新型デミオのスペック紹介! 特徴や性能は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

マツダの新型デミオのスペックはどうなっているでしょうか?

新型デミオのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

デミオ、基本スペック

spec_01

引用:http://www.goo-net.com/car/MAZDA/DEMIO.html

マツダのスカイアクティブ技術をエンジンに、新デザインテーマ「魂動(こどう)」をその身にまとったコンパクトハッチ、デミオ。

衝突被害軽減スマートシティブレーキサポートを13C以外で標準装備、走行中に後側方向からの車両の接近を知らせるブラインド・スポット・モニタリング、駐車場でバックするとき後方にある車両の接近を知らせるリア・クロス・トラフィックとマツダの先進安全技術が至るところに採用されています。

さて、デミオのスペックはどういったものなのでしょうか。

ガソリンとディーゼル、それぞれをご紹介します。

spec_02

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

【全長×全幅×全高mm】

4060×1695×1525

【室内長×室内幅×室内高mm】

1805×1445×1210

【ホイールベースmm】

2570

【最低地上高mm】

145

【車両重量kg】

1020~1130

spec_03

引用:http://motorcars.jp/mazda-demio-mid-century-and-urban-stylish-mode-released20150423

【エンジン種類】

・ガソリン車:水冷直列4気筒DOHC16バルブ

・ディーゼル車:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ

・ハイオク車:水冷直列4気筒DOHC16バルブ

【総排気量cc】

・ガソリン車:1298

・ディーゼル車:1498

・ハイオク車:1496

【最高出力KW(PS)/rpm】

・ガソリン車:68(92)/6000

・ディーゼル車:77(105)/4000

・ハイオク車:85(116)/6000

【最大トルクN・m(kgf・m)/rpm】

・ガソリン車:121(12.3)/4000

・ディーゼル車:250(25.5)/1500-2500

・ハイオク車:148(15.1)/4000

spec_04

引用:http://www.hiromaz.co.jp/kodou/demio/index.html

【JC08モード燃費km/L】

・ガソリン車:24.6

・ディーゼル車:26.4~30.0

・ハイオク車:19.2

燃費はガソリン車ではATの方がよく、ディーゼルではMTの方がよくなっています。

また4WD仕様では2WDより燃費は悪いです。

ディーゼル車の出力、トルクがガソリン車をはるかにしのいでいますね。

spec_05

引用:http://www.hiromaz.co.jp/kodou/demio/index.html

スポンサーリンク

コンパクトカーではないデミオ

デミオはスペックから見て、どう見てもコンパクトカーです。

ところが他のコンパクトカーと違い、市街地をちょこちょこと走る目的で開発されていないところに大きな魅力があります。

それが「クラス概念を打ち破る新世代コンパクト」とリリースされた所以です。

走行性能に優れているといっても、他のコンパクトカーのスペックと比べて突出しているということはありません。

むしろ、平均的な普通のコンパクトカーです。

ではなぜ、デミオが新世代のコンパクトカーなのかというと、骨格の違いが重要なのです。

spec_07

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/15mb/

デミオは、市街地を走るだけでなく、長距離ドライブでもドライバーが疲れないことに重きを置いて開発されました。

フロントタイヤ部分のホイールハウスを大きく前へ移動することでアクセルペダルの理想的なポジションを確保したのです。

結果、不自然な位置でのアクセルワークが解消され、クラス上のクルマから乗り換えた人にも満足してもらえるようになりました。

spec_06

引用:https:/www.webcartop.jp/movies/1092

また、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイイーループ)」によって、JCモード燃費よりも実燃費の良さを目指したということ。

スタイリングやインテリアの質も「コンパクトカーだから仕方がないといった妥協を一切しなかった。」とマツダの開発者は言います。

こうしてコンパクトカーではない新世代コンパクトデミオが生まれたのです。

スポンサーリンク

15MBならサーキットを走れる

デミオにはガソリン車1.3Lとディーゼル車1.5Lのほかに、ハイオク車1.5Lというグレード(15MB)があります。

15MBはレース用のベース車で最高出力85KW(116PS)/6000rpm、当然スマートシティ・ブレーキなどは装備されていません。

価格は150万円。

このクルマにはマツダのスポーツイベント、マツダファンサーキットトライアルでタイムアタックに参加できる楽しみがあります。

イベントでは、ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクが変化する「G-ベクタリングコントロール」(GVC)を体感することができます。

これはマツダが開発した世界初の制御技術で、これまで別々に制御されていたクルマの横方向と縦方向の加速度を総合的にコントロールすることで接地荷重を最適化、スムーズで効率の良い車両挙動を実現するものです。

spec_08

引用:http://blog.mazda.com/archive/20160714_01.html

サーキットトライアルはレース形式ではなく、決められた時間内で自由走行し、ベストタイムを競うものです。

参加するにはマツダが開催するクローズクラスに参加し国内Bライセンスを取得、ノーマルとチューンドクラスに分かれてタイムを競います。

特別な装備はなくても気軽に楽しむことができます。

Bライセンスは講義を受講するだけで、試験などはありませんがJAFへの入会が必要です。

【料金】

・受講料(教材含む):約9,000円

・ライセンス発給料金:3,100円

・JAF入会金、年会費:6,000円

spec_09

引用:http://circuittrial.mazda-fan.com/photo.html

モータースポーツはお金がかかるという印象がありましたが、マツダファンサーキットトライアルでは、日頃、使っているクルマで気軽にサーキットを走れるということですね。

「モータースポーツを通じて、多くの人に走る楽しみを感じてほしい。」とデミオの開発プランナーは語ります。

オートメッセなどの機会を通じてカスタマイズの面白さ、15MBの魅力についても話しているそうです。

クラッチシステム開発担当者は次のように言っています。

私は夫とラリーに参加していて、コ・ドライバーとして各地で参戦しています。

私が始めたきっかけはロードスターのクラッチを評価するため、いわば仕事のためでした。

やはり実際に乗ると、感じること、考えることが違うので開発に大きく活かされていると思います。

ラリーで使っているデミオはとても扱いやすいです。

ポテンシャルが高いので限界まで攻められる。

しかも壊れにくい。だから維持費が抑えられます。

私も多くの方から『費用がかかりませんか』と質問されます。

もちろん遠征費はかかりますが、生活の負担にはなっていないので続けられています。

spec_10

出展:http://www.mazda.co.jp/beadriver/experience/automesse_osaka/03/

モータースポーツは仕事や日常のストレスを解消してくれ、クルマと深く関わることで知識も増え、安全運転になるといいます。

日頃は丁寧でエコな運転をする人が、趣味でたまにサーキットを走っている、なんてカッコいいですね。

⇒ 新型デミオを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク

新型デミオのスペック紹介まとめ

デミオはいろんな可能性を秘めたクルマです。

スペック表をざっと見ただけではわからないマツダの哲学がデミオには、しっかりと搭載されているといえます。

「人とクルマのカタチを考える」マツダの在り方はこれからもデミオを進化させていくことでしょう。

新型デミオ 納車時期情報!

新型デミオの値引き情報! 相場や交渉術は?

新型デミオの試乗レビュー情報!

新型デミオの燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

新型デミオの エコカー減税やその他税金情報!

新型デミオ 価格・値段をグレード別に紹介!

新型デミオの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

新型デミオのオプション紹介!

新型デミオの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク