BMW(ドイツ車)の歴史とルーツ【まとめ】車種の特徴

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車好きならずとも名前だけは知っているだろう「BMW」。

ついでに歴史やルーツまで知っていたら完璧です。

【自動車メーカー】BMWとは?

BMWとは、現在もドイツ三大自動車メーカーの一角であり、これまで自動車及びエンジンを中心に、あらゆる分野で活躍する革新的な製品を世に送り出してきた企業です。

”駆け抜ける歓び”というテーマのもと、それをある種のポリシーにまで昇華させ、あらゆる場面で発揮できる高い次元の走行性能を追求しているメーカーとしても知られています。

ドイツ・ミュンヘンのBMW本社ビルとBMW博物館

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

自動車自体の基本性能だけでなく、各種室内装備や、快適な室内空間の確保、運転する上でのフィーリングなどすべてに妥協することなく高次元にまとめあげた自動車を数多く世に送り出しています。

現代にいたるまで、世界各国に存在する自動車メーカーが開発の指標として挙げるだけでなく、業界において常にリスペクトされる存在です。

二度の世界大戦や冷戦に翻弄されながらも、技術力を磨き世間に受け入れられる事で、乗り切ってきたこともあって高い技術力と研究開発力を併せ持ちます。

自動車分野においては世界で始めて自動車用エンジンに過給機(ターボチャージャー)を搭載するなど、さまざまな分野で技術的な革新を起こしてきた歴史を持っています。

日本においては、1981年に日本法人が創設されてから本格的に市場に展開していき、当時のバブル景気にのって高級車ブランドとして定着していきます。

ステータスの一つとして所有するオーナーも増えて一般化し、日本の大衆車に例えて”六本木カローラ”と呼ばれもてはやされた時期もありました。

当然現在でも強いブランド力をもっており、社会的に成功された方が運転する自動車というイメージと共にあこがれの対象になっています。

BMWの歴史とルーツ

1916年にBMWのルーツはグスタフ・オットーが創設したバイエルン航空機製造社が始まりで、航空機用のエンジンの開発、生産がすべての基盤となりました。

1918年に第一次世界大戦が終結し、敗戦したドイツは航空機の製造を禁じされ窮地に陥りますが、二輪自動車用エンジンの開発と二輪車製造にシフトすることで存続します。

以後さまざまなモデルを展開していきますが、すべての始まりとなるモデルR32や第二次世界大戦でサイドカーをつけた斥候バイクとして活躍するR75などはBMWを語る上では外せない存在です。

BMW R75

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BBR75

1920年代後半になると二輪車を土台に四輪車へ部門への参入が模索されるようになり、アイゼナハ車両製作所を買収することで、四輪自動車の生産を開始します。

一方で航空機製造部門を分離しBMWとしてはエンジンに注力するようになります。

第二次世界大戦が勃発すると、傑作航空機用エンジンを数多く生み出すようになり、ドイツ後期の主力戦闘機Fw190シリーズに搭載された空冷14気筒星形エンジンのBMW801などを生み出し量産します。

また、ロケットエンジンやジェットエンジンの開発をすすめるなど、この時代では軍事産業を中心に活躍します。

Fw 190A-3(1942年)

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Focke-Wulf_Fw_190

第二次世界大戦が終結すると、一部の工場や研究施設が連合軍に接収されました。

その後にドイツが西と東に分かれてしまい、乗用車製造の主力であったアイゼナハ自動車工場が東ドイツの国営企業となってしまうことになります。

戦後BMWは、1948年に再び二輪車の生産を再開しており、二輪部門は現在でもBMWの事業の一つです。

1951年には四輪車の開発、生産も再開しますが、経営は苦しく1959年に一度倒産の危機に直面します。

これを実業家のヘルベルト・クヴァントが増資し救ったことと、現代のBMWの四輪乗用車のベースとなる傑作小型乗用車1500などのヒットで完全に乗り切ります。

BMW 1500

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/BMW_New_Class

1965年、 BMWエンジン売却し生産を中断するものの、翌年、ハンス・グラース社を買収。

1970年台からは、初代5シリーズ・3シリーズ・6シリーズ・7シリーズなど立て続けに発表し軌道に載せ、81年には日本法人BMWジャパンも創設されます。

以降90年にロールスロイスと提携、94年にローバー・グループを買収など現在へとつながっています。

BMWの車種の特徴

BMWの車種の特徴は、どの自動車においても必ず、スポーティさを残している点です。

前述したとおりテーマとして掲げている”駆け抜ける歓び”を第一に開発を進めている事が大きなポイントでしょう。

当然ですが技術的な面や、構造的特徴にもそれが感じられます。

BMW長年にわたり後輪駆動車に強い拘りを持って研鑽を続けており、現在はニーズや時代の流れに合わせて前輪駆動のラインナップに加わっているものの、現在も主力となるモデルは後輪駆動を貫いているのです。

