ジムニーに取り付けるウインチ、おすすめは?車検は通るの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ジムニーにウインチを取り付けると本格クロカンとしてより一層行動の幅が広がります。

そんなジムニーに取り付け可能なウインチには、どんなものがあるのでしょうか?

おすすめのウインチや取り付けるときに気を付ける点をご紹介します。

また、ウインチを取り付けると車検は通るの?などの疑問にもお答えします。

ジムニーに取り付けるウインチはどれがおすすめ?

ジムニーに取り付けるウインチは、「4000ポンド~8000ポンド」くらいのウインチがおすすめです。

能力ギリギリで使用するよりも、少し余裕をもたせたほうが良いでしょう。

能力ギリギリのウインチだと、モーターの発熱や過酷な使用状況を考えると、余裕のあるウインチのほうが安心できます。

ラインの巻取りスピードも、余裕があったほうが使いやすいです。

スペックに伴って重量が増えます。

ウインチベッドもしっかりとしたものでないと、ウインチも安全に使えません。

もし、ウインチを取り付けるとすれば、バッテリーの強化やオルタネーターの見直しも必要になります。

ジムニー用として最も愛用され続けているのが、「WARN (ウォーン) 社」のウインチです。

その中でも「ヴァンテージ 4000-S」は、ハイパワーのウインチなので、万が一のときもパワフルに作動します。

「ヴァンテージ 4000-S」は高い牽引力を誇っていて、信頼性の高いウインチです。

高強度のギアハウジングと金属製のギアで構成された、滑らかな作動が可能となっています。

ジムニーにウインチやウインチベッドを取り付ける必要があるので、初めてウインチを取り付けるなら費用がかなりかかります。

ジムニーのウインチ取り付けはどうしたら良い?自分で取り付けできる?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フロントヒッチメンバー(スズキ・ジムニーJB23)
価格:34560円(税込、送料無料) (2019/8/18時点)

楽天で購入

ウインチをジムニーに取り付けると、カッコ良くなりますしオフロード車っぽくなります。

実用性の高いウインチをジムニーに取り付ける場合は、ショップでも取り付けることができるか気になるところでしょう。

自分で取り付けることができますが、なんだか難しそうだと思う人はショップに任せたほうが良いでしょう。

ジムニーのウインチ取り付けは、ショップでもできるのかや自分でも取り付けはできるのかなど、紹介をしていきます。

ジムニーのウインチを取り付けてくれるショップはある?

引用:https://item.rakuten.co.jp/

ジムニーのウインチを取り付けてくれるショップは、ネット上には地域限定しかないようです。

しかし、RV専門店やジムニー専用のカスタムショップなら、取り付けはしてくれるかもしれません。

大手カー用品店は取り付けは、拒否される可能性もあります。

ジムニーのウインチを自分で取り付けることは可能?

