日産 スカイラインマフラーやカスタム仕様パーツはどんな?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産スカイラインのカスタムの中で、人気のあるマフラー交換と、マフラーカスタムパーツ交換する際に気をつけたい点についてお伝えします。

また、日産スカイラインの、カスタム仕様と、カスタム内装についてもお伝えします。

日産 スカイライン マフラー交換について

まずは、カスタムパーツマフラーについて、一体どこからどこまでがマフラー交換なのかについてお伝えします。

引用https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/85/CRX_OEM_Muffler_c.JPG/1024px-CRX_OEM_Muffler_c.JPG

マフラーと呼んでいる部分のカスタムパーツには、数カ所の交換パーツが存在しています。

マフラーのカスタマイズは、排気系のカスタムに含まれるのですが、排気系のカスタムはエンジン本体の排気パーツの交換も含まれています。

エンジンには、吸気系カスタムと排気系カスタムがありますが、エンジンで燃焼された排気ガスが、エンジンから出る際には、必ずエキゾーストパイプを通ります。

なので、エキゾーストパイプから車の後ろから出る最終的な排気ガスまでの通るパーツを排気系パーツとしてまとめます。

引用https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/ef/CRX_OEM_Muffler_b.JPG/1024px-CRX_OEM_Muffler_b.JPG

マフラーは、厳密にいえば排気ガスが最後に通る場所のことを指しています。

つまり、車をしたから見なくても、後ろから見たときに車の後ろに見えている部分。それがマフラーです。

マフラーは消音装置のみを指します。

引用http://www.impul.co.jp/products/model/V37_SKYLINE.html

マフラー交換をした車は、エンジンをかけた際にノーマルよりも、大きな音がする理由は、ここにあります。

マフラーは消音装置なので、マフラーを交換することで、ノーマルでついていた消音機能が減ることで、車の音がうるさいと言うことになるわけです。

もともと、エンジン音はとても大きな音を発生させます。

なぜなら、エンジンは空気とガソリンを混ぜて、それを爆発させることで得られたエネルギーによって車を走らせる原動力を得ているからです。

マフラーの消音装置の役割は、排気ガスがそのまま外に出ることによる大音量を消す作用が一つ。

引用http://www.impul.co.jp/products/model/V37_SKYLINE.html

そして、排気系カスタムのもう一つの目的は、排気効率の改善があります。

排気管であるエキゾーストパイプを交換することで、排気効率を変えることができます。

この排気効率は、エンジンのパワーにとって重要であり、車業界では、「エンジンの吹け」と呼ばれることもあります。

馬力、トルクなど、エンジンが持つパワーを発揮させるために、排気経路をカスタムする目的があるのです。

これ以外には、環境対策のために、排気ガスの中にある有害物を無害にして外に出すという目的もあります。

日産 スカイライン マフラー音

続いて、マフラー音をどこまで上げたら車検に通らないカスタムになるのかについてお伝えします。

車検を通るマフラーの基準として三つあります

一つ目には、音量です。
二つ目は、取り付け位置です。
そして三つ目は、排ガス規制です。

まず、一つ目の音量についてですが、車検を管轄している国土交通省が定めてる道路運送車両法によると、音量は96デシベル以下が車検通過の要件となっています。

カスタムすることで、人が体感としてうるさいと感じるレベル(人によって差異があります)は、大抵が車検通過の要件を満たしていない場合が多いです。

マフラーをカスタムして、大音量で車を走らせたいと思うのあれば、少し厳しい要件です。

なので、マフラーを交換せずに、見た目のカスタムを重視する場合は、マフラーカッターというパーツを取り付ける場合があります。

引用http://www.ac-schnitzer.jp/pages/products/X-series/X4-g02/engineering/index.html

マフラーカッターを装着したカスタムカーの場合、基本的には、マフラー自体の消音装置をいじるわけではありませんので、音に大きな変化はありません。

ですが、マフラーカッターでも音を調整する機能がついているものがあります。

交換する場合は、デシベルの欄を確認して、車検対応であるのか不可であるのかを確認してください。

続いて、マフラーの取り付け位置ですが、これは規定によると、自動車の最低地上高が9センチメートル以上と定められています。

なので、あまりにも低い場所に取り付けられたマフラーは車検通過ができません。

この要件を満たしていないマフラーは最近ではあまり多くありませんので、これは大丈夫かもしれません。

最後の三つ目の、排ガス規制ですが、これも音と同様に重要な部分です。

引用https://gazoo.com/article/car_history/150703_2.html?_ga=2.185101097.1485178072.1561789110-1561246061.1553837703