また四輪駆動車でも動力配分を調整したり、ベースは後輪駆動の物としたりすることでそのフィーリングを損なわないように作られています。

もう一つの特徴は、航空機用のころから培ってきた長年のノウハウを持って作られるエンジンです。

誰もが安全に加速感を感じることができるように、低回転域から高回転域までバランスよくエンジンパワーを発揮できるように作られています。

自動車の極限性能が問われるモータースポーツの舞台においても数々の実績を残しています。

BMW M3 ALMS (2009)

引用:https://de.wikipedia.org/wiki/BMW_M3#Motorsport

なかでも直列6気筒エンジンは、まるでシルクのように滑らかで好感触な加速感と、安定した力強さから”シルキーシックス”と呼ばれBMWのエンジンの代名詞となっているほどです。

そして、その一級品のエンジンの性能を100%無駄なく発揮できるよう足回りの味付けが上手な点も、世界の自動車メーカーからリスペクトされる理由でもあります。

BMWの代表モデル紹介

BMW 3シリーズ

BMWの最もベーシックなモデルであり、長年主力製品として位置づけられているのは3シリーズです。

なかでも、前述した”六本木カローラ”と揶揄されることもあったE30型は時代を経てなおシャープなデザインと品質の高さで多くのファンを持っています。

BMW 3シリーズ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

洗練された走行性能も魅力で、特にスポーツモデルのM3は世界各地のモータースポーツで大活躍し一時代を築く事となりました。

BMW M340i xDrive

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

3シリーズのコンセプトは現代も大きく変わっておらず、運転する楽しさと実用性の高さが両立されたコストパフォーマンスの高さが魅力です。

BMW 5シリーズ

基本的に3シリーズからワンランク上の位置づけとなる5シリーズは、グランドツーリングカーとして落ち着いた佇まいを持ち、拡大されたボディと余力のあるエンジンで上質なクルージングが魅力です。

BMW 5シリーズ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

この特性からステーションワゴンモデルが人気で、3シリーズとともにラインナップの中でも比較的買いやすいモデルでもあります。

BMW 6シリーズ

6シリーズはかつて、BMWのフラグシップカーとして君臨したモデルで70年代終わりから、80年代に人気を集めたE24型は「世界一美しいクーペ」と呼ばれることもある伝説的モデルです。

現代にいたるまで進化を続けてきましたが、一貫して最高品質のラグジュアリークーペとしての形を貫き続けているモデルです。

BMW 6シリーズ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

一方でモータースポーツでも実績を残しており、走行性能も一級品の花形モデルと言えるでしょう。

BMW 7シリーズ

6シリーズがクーペの頂点なら、7シリーズはセダンの頂点と言えるモデルです。

かなりラグジュアリー路線のモデルであり、値段も張りますが最上ともいえる室内空間が魅力です。

BMW 7シリーズ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

このクラスの車になるとお抱えの運転手がハンドルを握るケースが多くなるものなのですが、BMWはオーナー自らが運転する事を重点に置いている点がほかのメーカーの同クラス車種との大きな違いになっています。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

また価格が高いことから、先進技術が真っ先に投入される車両でもあり、現行G12型には車体にカーボンを積極的に用いることで軽緑化していたり、リモートキーによる世界初の自動駐車機能などが惜しみなく投入されています。

BMWの歴史とルーツまとめ

BMWの長い歴史は航空機用のエンジンに始まります。

二度の世界大戦と冷戦によるドイツの分断の危機を、技術を発展させ研鑽を繰り返すことで乗り切ります。

そして、世間に認められることにより築いてきたBMWの全ての製品には、これらで培ったノウハウと、技術者のスピリットが流れています。

それゆえにあらゆる国籍、世代のユーザーに愛されるとともにリスペクトされ現在も、世界の自動車市場やモータースポーツなどで圧倒的な存在感とブランド力を持っているのです。

一度乗ってみればその価値を誰もが感じ取ることができるでしょう。

この記事を書いた人

杉本
趣味は車・野球・サッカー
映画・ドラマ・アニメetc.
自動運転どうなるんだろうねぇ~

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1