引用:https://item.rakuten.co.jp/

ジムニーのウインチは加工が必要ですが、手間ひまかける方法だと「ウインチベッド」を買う必要があります。

ウインチベッドは、ウインチを載せるためのパーツです。

ウインチベッドを使う場合は、ボルトオン取り付けで簡単に固定が可能です。

「WARN (ウォーン) 社」の製品で、ウインチマウントは、純正フロントバンパーに搭載ができます。

その場合は、電動ウインチ「VRX45」「PV45」が、そのまま取り付けが可能です。

引用:https://item.rakuten.co.jp/

いずれにしても、自分で取り付ける場合は、何らかの加工が必要だと思っていただいたほうが良いでしょう。

ウインチマウントを取り付ける場合は、車側のフレームに穴を開けたりバンパーに加工が必要となります。

ウインチはフェアリー度の突出以外は、本体はバンパー内に収まるので、純正オプションのようなすっきりした仕上がりになります。

基本的に、ウインチマウントを取り付ける場合は、バンパーを取り外しウインチマウントをフレームに合わせます。

そして、フレーム先端に11mmくらいの穴を必要数開けます。

ウインチマウントによっては、固定穴数が異なります。

ウインチマウントの製品によっては、クロスメンバー部分にも穴あけ加工が必要になるかもしれません。

電装品の取り付けも、していく必要があります。

車の専門的な知識というより、加工技術的の知識があったほうが何かと役立つ場合が多いです。

溶接ができればウインチマウントを自作することができるなど、そういう技術的な知識がある方が何かと便利なときがあります。

ウインチの大きさが若干違う場合も、何らかの加工ができれば、取り付けられないというトラブルも回避できますからね。

ジムニーにウインチを取り付けたら車検は通るのか

引用:https://item.rakuten.co.jp/

基本的に車体よりも「全長で30mm以上」はみ出ていなければ、問題なく車検に通ります。

でも、「全長で30mm以上」はみ出ている場合は、車検には通りません。

なので、「全長で30mm以上」はみ出さないほうが良いでしょう。

ウインチの取り付け方法にもよりますが、車検に合格しない場合があります。

その場合は、構造変更の手続きをして車検に通すしかありません。

少しでもバンパーからはみ出ているなら構造変更はしたほうが良い理由

引用:https://item.rakuten.co.jp/

ジムニーにウインチを取り付けて、「全長で30mm以上」バンパーからはみ出ているなら、構造変更手続きをしたほうが良いです。

構造変更とは、車の安全基準を満たす範囲でボディサイズや、乗車定員の変更をする手続きをいいます。

ジムニーを改造した時に、バンパーからはみ出たウインチに問題がないか、公道を走る場合に危険はないかチェックされます。

ですが、簡単な改造くらいなら構造変更ではなく、記載変更で済むこともあります。

構造変更をする場合は、現在住んでいる管轄の軽自動車検査協会に行き、改造パーツの車検対応証明書も持っていると手続きがスムーズに行われます。

構造変更をする時に必要な書類は、以下の通りとなります。

  • 車検証
  • 点検整備記録簿
  • 自賠責保険の証明書
  • 印鑑
  • 車税証明書
  • 使用者の委任状
  • 所有者の委任状
  • 自動車検査表
  • 手数料納付書
  • 自動車重量税納付書

構造変更の手続きは、書類審査や実車検査などの2段階に分けられています。

書類審査は「1週間~10日」くらいかかります。

書類審査は普通の車検よりも厳しいので、審査をスムーズに通したい場合は、必要な書類の項目に詳しく記入をしていくことが重要です。

引用:https://item.rakuten.co.jp/

書類審査が終了すると次は、「改造自動車等審査結果通知書」が交付されます。

「改造自動車等審査結果通知書」と実車検査に必要な書類を準備して、実車検査を受ける段階になります。

実車検査を受ける場合は、車検と同じように予約が必要となります。

予約当日は車を持ち込んで、実車検査を受けることになります。

検査ラインではいろいろな検査を受けることになりますが、問題がなければ新しい車検証が交付されます。

合格すると車検証に改という表示が、記入されます。

引用:https://item.rakuten.co.jp/

自力では難しいという場合は、業者に依頼することもできます。

業者に依頼するメリットは、書類を準備する手間が省けるということです。

ですが、業者に依頼すると3万円ほどの依頼費用が請求されるので、あなたの懐具合によっては自分で手続きするか業者に依頼するか判断をしましょう。

まとめ

引用:https://item.rakuten.co.jp/

ジムニーに取り付けるウインチは、「4000ポンド~8000ポンド」ほどのものが良いでしょう。

カスタム目的の場合は、ウインチのスペックが低くても良いですが、実用性を考えているなら「4000ポンド~8000ポンド」がおすすめです。

ジムニーにウインチを自分で取り付けることはできますが、配線等や加工などをする場合もあります。

製品を買ってそのまま取り付けられるかどうか、確認をしておきましょう。

関連記事:

ジムニーは山登りや野営キャンプに適した車なのか?雪道や雪山は?

アイキャッチ画像引用:引用:https://item.rakuten.co.jp/

この記事を書いた人

マッチャマン
車好きなアラフィフのおっさんです。
若かりし頃はS13シルビアで峠を攻めていましたが、
子供ができてからは専らファミリーカーで大人しくしていました。
子育ても終盤に差し掛かり、スポーツカーへの返り咲きを
画策している今日この頃です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1