか?」

セリカは静粛性と居住性がハチロクに勝っていますよ。

「車内の快適さと静かに運転ができる車ってことですね。」

街中やのんびりドライブには適した車ですよ。

安全性や環境性能は圧倒的にハチロクが勝っていますし、運転しやすさと操縦安定性も若干ハチロクが勝っていますね。

スポーツカーとしての性能はほぼ両車同じ能力となっています。

ガソリン代などの経済面ではセリカが少し上ですね。

トータルバランスとしては、「ハチロク」が上ということになります。

「特別、セリカを応援しているわけではないけどなんか悔しいですね!」

お使いの環境によって使い分けるという点で、住宅街で朝早く必要な人が使用する場合は、間違いなく「セリカ」がおススメですよ。

「そっか、セリカは静かに運転が出来るわけだから住宅街におススメなんですね!」

大きなエンジン音など静かな住宅街で迷惑になってしまいますからね。

スピードを気にする人なんていうのは、ごく一部の人たちですからね。

そもそも一般道では法定速度があるのでもちろんですがスピードの出しすぎはいけませんよね?

「当然です!小さな子供でもスピードの出しすぎはダメだと知っていますよ!」

街で通常使用する際は、ゆったり運転するほうがストレスなく運転できるため安心なのは「セリカ」がいいかもしれませんよ。

「そうですね、お子さんを乗せてもゆったり乗れるのであれば大変便利ですね。」

そうですよ。

結果、使用状況などでどちらも上になるので優劣をはっきりさせることは難しいですね。

セリカ・ハチロクの後継車は?

「セリカはもう新車では販売されていないんですよね?」

そうですね。

「セリカ」は1970年より国内で販売され2006年で製造が終了しています。

ただ、完全に後継車と言えるかは微妙なラインではありますが、アメリカのトヨタで「サイオン tc」という名称の車が販売されています。

引用元:https://ja.wikipedia.org/

セリカ同様4気筒FFの2ドアクーペなので、実質的な後継車として認めている人もいます。

また、セリカについては度々、噂にあがるのが復活して新型として発売されるという情報が流れることです。

「それだけ、新型のセリカを求めている人が多いんですね?」

ファンが多くいないと毎回、新型の噂など出てきませんからね。

2017年にアメリカで「Celica(セリカ)」として登録を行っています。

国内だけではなく世界にファンがいるってことがわかりますよね。

日本でも別の車名で商標登録を行う可能性も考えられているみたいですよ。

「それは、セリカの復活が楽しみですね!ハチロクはどのようになっていますか?」

今でも人気のある「レビンハチロク」・「トレノハチロク」を元にし、自分だけの1台を楽しみながら育てるお客様と共に進化するスポーツカーとして「トヨタ86」として進化して販売されています。

「以前はハチロクや86と呼ばれていたのがトヨタ86に統一されたのですか?」

そうですよ。

2012年4月にトヨタ86として販売され始めました。

引用元:https://toyota.jp/86/

メインターゲットを当時のAE86(レビンハチロク・トレノハチロク)に乗っていた人や憧れていた人、それだけではなく今の子供たちが憧れるようなスポーツカーとなるようなスタイリングを目指しています。

「昔憧れていた人だけでなく、未来も見据えて作られているんですね!」

乗り続けて欲しいという情熱を未来にも見据えているからこそトヨタ86なのでしょうね!

世界ではトヨタ86という名称ではなくGT86として販売をしており、世界シェアで人気がありますよ。

セリカ・ハチロクを今購入するなら?

「セリカかハチロク購入するならどっちですかね?」

使用状況やどちらのデザインが好きかなどで選ばれてはいかがですか?

「使用状況はどっちもいいし、デザインは選べないです!」

そうなると価格でしょうか?

「どのくらいの価格か教えて下さい!」

それでは「セリカ」の価格から紹介しますね。

セリカは36年間の間に6回のフルモデルチェンジを行っています。

年式によって、価格も大きく変わりますよ。

特に初期セリカは旧車としてのプレミアムがついており、中古車市場では約170~330

万円と状態により価格差はありますが中々の高額で取引されています。

5代目以降はデザインは今風で生産数もあるため相場平均が70万円くらいと初期より価格は安くなっていますね。

状態や年式で価格が変わるため、興味のある人は中古車サイトで確認されるとより価格が詳しく分かりますよ。

「初期は旧車プレミアムがついて高価になっているんですね!」

憧れを今でも持っている人が多くいる証拠ですね。

「ハチロクはどうなっていますか?」

それでは、「ハチロク」の価格相場を紹介しますね。

AE86の市場価格は約130万円くらいですが、状態によっては200万円に上る車両があるみたいですよ!

ハチロクのブームが来る前は安く購入できており、中には友人などよりタダで貰った人もいるみたいです。

「タダで貰った人が今でも綺麗な状態で所有していたら高値で売れますね!」

綺麗にハチロクを所有していたとしても、所有している間に掛かる税金などを考えるとあまり金額的にはプラスにはならないかもしれませんよ。

「所有しているだけでもお金はかかりますもんね。」

ただ、綺麗な状態で所有されていた場合はファンの人には涎が垂れるほど欲しいでしょうね。

ですが、ハチロクを購入した際にはレストアに200万円くらいかかる可能性もあるので現行のトヨタ86を購入したほうが安いでしょうね。

「どっちを買うか悩む人いるでしょうね。」

1995年頃に連載が始まった漫画イニシャルDで憧れて「ハチロク」が欲しくなった人はハチロクをどうしても欲しいかもしれませんね!

「漫画に影響を受けた場合などは確かに仕方ありませんね。」

良い状態のものをずっと探している人もいるでしょうからね。

ただ、AE86はドリフトされている車が多いんですよね。

「ドリフトが多くされているとどうなるんですか?」

事故などを起こしたりして「修復歴あり」の車両が多いということが挙げられますので、購入の際にどのくらい妥協できるかが求められるかもしれませんよ。

「セリカにしてもハチロクにしてもそれなりの費用が必要ですね。」

昔から人気のある車たちなのでどうしても価格は上がってしまいますよね。

「ハチロクちょっと欲しくなっているんですよね。」

もし、ハチロクが欲しいと思っているのなら今お持ちの車がどれくらいで買い取って貰えるか査定してみてはいかがでしょうか?

「週末に何社も回る時間はないですよ・・・。」

今はそんなことしなくて大丈夫ですよ!

「えっ、どういうことですか?」

パソコンやスマートフォンなどで「一括査定サイト」を検索してみて下さい。

10社以上の会社から査定して貰えますよ!

一番高いとこで買い取って貰うのも良いと思いますし、現状の愛車の買取価格の参考になるのでおススメですよ。

簡単にできるので、少し時間があるときにお試し下さいね。

アイキャッチ画像:https://www.toyota.co.jp  https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/CELICA/199909

この記事を書いた人

ブルスカ
車のことはあまり詳しくはないのですが、次の車購入の参考になればと思い、勉強を兼ねて
自動車情報サイト参加中!! と言っても車に関するオモシロ情報やお役立ち情報を発信します。
たまには見にきてくださいね v^ ^)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1