その車が何年の製造であるのかによって、排ガス規制のレベルが変わってきます。

国土交通省の騒音規制の項目によると、「平成28年10月1日よりも前に生産されたクルマに関しては、そのクルマが新車時に受けている騒音規制が基準となる」と記載されています。

なので、スカイラインの最新型V37はこの期間の前後に新車として販売されている車種になりますので、注意が必要です。

車検証の、平成何年が初年度登録なのかが記載されている項目がありますので、そこを確認しましょう。

平成28年以前のものであれば、マフラー交換をしても、車検通過できないということは今の所ありません。

今の所とお伝えしたのは、当面はという記載があるからです。

猶予期間などが明確に表示されて、過去の製造年式の車でも、排ガスと騒音規制が適用されると変更があった場合は、マフラーのカスタムはできなくなってしまいます。

これについては、今後の国土交通省の流れを注視する必要があります。

現在の、排ガス規制については、新車時と中古車で分かれているというのは、前述の通りですが、過去に生産された車体でも、マフラー交換で必ずついていなければならない装置として、「触媒」があります。

引用https://gazoo.com/news/r322922.html?_ga=2.242927490.1485178072.1561789110-1561246061.1553837703

規定には、これが装備されていることという規定があります。

触媒はマフラーの消音装置と同様に重要なもので、有毒なガスなどの発散を防止する機能を備えていますので、触媒がついていないと、間違いなく車検には通りません。

車検に対応したマフラーでカスタムするには、を購入するにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

マフラーのカスタムの際、パーツに、「保安基準適合品」、「車検対応品」等、記載されているものを選びましょう。

この記載があれば、そのマフラーは、車検に通りますので、大丈夫です。

それ以外には、「JASMA認定品」もありますが、JASMAというマフラーの専門機関が、車検対応品よりも、基準を厳しくして認定を行なっていますので、この記載があるマフラーも大丈夫です。

日産 スカイラインカスタム仕様 カスタム内装

最後に、マフラー以外のカスタムパーツの人気と、カスタム内装についてお伝えします。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

スカイラインは日産の中でも最も長い車種名が使われている車種になりますので、スカイラインと一言で言っても、いつの時代のスカイラインなのかによって、そのカスタムは大きく異なります。

ここでは、最新のスカイラインである現行V37型スカイラインのカスタム仕様についてお伝えします。

最新のスカイラインは、スポーツセダンとして、インフィニティブランドのエンブレムを装着していることから、スポーツカーというよりは、セダンとしてのキャラクターを備えています。

なので、スポーツカーとしてカスタムするというよりは、見た目のカスタムを重視したパーツが多く見られます。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

見た目といえば、エアロのカスタム、ホイールのカスタムが人気です。

乗り心地やパワーに関するパーツについては、エンジンのパワーアップのためのエンジンコンピューターのチューニングや、吸気系、排気系のカスタム。

足回りは、サスペンションの交換などが挙げられます。

そして、カスタム内装ですが、ディーラーや日産系のカスタムパーツ数はあまり多くありません。

例えば、日産系のカスタムパーツを多く開発しているインパルでは、ステアリングのカスタムパーツがありますが、それのみです。

なので、カスタム内装をする場合は、ネットなどで購入したパーツを整備工場へ持っていき工賃を払い取り付けてもらうという流れが一般的です。

パーツで人気のあるものは、各部パーツです。

ステアリング、シフトノブ、ペダルカバーなどが多く見られます。

あとは、センターパネルや、ドアスイッチパネルの交換パーツが人気です。

それ以外で数少ないものとしては、レザーの張替えがあります。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

これは、パーツとして売られているというよりも受注発注品となる婆が多いので、これらのカスタムを専門で行なっているショップにて実際に見積もりを取られた方が、金額的には、わかりやすいかと思います。

理由は、使う素材(レザーの種類等)によっても値段に開きがあるからです。

アイキャッチ画像URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html

この記事を書いた人

ぜろよん竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海を眺めながらくらしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1